「theme park」タグアーカイブ

Walt Disney World – Magic Kingdom

Magic Kingdomちょっと懐かしい。

前の記事のとおり日中Disney’s Hollywood Studios (以下DHS)で過ごした後は、東京ディズニーランドのモデルになったというMagic Kingdom (以下MK)へ向かいました。各パーク間の移動にはDisneyが運行している無料のシャトルバス、モノレールまたはフェリーが利用できますが、DHSからMKへはシャトルバスに乗ることになります。なおモノレールは東京ディズニーリゾートにもできましたが、TDRのもの(ディズニーリゾートライン)が一周5km単線であるのに対し、WDWのもの(Walt Disney World Monorail System)は総延長23.7kmで本線は複線となっており、やはり規模は大きく違います。またディズニーリゾートラインは有料ですが、これは法規の関係もあるかもしれませんし、人口密集地に近いため無料にしてしまうとこれに乗ることを目的に来てしまう人も少なからずいそうですので仕方ないところでしょう。

MKに到着したのは夜7時を回ってからでしたが、この日はクリスマス・イブということもありMKは午前2時まで開園しており、到着した時にも園内はまだまだ多くの人がいました。特にパレードや花火を見るためにシンデレラ城前の広場には大変な人数が集まってまさにごった返しており、「クリスマス・イブは混む」と言われていたのはこの事だったのかと納得しました。
Cinderella Castle
しかし我が家の男子2名はパレードや花火には大して興味を示さないので、まずはBuzz Lightyear’s Space Ranger Spinに乗るために並びました。このアトラクションもTDLにあるものとほぼ同じですが、ライドに乗って光線銃で周りの的を狙い撃ち得点を競う、というものです。これはトイ・ストーリーの世界であるという以外は他の遊園地にもよくあるタイプのもので、同じトイ・ストーリーのToy Story Midway Mania!を楽しんできてしまった直後だっただけにちょっと不満が残りました。まあオープン時期に10年の開きがあるので仕方ありませんね。

この次はパークの真反対にあるHaunted Mansionに向かおうとしたのですが、ちょうどパレードと花火の時間にぶつかって通路は完全にふさがってしまい、迂回路を行ってみても行きたいのとは違う方向へ曲がらされて同じ所を回ってしまったりしました。しかしその迂回路の途中、普段はゲストは入れない裏手の通路の開けたところにいる時にちょうど花火が打ち上がり、なかなか見事な花火を見ることができたのは良かったです。

さすがに花火が終わると皆一斉に帰り始めるので園内は一気にすき、多くのアトラクションの待ち時間がほとんどなくなりました。しかしいかにフロリダといえど12月の夜はやはり冷え込むので、昼間暖かかったために薄着できてしまった私達はブルブル震えながらHaunted MansionとBig Thunder Mountain RailroadSplash Mountainに乗り、そして最後に子供達だけSpace Mountainに乗せて帰ることにしました。これらのアトラクションもやはりTDLにあるものとほとんど同じですが、その他にも各エリアの構造物やそれらの配置などがTDLに非常によく似ているので、かつて頻繁にTDLに訪れていた私は非常に懐かしく感じました。したがって、TDLに普段何度も行っているような人はWDWではあえてMKに行く必要はあまりないかもしれません。

ということで深夜12時を回ったところでMKを後にして、ホテルへのシャトルバスの乗り場があるTransportation and Ticket Center (TTC)というところまでモノレールに乗りました。幼いころに本で見た、未来予想図としか思えなかった「遊園地とホテル群をモノレールが結んでいる」という絵の世界をまさに体験している、ということで実は私は結構興奮していたのですが、家族は誰一人そんなことを気に留めなかったかもしれません。その後シャトルバスは行ったばかりだったのか結構待たされてしまい、その間に風邪を引いてしまったようですが、まあ何にせよ盛りだくさんで楽しい1日を過ごすことが出来ました。本当はディズニー直営のホテルに何泊も泊まるとどっぷり世界に浸れてさらに良いようですが、それはまたの機会にしましょう。

