Archives

PNY LEGO USB Flash Drive

レゴのピースの中で最も高い?

明らかに子供向けおおもちゃなのに、大人の私もたびたび欲しくなってしまうLEGOですが、先日発売されたThe Tumblerには参りました。The Tumblerというのは映画のダークナイト3部作でバットマンが乗る車ですが、もともとメカとしても私は好きだったのを極めて忠実にLEGOで再現していて、$200という価格に辛うじて踏みとどまっているような状態です。今はVIPメンバー先行発売の段階のようなので、もう少ししたら一般市場に出回るようになるのではないでしょうか。

それはさておき、もうひとつ最近発売されたのが、フラッシュメモリデバイスのPNY TechnologiesがLEGOと提携して作ったLEGO USB Flash DriveというUSBメモリです。容量は16GBと、今となっては特に大容量というわけでもなく、どこかのノベルティでも貰えそうなサイズですが、なんといってもその形状が最大の特徴です。LEGOのブロックの中では最も基本的と思われる、2✕4のブリックと同じ大きさで、ノブをスライドするとUSB端子が出てくるようになっており、さらにキーホルダーに付けるためのストラップホールも付いていますが、上下はそのまま他のブロックと組み合わせることができる互換性を持っています。

私は普段はこれにタイヤなどを付けておこうと思っていたのですが、実は思わぬ落とし穴がありました。このブロックの下面に他のブロックを付けてしまうと、USB端子を出すためのノブが操作できなくなってしまうのでした。結局それはどうにもならないので諦めて、下に平たいプレートを付けてノブが動かないようにだけして、キーホルダーに付けておくことにしました。

ということでなかなかうまく行かないものですが、私にとっては十分に画期的な製品でした。USBドライブなんていうものはもうすっかりコモディティ化してしまっていて、こうでもしないとわざわざ買おうとは思わなくなってしまいましたから、メーカーも色々考えなければなりませんね。私もUSBドライブ自体は他にいくつも持っていて買う必要はないといえばなかったのですが、メーカー直販で送料込みで$10と安くなっていたのでついつい…今は$13するようなので、それだとひょっとしたら我慢していたかもしれません。なお、”with BONUS LEGO BRICK”などと有り難そうに書かれていますが、実際に付いてくる2✕4のブリックは単価30セントのようです。というか、単品でも買えるんですね…

Lego Microfighters

これは参りました。

先日観た映画「LEGOムービー」では「決められた通りに作るだけではなく自由に楽しもう」というメッセージが伝えられていましたが、レゴの魅力はキットの説明書の通りに組み立てていくと出来上がる、というその過程や、工夫に富んだパーツの組み合わせなどにもあると思いますし、また基本的なブロック以外はキットの形でないと入手が難しいということもあるので、やはりキット自体の魅力というのも重要だと思います。

レゴのキットには様々なシリーズがありますが、その中でも高い人気があるのがスター・ウォーズのシリーズです。そのシリーズに今年の新作として、マイクロファイターという製品群が加わったのですが、これらが非常に魅力的で、かつ価格も手頃なので私は既に2つ購入してしまいました。中でも一番欲しくて手に入れたのが75030マイクロファイター”ミレニアム・ファルコン”で、その次に買ってしまったのが75032マイクロファイター”Xウィング・ファイター”です。

レゴ スター・ウォーズ マイクロファイター”ミレニアム・ファルコン” 75030

posted with amazlet at 14.03.23

レゴ (2014-02-07)売り上げランキング: 4,002

Amazon.co.jpで詳細を見る

レゴ スター・ウォーズ マイクロファイター”Xウイング・ファイター” 75032

posted with amazlet at 14.03.23

レゴ (2014-02-07)売り上げランキング: 1,571

Amazon.co.jpで詳細を見る

どちらのキットも部品点数100ピース弱の小さなキットですが、アメリカでの価格は$10を切っており、ちょっと何かを我慢すればいいと思えるような非常に買い求めやすいものになっています。どうやら日本では若干高い値段になっているようですが、もちろんそれほど大きくは違わず、手頃であることは変わらないでしょう。

