IKEA LACK サイドテーブル

LACKサイドテーブルこの上なくシンプルなのにIKEAらしい

昨日は長男が13時過ぎの便で沖縄から帰ってくる予定になっていたので神戸空港に迎えに行くことにしていたのですが、神戸空港といえばIKEAポートアイランドの目と鼻の先、それなら朝イチでIKEAへ行って朝食を摂るというのはどうかということで行ってみました。IKEAでは朝食用にレストランを9時半から開けていて、99円のモーニングプレートというのを提供しているので、一度これを食べてみたいと思っていたのでした。

このモーニングプレートはさすがに値段なりだろうとあまり期待もしていなかったのですが、実際は卵の内側がちゃんと半熟になっていたり、ソーセージもしっかりとした味のあるものでそれなりに良かったのではないかと思います。私はそれに合わせて平べったい丸いパン(名前は失念)とシナモンロール、ビシソワーズを食べましたが、それでお腹いっぱいになり、なかなか満足感のある朝食となりました。IKEA Familyメンバーカードを提示するとドリンクバーが無料というのも嬉しいところです。

私にとってのIKEAは家具店というよりもスウェーデン雑貨店という感覚の方が強かったりして、今回も特に必要な家具があったわけではないのですが、朝食のあとは次男をSmålandに預けておいて店内を一巡してみました。IKEAでは今月から値下げを実施ということだったので、何がどれだけ安くなっているのかチェックしてみようということもあったりします。

その値下げの表示は店内各所にあったのですが、入口エスカレーター脇で大々的にディスプレイされていたのはLACKという非常にシンプルなシリーズのサイドテーブルで、これまでも1500円というかなりの安さだったものが999円という家具のものとは思えない値段になってしまいました。ちょうどちょっとした台が欲しいと思っていたところだったので1500円でも買おうと思っていたのですが、千円を切ってしまってはためらう必要もありません。勢いで2つ買ってしまいそうなところを妻に止められて、ホワイトのものを1つ買ってきました。

梱包はIKEAお得意のフラットパックでスペースを取らないものになっているのですが、重量も3.9kgと非常に軽く、持ち帰りも楽々でした。組み立ても至って簡単なもので、両方にネジの切られた木ねじで天板と足を繋ぐだけであり、工具も全く必要ありません。足を持ってねじ込んでいくだけであっという間に完成です。しかし、単純な作りながらしっかりしたもので、上に乗って飛び跳ねたりしない限りびくともしないでしょう。

自分で組み立てると簡単な構造なので千円でも当たり前のように思ってしまいますが、他の家具店で売られているようなものでも構造自体はそう変わるものでもなく、細工が入っていたり高価な木材を使っていたりというような違いがあるだけでしょう。デザインとしてIKEAの製品に満足できるのであれば、安物バンザイではないでしょうか。とはいえ、時として目を奪われるような上質な家具に出会うことがあるのも事実で、それには見合った額というものがあるわけですが、そういうものとIKEAのシンプルモダンなものとのコーディネートが難しいというのが困ったものです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。