Walt Disney World – Disney’s Hollywood Studios

Disney's Hollywood Studiosとてつもない。

日本の海外駐在員はしょっちゅう旅行に行っている、と現地従業員にも日本にいる人にも思われているのではないかと思いますが、地縁のないところで長期連休をもらったら旅行に行くくらいしかありません。このクリスマスから年末にかけての連休にも多くの駐在員が旅行を計画するわけですが、冬の寒さの厳しいミシガンからは日本に一時帰国して年越しを日本で迎えるか、あるいは冬でも暖かい南部のリゾート地へ行く、というパターンが多いようです。我が家では最初ビーチリゾートでのんびり、と考えていたのですが、それでは退屈してしまうと子供達から反対にあい、結局フロリダ州オーランドキーウェストを目指すことになりました。

実はオーランドには去年も行って5泊もしていて、しかもWalt Disney Worldにごく近いホテルに宿泊していたにもかかわらず、UniversalLegolandにだけ行ってDisneyの方にはまったく訪れませんでした。これはもともと子供がDisneyには興味が無いと言っていたからなのですが、やはり多くの人はDisneyの方へ行っているので友達の話を聞くとそちらも楽しそうに思ったらしく、今度はDisneyにも行きたいと子供から言われていたのでした。というわけで、今回は1日だけですがDisneyのパークで過ごすことにしました。

といってもWalt Disney World全体の広さはなんと122km2…といってもピンと来ないのですが、山の手線の内側の2倍というと東京の人には分かるでしょうか。しかし関西人にはやはりよくわからないようですが、東京ディズニーリゾートは1.3km2らしいのでなんとその100倍近いといえば途方も無い大きさであることは疑いようがありません。もともと湿地帯で地価はタダ同然だったのかもしれませんが、開発にかかったコストは想像もできません。ここに4つのパークと2つのウォーターパークが含まれており、とても一日で全部回れるような代物ではありません。季節的にウォーターパークは除外するとしても、4つのパークのうちせいぜい2つが限度ということで、今回はDisney’s Hollywood Studios (以下DHS)とMagic Kingdom (以下MK)に行くことにしました。ホテルからのシャトルバスに乗ってDHSへ向かいましたが、敷地内に入ってからがまた長いこと。東京駅から渋谷あたりまでバスに乗っているようなものなのだから仕方ありません。

まずDHSでは一番人気のToy Story Midway Mania!FASTPASSを取りに行きましたが、開園後45分位の時点ですでに18:30からの入場となっており、恐るべき人気です。とはいえ、日中の待ち時間も最大110分程度でしたので、TDRほどの混雑ではないようです。実は旅程の都合上、図らずもこの日はクリスマス・イブだったため「混むよ~」と言われていたのですが、全般的には平日のTDRよりも空いていたのではないかと思います。

その後最初に乗ったアトラクションはRock ‘n’ Roller Coaster Starring Aerosmithという屋内型のローラーコースターです。Aerosmithのコンサート会場に向けて夜のLA市内をリムジンで疾走する、という設定ですが、カウントダウンからのローンチと、走行中にAerosmithの音楽が流れているという以外には大きな特徴はないかもしれません。しかしこれまで怖がりでコースターに乗りたがらなかった次男もこれで絶叫マシン好きに開眼したようです。

このあとたまたまIndiana Jones Epic Stunt Spectacular!が始まるところだったので飛び込んで見ましたが、これはあくまでスタンとシーンの撮影風景という設定なので今ひとつ没入感が得られず、USJウォーターワールドの方が面白い、というのが我が家の評価です。

