Archives

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

観ておいて良かったです。

20世紀フォックスの子会社でインディペンデント系に強い映画製作会社のFox Searchlight Picturesという会社がありますが、「JUNO/ジュノ」や「スラムドッグ$ミリオネア」などの有名作品の他、良い作品を色々扱っていて私も常々注目しています。巨額の製作費をかけた超大作でなくても、面白い映画はいくらでもあるということを思い知らせてくれる良いスタジオだと思っていますが、日本では先週から公開されている「スリー・ビルボード」という作品がヴェネツイア国際映画祭に出品されて好評を博し、アカデミー作品賞にもノミネートされているなど高い評価を得ているようなので、私は普段あまり観ない犯罪ドラマというジャンルではありますが、土曜日の朝から映画館に観に行ってみました。

娘を強姦殺人で亡くしたMildred Hayesが、何ヶ月たっても一向に犯人を見つけることができない警察への抗議のため、町の寂れた道路に面する3枚の大きな看板に「RAPED WHILE DYING (レイプされて殺された)」「AND STILL NO ARRESTS? (なのにまだ逮捕なし?)」「HOW COME, CHIEF WILLOUGHBY? (どうして? ウィロビー署長?)」という広告を出すところから物語が始まります。これに対し、町の人々はMildredに同情しながらも、敬愛されるWilloughbyへの個人攻撃に対しては賛同しません。特にWilloughbyを慕うJason Dixonは激しく反応しますが、その後様々な展開が起こることになります。

Mildred役のFrances McDormandやDixonを演じているSam Rockwellの演技が特に高く評価されているようですが、確かにMildredの静かな狂気と対極的なDixonの激しさと終盤の二人は見応えがあると思います。また、Willoughby役のWoody Harrelsonは悪役で見ることが多いですが、本作ではとても良い人のように見えますし、とても存在感があります。ちなみに、WikipediaによるとWoodyの父親は「マフィアの雇われ殺し屋」で、終身刑で服役中に死去したとか…母の方は「弁護士秘書」だとかでそれも驚きですが、いずれにしても本人とは直接関係のないことですね。

本作は脚本が本当に良くできていて、私も面白くていつの間にか時間が経っていたという感じでした。製作費は1200万ドルということですが、たとえば昨年末の「最後のジェダイ」は2億ドルですから、やはり製作費と映画の面白さには直接の関係はないということです。脚本が全てということではありませんが、創造力、クリエイティビティしだいでいくらでも面白いものは作れるということではないでしょうか。もちろんStar Warsのようなものを作ろうとするとどうしてもお金は掛かってしまうのですが。

Murder on the Orient Express

今はもう運行されていないのですね。

中学生の頃、私には個人的に欧米の古典推理小説ブームが来ていて、学校の図書館で借りて貪るように読んでいたものです。このジャンルではConan DoyleのSherlock Holmes、Maurice LeblancのArsène Lupin、Agatha ChristieのHercule Poirotが三巨頭と言っていいかと思いますが、実は天邪鬼な私が一番好きだったのはEllery Queenでした。といっても作品の内容はまったく覚えていないので、今から読み直しても新鮮に楽しめると思います。

この週末に公開された映画「オリエント急行殺人事件」は言わずと知れたAgatha Christieの代表作の一つ、「オリエント急行の殺人」を原作としているもので、この作品は私も間違いなく読んでいるのですが、内容は完全に忘れてしまっていました。ミステリーなのでその結末は知らないに越したことはないのでもちろん読み直すことなく観てきました。

イスタンブールからロンドンまで向かう長距離豪華寝台列車であるオリエント急行の中で乗客の一人が遺体となって発見されるという、列車を舞台にした一種の密室ミステリーとなっています。特徴的なのはそのキャストで、監督と主役を兼ねるKenneth Branagh以下、Penélope Cruz、Willem Dafoe、Judi Dench、Johnny Depp、Josh Gad、Michelle Pfeiffer、そして「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の主演で一躍スターの仲間入りを果たしたDaisy Ridleyと、大変豪華な面々となっています。しかしこれもこの作品の特徴からして必要なことで、1974年の映画でも同じように豪華なキャストで話題となったようです。このような作品で、原作に比較的忠実に作られているので新しさはありませんが、当時の上流階級の人々が登場人物であるということもあって、華やかさが印象的でした。

