カテゴリー
misc

IIJmioギガプランと5G

私一人抵抗しても意味がないので。
📱

昨年、総務省の「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクション・プラン」というのに基づいて各携帯電話キャリアに料金の値下げ圧力がかかり、その結果としてNTTドコモからahamoauからはpovoSoftBankLINEMOという安価なサービスが提供されるようになりました。私はIIJmioを利用しているのであまり関係ないと思っていたのですが、これはMVNOにとっては脅威というか、かなり余計なお世話というのものではないでしょうか。だいたい、実際には諸外国と比べて日本の料金は特別高いというわけではない(PDF)ようですし、そういう形で企業に負担をかけて物価を下げても国民の生活が逆に貧しくなるだけではないのかという疑問があります。

しかし、これに対してIIJmioギガプランという新しい料金体系で対応してきました。これまでのmioモバイルでは月間3/6/12GBの1つのプランを複数のSIMで分け合って利用することができましたが、ギガプランではSIMごとに2/4/8/15/20GBのプランを契約するという形に変わりました。ただし、この6月からは同一契約ID内の回線間で通信データ容量を共有できるデータシェア機能が利用できるようになったので、実質的な使い勝手としては大きな違いはなくなりました。一方、データ容量に対する料金は大幅に安くなっており、以前は3GB音声つきで1760円だったものが4GBで1078円、2GBなら858円となっています。もし6GBプランを2回線で利用していたとすると、追加SIM利用料440円が加算されて2442+440=2882円だったものが、4GBと2GBのプランの共用で1078+858=1936円と900円ほど安くなることになります。このプラン変更は一方通行ではありますが、ギガプランの利用によるユーザー側のデメリットは一切ないようなので、IIJとしてこれで良いものなのかどうかは心配なところがありますが、家計的にありがたいことではあります。

我が家では以前は私が一人で6GB、妻子3人とモバイルルーターで12GBを共用する契約にしていましたが、これを8+4+4+4+2で合計22GBという構成のギガプランに変更しました。家族の間でも外出の度合いや出先での利用状況にばらつきがあるので、データシェアが使えなかった5月は長男の容量が0になってしまうということがありましたが、今後はそういった問題もないでしょう。COVID-19で外出を控えている状況下ではありますが、それが解消されたとしてもおそらく大丈夫です。

また、このデータシェアと同時にギガプランでは5G通信も無料で利用できるようになりました。会員専用ページでON/OFFを切り替えられるというもので、もちろん端末が5G通信に対応している必要がありますが、私のiPhone 12は対応しているので試してみることにしました。私はドコモ回線を使用するタイプDなのでNTTドコモのサービスエリアマップで確認してみると、私の自宅はエリア外なもののすぐ近くまでは来ていて、散歩コースでは半分ほどがエリア内のようです。

初めて見た「5G」の表示は軽い感動がありましたが、残念ながら5Gでは場所によって秒単位の遅延が見られることがあり、かなり問題のある状況だったので結局OFFにしてしまいました。また、この切り替えは夜8時から朝9時までの間は対応しておらず、今回のように朝の散歩中に通信状態に問題があるという場合にすぐに切り替えられないというのは大きな不満を感じるところでした。IIJmioの場合はボトルネックがMVNO接続の方にあるので、5Gにしたからといって通信速度が向上するというものでもないので、4Gの基地局が特別に混雑しているという場合でもなければユーザー側のメリットはないようなので、あえて利用する必要はなさそうです。

ということで5Gの体験はかなり残念なものでしたが、ギガプラン自体はデータシェアができるようなった今は何ら問題は感じられないので、大幅な節約になったのはありがたいと思っています。

カテゴリー
news

東芝が東証二部に降格

東芝よもやこんなことになるとは。

今日はついにというかなんというか、衝撃的なニュースが舞い込んできました。日本のいわゆる総合電機メーカー三社の一角、あの東芝がとうとう8月1日付で東証二部に降格されることが決まってしまったとのことです。

東芝といえば1875年創業の電信機工場に端を発する日本国民の誰もが知る伝統ある企業でしたが、2006年に買収した原子力会社Westinghouse Electricの巨額の損失と、それを隠すための粉飾決算とで社会的な問題となり、ついにここまで没落してしまいましたが、その責任のすべては経営陣にあると言って間違いないでしょう。100年以上の歴史も崩れ去るのはあっという間、いとも簡単に地に落ちてしまうものです。

メーカーと言えど、良いものを作っているだけでは成り立たないというのも明らかになりました。我が家の家電製品で東芝製のものはテレビくらいのような気がしますが、これは今でもまったく問題なく活躍しており、当時大枚はたいて購入しただけのことはあると思っています。また、そうして目に見えるもの以外にも、フラッシュメモリを始めとして各種製品に組み込まれている電子デバイスも数知れないでしょう。そういえばFlashAirも東芝製でした。このように有力なブランドであっても、吹き飛んでしまうのです。

