Archives

Transformers: The Last Knight

Transformers: The Last Knight - Nemesis Prime / Optimus Prime主役は人間。

映画「トランスフォーマー」シリーズは私の次男が小さい頃から好きなのですが、最初の作品「トランスフォーマー」が公開されたのは2007年ということなので今からちょうど10年前ということになります。その時次男はまだ5歳だったということになりますが、劇場に連れて行って一緒に観たところ「かっこいい~」と気に入ったようです。確かに1作目はトランスフォーマーたちの変形シーンが当時とても斬新で、私にも非常にかっこよく見えました。

それから10年経ち次男も中学3年生となりましたが今でも好きなようで、「トランスフォーマーを一緒に観に行くか」と声を掛けると「行きたい」とのことだったので、この週末公開されたシリーズ最新作「トランスフォーマー/最後の騎士王」を次男と二人で観てきました。これまでの私の印象では第一作が一番シンプルにトランスフォーマーたちをかっこよく描いていて、二作目三作目と進むごとにストーリーも演出も派手で複雑になってきて、映像の技術的にも進んでいるのですが、単純な痛快さが無くなってきてしまったように感じていました。果たして今作ではどうだったでしょうか。

人間の主人公は前作でMark Wahlbergに交代しましたが、彼の演技はとても良かったのでこれは私にとって嬉しいことでした。また、Josh Duhamelが復帰していますが、ちょっと見ない間に若干太って老け込んでしまったようで、以前のような精悍さは見られなくなってしまったのが残念です。ちなみにJoshの奥さんはBlack Eyed PeasFergieでしたが、そのFergieのウェブサイトにある写真に写っているJoshの方が映画よりもシュッとしているような気がします。そして、John Turturroもまた相変わらず変な役柄で復帰しています。

さて、作品全体としてはどうだったかというと、やはりやや話を詰め込みすぎな印象は否めません。なにしろアーサー王伝説や第二次世界大戦など、古代から現在に至るまでの間のトランスフォーマーたちと人間との関わりに加え、トランスフォーマーたちの故郷であるサイバトロン星まで話に絡んできているので、149分という上映時間でも語り尽くせていないようなところがあります。それだけ盛り沢山な内容で退屈するようなことはないのですが、もう少し落ち着いて観させてほしいという感じでしょうか。決してつまらなかったわけではありません。

また、Optimus Primeが思ったよりもあっけないというのも感想の一つです。もう少し粘るのかと思っていましたが、これ以上はネタバレになるので黙っておきます。もう一つ言えば、変形シーンをもっと見たいというのもあって、その場でゆっくり変形してくれるようなシーンがないので第一作にあったような感動がなくなってしまっているのが残念です。ただ、特にBumblebeeが新しい変形パターンを幾つか見せてくれるのは楽しめました。

ところで、トランスフォーマーシリーズではこれまでに何度もデトロイトでのロケが行われてきて、前作では私もダウンタウンの空き地に組まれた撮影セットを目撃しているのですが、今作でも多くのシーンがデトロイトで撮影されているようです。そして、その見返りとして2100万ドルの補助金がミシガン州から与えられているということで、それに見合うだけの雇用や経済への影響があるということなのでしょうが、それだけ映画製作というものが巨大な産業であるということですね。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。