Archives

Once Upon a Time in Hollywood

古き佳き時代。

Sharon Tateという女優と、そのSharonがManson Familyというカルト集団に惨殺されてしまった事件というのは日本ではどの程度知られているのでしょうか。事件が起こったのが今からちょうど50年前の1969年という私が生まれる直前であることもあり、私は何一つ知らなかったのですが、現代のようにインターネットで世界中の情報がリアルタイムに得られるような環境ではありませんでしたし、わたしの両親の世代であれば知っていることなのでしょうか。Sharon Tateについても26歳という若さで、これからというところで亡くなってしまったため、この事件を知らなければ知られていないのではないかと思いますが、映画監督Roman Polanskiの当時のだったとのことです。

というようなことなのですが、この事件を背景とし、SharonやRoman Polanskiも登場するQuentin Tarantino監督の作品「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」が昨日封切られたため、初日のレイトショーで早速観てきました。この日は夏休み最後の週末であったためか、それとも地元の姫路城が舞台となっている「引っ越し大名!」の公開初日だったためか、普段はレイトショーならガラガラの映画館の駐車場に長蛇の列ができていて、並んでいては開演に間に合わないようだったので仕方なく近隣のコインパーキングに停めざるを得ないという状況でした。そうとわかっていれば徒歩かバスかで行ったのですが仕方ありません。

それはさておき、本作ではピークを過ぎてやや落ち目の、かつてのテレビスター俳優Rick Daltonと、スタントダブルと友人としてRickを公私ともに支えるCliff Boothという二人を主人公としてハリウッドを舞台に起こる出来事を描いた話となっています。主人公らはそれぞれLeonardo DiCaprioとBrad Pittという現代の映画スターが存在感たっぷりに演じており、特にLeoの劇中劇の演技にまで魅せられてしまうほどです。そしてSharon Tateを演じるのは「スーサイド・スクワッド」でのHarley Quinnがとても良かったMargot Robbieです。本作中のSharonはちょっと頭が足りない感じに描かれているように感じましたが、超ミニスカートで闊歩する姿はとてもキュートでした。

本作の論評を見ると「ストーリーがない」というようなことを言う人が多いようなのですが、確かにカット間の関係が非常に希薄で、一見不要なシーンが多々あり、一体どういう話なのか、どこへ向かっているのかということはわかりにくいかもしれません。しかし私が驚嘆したのは、それぞれのなんでもないカットが非常にかっこよく撮られているということで、おそらく様々な定石を踏まえて、巧妙に計算し尽くされているということなのでしょう。本当にただの移動シーンでも「うわっ」と思うようなカッコ良さで、映画オタクのTarantino監督ならではではないでしょうか。

なおTarantinoといえば過剰なバイオレンス描写も特徴ですが、それも最後にしっかりあります。なにしろ「シャロン・テート殺害事件」がテーマですから…

World War Z

グロさはなくても恐ろしい。

映画のテーマとしてゾンビがよく取り上げられるのはナゼなのでしょうか。死体が動き出して生きた人々を襲い、ゾンビに噛まれると噛まれた人もまたゾンビになってしまう、というのがだいたい最近の決まり事になっていますが、そんな恐ろしい存在なのにホラー映画ばかりでなく先日観た「ウォーム・ボディーズ」のようにゾンビを対象にしたラブコメディまでできてしまうのにはちょっと驚きます。死体が動く、ということでリアルに描こうとするとどうしても気持ち悪さが先立つものですが、今回観た「ワールド・ウォーZ」はPG-13という低いレーティングになっているのでグロテスクな描写は一切なく、ゾンビに襲われるというミクロな恐怖よりも人類が滅亡の危機に瀕するというマクロな恐怖感を掻き立てられるものになっていました。

舞台は現代のアメリカを中心とした世界各地、Brad Pittが演じる主人公のGerry Laneがフィラデルフィアで家族とともに車で渋滞に巻き込まれていると、突然前方でパニックが巻き起こります。Gerryはこの瞬間初めてゾンビ的なものの存在を知ることになり、家族を連れて必死の逃避行を始めることになりますが、元国連調査員だったGerryは元同僚に請われて、家族の身柄の安全と引き換えにゾンビを食い止めるための調査に協力することになる、というような話です。

この映画に登場するゾンビの最大の特徴は、とにかく素早いということでしょう。動作は非常に機敏で、力も生きている時と同等以上にあるのではないかと思われます。また人間が感染してからゾンビ化するまでの時間も非常に早く、襲われたそばからゾンビ化していくので、都市などで人が集まっている所ではあっという間に壊滅的な状況になってしまうようです。また予告でも非常に印象的でしたが、蟻の大群のように押し寄せたゾンビが折り重なるようにして高い塀を乗り越えてしまうシーンなどはこれまでのゾンビ映画にはなかった表現ではないでしょうか。

