Archives

鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館

梨だけでここまでやれば。

日本の梨の名産地といえばどこを思い浮かべるでしょうか。生産量で言えばふなっしーの船橋市がある千葉県が全国一位のようで、現在はそれに大きく水を開けられてしまってはいますが、鳥取県は長らく日本一の座にあったせいか梨の産地というイメージが強いように思います。しかし、鳥取県の主力は二十世紀であるため、幸水や豊水といった赤梨に人気が移ってしまった今は押され気味ということのようです。

その鳥取県は私が住む兵庫県の隣りにあり、私の自宅から鳥取県庁までの道のりが100km少々ということで、ちょっとしたドライブで行くことができます。山陰は空いている道路が多いので快適なドライブが楽しめるので私はちょくちょく走りに行っているのですが、夏から秋にかけては道の駅や直売所で売られている梨を買って帰るのも楽しみの一つになっています。規格外のものなどを格安で買うことができたりするのは産地ならではのことでしょう。

地理的にこの鳥取県の中心部にある倉吉市には鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館という、梨というたった一種類の果物をテーマにした博物館があります。しかも館名に「二十世紀梨」という品種まで掲げてしまっており、そこまで二十世紀に依存してしまっていいのか心配になってしまいますが、実際の展示内容はもちろん他品種も含め梨全般に渡ったものになっています。

300円という微妙な金額の入館料を払って館内に入ると大きなホールに出ますが、中心には「二十世紀梨の巨木」が骨格標本のように見事な枝ぶり根の張りを見せて展示されています。そしてこのホールの周りに展示室が並んでいる形になっていて、様々な品種や鳥取県における梨栽培の歴史、梨の栽培方法などが解説されています。また、キッチンギャラリーでは梨の試食を提供しており、私が行った時には全部で5種類の梨の食べ比べができるようになっていました。よく冷えていたせいもあってどれも非常に美味しかったのですが、一番気に入ったのは「新甘泉」という品種でした。

また、「梨と生きる『二十世紀梨』ものがたり劇場」では梨栽培の歴史を10分間の映像とロボットとで教えてくれます。30分に1回の上映となっており、たまたま私がここに行ったのが開演3分前だったので座って観てみることにしましたが、梨農家風の劇場を独り占めして落ち着いて観てしまいました。それほど特別驚くようなことはありませんでしたが、なかなか臨場感はあるのではないでしょうか。

展示を見終わった後は、同じ建物にあるフルーツパーラーで梨を中心とした果物を使った各種のデザートを楽しむことができます。私は梨ソフトクリームを買って外に出て食べてみましたが、二十世紀梨をピューレにして使っているというだけあって、梨らしい爽やかさがとても美味しいソフトクリームでした。梨ソフトクリーム自体は鳥取砂丘など県内のいろいろなところで食べることができますので、ぜひ一度お試しいただきたいと思います。

なお、このなしっこ館の館内にもおみやげコーナーはありますが、ちょっと高級な梨しかないようだったので私はここでは買わず、いつも帰りに立ち寄る物産館みかどという直売所で、新高梨をケースで購入して帰りました。普段食べているものよりも大ぶりの梨なので冷蔵庫で冷やすのにも時間がかかりますが、1個剥いてもらって食べたところ瑞々しく甘く、とても美味しかったです。私が最も好きな果物はマンゴーや桃ですが、日常的に食べられる果物の中では梨が一番かもしれません。

奈義町現代美術館 NagiMOCA

思いがけない感動。

昨日は朝夕に部活の試合が行われる中学校へ次男を送り迎えする必要があったので、その間にどこかへ出かけようと思ったのですが、ある時間までに戻らなければいけないとなるとそれに対して余裕を持って行動する必要があるのであまり遠くへ行かずに楽しいところがあるだろうかといろいろ考えていました。その時、旅行に特化したキュレーションサイトRETRIPの「息をのむほどの美しさ。日本にある“フォトジェニック”な美術館7選」という記事が目に付いたのですが、その中の一つが今回行くことにした奈義町現代美術館 (Nagi-cho Museum of Contemporary Art)です。