次に乗ったのは私が一番期待していたStar Tours – The Adventures Continueです。これはTDLにあるものとほぼ同じですが、ここ10年以上TDRに行っていない私にはとても久しぶりですし、何よりTDLでも2013年に行われたリニューアルでスター・ウォーズファンにはいっそう堪らないものになっているからです。比較的人気がないのかたまたまなのか、わずか10分待ちで乗れてしまいましたが、期待を裏切ることのない非常に楽しいライドになっていました。結局この日は3回体験しましたが、乗るたびに変わるというシナリオの2/3ほどを見ることができたようです。
The Twilight Zone Tower of Terror
ショーで見応えがあったのはLights, Motors, Action! Extreme Stunt Showというカースタントのショーです。フランスの街角の広場を模したセット内で、小型車が何台も出てきて接触ぎりぎりのアクション走行を目の前で繰り広げるというものですが、これには文句のつけようがありません。合間には撮影用車両の仕掛けを解説しれくれたりという息抜きもありつつ、多くの人が満足できる大迫力のショーとなっており、まさしく必見でしょう。

このあとはTDSにもあるThe Twilight Zone Tower of Terrorに乗りました。こちらのものはThe Twilight Zoneというテレビ番組がストーリーのベースとなっていますが、日本人にはあまり馴染みがないということでTDSではオリジナルのストーリーが付けられているようです。とはいえ、乗り物自体はほとんど同じ、フリーフォール型のアトラクションです。フロリダ版の特徴としては演出や落ち方にいくつかのパターンがあり、乗る度に違うものが楽しめるということがあるそうですが、残念ながら妻や次男がそれぞれ違う理由で乗りたがらなかったので、残念ながら一度しか乗れませんでした。

そして最後は満を持してToy Story Midway Mania!です。これもTDLにあるものと同じもののようですが、ライドに乗って7つの画面の前に移動しながらシューティングゲームで得点を競う、というものです。他のところにもシューティングタイプのアトラクションはありますが、CG画面上に弾道が見えるという点と、自由自在に様々な的が出せるという点、そしてもちろんトイ・ストーリーをテーマにしているという点がこのアトラクションならではというところでしょう。弾を発射するにはトリガとなっている紐を引っ張るのですが、子供に負ける訳にはいかない、と高得点を狙ってムキになってしまった私は終盤になって紐を引く手に力が入らなくなりペースが落ちるという失敗を犯しました。特に最後のボーナス面は高得点が得られるのである程度力を温存しておくべきでしょう。まあそれでも子供達には大差をつけて面目を保ったので良しとしましょう。
The Osborne Family Spectacle of Dancing Lights
このあと暗くなったのでMKへ向かうことにしていたのですが、Streets of Americaというエリアの建物に電飾が沢山付いているのを昼間に見ていたので行ってみると、そこではThe Osborne Family Spectacle of Dancing Lightsというのがこの期間限定で行われていて、まばゆいばかりの電飾が時折流れる音楽に合わせて変化する、という非常に美しく見事なものになっていました。英語版Wikipediaを見ると何やらいきさつがあるようですが、それは置いてもこれほどまでに見応えのあるものはなかなか無いかもしれません。

ということで長くなりましたので、このあとはMagic Kingdom編へ続きます。

Islands of Adventure

Islands of Adventureこれだけでも来た甲斐がありました。

オーランドでの4日目となる今日は、ユニバーサルのもう一つのパーク、Islands of Adventuresへと行ってきました。このパークはUniversal Studiosと同様の映画をテーマにしたパークであることは変わりないのですが、Marvel Comicsハリー・ポッタージュラシック・パークなどエリアごとにテーマを持ったパークになっていて、アトラクションごとにテーマとなっている映画の異なるUniversal Studiosよりも統一感が強くなっています。この違いは最初にパークに入る前のゲート付近から感じられて、冒険者の集まる港町のような凝った情景になっていてワクワクさせられてしまいます。

