nature | 狼系

Archives

「ウナギは食べていいのか」って?

だいたいワシントン条約で規制されているものを食べるなんてどうかしていませんか。

アレルギーで食べられないという方は除くとして、日本人でうなぎの蒲焼が嫌いだという人はそうそういないのではないでしょうか。実は私は海外で冷凍だか真空パックだかの美味しくないものを食べていたせいで子供の頃は嫌いだったのですが、帰国後に美味しいものを食べてからは「これが本当のうなぎか」と好物の一つになりました。現在では別に土用の丑の日でなくとも食べたいと思いますが、今は食べるべき時ではないでしょう。

それはもちろん言うまでもなく、ニホンウナギが国際自然保護連合の絶滅危惧種に指定され、まさに種の存続の危機に瀕しているからです。環境省のレッドリスト2017でも同じく絶滅危惧IB類(EN)に指定されており、「IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの」とされています。IA類(CR)とは「ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの」というものなので、IB類はまだ多少の猶予はあるけれども積極的な保護が必要とされていることは間違いないでしょう。

今年はじめには「ウナギ稚魚、極度の不漁=過去最低更新の恐れ」と報道されました。鹿児島では漁獲高が前年同期の1%程度、などとされていますが、私にしてみれば「まだ獲っていたのか」というような驚きです。「養殖業者らは危機感を強めている。」なんて言っている場合ではないでしょう。いえ、このまま進めばシラスウナギの絶滅は間近ですから、産業としてのウナギ漁と養殖も成り立たなくなることは間違いなく、その点に関して危機感を強めていただいて、どうすればこれまで通りウナギが穫れる状態に戻せるのか真剣に考えてもらわなければなりません。

私がどうしてこんな記事を急に書くのかといえば、ITmediaのねとらぼに「結局“絶滅危惧種”ウナギは食べていいのか 水産庁と日本自然保護協会に聞いてみた」という記事が掲載され話題となっているためです。記事のタイトル通り、素直に水産庁と日本自然保護協会に質問してみたところ、全く正反対の回答が得られたということです。「消費者が購入を控えることに意味はありますか」という質問に対して「あまり意味はないと思います。」と回答してしまっていますが、「水産物は持続的に利用してくことが重要」という文言からも分かる通り、ウナギをあくまで水産物としてしか考えていないのです。結局のところ、水産庁というのは漁業関係者の利益を代表している役所なので、これはこの役所の立場としては正しい回答なのかもしれませんが、これを一般市民が聞けば単純に「ああ、食べてよかったのか」となってしまうでしょう。

まあ単に聞く相手が違えば答えも違うというだけの話で、「ウナギを絶滅させてはならない」という前提であれば環境省に聞くべき質問であり、水産庁に聞けばこういう回答になるのは仕方のないことです。質問を変えれば「ウナギを絶滅させるべきか、それともウナギ漁とうなぎ料理を絶やすべきか」ということになり、いずれにしても滅びるしかない食文化なのであればニホンウナギという種を犠牲にして守ったところで意味は無いわけで、他の魚などで代用するか、そうでなければ廃業・業種転換でもするしかないのではないでしょうか。いま水産庁としてすべきことは、そのサポートなのではないかと思います。

そして我々がすべきことは、天然/養殖、国産/中国産などにかかわらず、うなぎを食べることを諦めることです。

山口ドライブ

日本にもまだまだ魅力がいっぱい。

何らかの都合により果たせなかったことに再度取り組むことを「リベンジ」という人が多いと思います。他の人がそう言うのは全く構わないのですが、私はその言葉の元の意味を考えるとちょっときついのであまり好きでなく、自分で使うことはありません。では何と呼べばいいのか、あまり適当な言葉がないのでそこに「リベンジ」という言葉がフィットしたのでしょう。特に難しいことでもないなら「再挑戦」というのも大げさですからね。

さて、先日「ゴールデンウィークに体調を崩して3日も寝込んでしまい、ドライブ旅行を泣く泣くキャンセルした」と記事に書いたのですが、往生際の悪い私はどうしても諦めきれず、先週末に普通の週末の土日で行ってきてしまいました。「リベンジ」です。

