Archives

X-Bows Mechanical Ergonomic Keyboard

いつになったら慣れるでしょうか。

私は以前からコンピューターと人間とのインターフェースであるディスプレイモニタとキーボードやマウスなどの入力デバイスこそ使い勝手の上で重要だと思っていて、それによって作業の効率は直接的にも間接的にも変わってくるので、自宅はもとより職場のPCで使うためにもこれまでに数多くの製品を購入し試してきました。しかしキーボードについては未だに完全に満足できるものには出会えておらず、探求の旅は継続中です。

このブログでkeyboardというタグで検索すると複数のキーボードの記事が出てきますが、実はこれが購入したものすべてではありません。タイミングを逃して記事にしそびれてしまったものもいくつかあるので、実際にはもう2, 3本のキーボードが私の手元にあったりします。しかし、今回入手したX-Bows Ergonomic Keyboardについてはぜひ書いておかなければと思い記事にしているところです。

この製品は当初KickstarterのX-Bows Mechanical Ergonomic Keyboardというプロジェクトとして知り出資したもので、当初の予定より半年ちょっと遅れて届きました。通常の量産メーカーで発売が半年も遅れるというと大きな問題だと思いますが、Kickstarterのプロジェクトの中には一年以上遅れたり、量産に漕ぎ着ける前に資金が底をついて破綻してしまったり、酷いものになるとある時から音信不通になってしまったりもすると聞くので、半年遅れくらいなら温かい目で見守るくらいのものです。

それはさておき、届いた製品はなかなか精度良くできていて品質は高そうです。説明書などは十分に揃っているとは言えず手探りで試してみるしかないところもありますが、まずキーボードとして使う分には特に問題ありません。ただ、本製品はエルゴノミックのゲーミングキーボードということになっているようなので、そのゲーミングキーボードの特徴なのかフルカラーLEDによるバックライトが搭載されていて、その点灯パターンを様々に設定できるらしいのですが、その設定に必要なアプリのMac版はまだ公開されていないため、デフォルトで設定されているものの中から選ぶしかないというのが制約になっています。Windows版にまずは注力したいということらしく、Mac版もそのうち公開されるはずなので根気よく待ちたいと思います。

キーボード本来の機能としては、キースイッチをGateronのRed, Blue, Black, Brownの中から選ぶことができます。これらは重さ、ストローク量、クリック感などが異なっていて好みに合わせて選ぶのですが、私は軽めでクリック感はあるがクリック音はしないBrownを選択し、期待通り私の好みにぴったりのスイッチで良かったと思います。

このキーボードの最大の特徴はエルゴノミックデザインのキー配置です。基本的なキーは通常のQWERTY配列になっているのですが、右手と左手とが担当するキーがはっきりと分けられて扇形に広げられていて、それらの間にBackspaceとEnterが配置され、またスペースキーも左右に分けられて中央にはControlとShiftが挟まっています。こうして左右に広がっていることによって手首を無理な角度に曲げることが無くなって体に優しい、ということなのですが、私のタイピングは自己流なので中央付近の左右の分担、特にBのキーが曖昧で、たびたび右手でBを押そうとしてEnterを押してしまって漢字変換が確定されてしまうということになっています。これはしばらく使って慣れるしかないのだろうと思っていますが、これに慣れることによって通常のキーボードでも正しいタイピングに矯正されるようなのであれば良いと期待しています。

しかしやはり何事も良いことばかりではありません。このキーボードではキーが扇形に広がっているため、上段のキーほど左右に広くなってしまっています。特に数字の段ではだいぶ広くなってしまっていて、問題なのが日本語入力時には頻繁に使用する”-“のキーです。このキーにはもはや私の手ではホームポジションから届かなくなってしまっていて、結構手を移動しなければいけないことになっています。せっかくのエルゴノミックキーボードなのに、これでは明らかに手首に負担がかかってしまいますので、設定アプリができたらもっと押しやすい別のキーに置き換えるなどしたいです。

