Archives

Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales

Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales - Johnny Depp as Cpt. Jack Sparrow最後のシーンは感動的です。

今週はJohnny Deppも来日してプロモーションをしていたようですが、6年ぶりにCaptain Jack Sparrowがスクリーンに帰ってきました。前作「生命の泉」の公開は2011年の5月で、私がアメリカに赴任する前なので余計にだいぶ前のことに感じます。前回は小学校6年生だった長男と一緒に観に行きましたが、その長男も今や高校3年生になり、一応誘ってはみましたがさすがに一緒に行ってくれなかったので、仕方なく今回は一人で観ることにしました。ただし、公開初日の今日はちょうど毎月1日の映画サービスデーなので1100円で観ることができました。

シリーズ5作目となる今作「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」は、ストーリー的に前作よりも3作目の「ワールド・エンド」との繋がりの方が強いものとなっているようです。4作目には登場しなかったWill TurnerElizabeth Swannの息子、Henry TurnerがJack Sparrowに次ぐ主要な役柄となっていて、そのHenryが父Willに掛けられた呪いを解くためにその鍵を握るJackを探し出すのが物語の始まりとなっていることからも言えることです。といっても、私も3作目のストーリーなどほとんど忘れてしまっていましたが、それでもまったく問題なく楽しむことができました。ただ、これまでの作品を一度観ておくとより楽しめる、ということは言えると思います。

なお、邦題は「最後の海賊」となっていて、今年公開の「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に似せたようになっているのが少々気になります。現代の”Dead men tell no tales.”というのは「死人に口なし」に当たることわざですが、セリフとしても登場するのでこれは大事にしてほしかったようにも思います。まあ、そのまま「死人に口なし」では時代劇のようですし、「デッド・メン・テル・ノー・テイルズ」では特に子供が分からないので仕方ないでしょうか。

ということで、やはりこのシリーズは娯楽作品として非常によく出来ていると思いました。笑いあり、戦いの緊張感・迫力あり、感動あり、とディズニーならではの完成度の高さです。Rotten TomatoesTomatometerは29%と、かなり辛口の評価になっており、観客の満足度も66%と振るいませんが、アメリカ以外での興行成績は悪くないようです。ちなみに音楽はこれまでのHans ZimmerからGeoff Zanelliに交代しているのですが、作風は継承していてまったく違和感はありませんでした。長男だけでなく私もこのシリーズの音楽は大好きなので、さっそくサウンドトラックを購入したのでしばらく聞いていたいと思います。

パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊 オリジナル・サウンドトラック
V.A.
WALT DISNEY RECORDS (2017-06-28)
売り上げランキング: 332

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。