Archives

Transformers: The Last Knight

主役は人間。

映画「トランスフォーマー」シリーズは私の次男が小さい頃から好きなのですが、最初の作品「トランスフォーマー」が公開されたのは2007年ということなので今からちょうど10年前ということになります。その時次男はまだ5歳だったということになりますが、劇場に連れて行って一緒に観たところ「かっこいい~」と気に入ったようです。確かに1作目はトランスフォーマーたちの変形シーンが当時とても斬新で、私にも非常にかっこよく見えました。

それから10年経ち次男も中学3年生となりましたが今でも好きなようで、「トランスフォーマーを一緒に観に行くか」と声を掛けると「行きたい」とのことだったので、この週末公開されたシリーズ最新作「トランスフォーマー/最後の騎士王」を次男と二人で観てきました。これまでの私の印象では第一作が一番シンプルにトランスフォーマーたちをかっこよく描いていて、二作目三作目と進むごとにストーリーも演出も派手で複雑になってきて、映像の技術的にも進んでいるのですが、単純な痛快さが無くなってきてしまったように感じていました。果たして今作ではどうだったでしょうか。

人間の主人公は前作でMark Wahlbergに交代しましたが、彼の演技はとても良かったのでこれは私にとって嬉しいことでした。また、Josh Duhamelが復帰していますが、ちょっと見ない間に若干太って老け込んでしまったようで、以前のような精悍さは見られなくなってしまったのが残念です。ちなみにJoshの奥さんはBlack Eyed PeasのFergieでしたが、そのFergieのウェブサイトにある写真に写っているJoshの方が映画よりもシュッとしているような気がします。そして、John Turturroもまた相変わらず変な役柄で復帰しています。

さて、作品全体としてはどうだったかというと、やはりやや話を詰め込みすぎな印象は否めません。なにしろアーサー王伝説や第二次世界大戦など、古代から現在に至るまでの間のトランスフォーマーたちと人間との関わりに加え、トランスフォーマーたちの故郷であるサイバトロン星まで話に絡んできているので、149分という上映時間でも語り尽くせていないようなところがあります。それだけ盛り沢山な内容で退屈するようなことはないのですが、もう少し落ち着いて観させてほしいという感じでしょうか。決してつまらなかったわけではありません。

また、Optimus Primeが思ったよりもあっけないというのも感想の一つです。もう少し粘るのかと思っていましたが、これ以上はネタバレになるので黙っておきます。もう一つ言えば、変形シーンをもっと見たいというのもあって、その場でゆっくり変形してくれるようなシーンがないので第一作にあったような感動がなくなってしまっているのが残念です。ただ、特にBumblebeeが新しい変形パターンを幾つか見せてくれるのは楽しめました。

ところで、トランスフォーマーシリーズではこれまでに何度もデトロイトでのロケが行われてきて、前作では私もダウンタウンの空き地に組まれた撮影セットを目撃しているのですが、今作でも多くのシーンがデトロイトで撮影されているようです。そして、その見返りとして2100万ドルの補助金がミシガン州から与えられているということで、それに見合うだけの雇用や経済への影響があるということなのでしょうが、それだけ映画製作というものが巨大な産業であるということですね。

Transformers: Age of Extinction

Dinobotsの知能は爬虫類並み?

どうして原題とは異なる邦題をわざわざ付けるのか相変わらず分かりませんが、「トランスフォーマー/ロスト・エイジ」と名付けられた映画版トランスフォーマーシリーズの最新作を観に行ってきました。この作品はこれまですべて次男と観ているので今回も観たいと言われていましたが、今まだ日本にいる次男が帰ってくるのを待っているとIMAX 3Dでの上映が終わってしまうので、もう一度行くからと言って先に一人で観て来たのでした。

私自身もシリーズ最初の「トランスフォーマー」を観て変形(トランスフォーム)シーンのカッコ良さに魅せられて以来、欠かさず当然のように観ているのですが、残念ながら第一作以降は回を追うごとに風呂敷を広げすぎているような感じになっていました。また、今作は映画批評サイトRotten TomatoesのTomatometerが17%と酷いことになっており、この数字は観るのを躊躇するレベルだったのですが、実際観てみるとそこまで酷いものではありませんでした。

これまでの三作ではヒロインが交代したほかは主要キャストはほぼ一貫していましたが、今回はそれが一新されています。元々三部作の予定だったために契約が完了したということなのでしょうが、新三部作への仕切り直しとも言えるのかもしれません。主演はちょっと年齢を上げてMark Wahlbergがシングルファーザーの発明家役で、ヒロインはその娘役でNicola Peltzとなっています。Markは主演アクション映画も多々あり出てきた途端に彼が主役なのだとわかりますが、Nicolaの方はいかにも監督のMichael Bayが好きそうなヒロインですね。

また、今回はトランスフォーマー達も大きく変わっています。中心的なOptimus PrimeとBumblebeeは健在ですが、ベースとなっている車両もロボット形態の姿も大きく変わっています。OptimusはこれまでPeterbilt 379というモデルがベースでしたが、今回は最初にMarmon 97というキャブオーバータイプで登場し、その後Western Star 4900というボンネットタイプにスキャンし直します。この手の大型トラクターは日本ではまず見ることがありませんが、アメリカでは高速道路などで頻繁にお目にかかり馴染み深いものです。ちなみに、Western StarというのはFreightlinerと共にドイツのDaimler傘下にある、北米のトラックメーカーです。一方Bumblebeeの方は車両形態ではChevrolet Camaroであることに変わりはないのですが、最初は1967年式Camaro SSの改造車、その後2014年のCamaro Conceptへと変わります。またロボット形態の時はだいぶ引き締まった形となり、身軽な印象になりました。

