「appliance」タグアーカイブ

シャープ 洗濯機 ES-GV8D

予期せぬ出費ですが。
🧺

白物家電というのはあってそう楽しいものではありませんが、いざ壊れて使えなくなると非常に困るものです。冷蔵庫はその筆頭かもしれませんが、洗濯機も途端に生活が不便になってしまいます。我が家では2006年に購入した日立のビートウォッシュを使ってきたのですが、最近になって電源ボタンを押しても音がするだけで表示がつかなかったり、そもそも何も反応しなかったりというようになってしまい、洗濯することができなくなってしまったのでした。おそらく制御基板のコンデンサの劣化かなにかだろうと思いますが、要するに寿命です。4年近く使わずトランクルームに眠っていた期間があるとはいえ、購入してから13年余りとなれば仕方のないことでしょう。

そこで急いで新しいものに買い換えなければいけなくなったのですが、急なことで特に調査もしていなかったのでどれがいいのかよくわかりません。ビートウォッシュには特に不満がなかったので、その新しい製品にしようかとも思ったのですが、小売価格はちょっと高めです。また、もっと安い5万円以下のものにしようかとも考えたのですが、インバータータイプとそうでないものとでは騒音がだいぶ違うようなので、我が家では夜中に洗濯することが多いためインバータータイプの中からシャープES-GV8Dという製品を選択しました。

子供達もそんなに汚れ物を出すような歳ではなくなったので、本当はちょっと小さい7kgの方が良いと思ったのですが、残念ながら納期が長くてそれを待つことができなかったため、8kgのタイプにしました。ただ、8kgでも7kgでも、6kgですら外形寸法は同じで、価格もほとんど変わらないので、大は小を兼ねるということにしておきましょう。

シャープの洗濯機の特徴はステンレスの洗濯槽に穴が空いていないということです。これはもちろん見た目だけの違いではなく、洗濯槽が二重構造になっていて外から見えない隙間部分にカビが発生してしまう、という問題を根本的に解決してくれることになります。とはいえ、底面のスクリュー部分には穴が空いていて、その下に水栓があるためにここだけは二重構造になっているわけで、全くカビの生える隙がないというわけではありませんが、その空間は明らかに小さいはずです。

使ってみると、やはり10年余りの間には技術の進歩があるようで、あれだけ静かだと思っていた先代のビートウォッシュよりも明らかに静かです。特に驚いたのが風呂水ポンプ駆動時の作動音の静かさですが、これはそもそもポンプの構造が大きく違うためのようです。これまでに使用してきた他社製品ではポンプ自体は本体に内蔵されていてホースで吸い込む形になっていましたが、この製品のものはホースの先にポンプが付いていてホースに押し込む形になっているようです。この構造のためホースに沿って電源コードを這わせる必要があるのですが、吸水開始時から静かに風呂水を送ることができるのです。この方がコストは高いのではないかと思われますし、ホースの長さを調整しにくいという問題はありますが、快適性は上です。また、ポンプの重みがあるのでホースの先が浮いてしまわないという副次的メリットもあります。

洗剤や柔軟剤を一つのトレイに入れられるというのも使いやすく、細かいところに気を配ったなかなか使い勝手のいい洗濯機なのではないでしょうか。もう今は言わないようですが、「目の付け所がシャープでしょ。」と言っていただけのことはあるようです。なお、泥汚れなどはめったに無いので洗浄性能はよくわかりませんが、普段の実用上はもちろん全く問題ありません。

T-fal Aprecia Plus

色も変えて気分一新。
☕

二昔前までは一家に一つ以上、魔法瓶というものがあったと思います。ガスなどを使ってやかんで湯を沸かし、それを保温して置いておくための間が真空になった二重構造のガラス瓶です。それがいつの間にか、一昔前に電気で湯を沸かし保温しておく電気ポットが一般的になりましたが、これは火を使う必要がなく、湯を移す必要もなくなり便利にはなったものの、常に電熱で保温しておくものが多かったので電力的なロスが大きいのが問題でした。そしてその後、それなら使うときに使う分だけ沸かせばいいじゃないか、というシンプルな発想で作られた電気ケトルが普及し、現在に至るというわけです。

我が家でもしばらく電気ケトルの代名詞であるT-falの製品を使っていたのですが、この度また同社の「アプレシア プラス」という製品に買い換えることになりました。

これまでは同じくT-falの「ニューヴィテス プラス ステンレス 1L」という製品を使っていて、ステンレス製のボディでちょっとした高級感があるだけでなく耐久性も高そうで気に入っていたのですが、最近どうも水漏れがしているなあと思っていたら、樹脂製の水量の目盛窓がひび割れしてしまっていたのでした。樹脂製品にはどうしても経年劣化がつきものなのでどうしようもないのですが、購入したのが2009年11月だったのでほぼ10年、うち4年近くは私達がアメリカにいる間日本のトランクルームに眠っていたため、実際に使用したのは6年ちょっとだと思うと、思ったほど長持ちはしなかったようでとても残念です。本当は樹脂ではなくガラスを使用してくれていればまだまだ問題なく使えていたでしょうが、実はハンドル部分の樹脂も加水分解によりベタベタしていたので、買い替えのいいきっかけになったとも言えます。

