Archives

iPhone 6 Plus バッテリー交換…失敗

結局何も解決せず…

年の瀬も迫った12月28日、多くのアメリカ人はクリスマス休暇の真っ最中のはずですが、Appleが同社ウェブサイトで「iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと」という発表を行いました。Appleがバッテリーの劣化したiPhoneについて意図的に性能を制限しており、バッテリーを交換すれば問題ないのにそれを公表せず買い替えを促すようにしている、として集団訴訟が起こされたことへの対応ですが、そのタイミングからどれだけ重要な問題と捉えられているかがわかります。

「予期しないシャットダウンを防ぐため」というのがAppleの説明ですが、それをユーザーに知らせず無断でやっていたのが大きな問題でした。ユーザーのためを思ってと言うなら、「低電力モード」というものもあるのだからそれを常時オンにできるようにしたり、現状と同様の動作になる別のモードを設ければ良かった話であり、かなりの悪手であったことは間違いありません。おそらくこのせいでまた何人もの首が飛んだり降格されたりするのでしょう。

この問題が大きな話になってきたことから今回の発表に至ったわけですが、Appleから提示された解決策はバッテリー交換の費用をUS$50減額することと、バッテリーの状態が見られるようにiOSをアップデートするということでした。しかし、意図的な性能制限は解除できないようなので、これまでどおりの性能で動作するようにするにはバッテリーを交換するしかないようです。

私のiPhone 6 Plusも最近バッテリーの持ちが悪くなり、問題のiOS 11にアップデートした時から明らかに性能の定価や動作の不安定さが感じられていたので、これは朗報と捉えていました。とはいってもアップルストアは心斎橋まで行かないとないので面倒だなあと思っていたのですが、実は全国各地にApple 正規サービスプロバイダというものがあって、そこでも修理を受けることはできるのでした。そういえばそんな看板を見たことがありますし、iPhoneだけでも年間何千万台も売れているのですから、アップルストアだけで賄えるわけもありませんでした。ということで、私の自宅最寄りの窓口が駅前にあることがわかった、というか思い出したので、大晦日にウェブサイトから予約して、正月早々に対応してもらってきました。

なお、アメリカではすでに交換費用の減額が行われているそうですが、日本ではまだその対応は行われておらず、従来からの修理費用が必要なようです。しかし、わずか3000円ほどでバッテリーが交換できるとなればユーザーが殺到して窓口が非常に混雑することが目に見えているので、多少高くともそれには目を瞑って性能を取り戻したいというのが私の判断でした。

サービス窓口の方々の対応は終始丁寧で非常に気持ちよかったのですが、まず最初に私のiPhoneの診断を行ったところ、バッテリーの状態は「すこぶる健康」とのことでした。確かに私が自分でバッテリー診断アプリを使ってみた時にもそのような結果だったのですが、実際問題としてバッテリーの減り方は明らかに普通ではなく、私自身はその診断機能も正しく動作していないのではないかと疑っています。しかし、バッテリーを交換したとしても症状が解消するという保証がないというのは事実なので、今日のところは引き下がることにしました。完全初期化すればひょっとすると…とは言われましたが、その後バックアップから復旧してしまっては意味がないとのことなので、一からセッティングし直さねばならず、それはさすがに面倒なのでとりあえず今のまま使い続けることにします。

ということで、バッテリーを交換してまだしばらく粘ることができるなら今年秋の発売が予想されるiPhone Xの後継機に買い換えようと思っていたのですが、このままではあと1年近くも頑張れる気がしないので、近々iPhone 8 Plusあたりに買い換えることになるのではないかと思います。まあ、今回の措置ではバッテリーの状態にかかわらず交換を受け付けるという報道もあったので、キャンペーンが始まったところでまた窓口には行ってみることにはなるでしょう。

毎日がカレー

次はどこにしようかと。

私のInstagramやFacebookを見ている人は食べ物の写真ばかりで呆れていることでしょうが、特に日本に帰ってきてからの最近はカレーの写真が多いことにお気づきかもしれません。