普段は有料道路を使わない私ですが、今回は自宅からちょっと距離があるので途中まで高速道路を利用しました。朝6時前に自宅を出発し、山口市内で昼食を摂る予定にしていたので、山口市街地のちょっと手前、徳地ICで中国自動車道を降りて走っていたところ、大きなパラボラアンテナがいくつも並んでいるのが見えてきました。ちょっと気になったので近づいてみると、KDDI山口衛星通信センターという施設だそうで、アンテナの下までは入ることができないものの、一般向けにKDDIパラボラ館という見学施設が無料公開されていました。午前中の早い時間だったこともあるのか他には誰もいませんでしたが、10分間ほどウロウロして写真を撮らせてもらいました。気ままな一人旅ではこういう思いがけない発見がなかなか楽しくて良いです。

その後、昼食にはまだ早かったので寄ってみたのが市街地のすぐそばにある瑠璃光寺で、ここの五重塔が国宝に指定されていて一見の価値があるというのを見ていたのでした。実際に境内に足を踏み入れ、すぐ右側に見える光景には思わず息を呑みました。青々とした新緑に囲まれた五重塔の重厚な佇まいはとても素晴らしいもので、本当に見ておいて良かったと思います。紅葉の時期もきっときれいなはずなので、それもぜひ見てみたいものです。

その後、市内でお腹を満たした後に向かったのは国内最大規模の鍾乳洞、特別天然記念物秋芳洞です。日差しの強い日だったので駐車場から入口までちょっと歩くので疲れてしまいましたが、入り口が近づいてくるとひんやりした空気が流れてくるのが感じられます。洞内には川が流れていて、私がこれまで見たことがないような広々とした空間が開けていて、またなかなか幻想的な雰囲気がありました。しかし、洞内の気温が低いのはいいのですが、湿度がとても高いので歩いているうちにかいた汗が全く蒸発せず、実は外に出て風に当たった方が快適に感じられ、涼しいところで休もうと思ったのは少々期待はずれでした。まあそのために寄ったわけではないのですが。

次に寄って見てみたのは秋吉台のカルスト台地です。こちらも特別天然記念物に指定されていますが、南側から丘を上って見えてきたその景色には、誰もいないのに思わず「おおっ」と声が出てしまいました。なだらかな丘の起伏に沿って、草地の中にたくさんの石灰岩の柱が立ち並んでいるさまはこれまた幻想的です。夕暮れ時にはひと際かもしれません。

その後はしばらくドライブして、早めの夕食を摂ってからJR山陰本線の特牛駅へと行ってみました。ここはなんということのない、1日の平均乗車数がわずか20人ほどという田舎の寂れた駅なのですが、私は子供の頃にこの駅名をクイズで難読駅ということで見たので覚えているのでした。「特牛」と書いて「こっとい」だなんて知らなければとても読めませんが、その由来にはいくつかの説があるようですね。実際に見に行ってみるとやはりなんということのない駅でしたが、変に有名になってしまった駅が色気を出しておかしくなったというようなこともなく、逆に質素でいい味を出しているのではないかと思います。

そしてこのあと、今回の旅の最大の目的である角島大橋へと向かったのですが、夕暮れが近づいていて光線が良くなかったのと、見物客も多かったので翌朝出直すことにして、長門市内に取っていたホテルへと向かいました。

翌朝は5時に起き出してさっさとチェックアウトして、さすがに道路はガラガラなので6時前には角島大橋に到着しました。しかし現地には既に同好の士が数名いてカメラを向けていましたが、お互い譲り合って私もスムーズに写真に収めることができました。残念ながら空はやや霞んでいて真っ青な空と海というわけにはいかなかったのですが、それでも誰もいない橋を正面から撮ることができたりして、念願が叶いました。

そしてさらにこのあと、休む間もなく向かったのはこのすぐ近くで最近話題のもう一つの名所、元乃隅稲成神社です。この神社は海のすぐそばに100基以上の真っ赤な鳥居が並んでいてとてもエキゾチックな風景となっているのですが、CNNがJapan’s 34 most beautiful placesとして選んだうちの一つということで主に「インスタグラマー」の間で人気となっており、アクセス道路がとても細いこともあって渋滞となっているようなのでこれも早朝のうちに行ってしまいたかったのです。7時過ぎに到着してみるとやはり先客が数名いましたが、目の前の駐車場に難なく停めることができ、誰も邪魔にならずに写真を撮ることができました。周辺の道路は本当にすれ違えないほど細いですし、前日の午後には観光渋滞中という表示も出ていたので、週末の昼間ではこうは行かないのだろうと思います。

ということでこの時点ではまだ朝8時前でしたが、日本海沿いに出雲まで向かい、出雲大社をさっと見て帰るだけとしました。やはり道程が長いのと、翌日からまた仕事をしなければならなかったので、あまり欲張りすぎるとろくなことにならないと思ったのですが、もう既に盛りだくさんの旅だったので大満足です。もう一度行ってみたいと思うところもありましたし、今回は萩なども通過するだけになってしまったので、次はぜひ妻も連れて行ってみたいと思います。なお、今回の旅の食事は次の記事でご紹介します。

