Archives

鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館

梨だけでここまでやれば。

日本の梨の名産地といえばどこを思い浮かべるでしょうか。生産量で言えばふなっしーの船橋市がある千葉県が全国一位のようで、現在はそれに大きく水を開けられてしまってはいますが、鳥取県は長らく日本一の座にあったせいか梨の産地というイメージが強いように思います。しかし、鳥取県の主力は二十世紀であるため、幸水や豊水といった赤梨に人気が移ってしまった今は押され気味ということのようです。

その鳥取県は私が住む兵庫県の隣りにあり、私の自宅から鳥取県庁までの道のりが100km少々ということで、ちょっとしたドライブで行くことができます。山陰は空いている道路が多いので快適なドライブが楽しめるので私はちょくちょく走りに行っているのですが、夏から秋にかけては道の駅や直売所で売られている梨を買って帰るのも楽しみの一つになっています。規格外のものなどを格安で買うことができたりするのは産地ならではのことでしょう。

地理的にこの鳥取県の中心部にある倉吉市には鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館という、梨というたった一種類の果物をテーマにした博物館があります。しかも館名に「二十世紀梨」という品種まで掲げてしまっており、そこまで二十世紀に依存してしまっていいのか心配になってしまいますが、実際の展示内容はもちろん他品種も含め梨全般に渡ったものになっています。

300円という微妙な金額の入館料を払って館内に入ると大きなホールに出ますが、中心には「二十世紀梨の巨木」が骨格標本のように見事な枝ぶり根の張りを見せて展示されています。そしてこのホールの周りに展示室が並んでいる形になっていて、様々な品種や鳥取県における梨栽培の歴史、梨の栽培方法などが解説されています。また、キッチンギャラリーでは梨の試食を提供しており、私が行った時には全部で5種類の梨の食べ比べができるようになっていました。よく冷えていたせいもあってどれも非常に美味しかったのですが、一番気に入ったのは「新甘泉」という品種でした。

また、「梨と生きる『二十世紀梨』ものがたり劇場」では梨栽培の歴史を10分間の映像とロボットとで教えてくれます。30分に1回の上映となっており、たまたま私がここに行ったのが開演3分前だったので座って観てみることにしましたが、梨農家風の劇場を独り占めして落ち着いて観てしまいました。それほど特別驚くようなことはありませんでしたが、なかなか臨場感はあるのではないでしょうか。

展示を見終わった後は、同じ建物にあるフルーツパーラーで梨を中心とした果物を使った各種のデザートを楽しむことができます。私は梨ソフトクリームを買って外に出て食べてみましたが、二十世紀梨をピューレにして使っているというだけあって、梨らしい爽やかさがとても美味しいソフトクリームでした。梨ソフトクリーム自体は鳥取砂丘など県内のいろいろなところで食べることができますので、ぜひ一度お試しいただきたいと思います。

なお、このなしっこ館の館内にもおみやげコーナーはありますが、ちょっと高級な梨しかないようだったので私はここでは買わず、いつも帰りに立ち寄る物産館みかどという直売所で、新高梨をケースで購入して帰りました。普段食べているものよりも大ぶりの梨なので冷蔵庫で冷やすのにも時間がかかりますが、1個剥いてもらって食べたところ瑞々しく甘く、とても美味しかったです。私が最も好きな果物はマンゴーや桃ですが、日常的に食べられる果物の中では梨が一番かもしれません。

フレッシュネスバーガー フルーツバーガー(マンゴー)

美味しくないわけがない。

日本人の食生活にもすっかり溶け込んだファーストフードの代表、ハンバーガーってふとした時に食べたくなりますよね。栄養バランスを考えるとあまり良いものではなさそうなのですが、なぜか美味しそうに見える時があってついつい食べてしまい、そして満足するときもあれば後悔するときもあり… まさにジャンクフード、アメリカから送り込まれた刺客のようです。

しかし、一言でハンバーガーといっても幅広いものがあり、マクドナルドの100円ハンバーガーからクアアイナその他の1000円を超えるもの、そして高級レストランの何千円もするようなものまで実にピンキリ、一緒くたに語って良いものではないでしょう。しかしやはりハンバーガーの主流は数百円程度で食べられるファーストフード、その各社それぞれ様々な工夫を凝らしたメニューで特徴付けながら競い合っています。マクドナルドでもレギュラーメニューの他に期間限定のメニューを次々繰り出して、顧客が飽きないようあの手この手で攻めてきていますね。

そんな競争の激しい業界の中で、アーリーアメリカン調の内外装、注文を受けてから作り始めるスタイルなどで差別化を図っているフレッシュネスバーガーという会社があります。ちょっとおしゃれな雰囲気であることもあり、日本発のブランドだということを知らず、欧米からのものと思い込んでいる人もいるのではないでしょうか。メニュー構成もオーソドックスなハンバーガーの他、野菜類が充実したクラシックバーガー、スパムバーガー、ホットドッグなどがあり、またサイドメニューにオニオンリングなどがあるのも特徴的なところでしょう。ただ、あまり店舗数が多くないので、地方の人はなかなか接する機会がないかもしれません。