奈義町は岡山県の北東部に位置する人口6000人ほどの農林業を主要な産業とする小さな町です。しかしここに、素晴らしい美術館があるというのです。自宅からは一般道でも2時間かからない距離なので、思い立ったが吉日ということでさっそく行ってみることにしたのでした。しかし「フォトジェニックな美術館」というのは美術館としてはどうなのかと少々疑問を抱きながらだったのですが、行ってみるとそれは完全に払拭されました。

建物は磯崎新の設計によるものですが、目立つのは斜めにそそり立つ円筒形の構造物です。前掲のRETRIPの記事はあえてほとんど読まずに行ったのでこれが何なのかは知らないままだったのですが、あとで考えればそれがかえって良かったかもしれません。窓口で丁寧に説明してくれた時に「右側奥の黒い螺旋階段を登ると円筒に入ることができる」と教えてくれたのですが、まさか中がこんな風になっているとは思わず、とても感動してしまいました。

常設展示は3点の小さな美術館なのですが、入り口を入って最初にあるのは磯崎新の妻である宮脇愛子による『大地 ≪うつろひ-a moment of movement≫』です。この作品は半分が屋外、もう半分が屋内となっているので、季節によって感じ方が異なるかもしれません。壁に沿ってベンチが並んでいるので、座ってゆっくり時間の流れを感じると良さそうです。

そして今回最も感動したのがあの円筒の中、螺旋階段を登っていった先にある荒川修作+マドリン・ギンズの『太陽 ≪遍在の場・奈義の龍安寺・建築する身体≫』です。私はこの作品を目の当たりにした時の感動を言葉でも写真でも表現することができません。見たままを言うと、真南を向いて傾斜して設置された天面側が光を取り入れるようになっていて、その反対側は黒、そして側面に沿って左右に龍安寺の石庭、下にはベンチとシーソー、鉄棒があり、上には同じものが1.5倍の大きさになって設置されています。こうして写実的に説明しても感動はさっぱり伝わらないはずですが、それがどう凄いのか、それは実際に足を運んで見てみるしかないでしょう。あくまで私にとってはですが、この作品にはそれだけの価値があると思います。

ちなみにあとで調べて知ったのですが、この作品の作者、荒川修作とMadeline Ginsの二人ですが、私が以前帰省の途中にわざわざ立ち寄って入口まで行ったにも関わらず閉園日で入れなかった養老天命反転地の作者だったのでした。つい先日後輩Mが養老天命反転地に行ったそうで、その話を聞いた翌日だったというのは奇遇というものですが、ぜひもう一度行って体験しなければという思いを強くしました。

そしてもう一つの常設展示は『月 ≪HISASHI-補遺するもの≫』ですが、この作品が私には最も難解でした。部屋の形が三日月型をしているので「月」というのはいいのですが、HISASHIなるものが実に不思議な物体です。作者の説明によると「『補遺』という概念を的確に表わしているもの」なのだそうですが、その「的確」という単語の定義すらあやふやに感じてしまうほど、得体の知れない感じです。一般の人が「現代美術」というものに持っているイメージはまさにこういうものかもしれません。

この作品、というよりこの部屋が面白いのは、意図的なのかどうかわかりませんが音が非常によく響くということです。自分の咳払いや足音、カメラのシャッター音も大きく響き渡るので、もしもたくさんの人が同時にこの部屋にいたら騒がしくて仕方がないかもしれません。なお、この日私は午前中に訪れたのですが、他の見学者は2,3人いたようですが同じ部屋にいることはなく、それぞれの作品を自分ひとりで占有することができてとても良かったです。

ここでは常設展の料金で特別展も見ることができるのですが、この日は特別展として田代卓展をやっていました。田代卓の作品は広告などでも使われているので多くの人が一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。鮮やかな色使いと目の大きな可愛らしいキャラクターで非常にポップなイラストが特徴ですが、見ているだけで楽しくなるような作品が並んでいました。

ということで、めったに美術館になど行かない私ですが、ここは本当に行ってみて良かったです。周りには何もないところなので遠くからはなかなか訪れにくいかと思いますが、直島へ行くついでにでもいかがでしょうか。といっても私はまだ直島へ行ったことがないので、次は是非と思っているところですが。なお、私も念のため確認しましたが、この奈義町現代美術館では写真撮影は基本的に、営利目的などでなければ問題ないようです。ただし通常、特別展の撮影は禁止されているようですが、今回の田代卓展は「田代卓展/奈義町現代美術館」とクレジットを入れることでSNSなどへの投稿も許可する、との柔軟な姿勢でした。