こんな列車に私も乗ってみたいとも思いましたが、日本では寝台列車はどんどんなくなってしまって予約を取るのも大変ですし、瑞風なんてそれだけでなく私にはとんでもない値段です。アメリカにいる間にAmtrakで大陸横断の旅ができたのは良かったのですが、豪華というのとはちょっと違うものでした。あれとカリブ海クルーズをあわせたような感じがちょうどなのでしょうか。まあ変に格式高いのも疲れるだけなので、カジュアルながら贅沢な感じというのが良いのですが、そんな都合のいいものはありませんね。その点Royal Caribbeanは我が家にはとても良いバランスだったのですが。

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

posted with amazlet at 17.12.09

アガサ クリスティー 早川書房 売り上げランキング: 461

Amazon.co.jpで詳細を見る

フィッシングメールにご注意

みんな気を付けてよ!

先日、いつもどおり始業時刻の1時間前に出社してPCを立ち上げると、勤務先のメールボックスに他部署の業務に関する、しかし明らかに私には無関係な内容のメールに対して、まったく関係なさそうな他の部署の人が「宛先違いなので自分を宛先から除いてください」と全返信で返しているメールが入っていました。元のメールは入っていないのに返信だけ入っているというのも妙だったのですが、それをわざわざ送り主以外の全員に返信する意味がわからないなあと思って眺めていました。そもそも、送信先に私のアドレスは入っていなかったのですが、どうやら勤務先全従業員を対象にしたエイリアスを誤って送り先に入れてしまったようで、事業所のトップ以下数千人にそのようなゴミメールを送り付けてしまっていたはずです。

それだけなら「困った人だ」くらいで済むのですが、その後徐々に出社してきた人がPCを立ち上げて「私も…」とやり始めて、結局20人程度の人が同じようなゴミの投げ合いを始めてしまいました。最初の数人はまだしも、そんなメールが何通も届いているのを見て「何か変だ」とは思わないものなのでしょうか。まあ、数千人のうちの20人なので全体の1%にも満たないわけで、その程度の割合では避けられないものなのかもしれません。

それとは直接関係ないのですが、今日は私の私用のメールボックスにAmazon.co.jpから「注文通知」という件名の見たことのないメールが届きました。内容は「請求書」となっていて、Launchpad MiniなるUS$114.99の製品をトルコの人に配達することになっていて、「この注文があなたのやり方でない場合は、この注文をキャンセルしてください と表示されます」という妙な文章のうち、「この注文をキャンセルしてください」の部分がハイパーリンクになっています。

日本語のたどたどしさ以外にも、日本のAmazonなのに価格がUSDだったり、キャンセル方法だけが詳しかったりと怪しい所だらけでいかにもなフィッシングなのですが、もちろんこのハイパーリンクこそが釣り針で、短縮URL経由でどこかの怪しいウェブサイトへ飛ばされていくようです。ご丁寧にも短縮URLはamzauthlogなんてそれっぽい文字列にしてありますので、ちょっとだけ注意深くURLを確認してみた人もうっかり引っかかってしまうのかもしれません。

このメールはどうもあちこちに送られているようでITMediaやInternet Watchなどでも報じられているようですが、上で述べた「1%」に当てはまるような人のうちのまた何分の一かの人が釣られてしまうのでしょうね。インターネットのおかげであらゆることが便利になっていますが、犯罪者にとっても便利になってしまっているということも忘れないようにしましょう。

Novation パフォーマンスコントローラ Launchpad Mini MK2

posted with amazlet at 17.09.22

Novation (2015-08-28)売り上げランキング: 3,008

Amazon.co.jpで詳細を見る