Archives

佐藤琢磨 Indy 500 優勝

本当におめでとう!!

日本のF1人気もすっかり下火になってしまい、世界的にもモータースポーツの人気は下降気味ということですが、若者のクルマ離れもさることながらプリウスが最も売れてミニバンやトールワゴンばかりが人気という状況では走りを楽しむという人も少ないでしょうから無理もありません。

しかしこれは快挙です。

先週の日曜日に決勝レースが行われたIndy 500で佐藤琢磨選手が優勝しました。日本ではほとんど注目されないIndy 500ですが、第101回となる歴史あるレースであり、F1モナコGP、ル・マン24時間耐久レースとならんで世界三大レースの一つとされる伝統あるものです。そこでの日本人初、アジア人初の優勝というのは手放しで称えるべきものです。佐藤琢磨にとっては2013年のThe Toyota Grand Prix of Long Beachに続くIndycarシリーズ二度目の優勝となりますが、シリーズ最高の大舞台でとなる今回は本人にとっても格別の喜びではないでしょうか。

2010年からIndycarに参戦している琢磨は年齢的にも今年で40歳となり、ベテランの部類に入ってきているかと思いますが、どうしても戦績は安定しませんでした。度々いいところまで上がってきてもリタイアしてしまったり、特に2012年のIndy 500では2位でファイナルラップに入り、トップに並びかけたもののバランスを失ってスピンしてしまい、17位で終わるという大変惜しい結果となったりしていました。しかしついに結果を出したというわけです。

今回は予選から好調だったので私もちょっと期待していたのですが、こんなことが起こるならリアルタイムに観戦すべきでした。Indy 500は私も2013年と2015年に観戦しているのですが、もしも生でこんな結果を見ていたらどれだけ興奮・感激したことか、それを想像するだけでも鳥肌が立ちそうです。現地で観戦していた日本人も少なからずいるでしょうが、そんな人達が羨ましくてなりません。

このニュースを目にしてから、ふと思い出してBAR Honda時代のキャップを引っ張り出してかぶってみたのですが、コットン製のため洗濯して縮んでしまったのか頭の上に乗せているだけのようになってしまい、とても外を歩けるような感じではなくなってしまいました。さすがに12年も前のものですし無理もありませんね。

それはともかく、琢磨もこれで胸を張ってIndy転向は成功だったと言えるのではないでしょうか。ついでに日本でのIndyの認知度も上がるとちょっとだけ嬉しいのですが…

ほぼほぼ

帰国して一番驚いたこと。

ちょっと前にテレビでも取り上げられているのを見ましたが、最近「ほぼほぼ」という言葉よよく耳にするようになりました。最初は誰かタレントが使っていた言葉を真似て比較的若い人たちが仲間内の会話で使っているものなのかと思っていたのですが、実際には私よりもちょっと年上の人からも、仕事の会話どころか説明に来られた取引先の人の口からも聞くようになってとても驚いています。しかし、50代以上の人からは聞いたことがないような気がします。

私がアメリカに行く前には聞いたことがなかったので、ここ4、5年の間に急速に広まったと言えそうですが、あまりに広く普及していて「この人まで使うのか」と思ってしまうほどなので、まるでここではもともと使われていた言葉のようにしか思えず、浦島太郎なのかパラレルワールドなのかというほど、まだ現実とは思えないというのは誇張ではありません。光速に近い速度で移動すると時間の進みが遅くなるので、亜光速宇宙旅行をして帰ってきたら地球は自分たちよりはるか未来になっていたというような、もちろんこれは誇張ですがそんな感じです。

とはいえ、「ほぼほぼ」で検索してみるといつから使われるようになったのかと気になっている人は少なくないようなので、最近使われ始めた言葉であるということは間違いないようです。Googleの検索結果で最初に出てきたwith newsの「『ほぼほぼ』の進捗率は何%? いつから出現? 専門家に聞いてみた」という記事によれば、国語辞典編集者の飯間浩明氏は2013年7月ごろから耳にするようになったとのことで、これは私の渡米後です。その後2,3年で、流行語としてではなく通常に使われる言葉としてここまで広まったというのは驚異的ではないでしょうか。