しかしその価格以上に、このマイクロファイターシリーズの魅力的なのはなんといっても可愛らしいデザインで、スター・ウォーズに登場する戦闘機などをデフォルメして、ミニフィグを座らせることができるようにしてあるというのにはまんまとやられました。スター・ウォーズファン以外にとっては何ということもないかもしれませんが、私には抗い難い可愛らしさです。中でもやはりミレニアム・ファルコンが一番ですが、その他の製品もそれぞれ良いと思います。

シンプルなキットなので組み立てるには30分もかかりませんが、毎度のことながらパーツの組み合わせは非常に上手く考えられていて、私は感心しながら組み立てていました。見えないところも複雑な組み合わせになっているのは子どもが遊ぶ場合に必要な強度も考えた上のものなのでしょう。今ふと考えたのですが、レゴのキットも耐久試験などがあるのでしょうか。出来上がりの見た目が良ければいいという単純なものではないのは確かでしょう。

私が購入したものを見て、次男が75033マイクロファイター”スター・デストロイヤー”や75031マイクロファイター”タイ・インターセプター”が欲しいと言い出したので「自分で買いなさい」と言っておいたのですが、小学生でも小遣いをちょっと貯めれば買える価格というのはやはり良いかもしれません。まあ私ももう一つ買うならスター・デストロイヤーやタイ・インターセプターかなあと思っていたのですが、次男が買うというならやめておきましょうか。最初はいっその事$60の6個セットを買ってしまおうかと思ったくらいなのですが。

The Lego Movie

地下室が凄い。

おそらく長男が生まれたばかりだった頃、ある友人に「金がかかるからレゴは買い与えない方がいいよ。」というようなことを言われたのが忘れられないのですが、実際はそんな忠告は聞かずにこれまでに結構な金額のレゴを購入してきました。しかし、単純な玩具として考えると確かに安いものではないのかもしれませんが、子供の想像力を育てるという教育的効果は別としても、ダイヤブロックなどの類似商品と比べると精密さや耐久性に優っているように思います。次々と魅力的な新しい商品が出てくるのも購買意欲をそそるもので、特にスター・ウォーズシリーズはスター・ウォーズファンにはたまりません。

そんなレゴファンにとっては見逃すことのできない映画「LEGOムービー」が先日公開されたので、レゴ好きの二男と二人で観に行ってきたのですが、これが期待以上に凄くてなかなか良かったです。

何が凄いかというと、予告でもわかっていたことですが、これまでのレゴのアニメが表現方法としてレゴのブロックを使っているだけで、ストーリーはもっと現実の世界に近いものだったのに対し、このLEGOムービーではまさにレゴのブロックの世界が舞台となっていて、そのレゴの世界のミニフィグたちが登場人物となっているのです。もちろんそれだけではこれまでの物より凄いということはないのですが、それをあくまでリアルに、ミニフィグのモールドの肌やパーティングラインまでしっかり描かれていて、まるで実際にレゴを使って高精度なストップモーションで撮影したかのような映像になっているのです。

物語の主人公はレゴの世界の何でもない建築作業員Emmetで、毎日説明書の通りにブロックを組み立てる作業に取り組んでいます。ある日そのEmmetが予言にある救世主と間違われ、Wyldstyleと名乗るレジスタンスの女性に連れて行かれます。途中で勘違いであることがわかりますが、その後も世界をより良くするためにレジスタンスに協力を続け、ある時世界の帝王Lord Businessと対峙することになりますが…というようなストーリーです。まああくまで子供向けの作品なので、それほど複雑なものではありません。

まあしかし、この映画の一番の醍醐味はあのレゴのブロックが自由自在に動き回っているということでしょう。実際に市販されているシリーズのモデルが登場したりするので、それを見つけてみるのもまた一つの楽しみ方でしょうか。CG技術が発達していなければこれだけリアルな映像は実現できなかったでしょうが、現実世界の有機的形状のモデルを再現するのに比べれば楽なのでしょうか。それともまさしくレゴに見えるようにするためには入念なチューニングが必要だったのでしょうか。これはBlu-rayなどの特典映像も楽しめそうです。