そもそもウィルスなどにより「死んだ」人間が動きまわり生きた人を襲うようになるという事自体が荒唐無稽とも思われるのですが、昨今の鳥インフルエンザのアジアでの流行など、新しい病気のパンデミックに対する恐怖もあり、これに似たものによって同じような状況になってしまうということがないとは言えず、この映画のリアリティを補強しているとも言えるのではないでしょうか。

この作品はMax Brooksによる同名の著作を原作として作られたものですが、この本で中心的に描かれているのはこの映画でのゾンビとの戦いである「ゾンビ対戦」の後の話であり、もともとこの映画自体も3部作として企画されていたものらしく、公開以来の好評により続編に着手したとのことです。この作品では2億ドルという高額の制作費がかかってしまったようですが、それに見合った利益が上げられそうだと判断されたということですね。実際私も良くできた映画だと思いますので、「ゾンビなんて…」という人も観れば楽しめるのではないでしょうか。

WORLD WAR Z

posted with amazlet at 13.06.30

マックス・ブルックス 文藝春秋 売り上げランキング: 24,816

Amazon.co.jpで詳細を見る

Ocean’s Thirteen

ちょっとおふざけが過ぎるような気もしないではありませんが。

私生活でも仲が良いらしいGeorge ClooneyとBrad Pitt、Matt Damonらが中心となって豪華ハリウッドスターを集めて作られている「オーシャンズ」シリーズは、その絢爛たるキャストとスタイリッシュな映像、痛快なアクションとコミカルな演技というまさにハリウッドならではの娯楽映画なのですが、そのシリーズ最新作にして最終作という「オーシャンズ13」が昨年8月の公開からわずか半年足らずでTSUTAYAの準新作扱いとなり、半額クーポンの対象となってしまったので早速観てみました。劇場公開時に観てもいいかなと思うくらいに気に入っているシリーズなのですが、当時別の映画の方がさらに楽しみだったので仕方ありません。

オーシャンズ13 特別版(2枚組)
監督:スティーブン・ソダーバーグワーナー・ホーム・ビデオ (2007/12/19)ISBN/ASIN:B000XCN7LY
Amazon.co.jp で詳細を見る

2001年に公開されたシリーズ1作目の「オーシャンズ11」は、1960年のFrank Sinatra主演「オーシャンと十一人の仲間」のリメイクだったわけですが、この作品のヒットに気をよくして作られた続編もまずまず成功、というわけで作られたこの3作目がどうだったかというと、正直なところ「そろそろやめた方がいいかな」というような感じです。まあ面白くないというわけではないのですが、充実していた1作目からすると何となく雑な作りになってしまっているような印象があり、目新しさが必要なので前作以上に派手にならざるを得ないシリーズものの宿命のようなものなのかもしれません。

とネガティブな感想を述べておいてから紹介するのもなんですが、この作品も豪華キャストは相変わらずで、今回はさらにAl Pacinoという大御所が敵役として加わっており、存在感たっぷりに演じています。といいながら実はAl演じるWilly Bankの右腕のAbigail Sponder役を演じるEllen Barkinの方がさらに目立っていて、1954年生まれということは…というのを全く感じさせず、まさに「怪演」というのはこういうことかという感じです。

ちなみにもともと「オーシャンズ11」というのはDanny Oceanとその11人の仲間の物語ということだったわけですが、今回の「13人」というのには一体誰が含まれていて誰が含まれていないのか、よくわかりません。まあ今となっては単なる連番に過ぎないのかもしれず、どうでもいいといえばいいのですが、どうも一人足りないような…

ストーリーはといえば、前作までの仲間の一人Reubenが新しいホテルの経営で手を組んでいたBankに裏切られ、そのショックで病院に担ぎ込まれたことで仲間が再び結集し、Bankへの復讐を企て…というような感じです。この復讐の計画というのが相変わらず非現実的な規模で、無茶苦茶な資金が投入されるのですが、あの手この手で難攻不落のカジノを攻め落とすといいながら鮮やかすぎるのかどうもあっさり上手くいきすぎのような気がしてしまいます。まあ、あくまでスタイリッシュに、というのがこの映画のコンセプトの一つでしょうし、観客もそういうものを望んでいるのでしょうか。

ということで悪くはないのですが、やはりシリーズ化してしまうと第一作のような衝撃はなくダラダラしてしまいますので、George Clooneyも「この次はない」と言っている通りこの辺が潮時なのでしょうね。そういえば今回は若い女性があまり出てこないので、その辺りが華が欠けているような印象の原因だったりもするのでしょうか…