Archives

Tomb Raider (2018)

オチがちょっと寂しい?

Amazon Prime Videoは結構頻繁に対象作品が変わるので、こまめにチェックしているとちょっと観たかった作品が対象になっていたりします。先日も何気なく確認してみるとまた対象が変わっていて、「トゥームレイダー」シリーズのリブート作品である「トゥームレイダー ファースト・ミッション」がPrime対象に加わっていました。この作品は今年3月に公開されたものなので、1年も経たずにPrime対象になってしまうというのは嬉しい反面、製作側の気持ちも考えてしまって少々複雑な思いになってしまいます。まあAmazonもそれなりの金額で権利を購入しているでしょうから、悪いことではないのでしょうが。

トゥームレイダー ファーストミッション(字幕版)

posted with amazlet at 18.12.30

(2018-07-25)売り上げランキング: 14,762

Amazon.co.jpで詳細を見る

「トゥームレイダー」といえば1996年に発売された第1作に始まる3Dアクションアドベンチャーゲームのシリーズですが、これまでになんと17作も発売されているようです。最初はポリゴン丸出しでそれをプレイヤーが想像力で補完するようなグラフィックスだったものが、最近のものでは実写とも見紛うほどの美しいものになっていますが、本シリーズこそが3Dアクションゲームの先駆けでした。なお、本作は邪馬台国の女王、卑弥呼の伝説をもとにしたものになっていますが、この設定は2013年に発売されたリブート作品のゲームの設定のようです。

今回、主人公のLara Croftを演じているのは「エクス・マキナ」や「リリーのすべて」、「ジェイソン・ボーン」に出演しているAlicia Vikanderです。前のシリーズはAngelina Jolieのはまり役ということでAngieの評価を高めることになったようですが、少々謎めいていてワイルドな雰囲気があったように思います。それに対して本作のAliciaは北欧系の端正な顔つきであるせいかやや上品な感じになってしまっていますが、Lara Croftの最初の冒険ということであればこれでいいのかもしれません。ここから様々な経験を積み重ねて強い女性になっていくということなのでしょう。

実は本作はあまり評価が高くないのですが、私はそんなに悪くないのではないかと思いました。特に、洞窟内に入ってからは往年の「インディ・ジョーンズ」のような演出もあってなかなか楽しめました。しかし、終わり方はいかにもシリーズ化しそうなものになっていましたが、今回の興行成績ではそれも難しいでしょうか。期待は高かったので初動は良かったようなのですが、日本ではプロモーションが弱かったような気もしないではありません。

Ingress

歩け歩け。

先日、冒頭で朝晩のウォーキングを始めたということを書きましたが、このきっかけは単純なことです。駐在員としての仕事の一つに日本からの出張者の付き添いというものがありますが、食事に関しては会社のお金で美味しいものを食べられるという特典はあるものの、贅沢なようですが良いことばかりとは言えません。ある日出張者と一緒にステーキを食べに行ったあと、家で入浴前に体重計に乗ってみると…今までに見たことのない数字になっていました。それを見て「これではマズい」というのがきっかけです。

といっても継続しなければ全く意味がありませんので、問題はそれをいかに習慣化するか、どういう動機付けを与えて維持するかということです。そこで今うってつけなのが一部でブームとなっているらしいIngressです。これはGoogleが開発しているスマートフォンのアプリで、iOSとAndroidで動作します。早い話が陣取りゲームなのですが、画期的なのは現実世界とリンクしていることです。実際に街中に存在する様々な建造物やモニュメントなどが「ポータル」としてゲーム世界に登録されていて、実際にその場所へ行って操作をすることで陣地を広げていくことができるというものです。要するにどれだけあちこち移動するかが物を言うため、これを歩いて移動してプレイしていると自然に歩く距離が伸びていくので健康志向のゲームとなっているわけです。

実際の遊び方はWikipediaあたりにも簡単に書かれていますが、まずEnlightenedとResistanceという2つの陣営のどちらかを選択し、その自陣営の陣地を広げるのが目的です。ポータルを占領すると別のポータルとの「リンク」を貼ることができ、そのリンク3本で三角形を作るとそれが「コントロールフィールド」として自陣になります。このコントロールフィールドには面積と人口密度によりポイントが割り当てられ、その総合ポイントで競うというわけです。

