UNIQLO +J ライトダウンボリュームパーカ

いい買い物ができたのでしょうか。
🪶

今や世界的にもある程度知られるブランドとなったUNIQLOがこのご時世に大混雑になったというのがつい先日ニュースになっていましたが、その原因となった+Jというラインの発売に今回は私も乗っかってみました。「流行は乗るのではなく作ってこそカッコいい」と子供の頃から信じている私なので、話題だからといって飛びつくのは本意ではありません。しかし、だいぶ傷んでしまったということで昨年まで着ていたダウンジャケットを処分してしまっており、いずれにしても購入する必要があったところで+Jが発売されると聞いたため、タイミングが良かったというわけです。

「+J」というのはデザイナーブランドJil Sanderとのコラボレーションで実現したコレクションですが、2009年から2011年までで終了していたものがこの秋復活したということで話題になっており、ファッションにはまったく疎い私の耳にも入ってきたのでした。

発売当日は一部店舗での大混雑もあったようですが、オンラインストアも繋がりにくい状態が暫く続いていました。こういうときはウェブブラウザよりも公式アプリがいいだろうと思って、目当ての商品を「お気に入り」に登録し、ユーザー情報やクレジットカード情報もあらかじめ登録して数タップで購入できるよう待ち構えていたのですが、それでも通信の混雑から挙動が不安定になっていました。私は売り切れてしまったらそれまでの縁だと割り切っていたので時々試してみるくらいだったのですが、結局午後2時くらいになってようやく落ち着いてきたようで、すんなりとは行かないまでも処理が進むようになり、まだ在庫も残っていたので目当ての商品を注文することができました。

ということで購入したのはライトダウンボリュームパーカ(ブラック)です。フード周りと袖口のデザインに特徴があるほかはそれほど特別な感じはしませんが、機能的に良いのがわかっていてもシームレスダウンが好きになれないので、普通に縫い目のあるところも良いと思っています。また、色をブラックにしたのは裏地がワインレッドになっているところが気に入ったためですが、他の色も裏地との組み合わせはそれぞれ悪くないと思います。ロングコートもありましたが、ハーフのほうが着る機会がありそうなのと、そもそも私が注文するときには既に売り切れてしまっているようでした。

他のガジェット系の予約販売に慣れてしまっていたので意外に感じてしまいましたが、注文してから数日で手元に届きました。早速羽織ってみるととても軽く、ゆったりしていて着心地はなかなか良かったです。実店舗で試着するということもできなかったのでサイズ感など若干の不安はありましたが、袖丈などもまったく問題ありません。ちょっと暖かい日が続いているので防寒性能などはまだわかりませんが、家の中で着ているとすぐにポカポカしてきたのでちょっと期待しています。

「なんだかんだいっても結局ユニクロだから」なんていう声も聞こえてきましたが、ユニクロの品質と価格にJil Sanderのデザインであればいいとこ取りで素晴らしいことではないでしょうか。それがもし逆だったりしたら酷いことですが、そんな事はあるはずもないでしょう。1万円少々のダウンジャケットとしては非常に高品質に見えますし、デザインとして派手さはありませんが機能と見栄えは両立されているのではないかと思います。

商品ページのレビューを見ると買えなかった人が星1つの評価で色々書いていたり、ボリューム感がないと言ったあとで無理にコロナに絡めている人などもいたりで、まったく商品の参考にはなりませんが、話題性だけで買おうとするとそんなものなのでしょうか。そもそも既に完売した商品のレビューは表示する必要もないでしょうし、URLを知っていたりググったりせず普通に閲覧しているだけではたどり着かないのですが。

井手上漠くんは未来だ。

無理している感じがまったくありません。
🧑🏻

COVID-19のせいで外出がままならない状況なので、自動的にYouTubeを見る時間が長くなってしまっている私ですが、先日なぜかおすすめに出てきた動画を見てすっかり惹かれてしまったのが井手上漠くんという島根県の隠岐に住む男子高校生です。

