Islands of Adventure

Islands of Adventureこれだけでも来た甲斐がありました。

オーランドでの4日目となる今日は、ユニバーサルのもう一つのパーク、Islands of Adventuresへと行ってきました。このパークはUniversal Studiosと同様の映画をテーマにしたパークであることは変わりないのですが、Marvel Comicsハリー・ポッタージュラシック・パークなどエリアごとにテーマを持ったパークになっていて、アトラクションごとにテーマとなっている映画の異なるUniversal Studiosよりも統一感が強くなっています。この違いは最初にパークに入る前のゲート付近から感じられて、冒険者の集まる港町のような凝った情景になっていてワクワクさせられてしまいます。

10時頃にパークに入った私達が最初に向かったのは入口に最も近いアトラクション、The Incredible Hulk Coasterです。この時点では待ち時間がわずか15分ほどで、最長でも60分ほどにしかなりませんでしたが、待ち時間が短いからといって面白く無いというわけではなく、非常に効率よく運行されているからでしょう。このライドはちょっと長めで連続するひねりと宙返りが中心のローラーコースターですが、私にとっての一番の魅力は巻上げ部分にありました。最初はゆっくりと巻き上げられていくのですが、途中から一気に加速してコースに向かって発射されるような形になり、非常に気持がいいのです。その後も切れ目なくひねりと宙返りが繰り返され、途中にブレーキが掛かる中だるみのようなものもなく、非常に良くできたコースになっていました。これも長男と二人で乗りましたが、長男はこれまでで最高との評価です。

続いて家族4人でDoctor Doom’s Fearfallという上向きに発射されるフリーフォールのようなものに乗りました。これは発射される際の加速感と、最後部でのゼロG感覚が気持ち良いライドです。その後は、12月だというのに半袖でも汗ばむような陽気だったためDudley Do-Right’s Ripsaw Fallsが気持ちよさそうに見えたものの、あまりにびしょ濡れになるようだったので諦め、それではJurassic Park River Adventureに乗ろうかと思ったら運行休止となっていて断念、そのままハリー・ポッターのエリア The Wizarding World of Harry Potter へ移動しました。このエリアへ入ると作品中のHogsmeadの町並みとなるのですが、とたんに激しく混み合っていて、なかなかゆっくり見ることができません。しかし、入り口にはHogwarts Expressが停まっていたり、バタービールの屋台が出ていたり、またHoneydukesのキャンディーショップやOllivandersの杖の店があったりとライド以外にもハリー・ポッターファンには楽しみがいっぱいです。

ここでのライドはまずDragon Challengeという懸垂型のローラーコースターに乗りましたが、このライドはChinese FireballとHungarian Horntailという作中の2種類のドラゴンの名前が付けられた2つのコースにわかれていて、それぞれ特徴のあるコースになっているので好きな方を選んで乗ることができます。今回私たちはChinese Fireballの方にだけ乗りましたが、あまり待ち時間の長くならないライドのようなので両方乗り比べてみるといいのではないでしょうか。この次に乗ったFlight of the Hippogriffはファミリー向けのローラーコースターで、怖がりの次男と一緒でも全く問題がありませんでした。ライド自体はなんという事もありませんが、コース脇のヒポグリフが可愛いのと、待ち行列脇のHagridの小屋が見どころです。

そのあと、満を持して、というか覚悟を決めて120分待ちのHarry Potter and the Forbidden Journeyに乗ったのですが、これはそんな待ち時間の苦痛など吹き飛ぶくらい、素晴らしいアトラクションです。これだけでIslands of Adventureに来た甲斐がある、それどころかオーランドに来た甲斐があると言っても過言ではないくらい、衝撃的なものでした。といっても、これは私達家族が皆ハリー・ポッターに親しんでいるからこそで、全く映画も小説も知らない人にとってはそれほどのものではないかもしれません。しかし、まさにハリー・ポッターの世界に入り込んだかのような、実際に魔法のほうきにまたがってハリーの後をついて飛んでいるかのような感覚は震えが来るほどでした。ハリポタファンにはぜひ体験してもらいたいと思いますが、2014年にはUSJにもできるということです。

今日はこのあともう一度The Incredible Hulk Coasterに乗っただけで一日を終えたので、回数としてはあまりアトラクションを体験してはいません。しかし、ハリー・ポッターの衝撃があまりに大きかったので、満足度は十分です。全体的にスリルライドが多いパークのようですが、小さい子供向けのエリアも充実していて、どこもとても良く作りこまれていたように思います。これまではなんとなくディズニーに一日の長があるような気がしていましたが、このパークでは互角なレベルにあると言えるのではないでしょうか。といってもしばらくディズニーにはご無沙汰しているので実はよくわからないのですが…

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。