私もそんな普段あまり縁のない人の一人だったのですが、最近アチラコチラで話題になっていたメニューがあり、ぜひ一度食べてみたいと思っていたところで昨日の昼食前にふと看板を目にし、発作的に店に入って注文してしまいました。それがフルーツバーガー(マンゴー)というものです。

その名の通り、私の大好物のフルーツ、マンゴーをハンバーガーに一緒に挟んでしまったものですが、マハチャノック種というマンゴーの半分を大胆に使用したものです。甘いマンゴーをハンバーガーに、という所で抵抗を示す人もいるかと思いますが、その甘酸っぱさとコクが肉の旨味と絡み合って絶妙なハーモニーを奏でるのは明らかです。実際に食べてみてもその期待は裏切られること無く、むしろこのマンゴーの柔らかさと甘味は期待以上で、大きな満足感の得られる一品でした。マンゴーの実に筋が感じられることはなくトロトロの食感で、酸味はあまり強くありませんでしたが、さっぱりとした感じはあります。ステーキにパイナップルのスライスを載せたハワイアンステーキという料理がありますが、あれの美味しさがわかる人ならば間違いなく虜になるでしょう。しかし逆にあれが苦手という人には残念ながらやはりお勧めできません。

単品で600円という価格はサラリーマンの昼食としてはちょっとした贅沢になってしまいますが、ドリンクとあわせて1000円、サイドメニューをつけて1200円というところであれば、ちょっとしたレストランのランチと満足度では遜色ないのではないでしょうか。マンゴー好き、フルーツ好きの人にはぜひお勧めしたい一品、贅沢にマンゴーを使っているため数量限定メニューとなっていていつでも食べられるわけではないようですが、私もまたもう一度食べてみたいものだと思っています。また、「フルーツバーガー第一弾」とのことなので、第二弾が一体何なのか、そちらにも期待したいものです。

訳ありラ・フランス

見た目より中身で勝負なのは私と同じ(ウソ)。

果物が嫌いという人はほとんどいないのではないかと思いますが、私が中でも好きなのはマンゴー、桃、梨の3つです。前の2つはちょっと高級な果物なので私のような庶民にはそうそう頻繁に食べられるものではありませんが、梨については旬の季節であればスーパーでも1個100円前後で購入できるので、秋というのはそういう意味でも幸せな季節です。また梨と一口にいっても色々な種類があって、私の一番の好みは豊水ですが、基本的には梨なら何でも来いです。

しかし、梨は梨でも洋梨となるとやはりちょっとした贅沢品になってしまい、スーパーで売られているのを横目で見ながら通り過ぎるだけになってしまうのですが、そのおいしさはその値段に見合うだけのものがあります。叔父が一時期産地の山形に勤務していた縁から、以前立派なラ・フランスを送ってくれたことがありますが、1個1000円くらいするのではないかというほど見事なもので、味も格別のものがありました。

さすがに自分で買うためにそれほどのものを買うことはできないのですが、らむね的通販生活さんの「わけあり ラ・フランス999円を買ってみました」という記事で紹介されていたやまがた特産屋さんの「訳あり ラ・フランス L・Mサイズ7~9玉入」というのに大変惹かれてしまったので、衝動的に購入してしまいました。しかも、2箱以上の注文で送料無料という言葉に釣られて2箱も購入してしまいましたが、一度にそんなに届いてどうするのかというのは「友達に配っても惜しくはないだろう」と気にしないことにしました。

注文したのは元の記事を見た直後の先週末のことで、これが届いたのは月曜日だったのですが、洋梨は収穫後の常温での追熟というのが欠かせないということです。ウェブページには

食べ方としては、ラ・フランスの肩やお尻のでっぱりの部分を軽く指で押して柔らかさを感じましたら、1~2時間程冷蔵庫で冷やし食べる直前に皮をむいて、お召し上がりになることをお勧めいたします。

と書かれており、一応食べ頃とされているのは明日17日でしたが、今朝触ってみると若干柔らかく感じられるようになっていたので数個を冷蔵庫に移動し、今晩試しに向いてみたところ、まだやや硬さはあるものの甘みは十分でとてもおいしく食べることができました。

「訳あり」というのは傷や色といった見た目だけの問題なので、贈り物には向かなくても自宅で消費する分には全く問題ありません。通常品では1980円のものが999円になっているということは、見た目の問題だけでおよそ半額になってしまっているのですから、気にならない人にとっては実にお買い得です。ただ残念ながら期間限定の商品で、既に販売期間が過ぎてしまっているのに今さらこうしてご紹介するのは申し訳ないところです。

ということで、今のところ幼稚園のお友達2人に2個ずつ分けただけで、まだ1箱以上残っているのであと何日かは毎日ラ・フランスを楽しむことができそうです。ちなみにラ・フランスというのは日本では洋梨の代名詞のような存在ですが、Wikipediaによると

日本では盛んに栽培されているが、本国フランスなどヨーロッパ各国では、気候が合わなかったためにほとんど生産されていない。

というのはちょっと意外でした。本場の洋梨というのは生で食べたことがありませんが、ひょっとしたらこれも日本のものの方が洗練されていておいしかったりするのかもしれませんね。