一年ほど前に出演したテレビ番組だったので今まで私が知らなかっただけである程度有名なのだと思いますが、私の家族も知りませんでした。2018年のジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリストとなり、DDセルフプロデュース賞なるものを受賞したことで話題となり、雑誌やテレビ番組に取り上げられたほか、テレビCMに出演したりと活躍しているようです。また、「ご縁の国しまね」という島根県観光振興課のYouTubeチャンネルで地元島根県のPR活動にも協力しているので、こちらで漠ちゃんの姿を見ていただくといいかもしれません。

彼の特徴は中性的な魅力、と言われているのかもしれませんが、普通に見ると女の子にしか見えないというだけでなく、女の子だと思ってもかわいく、声や喋り方、仕草などどれをとっても可愛い女の子にしか見えません。それは彼にとって自然なことであり、素顔であるようなのです。女装している男性によく見られる、やりすぎ感がありません。

しかし、まだ年齢が若いということもあって「まだ恋愛をしたことがないので男性と女性のどちらが対象なのかがわからない」と言っています。男性に男らしさが求められることに違和感を持っているということのようで、男性であることを放棄しているわけでもなく、普通に可愛さを追求しているだけのようです。

彼が悩んでいるとき、自分の好きなようにすればいいと言ってあげたお母さんも素晴らしいと思います。確かに「男はかっこよく、女は可愛らしく」と決まっているのか、かっこいい女性がいるなら可愛らしい男性がいてもいいのではないか、男性が可愛らしさを求めてはいけないのか、というのは私にとっても新しい疑問です。

もちろん、ここへ来て私がなにかに目覚めてしまったというわけではありません。漠ちゃんは私の次男と同い年でもあるので子供を見ているようなものですし、女優やアイドルを「カワイ〜」と見ているときに性的感情を伴っているわけでもないでしょう。喩えは良くないかもしれませんが、子犬や子猫を愛でるような感情とよく似たものなのかもしれません。そもそも可愛ければそれが女の子であろうと、実は男の子であろうと、どうせ身近に接することはないのですから気にする必要はないはずです。可愛い動物の写真を見ていてその性別をいちいち気にするでしょうか。

ということで、早速InstagramTwitterでフォローして応援し、我が子のように見守っていきたいと思います。

#KimOhNo

ともかく一件落着。
👘

先週から突然一部界隈を賑わしたのがKim Kardashianでした。6月25日に矯正下着のブランドとして”Kimono”という名前を発表し、それとともに”Kimono”とそれを含む熟語を商標登録したのですが、これに対しcultural appropriation、日本語では「文化の盗用」と呼ばれる行為だとして日本内外の人々から非難の動きがありました。これに対して特にTwitterなどでは#KimOhNoというハッシュタグが付けられていたのですが、これはなかなか秀逸だと思いました。最終的には1日にKimが「慎重に考えた結果、ブランドは新しい名前で販売する」と発表し、このブランド名を撤回することとなったのですが、京都市長が再考を訴えるなどということもあったようです。

Kimはただ自分の名前を含むダジャレ的な考えで深く考えずに名付けたのでしょう。これは日本人が初めてcultural appropriationを実感することになる事態となったなどとも言われていましたが、実際には本当に一部の人だけが問題視していて、日本の多くの人はこの問題が解決を迎えるまで知りもしなかったのではないでしょうか。

私自身もどうしてKimがそんなに大きな影響力を持つようになったのか、知ってはいても理解はしていないのですが、現実としてInstagramでは1億4千万以上、日本の人口ほどのフォロワーを持っているわけで、これはまさしく大変な影響力でしょう。これでもしKimonoという名前の矯正下着が発売されていたとしたら、おそらくそれなりに認知されるブランドとなるでしょうから、そうしたときに少なくともアメリカではKimonoといえばKimの下着ブランド、ということになってしまうことは間違いないでしょう。アメリカでそうなったとすれば、他の国でも次第にそうした認識が広がってしまうはずです。

キモノといえば日本の伝統的な衣装という認識は揺らぐはずもない、というのは甘いでしょう。実際にはすでにkimonoというのは着物風のガウンのようなものも指すようになっています。今回の問題はそれとは違い、着物とはまったく違うものに対して、よりによって下着だったために侮辱されたように感じてしまったのでしょうが、Kimonoという名前は別に日本人のものでもないのでなかなか難しい問題ですね。