「hot spring」タグアーカイブ

別府旅行

またまた盛りだくさんの旅。
♨️

いつも激安ツアーを提案してくれる職場のZさんですが、今回も阪急交通社の商品から見つけてくれたのが九州までの新幹線往復が5550円という驚きの激安ツアーです。通常は片道でも12620円もかかるところが往復でこの料金というのは異常な安さです。なにかカラクリがあってこれだけ安くすることができるのでしょうが、逆に考えると通常料金ももっと安くできるはずなのではないかとも思ってしまいます。今回はこの新幹線と激安レンタカーを組み合わせて、日帰りで別府まで行って温泉に入ってくるというプランで、昨年長崎鹿児島に行ったのと同じI君と3人で決行してきました。

東洋軒 とり天

小倉駅で新幹線を降りてレンタカーを借りて、まっすぐ別府市内に向かってまずは東洋軒で昼食です。こちらは大分名物とされている鶏肉の天ぷら、とり天の発祥の店と謳っていますが、地元でも人気の中華料理のお店で、非常に大きな駐車場を持っていて驚きました。12時前に到着したときには十数人が待っていましたが、回転が早いようで10分も待たずに入れたのではないかと思います。私はこちらで名物のとり天と、角煮ラーメンをいただきました。昼食には多すぎるだろうとは思ったのですが、どちらも非常に美味しくて、朝食がパン1枚だけだったこともあってすべて一人で食べきってしまいました。角煮ラーメンは大きな角煮がゴロゴロ入っていて、麺は博多ラーメンのように細かったのが印象的です。

別府地獄めぐり 海地獄

腹を満たしたあとは観光ということで別府地獄めぐりをしました。様々な形態で湧出する源泉「地獄」を見て回るというものですが、以前家族で別府に行ったときは子供が小さかったこともあって見なかったので、西日本の中学高校では修学旅行などでの定番だそうですが、私は初めてでした。「地獄組合」という組合に属している7つの地獄は7枚綴りのチケットで割安に見て回ることができるので、私達もこれを購入して順番に見ていきました。

別府地獄めぐり 鬼石坊主地獄

正直なところ最初はあまり期待していなかったのですが、なかなかどうして地獄は変化に富んでいてそれぞれ特徴的で、この年齢になったからこそなのかもしれませんが、とても面白かったです。青い水を海に見立てた海地獄は予想以上に青くて驚きましたし、灰色の泥沼がぷくっと湧く鬼石坊主地獄はなかなかうまく写真に撮れないのがもどかしくも楽しく、鬼山地獄では温泉の熱を利用して飼っているというワニの迫力が凄かったです。しかし、時間がなくてどれか一つだけ行くというのならいろいろ楽しめるかまど地獄がいいでしょう。最も経営努力しているようで、韓国人観光客の一団など大型バスもたくさん訪れていて群を抜いて賑わっていました。

地獄を一通り楽しんだあとは鉄輪むし湯で温泉に浸かってきました。こちらではむし湯、つまりサウナになっているのですが、狭い石室の中で石菖という藁のような薬草の上に横になるという独特の形で温泉を楽しむことができます。その後で通常の湯に入ることももちろんでき、なかなか良い体験ができたと思います。ただ、むし湯の部屋は一度に4人までしか入れないということもあり、時期的に混雑することがあるかもしれませんが、一度は体験してみると良いのではないでしょうか。

岡本屋 地獄蒸しプリン

体の芯からポカポカになってから、食事の前に明礬温泉岡本屋売店へ行って「地獄蒸しプリン」を自分たちのおやつと、家族へのお土産のために買ってきました。その場でいただく分はちゃんと陶器の器とスプーンで出してくれるので、プラスチックの容器のまま出してくるのとはそれだけでもかなり気分が違います。さすがに持ち帰りの分はプラスチックの容器になってしまいますが、濃厚でクリーミーなプリンをほろ苦いカラメルソースとともにいただくというのは同じです。260円と安くはないプリンですが、その値段以上の味わいはあるでしょう。