ということで今のところまだ問題はありますが、見た目は凄くかっこいいので、なんとか使いこなしていきたいと思っています。職場のPCでも使えるようにWindows仕様のものも買ってしまおうかとも思いましたが、それはもう少し慣れてからですね。

Silicon Valley

初日はオタクっぽく。

今年の夏、長男は高校編入のために一足先に帰国してしまったので、次男と3人だけになってしまいましたが、夏の旅行はこれまで行ったことのない西海岸、カリフォルニアに行くことにしました。厳密にはつい先日次男と二人でシアトルに行ってきたところではありますが、賞味わずか1日の滞在ですし、西海岸らしさはほとんど味わう間もなく帰ってきてしまったので、数には入れません。

まずは5年弱ぶりにサンフランシスコ国際空港 (SFO)に入りましたが、飛行時間は5時間あるもののデトロイトとは3時間の時差があるので、見かけの所要時間は2時間で済みます。逆に帰りは見かけ上8時間ということになってしまうわけですが、初日は有効に使えるというのが良いところです。空港ではレンタカーを借りて、すぐにサンフランシスコの街は後にしてしまいました。

まずはGoogleの本社があることで有名なマウンテンビューの町で昼食を済ませ、おもむろにGoogleplexへと入ってみました。といってももちろん建物の中に入ることはできませんが、敷地は閉ざされていないので駐車場に車を停めてふらふらと歩いてみたのでした。本当はカンパニーストアに入れないかと思って行ってみたのですが、それ以前に工事中でがらんどうになっていてお話にならない状態だったので、早々に諦めました。敷地内にはグーグルカラーの社員用貸し自転車がたくさんあって、乗り回している社員もたくさんいたのですが、その他の歩いている社員も見ながら「この人達みんな天才だよ〜」なんて言いながら、私たちは車に乗って移動しました。

次に向かったのはGoogleplexにほぼ隣接しているComputer History Museumです。最近シアトルで古いコンピュータは見てきたところなのであまり新鮮さはありませんでしたが、あちらに比べるとかなり博物館らしくしっかりとした展示になっていました。しかし、真面目過ぎてやや退屈に感じてしまう面もあり、私にはいかにもオタクっぽかったLiving Computer Museumの方が面白かったと思います。ただ、こちらにはコンピュータの先祖であるバベッジの階差機関があり、これを動かして見せてくれます。完全に機械的な動きで計算ができてしまうというのは何だか不思議に感じてしまいますが、考えてみれば電子の動きで計算ができるというのだって十分不思議なことです。

その後はちょっと移動してメンローパークに向かいました。ここにはFacebookの本社があり、ここにもショップがあるということだったので行ってみたのですが、警備員に聴いてみるとここも残念ながら一般には公開されているものではなく、あなたができるのは看板の前で記念写真を取ることだけで、済んだらすぐに立ち去るようにと言われてしまいました。仕方がないので言われた通り写真を撮って退散しましたが、後で調べてみると確かに従業員とゲストのみとあって、ちゃんと調べておけという話ですね。

こうしてみると一体何しに行ったんだかという感じですが、実は単に通り道だったから立ち寄ってみただけのことで、本当の目的地はここから5時間ほど走ったヨセミテ国立公園なので全く問題ないのでした。あわよくばという感じで寄ってみたらやっぱりダメだったというわけです。アップルの本社には一般客も入れるカンパニーストアがあったのですが、改装のために6月で閉店してしまっていて行けなかったのは実に残念です。まあ仕方ありませんが。 (続く)

Living Computer Museum

予期せぬ宝の山にびっくり。

長い長いAmtrakの旅の終着点はシアトルでしたが、シアトルに何か目的があったというわけではなく、Amtrakでアメリカ大陸を横断するということこそがこの旅の目的でした。しかし、せっかくはるばる西海岸まで行ったからには観光らしきものをして帰りたいものです。

