Archives

View-Master

革命的進歩。

私は左右の視力が違ういわゆるガチャ目なのが原因なのか何なのか、昔からランダム・ドット・ステレオグラムの類に成功したことがありません。またそれに関連するのかどうなのかもわかりませんが、3D映画なども自然に見ることが出来ず、あまり好きではありません。このため、3D画像の技術についても関心は高くない方なのですが、一方でGoogleの技術には関心を持ち続けているので、Google Cardboardにはちょっと惹かれるものがありました。

Googleの作ったものが段ボール製であることから英語でボール紙を意味するCardboardという名前が付いていますが、これはデバイスの名前であり技術の名前でもあります。ダンボールを折って作る本体に2つのレンズを取り付けて、対応するアプリケーションをインストールして起動したスマートフォンを組み込んで覗き込むと、立体画像のバーチャルリアリティを体験できるというものです。スマートフォンは画面を2分割して左右の目に対応して視差を付けた画像を表示することで立体視が可能となり、スマートフォンに内蔵された加速度センサーにより頭の動きに合わせて画像も動くというわけです。

私も一度体験してみたいということで調べてみると、このGoogle Cardboardに対応したデバイスはいくつもあって、Googleのものと同様の段ボール製のものから樹脂製のしっかりしたものまでいろいろなタイプのものがあります。見た目がかっこいいのはVR ONE GXというZeissの製品ですが、アメリカ国外への発送が行われていないようなのと、現在バックオーダーとなっていること、さらに$120と高価なので諦めます。その次に見てみたのは玩具メーカーMattelのView-Masterですが、これがしっかりしていそうな割に日本への送料込みでも$30以下でAmazonで購入できたので、これを試してみることにしました(下記は日本のアマゾンなので割高ですが、すぐに届くはずです)。

Mattel マテル ビューマスターヴァーチャルリアリティスターターパック View-Master Virtual Reality Starter Pack[並行輸入]

¥ 6,670

(2016-02-11現在)

もともとView-Masterというのは70年以上前からある玩具のステレオ写真ビューアで、スライド写真が埋め込まれたディスクを本体に差し込んで覗きこむというものでした。これを現代の技術で再発明したのが今売られている最新のView-Masterということになります。さすがに玩具なので子供が多少手荒に扱っても問題ないようにしっかりした作りになっており、値段の割に上質感があります。

iPhoneをケースから取り外さないと装着できないのが面倒ですが、Cardboardアプリをインストールして起動し、View-Masterの内部にあるQRコードを読ませるとビューアの機種が識別されます。この状態でiPhoneをビューア内部に装着し、カバーを閉めて覗き込むともうバーチャルリアリティを楽しむことが出来ます。アプリの操作には入力用のレバーが1つあって、頭の向きでカーソルを合わせてレバーを動かすとクリックできるという仕組みです。

Cardboardアプリでできるのはあくまでデモのレベルのものですが、それでも頭を動かすと画面がそれに追従するというのはなかなか新鮮な体験です。他にもCardboardに対応したアプリはいくつも公開されているので、いろいろ試して遊んでみると良いと思います。ただ、AndroidではYouTubeアプリがCardboardに対応しているらしく、これで立体動画を楽しむことができるようなのですが、iOS版は対応時期未定なので早く対応してほしいところです。

ということで、今のところ実用的な使い方は見つけることが出来ていませんが、非常に可能性を感じさせる技術だと思います。Oculus Riftではさらに凄い世界を体験できそうですが、このCardboardでも新しい世界を垣間見るには手頃でいいのではないでしょうか。

R2-D2 USB Car Charger

可愛すぎます。

先日iPhone 6 Plusが手元に届くまで私は待ちきれなくて、いろいろなアクセサリ類を買い集めてしまっていました。カバーにはAceAboveというよくわからないブランドの手帳型ケース(wallet caseというようです)を選びましたが、これは期待していたよりもしっかりした作りで悪くありませんでした。帯と内側の赤が鮮やかで派手すぎるかと思いましたが、赤いステッチに惹かれてこれにしたのでした。

LightningケーブルはEastern Collectiveの製品なども魅力的ではあるのですが、まずは数を揃えることが必要、質より量ということでAmazon Basicsの10cmのものと90cmのものとを2本ずつ購入しました。値段だけであればもっと安いものもありますが、品質とのバランスで考えての選択です。しかし、Micro USBなどに比べてだいぶ高くなってしまうのは認証機能などのせいとはいえ、ユーザーに優しくはありませんね。

そして充電器ですが、まず寝室用にはAnkerの36W PowerIQ搭載4ポートUSB急速充電器を購入しました。日本のアマゾンでは同じ形状でPowerIQを搭載していない旧製品が売られているようですが、PowerIQの高性能ぶりは5ポート充電器で体験しており、ここは重要なところです。

そしてもうひとつ、ついうっかり購入してしまったのはThinkGeekというオタク(geek)御用達通販サイトで売られているR2-D2 USB Car Chargerというものです。名前を見ればどんなものかすぐに想像できる人も多いとは思いますが、映画Star Warsシリーズ全作品に登場するドロイドR2-D2の形をした車載USB充電器です。

