Archives

Three 海外データSIM

どうしてこんなことが可能なのでしょうか。

いつでもどこでもスマートフォンでメッセージのやりとりができて必要な情報が得られるということに慣れきった私のような者にとって、携帯電話の電波の圏外にいるというだけで底知れぬ不安を感じたりするものです。以前はそもそも旅行中に連絡が取れなくなるというのは当たり前だったにも関わらず、海外へ行くとなった場合でもそれは同様で、なんとかして通信手段を確保しようとしてしまいます。これまでアメリカの場合はWi-Fiも普及しているのでそれで我慢してきたのですが、先日のイタリア出張の際にはヨーロッパの通信事情がよくわからなかったためちょっと調べてみたところ、便利なものがあることがわかったので利用してみることにしました。

類似の製品は他にもいくつかあるようですが、私が使ってみたのはこちらの商品で、香港のCK Hutchisonという会社が傘下のThreeというブランドでイギリスを中心に展開している携帯電話サービスをベースに、ヨーロッパを中心に43カ国で利用できるというデータSIMを販売しているものです。有効日数やデータ使用量により色々なタイプがあるのですが、私が選んだのはこのタイプです。

【お急ぎ便】 ヨーロッパ・アメリカ・オートラリア・ニュージーランド・インドネシア プリペイドSIM 4G・3Gデータ通信12GB

posted with amazlet at 17.03.19

Three.co.uk 売り上げランキング: 53,349

Amazon.co.jpで詳細を見る

Amazonの当日お急ぎ便で購入でき、その後も手続きは必要ありません。SIMロックフリーのスマートフォンに挿入し、添付の紙に記載されているサービスを選択するだけで使用できるようになりましたが、自動選択ではうまくいかない場合もあるようです。一度石造りのレストランで圏外となった後、そのままでは復帰できず一旦機内モードにして戻すと復帰した、ということがありましたが、その他にはこれといった問題は特になく、私がいたオランダのアムステルダムと、イタリアのトリノとミラノでは電波の状態も安定していたのではないかと思います。

香港以外では3Gのみの利用となるようですが、メールやメッセージの送受信、写真のアップロード、検索などでは問題となるほど遅いわけでもなく、むしろ国内MVNOで平日のランチタイムに極端に遅くなった状態よりも速いので、ストレスはほとんど感じませんでした。そういえばLTEが始まった当初は自宅の無線LANよりも速いと感動したものですが、みんなが使い始めたことでそんな快適な状況はどこかへ行ってしまいましたね。

残念なのはテザリング不可なのでモバイルWi-Fiルーターでも使用できないということですが、これだけ安くて便利なら諦めるしかないでしょう。容量制限があるならテザリングさせてもいいような気はしますが、負荷とすることで安くできているなら仕方ありません。しかしそれにしても使用開始から30日間、12GBまで利用可能で3680円というのは破格ではないでしょうか。他にも、30日間1GBまでで2180円、90日間3GBまでで2690円、360日間12GBまで6280円などなど実に様々なタイプが揃っていますが、30日間3GBまで2600円というのもあるので、次回はこれでも十分かもしれません。

ちなみにヨーロッパのWi-Fi事情ですが、アメリカほど便利に使える状況ではないようでした。Free Wi-Fiを提供している店もないわけではありませんがまだ一般的なレストランまでは普及しておらず限定的です。また、ホテルのネットワークも非常に遅くて使いづらかったのですが、現地事務所のWi-Fiも驚くほど低速だったので、ヨーロッパの全体的な通信事情がその程度なのかもしれません。やはり日本の高速通信ネットワークは驚異的だと思います。

ハードディスクが…

どうしてこう厄介ごとは続くのでしょうか…

先日、外出先から帰宅してMacをスリープから復帰させてみると、なぜかUSB接続の外付けハードディスクがアンマウントされてしまっていました。試しにUSBケーブルを挿し直してみると…非常に嫌な音がして、やはりマウントできません。この時点で冷や汗が噴き出してきますが、再起動してみてもやはり同じ、そして念の為にケースからハードディスク本体を取り出して別のアダプタを使用して繋いでみても状況は変わりませんでした。

このハードディスクには主に自分が撮った写真と、人からもらった写真やインターネットからダウンロードした画像、そして音楽データのファイルが入れてあったのです。実はそろそろバックアップしておかないと危ないなあと思って、ちょっと前に新しいハードディスクも購入してあって、ちょうどその日の夜に作業しようと思っていた矢先の出来事で、なんともツキがありません。

ただ、子供達の小さいころの写真が全て消えてなくなったというわけではなくて、このハードディスクを購入してデータをコピーしたままコピー元のハードディスクを残してあったので、その時点までのデータは無事に取り戻すことができました。また、それ以降に撮って写真もSDカードから消さずに残してあったので、RAWデータから現像した後のJPEG画像は失ったものの、もう一度現像の手間をかけさえすればなんとか取り戻せるはずです。

音楽データもコピー時点のライブラリには戻せるはずですし、iTunesストアやAmazon MP3で購入したものは再度ダウンロードできるので問題ないのですが、CDから取り込んだものは再度リッピングしなければなりませんし、友人からもらったものなどはもう諦めるしか無いでしょう。まあ、ライブラリに入っていても全く聞かないような曲もたくさんあったので、スリム化するにはいいきっかけと前向きに捉えることもできるかもしれません。またそれ以上に、「収集」していた画像については貯めこむばかりで見ることなどありもせず、単なるハードディスクの肥やしに過ぎなかったので、もうすっきりと諦めてしまうべきなのでしょう。

音楽については今後はもうダウンロード販売に絞るということで良いのでしょうが、写真については二度とこういう目に遭うのは御免ですので、しっかりとしたバックアップを考えたいものです。今回の出来事では、もうデータを手元に置いておく時代ではないということを実感しました。物には全て寿命がありますし、ハードディスクというのは機械的に動作するものなので比較的弱いはずです。そのような脆弱なものに、大切な思い出などを託してしまうのはあまりに危険です。

となればクラウドストレージに預けるというのが今の世の中ということで、どのサービスが良いだろうかと調べ考える間、とりあえずプライム会員なので無料で利用できるAmazon Cloud Driveに写真をアップロードしていっています。255GBもあるので全てアップロードするには1週間ほどかかってしまいそうですが、一旦アップロードしてしまえば安心できるのではないでしょうか。Amazonならデータ消失というようなこともないはず…と期待しますが、果たしてどのサービスが最適なのかはゆっくり見極めたいと思います。