シアトルといって思いつくものはいろいろありますが、イチローのいないMarinersにはちょっと興味がありません。またコーヒー中毒の私にとってはStarbucksをはじめとするいわゆるシアトル系コーヒーということでStarbucksの発祥の地へも行ってみましたが店を外から眺めただけで、長蛇の列の後ろにつく気にはなれませんでした。あとはMicrosoftとAmazonの本社があるのと、Boeingがあったことでしょうか。

本当はBoeingの飛行機工場を見学できるThe Future of Flight Aviation Centerというところにも行きたかったのですが、ちょっと離れたところにあるので列車の到着時間とツアーの時間が合わず行くことができませんでした。それではどうしようか、というところで見つけたのがLiving Computer Museumなるものでした。Computer Museumはいいとして、その前にある”Living”というのはどういうことか…というと、要するに展示されているコンピュータが全て動作する状態であるということでした。どんなに歴史的なコンピュータもただ置いてあるだけではただの箱ですが、動作するというのは結構凄いこと、ということで次男も興味を示したので行ってみることにしました。

中心部からはちょっと離れたところにあるので15分ほどバスに乗って移動しましたが、バス停から歩き始めると時計塔からセイレーンが覗いている大きなビルが見えてきました。「スタバの本社かなあ」と言いながら見ていましたが、Starbucks Centerという名前で、まさしくStarbucksの世界本社でした。

そして目指していたLiving Computer Museumはそのすぐ近くにありました。訪れたのが独立記念日ということもあって周りがひっそりしていて不安になりましたが、”OPEN”の文字が光っていたので恐る恐るドアを開けてみると、受付にいたのはいかにも白人のオタクという感じの長髪にメガネの青年でした。入場料はもともと大人$6、子供$2と非常に安いのですが、「どうやってここを知ったのか」と聞かれて「Foursquareで」と答えると「チェックインしたら$2になる」ということで、2人でたったの$4になってしまい、さらにこの後行こうと思っていたEMP Museumのそれぞれ$5割引の券までもらってしまいました。

入り口そばのエレベーターで2階へ登ったところが展示室になりますが、ドアが開いていきなり目の前に現れたのはPDP-7でした。今からちょうど50年前の1965年にリリースされ、Unixの最初のバージョンが作成されたあのPDP-7が、目の前で動作しているということで私の興奮は一気に高まってしまいました。このPDP-7は120台発売されたうちで現存すると言われる4台の中でただ1台動作するという、大変貴重なものです。コンピュータの歴史を知らない人にとっても、50年も前のコンピュータが動作するというのは凄いことではないでしょうか。

そうしているうちに説明員がやってきて40分ほどのガイドツアーが始まりました。説明を聞きながら歴史あるマシンたちを順番に見ていきましたが、どうも私ほど感動している人はいないような感じでした。しかし説明員の女性も相当なオタクっぽく、早口でかなりマニアックなことをまくし立てていて、要所要所で質問を求めるものの誰もついていけないようで、アメリカなら当然あると思われた質問もありませんでした。

展示されているのはPDP-7のほかPDP-8, 10, 11, 12、VAX-11/780といったミニコン、世界最初のスーパーコンピュータCDC 6500、そしてAltair 8080に始まりIMSAI 8080やCommodore PETなど初期のパーソナルコンピュータなど、本でしか見たことのなかったような数々の貴重なマシンたちで、私の興奮は全く治まりませんでした。

また、コアメモリやドラムメモリには私も初めて手を触れましたし、紙テープやパンチカードもあり、さらに次男に衝撃的だったのは数MBしか入らない初期の巨大なハードディスクだったようです。

ということで、私はもちろん大満足だったのですが、次男も思いの外楽しめたようです。シアトルに観光でやってきてここを訪れる日本人も稀でしょうが、まさに所蔵品の数々はマニアには必見です。