尾道―松山―香川

ひた走る。

MINIを購入して以来、ちょっとその辺を走るだけでも学生時代のように運転が楽しくて仕方がないのですが、先週末は日帰りながらちょっと長めのドライブに出掛けてきました。当日は長男が午後から部活だというので一緒に行ったのは次男だけなのですが、次男も私も休日でも早起きしてしまうので、朝食にぱっぱとパンを焼いて食べて7時前に自宅を出発しました。

まずは国道2号線を西へ向かい、最初の目的地は尾道です。日曜日の朝なので一般道も空いていて走りやすく、高速道路よりも退屈しないので私はこの方が好きです。もちろん時間はかかりますが、立ち寄る目的が尾道ラーメンで、目当ての有名店「朱華園」の開店時刻が11時ということなのでむしろゆっくり行く必要もあったのでした。

日曜日は少し早めに開店するという情報もあったので、大体10時半頃を目処に向かったところ20分頃に店の前に到着しましたが、その時にはすでに10人近くの人が列を作って待っていました。店にも駐車場はあるものの非常に狭く1.5台分ほどしかないので、近くにいくつもある100円パーキングの1つに車を停めて列の後ろに付くと、ものの数分で開店となりました。ちょうど10時半頃です。店内はそれほど広くはありませんでしたが、先払いで注文した後で無事に1回転目で席につくことができました。

私たちは中華そばと焼餃子を注文しましたが、先に出てきた餃子は油が少なくさっぱりしていて、優しい味わいながらしっかり生姜が効いているものでした。一方中華そばの方は濃い目で透き通ったシンプルな醤油ベースのスープに背脂をたっぷり載せたものですが、平たい麺が使われていたのが特徴的に感じました。どちらも美味しくいただくことができましたが、外には行列が続いているということもあるのでさっさと店を出ると、駐車料金は100円で済んでしまいました。

次に向かったのはしまなみ海道を渡った愛媛県は松山です。その中心部にある愛媛県美術館で開催されていた特別展「スター・ウォーズ展」が今回の主な目的だったので、この春六本木ヒルズで行われていたものと同じ展示もこの日が最終日で、このあと横浜、静岡、大阪と回ってくるのですが、待っていられないので足を伸ばして駆け込んだというわけです。この展示は以前見に行ったアート オブ スター・ウォーズ展とは違い、スター・ウォーズを題材にした絵画などがメインで、映画のプロップなどは補助的なものにすぎないようで、また映画のシーンや登場人物の説明などは私にとっては不要でしたが、それでも十分楽しむことができました。また、ギフトショップの充実ぶりはなかなかのもので、ついつい欲しくなるものはいろいろありましたが、なんとか自重して次男にクリアファイルを買っただけで踏みとどまりました。

美術館を出た後は、道後温泉本館の周りを一周して、一六本舗の十六番館で一六タルトを自宅のお土産に購入し、帰りは高速道路をひた走ります。

しかしせっかくうどん県を通るわけですから、立ち寄らないわけにはいきません。あまりじっくり選ぶ時間もなかったので、以前讃岐うどんめぐりをした時に美味しかった「長田in香の香」に再び行ってみたのですが、やはりここのダシは印象的な美味しさがあります。今回私は冷やしにしてみましたが、もちもちした麺をつるっとあっという間にいただいてしまいました。なお、5時頃に閉店するということに気づかないままギリギリの時間に到着していたようで、食べている間に入口のシャッターは閉まってしまいました。

この後は瀬戸大橋を渡ってちょうど7時頃に自宅に到着しました。この日走ったのは550kmでしたが、使ったガソリンは34Lということで、燃費は16.2km/Lほどということになります。それほど燃費を意識して運転したわけではありませんでしたが、空いた一般道を走った距離が長かったということもあって上々の結果となったようです。経済的な問題よりも航続距離の方が私は心配で、タンクに44Lしか入らないので1回で東京までの600kmの距離を走りきれるかが懸案だったのですが、この燃費なら大渋滞さえなければどうやら問題なさそうです。