10時頃にパークに入った私達が最初に向かったのは入口に最も近いアトラクション、The Incredible Hulk Coasterです。この時点では待ち時間がわずか15分ほどで、最長でも60分ほどにしかなりませんでしたが、待ち時間が短いからといって面白く無いというわけではなく、非常に効率よく運行されているからでしょう。このライドはちょっと長めで連続するひねりと宙返りが中心のローラーコースターですが、私にとっての一番の魅力は巻上げ部分にありました。最初はゆっくりと巻き上げられていくのですが、途中から一気に加速してコースに向かって発射されるような形になり、非常に気持がいいのです。その後も切れ目なくひねりと宙返りが繰り返され、途中にブレーキが掛かる中だるみのようなものもなく、非常に良くできたコースになっていました。これも長男と二人で乗りましたが、長男はこれまでで最高との評価です。

続いて家族4人でDoctor Doom’s Fearfallという上向きに発射されるフリーフォールのようなものに乗りました。これは発射される際の加速感と、最後部でのゼロG感覚が気持ち良いライドです。その後は、12月だというのに半袖でも汗ばむような陽気だったためDudley Do-Right’s Ripsaw Fallsが気持ちよさそうに見えたものの、あまりにびしょ濡れになるようだったので諦め、それではJurassic Park River Adventureに乗ろうかと思ったら運行休止となっていて断念、そのままハリー・ポッターのエリア The Wizarding World of Harry Potter へ移動しました。このエリアへ入ると作品中のHogsmeadの町並みとなるのですが、とたんに激しく混み合っていて、なかなかゆっくり見ることができません。しかし、入り口にはHogwarts Expressが停まっていたり、バタービールの屋台が出ていたり、またHoneydukesのキャンディーショップやOllivandersの杖の店があったりとライド以外にもハリー・ポッターファンには楽しみがいっぱいです。

ここでのライドはまずDragon Challengeという懸垂型のローラーコースターに乗りましたが、このライドはChinese FireballとHungarian Horntailという作中の2種類のドラゴンの名前が付けられた2つのコースにわかれていて、それぞれ特徴のあるコースになっているので好きな方を選んで乗ることができます。今回私たちはChinese Fireballの方にだけ乗りましたが、あまり待ち時間の長くならないライドのようなので両方乗り比べてみるといいのではないでしょうか。この次に乗ったFlight of the Hippogriffはファミリー向けのローラーコースターで、怖がりの次男と一緒でも全く問題がありませんでした。ライド自体はなんという事もありませんが、コース脇のヒポグリフが可愛いのと、待ち行列脇のHagridの小屋が見どころです。

そのあと、満を持して、というか覚悟を決めて120分待ちのHarry Potter and the Forbidden Journeyに乗ったのですが、これはそんな待ち時間の苦痛など吹き飛ぶくらい、素晴らしいアトラクションです。これだけでIslands of Adventureに来た甲斐がある、それどころかオーランドに来た甲斐があると言っても過言ではないくらい、衝撃的なものでした。といっても、これは私達家族が皆ハリー・ポッターに親しんでいるからこそで、全く映画も小説も知らない人にとってはそれほどのものではないかもしれません。しかし、まさにハリー・ポッターの世界に入り込んだかのような、実際に魔法のほうきにまたがってハリーの後をついて飛んでいるかのような感覚は震えが来るほどでした。ハリポタファンにはぜひ体験してもらいたいと思いますが、2014年にはUSJにもできるということです。

今日はこのあともう一度The Incredible Hulk Coasterに乗っただけで一日を終えたので、回数としてはあまりアトラクションを体験してはいません。しかし、ハリー・ポッターの衝撃があまりに大きかったので、満足度は十分です。全体的にスリルライドが多いパークのようですが、小さい子供向けのエリアも充実していて、どこもとても良く作りこまれていたように思います。これまではなんとなくディズニーに一日の長があるような気がしていましたが、このパークでは互角なレベルにあると言えるのではないでしょうか。といってもしばらくディズニーにはご無沙汰しているので実はよくわからないのですが…