「kyoto」タグアーカイブ

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (2016年の映画)

宿命なのか。
⏳

その後台風19号は東日本に大きな爪痕を残したものの、都心では首都外郭放水路などが威力を発揮して大規模な災害を防ぐことができたようで、公共土木事業の重要性が再認識されたのではないでしょうか。「コンクリートから人へ」などというのは平時に弛んでいるこそ言える戯言であり、平時にこそ備えておかなければならないと私も再認識しました。しかしながら、上流の長野県などでは堤防が決壊するなどして甚大な被害となったようですので、一刻も早く安全が確保されて、通常の生活に戻ることができるよう祈ります。

そんな話をしながらも、私自身は自宅で映画を観ながら台風が過ぎるのをただ待っていたわけですが、他に何をする気にもなれず、1日に3本も観てしまいました。その1本が先に書いた「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」で、もう1本は「おっぱいバレー」だったわけですが、これについてはあまり書くこともないので特に触れません。そして最後に見たのが「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」なのですが、最近こういう長いタイトルの映画が多くて覚えられません。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする
(2017-05-10)
売り上げランキング: 17,422

本作は七月隆文による同名の小説を原作としているのですが、原作と同じく京都の叡山電車沿線を主な舞台にしており、京都らしい風景を楽しむことができます。この叡山電車の車内で主人公の南山高寿はある女性に一目惚れをし、宝ヶ池駅で降りたところを追いかけて声を掛けるのですが、色々と不思議なところのある彼女には大きな秘密があるのでした。といっても、どのようなことなのかはタイトルでもなんとなく察しがつくのではないでしょうか。

しかし当人にしてみれば突拍子もない話で、観客に対しても納得できるような説明はなく、とにかく信じるしかない、SF的な味付けではありますが、かなりファンタジーのような話です。この手の仕掛けのある映画も結構あるような気がしますが、SF好きな人だけでなく一般的に受け入れられるようになっているのでしょうか。まあ「竹取物語」にも通じるものがあるので今に始まったことではないのでしょうね。

そんなおとぎ話的な設定ではありますが、一旦それを受け入れてしまうと考えれば考えるほど悲しい物語になっていて、私も後半はたびたび目頭を熱くしてしまいました。あのときに彼女がどういう気持だったのか、主人公に成り代わって後で考えてみると、とてもやりきれない思いになってしまいます。主人公もこれを受け入れて大きく成長することになるのですが、観る側としても単なる恋愛映画以上に考えさせられるのではないでしょうか。

そして最後には見たいと思っていたものを見せてくれたので、私は満足できました。これを蛇足と感じる人もいるでしょうが、これがなければわだかまりのようなものが多すぎますので、すっきり終わるためには必要なものではないかと思います。

本能寺ホテル

もっと日本史に興味を持っておくべきだとは思いました。
🕰️

先日友人らと訪れた書寫山圓教寺は映画や大河ドラマの撮影に使われているということなのですが、実は今までそれらの作品は観たことがありませんでした。「ラストサムライ」ぐらいの大作は観ておくべきだろうと思いながらなかなかその機会がなかったのですが、先日「本能寺ホテル」がAmazon Prime Videoで無料で観ることができるようになっているのを見つけたので、まずはこれから観てみることにしました。

本能寺ホテル
本能寺ホテル

posted with amazlet at 19.06.12
(2017-08-02)
売り上げランキング: 15,181

この作品は、現代の京都のホテルのエレベーターがなにかのきっかけで本能寺の変前日の本能寺に繋がってしまい、綾瀬はるか演じる主人公が森蘭丸織田信長を救うべきか歴史を変えないようにすべきか選択を迫られながら奮闘する、というようなコメディ作品です。信長役は堤真一
が演じていますが、威厳があってなかなかそれらしい感じでした。

この作品の中で圓教寺が使われているのは家臣らが振々毬杖(ブリブリギッチョウ)という遊びに興じる場面と、少年時代の信長が庶民の子どもたちと振々毬杖を楽しむ場面との2つのシーンだったと思います。さすがについ最近目で見てきたところなので、すぐに気づきました。ちなみにどちらも同じく振々毬杖の場面だったというのは小道具の運搬の都合などでしょうか。

なお、本能寺の建物には同じく姫路市内にある亀山本徳寺というお寺が使われているそうです。私は実際に行ってみたことはありませんが、Google Mapsで写真を見てみると確かに映画に写っていたそのままの様子です。それほど有名なわけではないと思いますが、立派なお寺のようなので近いうちに見に行ってみたいと思います。

ところで映画そのものがどうだったのかというと、タイムトラベルを題材にしたコメディ要素の強いSF作品として、すごくというわけではないにしてもそこそこ面白い作品であったと思います。映画館で1800円払う価値があったかというと微妙ですが、まあ週末に自宅で気軽に楽しむには良いのではないでしょうか。

