Archives

太陽の塔

ただただ勢いのあった頃。

2025年に開催される国際博覧会、いわゆる万博にはアゼルバイジャンの首都バクー、ロシアのエカテリンブルクと並んで日本の大阪も立候補しているようですが、その投票はいよいよ来月行われるようです。他の候補地が2か所とも旧ソ連であるということが吉と出るのか凶と出るのかわかりませんが、果たしてどうなることでしょうか。

そもそも万博というものが何なのか、何のために開催されるのかが私にはピンと来ません。2005年に開催された愛・地球博ものべ2200万人もの人が入場したそうですが、私にはどうもその意義がよくわからず行ってみようという気になりませんでした。しかし、1970年の日本万国博覧会ではなんと6400万人もの人が訪れたということで驚くほかありません。私の生まれる前年のことですが、私の両親も見に行ったとのことなので、まだ胎児だった私も必然的に行っていたということになるでしょう。

万博会場の跡地は現在は万博記念公園となっていますが、当時の面影を残すものは多くありません。現在EXPOCITYというショッピングセンターになっているところにはかつて万博の際にアミューズメント・ゾーンとして作られたエキスポランドが営業を続けていましたが、2007年の痛ましい事故をきっかけに廃園となってしまいました。

しかし何と言っても現在の万博記念公園の文字通りの顔となっているのは太陽の塔でしょう。万博当時は大屋根に囲まれていたのでむしろ今のほうが存在感があるのではないかと思われますが、公園に沿って走る中国自動車道からも見ることができて、特に夜はライトアップされた上に目が光っているので、なかなかの威容を見せています。この太陽の塔は外から見ているだけでもとても興味深い作品なのですが、万博当時は中が展示スペースになっていたということを知ったのは割と最近のことでした。そして耐震工事とともにその内部が修復されて、今年3月から再度公開されたということを知りました。

見学には公式サイトの入館予約のページでの予約が必要で、4ヶ月先まで予約できる、つまり4ヶ月前に予約可能になるのですが、週末はすぐに埋まってしまいますし、平日でも1ヶ月前には埋まってしまうような感じです。しかし、直前にキャンセルが出ることがあるので、こまめにチェックすると空きになっていることがあり、私はその手で2日前に予約することができました。

残念ながら「安全のため」塔内部での写真やビデオの撮影は禁止なのですが、実際にはスペース的にも時間的にもかなり余裕をとって見せているので、撮影したとしても特に問題はなさそうなものでした。万博当時はエスカレーターで強制的に上へと運ばれていたそうですが、軽量化のために階段に変更されているのでゆっくりと自分のペースで登っていくことができます。ただ、グループを外れることは許されないので、時間的な制限はありますがそれでもかなりゆったりとしたペースです。

地下のスペースで地底の太陽を見たあと生命の樹のあるメインスペースへと移り、単細胞生物からヒトに至るまでの生命の進化をたどる展示を見ることになりますが、補修直後ということもあって内部はとてもきれいに整備されています。耐震補強のためにコンクリート壁の厚みを増したことで内部空間が減り、展示物の数を減らすなどしたそうですが、それは全く問題を感じるようなこともなく自然でした。

しかし私が一番見事だと思ったのは、塔の腕の部分の内部構造です。当時はここにもエスカレーターがあって大屋根に出るようになっていたそうですが、美しい照明が当てられていることもあって、この腕の形を支えるための幾何学的構造がいくら見ていても飽きないのでした。よくよく考えるとあのような形の腕を生やしておくというのはそう簡単なものではないはずですね。当時の建築技術の粋であったのかもしれません。

太陽の塔を見たあとは当時の鉄鋼館の建物を利用したEXPO’70 パビリオンというところも覗いてみましたが、こちらはこちらで当時のノスタルジーを感じさせる、レトロフューチャーな展示物もいろいろあって楽しめました。

ちなみに私はたまたま先日「『太陽の塔』新発見! – 岡本太郎は何を考えていたのか」という本を図書館で借りて読んでいたので、作られた当時の背景なども知っていたのでより楽しめたように思います。展示やパンフレットなどでも説明はありますが、より深く知っておくことで楽しみが増すことは間違いないと思いますし、この本自体も読み物として面白いのでこれから見学していみたいという方には一読をおすすめします。

「太陽の塔」新発見! (青春新書インテリジェンス)

posted with amazlet at 18.10.08

平野 暁臣 青春出版社 売り上げランキング: 293,802

Amazon.co.jpで詳細を見る

広島 – 厳島神社と原爆ドーム・平和記念資料館

天気には連敗ですが楽しめました

先日台風接近による暴風雨の中で水木しげるロードに行って以来、「また家族でどこかに旅行に行きたいね」と言っていたのですが、先週木曜日に朝食を摂りながらそんな話をしていてふと思いつき、昨日は広島に日帰りで出掛けてきました。交通費の都合もあり、基本的に日本中どこでも家族で行くときは車で行っているのですが、今回は新幹線と路面電車に乗るというのが大きな目的になっていたので、珍しく電車に乗っての旅行となりました。きっかけは子供が「新幹線に乗りたい」「路面電車に乗りたい」と日頃口にしていたからではあるのですが、幼児にとってはそんな乗り物は外から見ているから格好良く見えたりするものであって、一旦乗ってしまえば何ということはありません。案の定我が子らも30分も乗っていると飽きてしまってじっとしていられなくなったのですが、一度は乗せてやらないことにはいつまでもうるさいだけなので仕方ありませんね。