この他のトランスフォーマー達も人間のキャストと同様ほぼ一新されました。AutobotsにはHound、Crosshairs、Driftが加わりましたが、このBugatti Veyronに変形するDriftの声はまた渡辺謙が演じています。またこの他は恐竜に変形するDinobotsや人間に作られたDecepticons、どちらにも属さない賞金稼ぎのLockdownなど様々なトランスフォーマーが登場します。

といったところでお分かりかもしれませんが、全体的に話が散らかりすぎな印象です。165分もある映画なのにのんびりしたシーンがまったくないのはそれはそれで大したものだと思いますが、いくらなんでも詰め込み過ぎではないでしょうか。新三部作の最初の作品ということで導入部に時間がかかってしまうのはわかりますが、最初のシーンが何を意味していたのかはだいぶ時間が立ってからでないとわかりませんし、メインテーマが何だったのかは今でも確証が持てません。もう一つ残念なのはAutobotsのカッコいい変形シーンがあまり見られず、その代わりに人造トランスフォーマーの一旦粒子状になってから再構築される変形のシーンが多くなってしまっていることです。これでは全く魅力がないのがわからないのでしょうか。とはいえ、娯楽大作として気楽に見る分にはつまらないということはないかと思います。

なお、この作品の撮影の一部は私が今いるデトロイトで昨年夏に行われており、香港での戦闘シーンはデトロイトのダウンタウンで、高速道路でのカーチェイスと戦闘のシーンはGMのテストコースで撮影されたものです。当然それとわからないようにセットが作られて撮影されているのですが、私にはそれぞれはっきりと分かってしまいました。特にダウンタウンで撮影が行われている時に(それを知っていて)出張者を連れて行ってPeople Moverからセットを見ているのですが、さすが大作映画だけあって相当大掛かりなものでした。ちなみに香港のシーンで走っている新交通システムがそのPeople Moverです。また、テストコースでの撮影はちょうど一年前の今、独立記念日の祝日でGMが一斉休暇に入っている間にひっそりと行われたので、そこで働いている人たちも気付かなかったようです。

Transformers: Dark of the Moon

やっぱり男の子向き。

宇宙の他の星からやってきた金属生命体が、普段は自動車の形をしていて喋るときや戦う時はロボットの形に変形する、というどう考えても荒唐無稽としか言い様のない設定なのに、不思議なほど現実味を感じて没入してしまい映像の力に驚かざるを得ない映画「トランスフォーマー」シリーズですが、そのシリーズ3作目となる「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」が先週末から公開されました。このシリーズはこれまで次男と二人で観てきているのですが、前2作をBlu-rayで観た長男が今度は映画館で観たいというので、今回は家族の男子3人で初めて映画館へ行って観てきました。

また今回はシリーズ初の3D上映となっていますが、もともと3Dには否定的だったという監督のMichael Bayを、「アバター」で3D映画ブームを巻き起こしたJames Cameronが説き伏せて3Dカメラでの撮影が行われたということです。最近は3D映画が乱立するようになってその出来具合も玉石混淆といった状況ですが、通常の2Dカメラで撮影した後にCG処理で3D加工するような小手先でごまかしたような作品が多い中、「アバター」と同レベルの3D効果が得られるようであればその没入感も相当なものとなるはず、と大いに期待されるところでした。実際に観た感じでは、冒頭のシーンでカメラがティルトする際に強い立体感を感じてさすがと唸り、またその後のシーンでも奥行きを感じる場面がいくつもありましたが、全体的にはごく自然でいわゆる「3D疲れ」のようなものはありませんでした。

今作でも主人公Sam Witwickyを演じるShia LaBeoufやその両親、William Lennox大佐役のJosh Duhamel、Seymour Simmons元セクター7捜査官役のJohn Turturroら主なキャストのほとんどは続投ですが、例外なのはヒロインです。前2作でねちっこいセクシーさで魅せていたMegan Foxが監督のMichael Bayを「ヒトラーのようだ」と批判したことが製作総指揮するユダヤ人のSteven Spielbergの逆鱗に触れ、急遽降板することとなってしまったそうです。私自身はMeganあってこそのトランスフォーマー…は言い過ぎにしても、彼女の存在がこのシリーズで果たしていた役割は小さくないと思っていたので非常に残念でした。このMeganの代わりに今作でのヒロインの座を得たのはRosie Huntington-Whiteleyというイギリス人モデルで、この作品が映画デビュー作ということですが、やはりMeganの魅力には及ばないかな、と感じずにはいられませんでした。まあ役柄の違いも大きいのだとは思いますが。

それにしてもこのシリーズはやはり男子にはたまりません。Autobotsの変形シーンのかっこ良さといったら、それだけを繰り返し何度も見ていても飽きないのではないかというほどのものです。そしてロボット型に変形した後での戦いぶりも大迫力かつ自然な動きで見とれてしまいます。また今回は自動車形状でも武器を使用するようになり、また動きの幅が広がったと言えます。まあ何にせよ、この作品の一番の魅力はなんといっても理屈抜きに「かっこいい」という所にあるのは間違いありませんが、この点ではシリーズ最高と断言できます。

結局、いかに非現実的なストーリーであっても、かっこ良ければそれでいい、ということです。このシリーズはそれに尽きますが、男の子とかつての男の子が理屈抜きに楽しむことができる痛快な映画として右に出るものはなかなか無いと言えるのではないでしょうか。