使ってみて、というより持っただけでわかるのは圧倒的に軽いということです。これまでのニューヴィテス プラスは1355gもあったのですが、アプレシア プラスはわずか750gしかありません。しかもこれは電源プレートやケーブルを含んだものなので、ケトル部分のみだと差はもっと広がります。もちろんこれは言葉の綾で、実際には変わるのは差ではなく倍率ですが、水を入れようと持ち上げたときに勢い余って振り上げてしまうほどでした。

定格電力は若干下がっているので湯沸かしの能力も下がって時間がかかってしまうかと思いがちですが、ステンレスボディに比べて本体の熱容量が小さいので、実際にはどちらが早く沸かすことができるのかは分かりません。まあ実験してみればわかることとはいえ、ちょっと面倒くさい割にあまり需要もないと思うのでやりませんが、感覚的にわかるほどの差はありません。ただ一つ問題というか気になっているのは、湯沸かしが終わったことをこれまではスイッチが切れる音で認識していたのですが、その音がこの製品では静かになってしまっていてすぐに気づかないということです。いつの間にか止まっている、ということでそれほど困ることはないのですが。

優れている点としては注ぎ口にカバーが付いていてホコリの侵入を防いでくれるということで、台所に置きっぱなしにすることの多い製品としては衛生的に良いことではないでしょうか。注ぎ口の湯切れもまったく問題ありませんが、コーヒーを淹れる際にチョロチョロと注ぐのはカバーが付いたせいもあってちょっと難しくなっています。とはいえ本当にこだわるならコーヒー用のポットを使用するべきですね。

ということで、安い製品でもありそんなに長持ちすることは期待していませんが、この程度の価格のものにして壊れたり汚くなったら買い替えて気分を変えられるくらいのほうが精神衛生上も良いかもしれませんね。

Dyson V8 Fluffy

着実に進化しているようです。
🧹

我が家では先日まで、アメリカ駐在中の2012年に購入したDysonDC44 Animalを掃除機として使用してきました。しかし、バッテリーというのは消耗品なので徐々に使える時間が短くなっていくものですが、当初20分使えるとされていたものが、さすがに1分も持たないようになってしまっては使い物になりません。購入したのが7年前のちょうど今頃だったようですので、そろそろ買い換えなければならない時期なのでしょうか。バッテリーだけ買い換えれば済むはずですが、妻はいろいろ使い勝手にも不満があったようなので、それが改善されていることを期待してちょっと新しいモデルにすることにしました。

そこで購入したのがV8 Fluffyというモデルなのですが、ちょっと新しいと言ってもDysonのコードレス掃除機も今はV11まで出ており、V8は2016年に発売されたモデルとなっています。というか、Dysonの掃除機は旧モデルもそのまま売られているので非常に多くのモデルがあって、いったいどれを選べば良いのかよくわからず、購入の敷居を高くしているような気がしてなりません。

ダイソン 掃除機 コードレス Dyson V8 Fluffy SV10FF3 SV10 FF3
Dyson(ダイソン)
売り上げランキング: 1,976

私が比較サイトなどを参考にした上でV8を選んだ理由は、主にバッテリーの稼働時間と価格とのバランスです。コードレスクリーナーのキモであるバッテリー稼働時間はV6まで20分だったものがV7で30分、V8では40分に伸びています。さらにV10では60分にまで伸びていますが、新しい製品なのでまだ価格がこなれておらず、V8に対し実売では1万円程度高くなっています。最新のV11では吸引力が25%向上した一方でV10よりさらに1万円以上高価格であり、金に糸目をつけず性能を追求したいという人でなければ手を出しにくいのではないでしょうか。逆にV7とV8との価格差は2000円程度にとどまっており、あえて選択する理由が見つかりません。

“Fluffy”というのはクリーナーヘッドとしてソフトローラータイプのものが付属することを表しているようですが、通常のブラシ式のものよりもフローリングを傷つけにくいということで選択のポイントとなりました。これまで使っていたものは無頓着にアメリカで購入したものだったので、知らず識らずのうちに全面フローリングの我が家の床を傷めていたかもしれません。ソフトローラーヘッドというのはスポンジのロールの間にブラシがちょっとだけ挟まったような形になっていて、ローラーが回転することでホコリなどをスポンジでこすり取るような仕組みになっているようです。

使ってみた感じではDC44に対して明らかに静かになっていて、周囲への騒音もあまり気にしなくて済むように思います。吸引力の違いはまだよくわかりませんが、ソフトローラーがベッドの下のホコリをうまく取ってくれるということがわかりました。稼働時間についてはすでにバッテリーのヘタったものと比較しても意味がありませんが、公称で2倍に伸びているので使っている間に切れてしまう心配がなく安心して使えます。また、DC44の欠点とされていたのがトリガースイッチの重さで、手が痛くなったりしっかり押せずにイライラして私も実感していたのですが、V8では確かに改善されていて、とても楽になりました。

まあ、国内メーカーの掃除機のほうが安くて良いものもあるというのはわかっていますが、過去に購入した「なんちゃってサイクロン」にがっかりしたことがあって、どうも気が進みませんでした。本当は紙パック式が楽で清潔で、吸引力も高いというのも知っていますが…結局はデザイン重視とブランドなのかもしれません。