同じ記事で飯間氏が言われている通り、同じ言葉を繰り返すことで物事を強調するというのは珍しくないことで、「ほぼ」を強調して使われたというのが始まりだったのかもしれません。しかし実際どうかはわかりませんが、今「ほぼほぼ」と言っている人が、「ほぼ」と使い分けているようには思えず、すでにその人たちには「ほぼ」を置き換える形で定着してしまっているのではないでしょうか。真面目な場面では「ほぼ」といい、日常会話では「ほぼほぼ」を使うのかと思っていましたが、そうではないようです。

言葉というものは時代とともに変化するもので、過去に間違っていると言われていた新しい言葉も定着して正しい日本語になっているのだから何が正しいというものではない、というのは理解できます。しかし、ここ数年の間にここまで急速に広まってしまったので、その間日本を離れていた私には一瞬で変化してしまったように見えて、まだついて行けないというのが実情です。私自身は流行に流されるのが嫌いなのでまだ当面は使わないだろうと思いますが、今時「そも」なんて書き言葉でも使わないように、「ほぼ」というのも古臭いものになってしまうのも時間の問題かもしれません。先のwith newsの記事では「10年後には一般語に?」と言っていますが、もうすでにかなり一般的になってしまっているのではないでしょうか。しかしまだ一定の割合で不快に感じている人はいるようなので、お気をつけください。

播磨屋本店 華麗満月

あれはあれ、これはこれ。

日本での年始の挨拶に欠かせないものといえば「お年賀」でしょうか。我が家では夫婦双方の実家に行くくらいなので帰省のお土産と同じような位置付けで購入するだけですが、お世話になっている人の家に挨拶回りするような人は毎年それなりの準備が必要で頭を悩ませている人もいるかもしれません。我が家は地元播州の米菓店である播磨屋本店で購入することにして行ってみたのですが、住宅地の中にある店舗の前には駐車待ちの車列ができており、10分程度待ってから車を停めて店内に入ってみるとまた注文・会計待ちの列ができているという人気ぶりでした。

今回お土産に妻が選択したのは「ユーロの星」です。これは一口サイズの揚げ煎餅をチョコレートでコーティングした和洋折衷のお菓子ですが、サクサクの揚げ煎餅としっとりしたチョコレートの食感がよく合っていて、塩味と甘さのバランスも良く、とても美味しい物になっています。また、5個パックのうち4つがホワイトチョコ、1つだけがブラックチョコとなっているのも洒落ていて良い感じです。

また、お土産用とは別に我が家での消費用として何が良いかと妻に聞かれたのですが、そこで私が答えたのは華麗満月です。これは「朝日あげ」という揚げ煎餅にカレー味を付けたものなのですが、もともと揚げ煎餅が好きなところに本格的なスパイスの効いたカレー味が付いているのですからたまりません。カレーと米なのですから合わないわけもなく、カレー風味も絶妙なバランスで今の播磨屋の製品群では一番のお気に入りなのです。播磨屋の店舗は国内各地にあるようですし、通信販売もあるようなのでぜひお試しいただければと思います。

しかし、製品はとても美味しく播磨の誇りに思いたいところなのですが、現社長である当代播磨屋助次郎氏の右傾ぶりはいかがなものでしょう。ウェブサイトのトップページの大半がすでにそのようなメッセージになってしまっていますし、そこにある通り東京都内では「スメラギ特別広報隊」と称してトレーラートラックの車体に怪しげなメッセージを大書きして走らせているそうで、社長の病気に付き合わされている従業員はどう思っているのでしょうか。また、どんなに素晴らしい製品を世に送り出していても、これでは…ということにならないのかと心配してしまいます。