広島へはひかりレールスターに乗って到着し、広島駅前で広電の一日乗車乗船券を購入して宮島へ向かいます。広島駅から宮島口までのうち、西広島までは併用軌道を走るいわゆる路面電車となっているのでトコトコ走り、その先は専用軌道に変わり一気にスピードアップするのがわかります。しかしながら何しろ駅の数が多く大人にもちょっと遠く感じられてしまうのですが、かといって並行するJR山陽本線に乗ってしまうとあまりにあっけなく着いてしまいそうです。まあ、片道はJRでも良かったかなという気がしないでもありませんが…

宮島口からはフェリーに乗って宮島に渡るわけですが、この所要時間15分ほどのフェリーが10分おきという頻度で出航していることがなかなかの驚きです。なおかつ並行するJRフェリーも15分おきに運航されているにもかかわらず、それでも毎回100人前後の乗客がいるようですから、一体どれだけの観光客が訪れているやらというものですが、さすがは日本三景の一つ、国宝・重要文化財が集中し、世界遺産に指定されているだけのことがあります。

宮島に渡ってフェリー乗り場を出ると出迎えてくれるのは可愛い鹿たちです。宮島全体で600頭もの鹿がいるということですが、フェリー乗り場から厳島神社までの間にいる鹿たちは相当人間慣れしていて全く警戒するそぶりを見せていません。子供たちが撫でたり、魚眼レンズで大接近しても全く動じず、全く安心しきっています。さすがにこんなところで攻撃を加える人間などいないでしょうから、当然といえば当然なのですが。

厳島神社には連休ということもあって多くの観光客が訪れていましたが、外国人の姿も目立ちました。特にそんな彼らにとっては花嫁の白無垢姿や、新郎新婦に捧げられる舞いなどははるばる来た甲斐があったというものではないでしょうか。ちなみに厳島神社は参拝料300円となっていてそんなに高いような気はしませんが、あれだけ回転良く沢山の人が訪れていれば相当な収入となっているでしょうね。まあ維持にもかなりの経費がかかっていることは間違いないでしょうが、俗な私はそんなことばかり考えてしまいます。

宮島での昼食は名物のあなごめしやカキ丼を食べましたが、期待していた以上に美味しくてなかなか良かったです。まああなごめしなどは1600円もしたので「これで美味しくなければ暴れてやる」というようなものですが、カキ丼も前回10年近く前に食べたときとは違って大きく柔らかいカキがいくつも載っていて、観光地ながら良心的に感じられました。子供たちはどこでも食べられるようなカツ丼ときつねうどんでしたが、こちらも手が抜かれておらずかなりの好印象だったのですが、その店の名前を忘れてしまったのが残念です…と思ったら、ちょっと調べただけで思い出しました。「いな忠」さんです。

さて、宮島を後にして今度は市内に戻り原爆ドームへ向かいますが、ドームは宮島へ向かう途中にも電車から見えていたので、同じ路線を途中まで戻り「原爆ドーム前」という電停で降りるとすぐ目の前です。あいにく雨が降り出していたのであまりゆっくりと見ていることはできませんでしたが、被爆後60余年を経て内側に補強を加えられながらも外観は当時のままにしっかりと保存されているその姿には、たとえ説明がなくとも訴えかけてくるものがあるように感じられます。

その後はちょっと歩いて平和記念資料館を見学したのですが、長男が思いの外真剣に見て回るので、2時間近くも館内にいることになりました。もともと長男は博物館などが大好きなので気に入るだろうとは思っていたのですが、帰りの道中に「また行きたい」というほどとは思いませんでした。まあ気に入ってくれたのならこちらはいいのですが。ちなみに入館料は大人50円とほとんどタダ同然なのですが、これは本来無料でもいいのでしょうが、無料にするとただエアコンに当たりたいだけというような不届きな連中がたむろするようになるのを恐れているのでしょうね。イギリスなどでは基本的に公営の博物館などは無料ですが、毅然とした対応を取っているのかホームレスなどは見あたりませんね。この辺りは文化的成熟度の違いなのかもしれません。

ということでこれだけ見て回ったところで辺りは暗くなってしまいましたので、広島駅に戻って土産のもみじ饅頭と駅弁を購入し、再び「ひかりレールスター」に乗り込み帰路につきました。新幹線の中で食べる駅弁というのも子供たちにとってはとても楽しいもので、食欲も余計に湧いたのかモリモリ食べていました。満腹になったところで次男は寝付いてしまい、その後は私がだっこして連れて帰ることになってしまいましたが、楽しく一日を終えることができたので親としても満足ですね。長男も先ほど宿題の「あのね帳」に楽しかった一日を書いていましたが、普段の何倍ものページ数を割いて詳細に書いていたのはそれだけ楽しかったということでしょう。こうして私の文章も長くなってしまいましたが…まあそういうことです。