カテゴリー
gadget

HTC Trophy

Windows Phone 7.5使っているうちに慣れてしまうものなのでしょうか。

現代社会で生活するにあたってもはや無いと困るという状況になってしまったのが携帯電話ですが、海外駐在員の場合は安否確認のためなどもあり特に重要とされていて、日本国内では全くそんな素振りを見せない私の勤務先でも駐在員には各自1台ずつスマートフォンが支給されています。電話としての機能だけであればスマートフォンである必要はありませんが、日本語のメールも読み書きできるようにということで最近はスマートフォンが与えられるようになったようです。

しかし、各種あるスマートフォンのうちどのような機種が与えられるかということについては皆バラバラで、キャリアですら統一されていません。単純にその時点で最も安かった機種にしているのではないかという気がしてしまいますが、社内で使われているMicrosoft Exchangeとの親和性からWindows PhoneiPhoneということになっているようです。もちろん私は使い慣れているiPhoneが与えられることに期待していたのですが、最近は皆Windows Phoneのようなので悪い予感がしていて、結局それは的中してしまったのでした。

ということで与えられたのはHTCTrophyという機種でした。WVGA(800×480)という日本で使っていたiPhone 3GSよりはだいぶ綺麗なもののiPhone 4以降のRetina Displayには及ばないタッチ液晶を持つ機種ですが、この液晶の外、画面下に「ホーム」「戻る」「検索」のタッチボタンが並んでいるところがiPhoneとは異なります。

しかし、これらのボタンがUIを非常に使いづらくしているのではないかと感じます。ホームボタンはiPhoneと同じだから良い、と言いたいところですが、これもハードスイッチではないためにスリープ中には機能せず、電源を入れるためには本体上部のスイッチを押さなければなりません。またこのスイッチが画面側に傾斜を持った面に付けられているため、片手で持ったままでは押しにくいものになっていていちいちイライラしてしまいます。さらに、使用頻度の高い戻るボタンがかなり下の方にあることでこれも片手では操作しにくくなっています。一方その反対側にある検索ボタンはほとんど使わないのにこんな場所を占有しているというのが信じられません。
HTC Trophy
またスイッチとしてはこれらの他に音量調節のハードスイッチが2つ、そしてカメラのシャッターボタンとなるハードスイッチがありますが、このシャッターのスイッチはスリープ中でも長押しすればカメラを起動することができるようになっているため、カメラ機能を頻繁に使う人にとっては便利かもしれません。しかし、私はiPhoneでは結構写真を撮っていましたが、ただのカメラ機能ではなくInstagramなどのアプリを使うことがほとんどだったので、あまり活躍の場はないような気もします。まあまだWindows Phone用のInstagramはないのですが、開発中という噂もあるようなので期待したいところです。

さて、話をソフトウェアの方に移すと、OSであるWindows Phone 7.5のユーザインタフェースはWindows 8に採用されるものにも近いMetroというものを採用していますが、ホーム画面の見た目はモダンでスタイリッシュと言え、ちょっと新鮮です。しかし問題がいくつかあります。

まず、タイポグラフィを基調としたデザインであるにもかかわらず、使用されているフォントでは正しく日本の文字を表示することが出来ず、一部の字体が繁体字のようなものになってしまっていることです。まあこれはUnicodeもいけないのでしょうが、こういうところで手を抜いてしまっているところがアップル製品との大きな違いではないでしょうか。

もう一つは、メニューの階層を降りていった時のインタフェースが統一感に欠けていることです。各階層で異なる操作を要求されるような感じがありますが、これは単なる慣れの問題なのでしょうか。またメニューが縦にどんどん長くなっていってしまうのも気になりますし、画面下部に表示される操作ボタンがなぜか中央に寄せられていて間隔が狭く、押し間違えてしまうことが多いという点も気になります。決して機能的には遜色ないのですが、どうにも使いづらいところが気になってイライラしてしまうのです。

アプリケーションはMarketplaceからダウンロードして簡単にインストールできますが、今のところ私が使用しているのはiPhoneでも使用していたのと同じ、無料のアプリのみですので、課金がどうなっているのかはよくわかっていません。iOSに比べるとアプリの数でも質でもかなり見劣りするのが事実ですが、それなりのアプリをインストールしていけば性能やバッテリ容量が限界に達していた私のiPhone 3GSの代わりは果たしてくれるかもしれません。

ということで、会社から与えられてしまったのでもう仕方が無いのですが、前向きに考えればこれで気持ちよくiPad 3の購入に踏み切れます。発表はこれからなのでどのようなスペックになるのかわかりませんが、どんなスペックでも発売され次第購入します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。