アメリカにいる間はやけくそにも見えるくらいバーガーばかり食べていたのですが、それはバーガーというのはアメリカ人にとってのソウルフード、いわば郷土料理であり、アメリカが本場なのでそこにいる間に堪能しておきたいと思っていたからです。このバーガーが日本では何に当たるかというと、ちょうどラーメンやカレーと同じような感じだと思います。こだわりの専門店もあればファーストフード的な店もあり、また高級レストランでも庶民的な店でも提供される、という点はまさしく同じであり、老若男女問わず人気があるという点でも同様です。

したがって、日本ではラーメンやカレーがやっぱり美味しいので私も食べに行くのですが、ラーメンはどうも栄養バランス的に問題があるような気がして、もう若くはないので体のために控え気味となっています。一方カレーはどうなのかというと、なんとなく野菜がたくさん使われていてヘルシーなイメージがありますし、食後にもたれるようなことも一切ないのできっと大丈夫なのでしょう。

もう一つ最近カレーが多い理由は、職場で「カレー部」と称して週末の定時後などにカレーの食べ歩きをしているところに誘ってもらったということもあります。お酒の好きな人なら週末は飲みに行くというのが多いのでしょうが、これはこれでよいコミュニケーションになっているようです。

さて、そんな状況に拍車をかけてくれたのが「毎日がカレー」というiOSアプリです。「カレー好きの、カレー好きによる、カレー好きのためのアプリ。」という謳い文句ですが、カレーに特化したFoodspottingのような感じで、ユーザーが食べたカレーの写真にコメントを付けてシェアしあうもので、みんなが食べたカレーの中から美味しそうなものを見つけて食べに行くことができます。残念ながら私の近所には他のユーザーが住んでいないようで情報がありませんが、ドライブに行った先などでは何度か美味しい店の発見に役立ちました。

そんなにカレーばかり食べていて飽きないのか、という疑問もあるかもしれませんが、大抵の場合、家でカレーを作るとまとめてたくさん作ってしまうので何日か続くということが多いのではないでしょうか。そんな全く同じ味のカレーでも問題ないのですから、店によって様々な特徴のあるカレーであればそれぞれ楽しむことができます。また一口にカレーと言っても、本格的なインドカレーもあればホテルカレーや家庭的なカレーもあって実に幅広いものです。人それぞれの好みがありますが、私はどれも好きで広く楽しむことができるのはラッキーだと思っています。

なお、「毎日がカレー」の姉妹アプリで「毎日がラーメン」というものもあって、こちらの方がユーザー数も開発の活発さも上のようで、基本機能は同じですがラーメン店からの発信もできるようになっているなどの違いがあります。どちらも機能はシンプルで明快なので、今後複雑になりすぎずにいかに進化していくかが見ものかもしれません。

iPhone 6 Plus

もちろん仕事に使うんですが…

9月に発表・発売されてからもうすぐ2ヶ月が経とうとしていますが、ついに私の元にもiPhone 6 Plusがやって来ました。

私の赴任先では従業員に携帯電話を支給しているため、個人では購入する必要がないのですが、機種変更についてはどうしても会社に委ねるしかありません。赴任した際にはHTC TrophyというWindows Phone 7.5のデバイスを支給されたのですが、従業員からの要望か何かで私の数ヶ月後からはiPhoneに切り替わり、さらに私のちょっと前の人も1年ほどしか経っていないのにiPhoneに変更され、私の前後数ヶ月の少数だけがWindows Phoneを使い続けなければならないという理不尽な状況になっていました。そんなにiPhoneが使いたければ自分で買えば良いのですが、それもまた無駄です。

Windows Phoneは動作が不安定というわけでもなく、電話の機能としては大きな問題は無いといえば無かったのですが、細かい不満はいくつもありました。最たるものはアプリの起動に1秒くらいかかってしまうということで、その他はフォントがおかしく日本語の漢字の一部が簡体字のような文字で表示されてしまうとか、日本語の変換辞書が貧弱とか、日本でのシェアが低いのが原因と思われるものです。また、かなのフリック入力の際に斜めに移動すると拗音や濁音になるというのは一見便利なようで精度の高い操作を要求されるのでストレスになり、私は大嫌いでした。これはAndroidにもあるようですが、有効無効は切り替えられるようなのでそれなら問題ありません。