プレイヤーにはレベルがあり、レベルの低いうちは強力なアイテムを使用することができません。相手からポータルを奪うためにはXMPバースターなどのアイテムで攻撃を仕掛ける必要があるのですが、この時レベルの高いシールドなどがセットされていると全く歯が立たず、歯痒い思いをすることになってしまいます。私もまだレベル4なので、せっかく何日かかけて奪ったポータルを高レベルの人にあっさり取り戻されたうえ、強力なシールドが張られてどうにもならないというようなことを何度も経験しています。このレベルはリンクやコントロールフィールドを張ったりしているうちに経験値APが溜まっていき、それが一定値になるとレベルアップとなりますので、とにかく根気よく地道な作業を進めていくしか無いわけです。

現時点の戦況はIntel Mapで見ることができますが、まあ全体的な勝敗というのはどうでもよく、また相手陣営だからといって憎むべき敵というわけでもなく、今のところは経験値稼ぎとレベルアップが目的というような感じなので、ロールプレイングゲーム感覚かもしれません。実際にチームを組んで作戦的に行動したりしている人もいるようですが、自分はそこまでは考えていませんね。

アプリの方は非常によく作りこまれていて、まさに現実世界から仮想の世界を覗くためのスキャナーのように動作してとても良い感じなのですが、問題点はバッテリー消費が激しいというところでしょう。Ingress公式外付けバッテリーもあるくらいで、他のアプリの動作状況にもよりますが私のiPhone 6 Plusではフル充電状態から1時間で75%まで消費してしまいました。まあ普通はこれ以上歩くのもしんどいでしょうが、画面が常に表示されている状態でないといけないというのも一因でしょう。スリープ状態でバックグラウンドでも動作してくれればだいぶ良くなるのではないかと思いますが、それは難しいのでしょうか。Googleの人達ならきっと出来ると思うのですが。

{イングレス公式} cheero Ingress Power Cube 12000mAh 大容量 モバイルバッテリー CHE-058

Delta Studio / The Secret Life of Walter Mitty

期待していなかった割に楽しめました。

私は今週、一足早く夏休みをいただいて家族でアメリカ国内の旅行に出かけたのですが、今回は飛行機とレンタカーの組み合わせで移動することにしました。最寄りのデトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港がデルタ航空のハブ空港であるため、航空会社はもっぱらデルタを利用することになるのですが、そのデルタが旅行直前の8月1日から「飛行時間が1時間半以上の世界の全便で無料のエンターテインメントプログラム『デルタ・スタジオ』を提供する」という発表がありました。配備が整った機内Wi-Fiを使って、スマートフォン、タブレットやPCから機上のメディアサーバに接続し、映画などをストリーミング配信するというシステムですが、もともと国内線の機材では通常エンターテイメントは提供されていなかったので、数時間の退屈しのぎにはもってこいです。航空会社側としても装備への投資を最小限に抑えて大きな費用対効果を得ることができる素晴らしいシステムなのではないでしょうか。

ということで、導入翌日に搭乗した私も早速なにか観てみようと思い、予告を見てちょっと気になってはいたけれども映画館で観るほどではないと思っていた「LIFE!」を観てみることにしました。原題は”The Secret Life of Walter Mitty“といいますが、これは同名の1937年の短編作品の、1947年の作品に次ぐ2度めのリメイクとなっています。

もちろんストーリーは現代的なアレンジが加えられていて、主人公Walterの勤務する雑誌「LIFE」の編集部が、ウェブ版への移行のため次号で最終号となる、というところから始まります。Walterは写真のネガの管理を担当していますが、写真家Sean O’Connellに指定されたネガが見つからず、それを探すために旅が始まるというものです。

監督と主演がBen Stillerということで、コメディとしての面白さは一流です。無理に笑わせようとしないのに自然に笑いが起こる感じで、英語が100%理解できなくても楽しめると思います。設定として面白いのは主人公に妄想癖があるところで、その妄想シーンがかなり作りこまれていて、作品に派手さを与えて退屈させません。また、あくまでファンタジーということでかなりありえないことが起こりますが、それはそれとして楽しむべきでしょう。

ということで作品としても楽しむことができましたが、Delta Studio自体もDVD程度の画質ではありましたが画像や音声にノイズが乗るようなことは全くなく、非常に快適に鑑賞することができました。望むべくは現在40タイトル程度であるライブラリの充実で、最新作から名作旧作まで選択肢が広がるということがないのですが、アメリカの国内線でも4時間程度のフライトでは最初から最後まで観ることができるのは1本だけでしょうから、あまり贅沢を言っても仕方がないのかもしれません。