最後は市内中心部に戻って地元の人気店らしきろばた仁関さばのお造りなど夕食をいただいてから、慌ただしく小倉駅へ戻ってレンタカーを返し、新幹線で帰宅しました。別府から北九州までは2016年から東九州自動車道で繋がっているのですが、多くの区間が片側1車線の暫定2車線での開通となっているため、ちょっと遅い車がいると詰まってしまうのが問題です。大抵の場合は規制速度では走っているので、その速度で計算しておかなければいけないのですけどね。まあ、レンタカーはなんとか時間内に返すことができて、余裕を持って新幹線に乗ることができたので結果としては問題ありません。

ということで、今回も日帰りなのに非常に盛りだくさんの旅行となりました。あまり詰め込みすぎず余裕のある日程だと思っていたのですが、蓋を開けてみれば地獄めぐりが思いのほか充実していたためでしょうか。今回は今回で楽しかったので良いのですが、次はまた泊まりでゆっくり温泉を楽しみたいと思います。

野沢温泉と沼津

魚河岸丸天 わいわい丼ほとんど車に乗っていたような。

例年、我が家では正月とお盆の連休に東京の実家に帰省するのが習慣になっていますが、今年は長男も次男も学校の部活動や補習などで夏休みといえどほとんど拘束されていて、連休となっているのが8月13日から15日の3日間だけでした。私も13日からの1週間は勤務先の休暇となっていたのですが、帰省するならこの3日しかないということ、そして家族で旅行できるのもこの時しかない、ということで、ただ帰省するのではなく小旅行を兼ねて、野沢温泉に一泊してから実家へ行き、そして一泊したらまた自宅に戻るという忙しいスケジュールとなりました。
海鮮アトム あじ二種添え
関西から野沢温泉へは南側から松本、長野を通って行くのが一般的なルートかと思いますが、お盆まっただ中ということで京都や名古屋といった大都市を通過するのは避け、今回は北陸自動車道を利用して日本海沿いに北上し、北側から野沢温泉へと入ることにしました。そうすると、朝8時前に自宅を出ると昼食時には福井市付近を通過することになるので、ここで一旦高速を降りて海鮮アトムに寄り、寿司を食べることにしました。同じ回転寿司でも我が家の辺で食べるものとは一味も二味も違うのですが、今回はなぜかコンベアの上にはまったく寿司が流れておらず、店員さんが注文を受けて握るのに手一杯ということでひと皿ごとに何分も待つことになってしまって子どもたちの受けは良くありませんでした。味はとても良かったのですが残念です。

野沢温泉を選んだのはちょっと涼しい山の中の温泉でのんびりして、旅館で美味しい料理でも食べようということだったのですが、そう決めたのが出発の2週間前だったのでそれほど選択肢もない中で、運良く空きのあった常盤屋さんに今回泊まってみることにしました。温泉街に入ってみると町全体に硫黄の匂いが漂っていて、ちょっと気分が盛り上がります。

この常盤屋さんの名物は千人風呂という光明皇后ゆかりの伝説を持つ湯です。もちろん私達も浸かってみましたが、程よい温度の、硫黄泉特有のぬめりのある湯でしっかりと温まることができました。冬だったらもっと気持ちいいことでしょう。
常盤屋 地物花ズッキーニの天ぷら
また、野沢温泉といえば町中に点在する外湯ですが、常盤屋さんの目の前にある大湯に行ってみました。利用料は賽銭箱に気持ちだけ、ということなのでちょっとだけ入れて入ってみると、いきなり脱衣場と浴槽です。2つある浴槽のうち1つにだけ何人もの人が入っていてもう片方は空なので何かと思うと、そちらは「あつ湯」とのことで、確かに湯の温度は相当高温でした。熱めの湯が好きな私でもさすがにこれには入れないのでぬる湯に入ってみましたが、こちらも決してぬるくはなく十分でした。