二部に落ちたからと言って潰れてしまうわけではないのでそう悲観する必要はないのかもしれませんが、20年以上前の私の就職活動中に視野にあった三洋シャープもあのような残念なことになってしまいましたし、これらとは一線を画す一流企業だと思っていたあの東芝が、というのが非常にショックです。私はなぜか東芝を選択肢に入れませんでしたが、東芝に入社した私の友人もいますし、何かが違っていたら私も当事者になっていたかもしれません。ちなみにその友人はすでに転職して難を逃れているようです。

実は私の勤務先も入社して間もなく「経営の危機」などと言われて緊縮政策がしかれたりして、その後なんとか持ち直して今は安定しているように見えますが、まさに一寸先は闇、今後何がどうなるかはわかりません。中国を始めとする各国が日本を追い越そうとしていますので、安泰というようなことはないのだと思います。明日は我が身と思って気を引き締めて参りましょう。

カテゴリー
misc

Federal Reserve Bank of San Francisco

Federal Reserve System日銀にも行ってみないと。

私は今、サンフランシスコにいます。勤務先から派遣されて語学学校に3週間の短期留学ということになっているのですが、今日で一週間通学したことになります。留学というと各国からの留学生や現地の人との交流があって華やかなものではないかと思うかもしれませんが、ほとんどの留学生が20代の若者であることもあってなかなか溶けこんでいくのが難しかったりします。それなりには交流がないでもないのですが、来週にはThanks Givingの連休があるためにそれを避ける人が多いのか、今週で帰ってしまう人、再来週からの人が多いようで、3週間通して一緒にいられる人がかなり少ないというのも問題です。さらに、平日は6時近くまで授業があり、夕食のために7時までには帰宅しないといけないので、のんびり観光などしている暇もありません。

それはともかく、先日この語学学校の課外授業のような形で、学校から10分ほど歩いたところにある連邦準備銀行見学に行ってきました。金融関係の仕事をしている人や経済学を学んだ人たちは当然知っているのでしょうが、それ以外の人には「連邦準備銀行って何?」という感じではないでしょうか。私もなんとなく「日銀のようなものかな」という程度に漠然としか理解していませんでしたが、どうやら実際にそのようなもののようです。

しかし、その連邦準備銀行というものが全米12箇所にあって、その一つがサンフランシスコにあるなどということを知っている人はどの程度いるのでしょうか。また、サンフランシスコに観光などで来て連邦準備銀行の見学に行くという日本人は数少ないでしょう。やはり一般観光客が行くようなところではないので、「地球の歩き方」にも載っていないようです。一応任意ということだったのですが、なかなかできない貴重な体験ではないかと思い私も参加することにしました。

見学の申し込み自体はそれほど堅苦しいものではないようでしたが、受付では写真入りの身分証明の提示が必要で、カメラやカメラ付き携帯電話は持ち込み禁止、金属探知と荷物のX線検査を行うという厳しさはありました。また、警備員室には大きな銃が装備されていて、さすがアメリカの物々しさでした。

見学にはフランクなハンサムガイが同行して詳しく説明してくれるのですが、最初に口頭説明と質疑応答があって、その後地下の金庫室とその周囲で行われている紙幣の取り扱いの様子を見せてくれました。銃を構えた警備員に見守られながら2人組の作業員がひたすら銀行から集まった札束を数えているところ、その札束をばらして偽札や汚損された紙幣を弾いて新しい札束を作る機械、そして50cm以上もありそうな分厚い扉の金庫室ですが、そこで取り扱われている紙幣の量を具体的には教えてくれなかったものの、とんでもないものでしょう。最後に元の部屋へ戻ってアメリカ独立の頃からの紙幣の歴史をビデオで見て、常設展示場を回って終わりでした。

この連邦準備銀行の見学は定期的にも行われているようなのですが、その場合は地下へは連れて行ってもらえず、団体で申し込む必要があるようです。おそらくそれではあまり面白いものではないでしょうから、やはり行ってみた甲斐があったのではないかと思います。

ちなみに最近の円高ドル安の関係で「FRBバーナンキ議長」という名前がニュースで見られますが、このFRBというのが連邦準備銀行の上部組織である連邦準備制度理事会のことです。しかしこの和訳では分かりにくいですよね。じゃあどう訳せというのか、と言われても難しいのですが…

[2010-11-20 追記]
書き忘れましたが、帰り際に廃棄するためにシュレッダーに掛けられた紙幣を小袋に入れたものがもらえます。頑張ってくっつければ幾らかの金額になるかもしれませんが、そんな気にはならないほど細かく刻まれています。とはいえ真券です、きっと。