Kings Canyon and Sequoia National Park

大きすぎてわからなくなってきます。

ヨセミテ国立公園の次に向かったのはキングズキャニオン国立公園というところです。あまり名前は知られていないと思いますが、ヨセミテの南側、ロッキー山脈の西側にある国立公園で、セコイア国立公園と隣接しており、現在は合わせて1つの国立公園として管理されているようです。

キングズキャニオン国立公園では沈静化しつつあるものの現在進行形で山火事が発生しており、その大部分は立入禁止となっていました。しかし、今回見に行きたかったグラント将軍の木のある地区だけは公開されていたのでほぼ問題ありません。このグラント将軍の木というのは世界最大の木の称号を争った2本のジャイアントセコイアの巨木のうちの一つで、地面からの高さ81.5m、幹の周囲32.8mというものです。数字が大きすぎて全くイメージが湧きませんが、駐車場で車を停めてそばにあった木と車を見比べてみた時、現実離れしたスケール感に思わず薄ら笑いを浮かべてしまいました。

ここはジャイアントセコイアを中心とした森なので、そこらじゅうに巨木が立っています。そんな中で最大というのはどういうものなのかと思っていましたが、確かに大きいけれども圧倒的というほどではありません。周りの木もそれだけ大きい物ばかりということなのですが、まあこんなものか、ということで次へ進むことにしました。

次というのは隣のセコイア国立公園です。この日の宿はセコイア国立公園の中にあるWuksachi Lodgeというところにしたのですが、こちらはヨセミテのTenaya Lodgeよりもちょっと古いためか施設は簡素で、宿泊棟が管理棟とは離れていて非常に静かなところでした。一方、レストランは味もサービスも良く、空調が良くないのとWi-Fiも携帯電話の電波も非常に弱く不安定だったことに目をつぶれば、すなわち現代的な生活を少々諦めればいいところだったと思います。

このWuksachi Lodgeには昼過ぎくらいに到着したのでチェックインには早く、レストランで昼食だけ食べてまたすぐに出発しました。このセコイア国立公園ももちろん名前のとおりセコイアの立ち並ぶ森となっているのですが、こちらには世界最大の木であるシャーマン将軍の木があります。また、もう一つ見ておきたかったのがTunnel Logで、横倒しになって道路を塞いだ巨大な丸太を車が通れる大きさに繰り抜いてトンネルにしたというものです。ちなみに、多くの人がどこかで写真を見たことがある、立っている巨木を繰り抜いてトンネルにしてしまったのはこれとは別で、ヨセミテにあったWawona Treeという木だったのですが、1969年に雪の重みに耐え切れず倒れてしまい現存しないとのことです。

Tunnel Logを見るためにはGiant Forest Museumというところに車を停めてシャトルバスに乗る必要があるのですが、そのバスが最初に停まったところで降りてみたところ、そこはMoro Rockという巨大な岩の足元で、岩の上まで階段通路が作られているということなので登ってみることにしました。この岩の高さは75mなのでちょっとしたもののはずですが、そもそも標高2000mの場所なので若干空気が薄く、日頃の運動不足のせいもあって結構な負荷でした。しかし、頂上は眺めのいい展望台になっていて登った甲斐がありました。

Tunnel LogはそのMoro Rockからまた5分ほどシャトルバスに乗ったところにありますが、思っていたよりも大きなものではないように感じてしまいました。しかし実際には日本にはこのような太さの木はなかなかありませんし、あまりに立派なセコイアばかり見てきたので麻痺してしまっただけなのだと思います。そうこうしているうちに時間も経ってしまったのでこの日はロッジに戻り、シャーマン将軍の木は翌日としました。

シャーマン将軍の木は専用の駐車場に車を停めて、そこから歩いて降りていったところに立っています。この木は高さ83.8m、幹の周囲31.1mということで、グラント将軍の木よりも若干高く若干細いということになりますが、体積で比較するとこの木が世界で一番大きいということだそうです。樹齢はおよそ2200年ということですが、古代ローマの時代からここに立っているということになり、その時の周囲の状況がどんなだったのか色々想像が膨らみます。

ということで、シャーマン将軍の木は朝一番に立ち寄って、この日はすぐにサンフランシスコへ向かって走ったのでした。 (続く)