夕食は常盤屋さんの「美雪豚の温泉しゃぶしゃぶ会席」というコースをいただいたのですが、どの品もとても美味しく、家族も皆満足してくれたようです。ちなみに満場一致で一番良かったというのが前菜で最初に出てきた「地物花ズッキーニの天ぷら」というズッキーニを花ごと天ぷらにしたもので、この花の部分が非常にサクサクとしていて甘みがあり、初めて食べて感動的でした。ぜひもう一度食べたい一品でしたが、今後また出会うことができるでしょうか。
野沢温泉 朝市
翌朝は毎週日曜日の朝6時から7時半の間だけ開催しているという朝市が旅館の目の前の通りで行われるというので、家族のうち長男を除く早起き3人で覗いてみました。地元の特産品などが売られているので、コロッケをつまみながら土産用の饅頭や野菜を買ってブラブラと歩いて楽しみ、朝食前の良い散歩となりました。

この日は長男が「アウトレットで服を買いたい」と言うので軽井沢へ向かい、軽井沢プリンスショッピングプラザでちょっとだけ買い物となりました。軽井沢駅付近の渋滞がひどく、軽井沢町内に入ってから車を停めるまでに一時間ほどかかってしまったのではないかと思いますが、車を降りてみると20度ほどしかない気温はひんやりするほどの涼しさで、とても快適でした。
おぎのや 峠の釜めし
軽井沢から東京へはすでに高速道路が開通していますが、あえて懐かしの碓氷バイパスを通り、横川駅付近のおぎのやへ寄って峠の釜めしを30年以上ぶりに食べてみました。私の記憶にある通りのものでしたが、上信越自動車道に加えて北陸新幹線も開通して信越本線の横川-軽井沢間が廃止されてしまった今、経営は楽な状況ではないでしょうね。

この後東京まではUターンラッシュにもろにぶつかり、関越自動車道は大渋滞だったので北関東自動車道経由で東北自動車道に迂回したのですが、結局こちらもスイスイというわけには行かず、そこそこの渋滞に捕まってしまいました。ただ、家族が渋滞の間ほとんど寝てくれていたので、むしろそれで助かりましたし、恐れていたほどの時間はかからず夕食の時間に間に合ったので良かったです。

実家では一泊だけして、たまたま入院していた父を見舞ってまたすぐに帰るのですが、ただ戻るだけでは面白く無いので沼津で海の幸を味わって…と思ったのはちょっと間違いでした。沼津は東京に近すぎて、関東からの日帰り観光客でごった返しているのでした。沼津港付近は魚が売られていたり海鮮を食べさせる店がいくつもあって観光地化されているのですが、車を停めるにはそれほど時間がかからなかったものの、2時を過ぎているというのに料理店の前には行列ができています。
魚河岸丸天 わいわい丼
目指したのは魚河岸丸天という店で、「行列の割には待ち時間は短い」というレビューを信じて待つこと小一時間、ありついたのが「魚河岸わいわい丼」ですが、まさしく待った甲斐のある一品でした。新鮮な魚介がたっぷり乗った丼ですが、中でも中央に盛られたマグロのぶつ切りがとても濃厚で、周りを囲む生シラス、生桜エビは甘みがあり、イクラもたっぷりのっていて大満足です。

そしてようやく帰路につくのですが、初めて運転してなるほど走りやすいと思った新東名高速道路でも間もなくトンネル内の事故で1時間以上渋滞に捕まってしまい、結局自宅に到着したのは夜中の11時、長い一日となってしまいました。しかしながら安定していて運転の楽なMINIのおかげで、同乗の家族はともかく運転していた私自身はほとんど疲れを感じず、3日で1500km程を走る強行軍も楽々でした。

スパワールド 世界の大温泉

スパワールド非日常を楽しみましょう。

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

ということで2011年最初の記事ですが、2010年の年末は前回の記事のとおり有馬温泉に宿泊してきました。しかし、そんなに遠いところでもないのでそのまままっすぐ帰宅したのではもったいないということで、どこかに寄ろうと考えたのですが、さすがに大晦日を過ごすのに良いところというのはなかなか思いつきません。最近は大晦日でも元日でも営業しているのが珍しくなくなりましたが、西日本は大荒れになるとの天気予報もありましたし、屋外で寒さに震えるのは嫌です。また、有馬温泉からあまり離れて帰宅が遅くなるのも大晦日だけに避けたいものです。