さて、既に手元にないWindows Phoneへの不満は忘れるとして、これまでになかったことですが今回は変更にあたり機種を選ばせてくれました。ベース機種はiPhone 6の16GB版ですが、それに対する差額を自己負担とすることでメモリ容量を増やしたりiPhone 6 Plusにしたりということができ、また希望するならiPhone以外のAndroidなどでも良いとのことでした。その知らせはメールで唐突にやって来ましたが、自分が買うならこれだろうというようなことを考えていた私はほぼ迷うこと無く、iPhone 6 Plus 64GBを選択して数分のうちに返信しました。そして2-4週かかるということだったのですが、それがやってきたのは4週目最後の金曜日でした。

私は4週の間にカバーや充電器、Lightningケーブルなどを買い揃えて準備万端で待ち構えていたのですが、ようやく手にしてみるとやはり大きく感じます。ただ、iPhone 5S/5cと比べるとその違いは著しいものですが、iPhone 6と並べてみるとそれほどの違いではありません。Plusを選ぶ際には大きすぎないかと気にするだと思いますが、どちらにしてもズボンのポケットに入れておける大きさではないようなので、個人により考え方は違うでしょうが私はPlusで良かったと思っています。

初期設定とアクティベーションを終えたら、カバーを付けてこれまで仕方なくiPadで使用していたアプリを一気にインストールしたらもうすっかり私のものです。私が自分で使用したiPhoneは3GSだけですが、iPad 3も使用していますので全く馴染んでおり使い勝手に問題はありません。最新のiPhoneの液晶の美しさも技術の進化を感じさせますが、なにしろ便利だと実感しているのがTouch IDの指紋認証です。業務メールなども見ることができるようになっているのでパスコードロックの設定は必須ですが、Touch IDのおかげでホームボタンを親指で押してそのまま一瞬待つだけで認証してロックを解除してくれるというのは非常に快適です。今のところ他の指で解錠してしまうことはなく、また正しい指であればどの角度でも、多少ずれていても問題なく認識してくれるので、全くいらつくことがありません。指紋認証自体は新しいものではなく富士通の携帯電話などにも搭載されていましたが、一定の方向にスライドさせるというものとは一線を画す使いやすさではないかと思います。

確かにポケットに入らないというのはトイレに行く時などに気になるものの、画面の大きさには一日もすれば慣れてしまい、今では全く違和感がありません。この大きさでFull HDのピクセル数だというのは凄いことで、Retina HDディスプレイの401ppiという解像度では全くドットが認識できません。また、当初はこの画面の大きさに対応したアプリが少なくてらくらくホンなどと揶揄されていましたが、この2ヶ月の間に多くのアプリが対応して広さを活かせるようになってきましたし、そうでなくとも見やすく操作しやすくなっているので悪くはないかと思います。まあそう思えるのもiPadでiPhoneアプリを2倍表示で使用することに慣れていたためかもしれませんが。

iPhone 6/6 Plusの新機能の1つ、Apple Payにも期待しているのですが、残念ながら私のクレジットカードは対応していないようなのでもうしばらく待たなければならないようです。支払い可能店舗の方は私がよく利用するところも含まれているので、こんなことならChaseにしておくんだった…などと言っても仕方がないので、対応を楽しみに待つことにします。アメリカではiPhoneのシェアも高いので、店舗側はApple Payに対応しているというだけで集客材料になりそうですが、それには銀行側の協力が欠かせません。銀行としてはただAppleに利益を持っていかれるのでは面白く無いでしょうから、Appleもその辺はなにか考えているのでしょうね。

ということで、若干Wi-Fiの感度が低いような気はするものの、それ以外は不満らしい不満もなく、やっぱり6にしておけば良かったなどという思いは全くありません。6と6 Plusのどちらにしようかと価格以外の点で迷っている人は、潔くPlusにしても後悔することはないのではないでしょうか。6の方は従来の5Sから大きくなっていなかったとしたら話はだいぶ違ってきたのでしょうけどね。