Archives

カメラを止めるな!

よろしくで〜す。
カメラを止めるな!

製作費たったの300万円でもこんなに面白い映画は作れる、と巷で話題沸騰の映画「カメラを止めるな!」です。

東京のたった2館から始まって全国に次々と拡大し、現在公式ページの劇場一覧にはこれからというところを含め数多くの劇場が掲載されていますが、我が町姫路でも今週末から公開されることになりました。一週間前の先週金曜日深夜12時に予約開始ということだったので、いつもはとっくに寝ている時間まで頑張って起きて、1分以内に予約を完了しました。とはいえ、何日かあとに予約状況を見てみたところではそんなに慌てる必要はなかったようですが、まあ気持ちの表明ということで、それはそれでいいのです。

ということで初日の昨日、6時半からの回で観てきましたが、期待していた以上に面白かったです。極力何も知らずに観た方が楽しめるということだったので、ほとんど下調べをせずに臨みましたが、なるほど面白いというのはこういうことか、と納得です。したがって、普段も映画の話を書くときはできるだけネタバレにならないように努めている私ですが、今回はどんな些細なことでも影響してしまいそうなので、これから観ようと思っている人はこれ以上は読まない方が良いのではないかと思います。

もちろんストーリーについてなど書くことはできませんが、公式ページから引用すると以下のような話です。

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。​本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!​ 大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
“37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”

この37分ワンカットという、いわゆる長回しも見所の一つでしょうが、本作の面白さとは関係無いようで大いに関係がありますね。ちょっと退屈しそうになるところもあるけれど、それにも意味があるので最初の37分はとにかく集中して観ましょう。注意力があるかどうかでどれだけ楽しめるかどうかが変わると言って良いのではないでしょうか。なんだか意味のわからない動きをする人にも、ちゃんと理由があります。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の伏線を回収していくのが気持ちいいという人には絶対に楽しめるでしょう。

本作はまたエンドロールが面白くて、映像に見入ってしまうのでキャストやスタッフにはぜんぜん目が行きません。これはどうなのかとも思いますが、これも重要な一場面とも言えますし、かと言って本編には入れようがないので仕方ないでしょう。エンディングテーマ曲「Keep Rolling」はJackson 5の”I Want You Back“をモチーフ、というかほとんどそのままなのにメロディ自体は違うからOK、というなんだかギリギリの曲ですが、確かに著作権的には問題なさそうです。でもメロディは違うのに同じようにしか聞こえないという原曲もすごいですね。

Keep Rolling (映画『カメラを止めるな!』主題歌) [feat. 山本真由美]
kenson Records (2018-07-06)
売り上げランキング: 71

シン・ゴジラ」が面白いと言って騒いでいた連中がまた騒いでいるだけ、と揶揄する人も某所にはいましたが、実際これは理屈抜きに面白い映画でしょう。映画の面白さを再認識させてくれるとも言えます。製作費や出演者の豪華さというものが作品自体の面白さとは直接関係ないということも明らかにしてくれました。私はこの記事を書きながらもう一度観たいという気持ちがふつふつと湧いてきてしまったので、できればこの週末のうちに観て隅々まで確認したいと思います。

…といっているうちに気持ちが高まってしまい、2回目を観てきてしまいました。パンフレットを買うということも忘れていたので、そのついでというかなんというか。2回目は2回目で楽しみ方が違ってやっぱり面白かったです。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。