そこで思いついたのが関西ではテレビCMも流れている「スパワールド 世界の大温泉」です。場所は大阪天王寺近くということでそんなに時間もかかりませんし、屋内施設なので寒さも問題ないどころか温泉で暖まることができます。まあ、温泉に行った直後にまた別の温泉に行くというのもどうかとは思いましたが、楽しそうなプールをCMで見た子供たちはすっかり乗り気でしたし、ちょうど今「1000円キャンペーン」をやっていて、通常3時間で大人2400円のところが深夜12時まで1000円ということなので、この機会を逃す手はないと行ってみることにしました。

閉鎖された「フェスティバルゲート」跡を横目に隣のスパワールドに行ってみると、混み合うことを覚悟していた駐車場も順番待ちの列はなく、1分ほど待っただけで車を停めることができました。これは逆に不安にもなりましたが、一応満車にはなっていたので閑散としているというわけではありません。

自動券売機で入場券を購入して入り口受付へ向かうと、入場券と引き換えにリストバンドが渡されます。館内では飲食物の購入その他各種支払を全てリストバンドで行うことができ、退場時に精算するシステムになっているので、館内で現金を持ち歩く必要が無くなっているのです。これは基本的に裸や館内着で過ごす施設では非常にありがたい事で、よく考えられていると思います。受付を済ませたら男女別にフロアが分かれているロッカー室へ向かい、今回はまずプールで遊ぶので、水着に着替えて最上階のプールで妻と待ち合わせをすることにしました。ロッカー室にはおびただしい数のロッカーが並んでいますが、容量は十分大きく上着も吊るすことができるもので、100円のデポジット方式なので何度でも開け閉めすることができます。

プールももちろん屋内ですがドーム状のものなので、真冬は暖房が効かないのかちょっと寒さを感じました。しかし温水の温度が高めなので、水に浸かった途端に誰もが「暖か~い」と声に出してしまう心地良さです。プールは流水プールが基本で、そこに本格的なスライダーが3本あります。スライダーは1回300円、フリーパスで1000円なのでちょっと迷いつつ家族4人でフリーパスにしてしまいました。ただし、スライダーのうち1本「デスループ」はフリーパスでは利用することができないのですが、このスライダーだけは40kg~100kgという体重制限があって子供たちにはどちらにしても利用できません。他のスライダー「ぞくぞくバーン」と「うずうずバーン」は何度も滑りましたが、どちらも浮輪に乗って滑るタイプで、それぞれなかなかにスリルがあって楽しめました。通常、スライダーは最後にプールに滑り込んだ時に冷たい水を浴びるので私はそれが嫌いなのですが、ここでは温かい水を浴びることができてむしろ気持ち良かったりしました。

しばらくプールを楽しんだあと温泉に向かいましたが、もちろん混浴ではないので時間を決めて妻とは別行動になります。今回は男湯が4階のヨーロッパゾーン、女湯がアジアゾーンとなっていましたが、これは1ヶ月おきに入れ替えられるようです。それぞれテーマに沿ってバリエーション豊かでゴージャスな温泉になっていて、なかなか奇妙な空間ではありましたが、温泉をテーマパークにして楽しんでしまおうということで様々な趣向が凝らされていました。また清掃は行き届いていて清潔に保たれているのではないでしょうか。子供と一緒ということであまりのんびり過ごすことはできませんでしたが、大人同士で遊びに行くには良いのではないかと思います。

ということで、1000円の入館料で温泉とプールの両方が楽しめるというのは非常にお得だと思いますが、結局のところ風呂でしかないので、通常料金では微妙なところかもしれません。また、子供連れでないとプールは利用しないでしょうが、それではなおさらです。さらに飲食物も若干プレミア価格になっているので何かと金がかかります。入浴後にはのどが渇くのでジュースを買おうかと思いましたが、ケチな私は我慢してしまいました。むしろ通常より安いぐらいだと要らなくても買ってしまい儲かるのではないかと思ったりもしますが、そんなことはないのでしょうか。

ちなみに館内には数人の外国人の姿が見られましたが、彼らの目にはどのように映っているのか非常に興味が有ります。私自身にとってもこれまで経験したことのない種類の施設で、ほとんど異次元空間でしたが、健康ランドの類には行ったことがないので実はそんなに珍しいものではないのでしょうか。