宇治へドライブ

平等院鳳凰堂ここも観光客が沢山。

日本人なら小学生でも、二千円札の表の守礼門は知らなくても十円玉の表の平等院鳳凰堂は知っているのではないかと思います。しかし実は私は、この平等院が京都市外の京都府のどこかにあるということはなんとなく想像していましたが、それが宇治であるということはつい最近まではっきり知りませんでした。そうなのか、それなら一度行ってみよう、ということで思い立って、海の日の三連休中日の日曜日に行ってみることにしました。

宇治は京都市の南側にあり、私の自宅からは130kmほどの距離になりますが、高速道路を利用しない場合は神戸・大阪の大都市郊外の住宅地を抜けていかなければならず、どうしても距離の割りに時間がかかってしまいます。ケチらずに高速を使えばいいのに、と思われるかもしれませんが、これはただケチなのではなく、高速道路は運転していてもまったく楽しくないので、運転が主目的な私にとってそれではそもそも意味が無いのです。
牛肉のドライキーマとあいびき肉としめじのドライキーマの合がけ、インスタ盛り
ということで、朝9時過ぎという私には珍しくゆっくり目の出発となったのですが、まず最初に途中の枚方市で昼食を摂りました。このあたりはまったく土地勘もなく、調べてみるまで知っている店もなかったのですが、見つけたのが京阪交野線宮之阪駅の目の前にあるカレー喫茶 エルディオスというカレー店です。こちらでは2種類のカレーとそのあいがけが選べたのですが、さらに「インスタ盛り」なるものが選べます。色鮮やかな野菜のトッピングがたくさん載ってInstagramに映えるというものですが、数量超限定ということですし、もちろん私も選びました。カレーはあいがけで1000円でしたが、このインスタ盛りがプラス300円というのは安すぎるのではないでしょうか。会計時に店長さんにそのまま伝えたところ、「野菜は安く仕入れているので…」とのことでしたが、これだけの種類を作るのだって大変なはずです。カレーもとても美味しかったので、無理せず続けてほしいと思います。私が次に行くのはいつになるかわかりませんが、この方面に行くときにはぜひ立ち寄りたいものです。

カレーに満足したところで宇治へと向かいます。車は平等院の近くのコインパーキングに停めようと思っていたのですが、どこも1時間600円程度と非常に高くてびっくりしてしまいます。しかし、JR宇治駅のロータリー内にある市営駐車場は30分100円とだいぶ割安なのに気付いたのでこちらに停めました。ちょっと歩かなければならないものの、商店街を眺めながら歩けばいいので大した距離ではありません。収容台数は十数台だけなので運が良くないと停められないかもしれませんが、空きがあればお薦めです。

さて、駅前から平等院までは、左右に見える宇治の緑茶にちなんだスイーツを横目にぶらぶら歩いて10〜15分ほどです。着いてみると入り口に行列ができていましたが、これは係の方の応対がもったいないくらいに丁寧すぎるためのようです。庭園と平等院ミュージアムが込みとなっている拝観料は600円ですが、鳳凰堂内部の拝観は別途300円が必要になります。しかし、この日すでに1時間半待ちとなっていたので、私はあまりゆっくりしていられないので内部はやめました。

鳳凰堂を見て最初に感じたのはイメージよりも朱色が鮮やかであるということですが、これは3年前に終わったという修理工事で塗装が新しくなっているからで、私が写真で見たのはそれ以前のもので黒ずんでしまったものだったようです。歴史の重みを感じるのは難しくなってしまいましたが、当時の姿を知ることができるということになるでしょうか。
宇治上神社
私がちょっと辟易してしまったのは、内部を拝観する人の一団が堂々と正面から入るため、ズラズラと並んで歩いていたり、内部を見回している姿がどうしても写真に入ってしまうということです。なんとかその切れ目を狙って誰も写り込まないような写真を撮りたかったのですが、入れ替わりは合間なく行われてしまっていたのでうまく行きませんでした。そういう写真は特別にセッティングされた状況でなければ撮れないということなのでしょうか。開門が8:30、内部の拝観は9:10から受付なので、その間がチャンスということかもしれないので、紅葉の季節にでも早朝から出掛けて狙ってみるかもしれません。

このあとは宇治川に浮かぶ塔の島、橘島からなる宇治公園を通って、宇治神社宇治上神社へも行ってみました。旧社格は宇治神社の方が上ですが、宇治上神社の方は国宝に指定されている本殿が現存する最古の神社建築で平安時代のものとのことで、またこちらの方が雰囲気もあって良い感じでした。観光客で溢れていないというのが良いのかもしれません。

本当はこのあと「インスタ映え」する抹茶スイーツを食べて帰ろうと思っていたのですが、炎天下を歩いた上に店で待つ沢山の人を見て食欲も失せてしまい、コンビニで飲み物だけ買って帰ってきてしまいました。なお、平等院の周辺にはコンビニが無く、駅前まで行かないといけないので気を付けてください。私は手持ちの現金がなくなったので引き出そうと思ったのですが、結局駅まで戻らないと無かったのでおみやげも買いそびれてしまいました。