しかし、ただR2-D2の形をしているだけではさすがに私も購入しません。動画を見ていただければ分かる通り、R2が「喋り」、頭部を回転させるというアクションが付いているのです。まあ動画では人間がR2に合わせて喋っているだけで、実際にはR2が声に合わせて掛け合いをしてくれるわけではありませんが、電源投入時や充電開始時に喋ってくれます。Star Warsファンでなければ単に鬱陶しいだけかもしれませんが、ファンの私は以前から欲しくて、ちょうど20%引きのセールをやっていたので購入してしまったのでした。

充電器としての基本性能で妥協してしまっていては話になりませんが、そこはしっかり2.1A容量のものが2ポートあるので申し分ありません。R2-D2はドリンクホルダーにちょうどはまる大きさになっているのですが、私の車は左右2つのドリンクホルダーが繋がった形になっているせいか今ひとつ安定しないのがやや残念です。しかし、常にシガーソケットに接続した状態にしておくと、車に乗り込んでキーを回したときに起動して、頭を回しながら喋ってくれるというのは実に可愛いです。残念なのはスピーカー等があまりいいものでないのと音がやや大きすぎるのとで音が若干割れてしまっていることです。スピーカーを交換したり鉛などで制振補強を行うなど「デッドニング」的なことをすれば良くなるのかもしれませんが、そこまでやるほどのものではないでしょうね。

購入したものが届いた時、妻に「今度は何買ったの?」と聞かれ「オモチャ」と答えながらモノを見せると「ホンマにオモチャやんか」という反応でしたが、まあ実際のところ多少実用的な機能が付いているだけで本質的にはオモチャです。でもそれで日々の生活が楽しくなればそれでいいじゃないですか。まあ度が過ぎてはいけないとは思いますが、私はまだ大丈夫ですよね、きっと。

Lego Microfighters

これは参りました。

先日観た映画「LEGOムービー」では「決められた通りに作るだけではなく自由に楽しもう」というメッセージが伝えられていましたが、レゴの魅力はキットの説明書の通りに組み立てていくと出来上がる、というその過程や、工夫に富んだパーツの組み合わせなどにもあると思いますし、また基本的なブロック以外はキットの形でないと入手が難しいということもあるので、やはりキット自体の魅力というのも重要だと思います。

レゴのキットには様々なシリーズがありますが、その中でも高い人気があるのがスター・ウォーズのシリーズです。そのシリーズに今年の新作として、マイクロファイターという製品群が加わったのですが、これらが非常に魅力的で、かつ価格も手頃なので私は既に2つ購入してしまいました。中でも一番欲しくて手に入れたのが75030マイクロファイター”ミレニアム・ファルコン”で、その次に買ってしまったのが75032マイクロファイター”Xウィング・ファイター”です。

レゴ スター・ウォーズ マイクロファイター”ミレニアム・ファルコン” 75030

posted with amazlet at 14.03.23

レゴ (2014-02-07)売り上げランキング: 4,002

Amazon.co.jpで詳細を見る

レゴ スター・ウォーズ マイクロファイター”Xウイング・ファイター” 75032

posted with amazlet at 14.03.23

レゴ (2014-02-07)売り上げランキング: 1,571

Amazon.co.jpで詳細を見る

どちらのキットも部品点数100ピース弱の小さなキットですが、アメリカでの価格は$10を切っており、ちょっと何かを我慢すればいいと思えるような非常に買い求めやすいものになっています。どうやら日本では若干高い値段になっているようですが、もちろんそれほど大きくは違わず、手頃であることは変わらないでしょう。

しかしその価格以上に、このマイクロファイターシリーズの魅力的なのはなんといっても可愛らしいデザインで、スター・ウォーズに登場する戦闘機などをデフォルメして、ミニフィグを座らせることができるようにしてあるというのにはまんまとやられました。スター・ウォーズファン以外にとっては何ということもないかもしれませんが、私には抗い難い可愛らしさです。中でもやはりミレニアム・ファルコンが一番ですが、その他の製品もそれぞれ良いと思います。

シンプルなキットなので組み立てるには30分もかかりませんが、毎度のことながらパーツの組み合わせは非常に上手く考えられていて、私は感心しながら組み立てていました。見えないところも複雑な組み合わせになっているのは子どもが遊ぶ場合に必要な強度も考えた上のものなのでしょう。今ふと考えたのですが、レゴのキットも耐久試験などがあるのでしょうか。出来上がりの見た目が良ければいいという単純なものではないのは確かでしょう。

私が購入したものを見て、次男が75033マイクロファイター”スター・デストロイヤー”や75031マイクロファイター”タイ・インターセプター”が欲しいと言い出したので「自分で買いなさい」と言っておいたのですが、小学生でも小遣いをちょっと貯めれば買える価格というのはやはり良いかもしれません。まあ私ももう一つ買うならスター・デストロイヤーやタイ・インターセプターかなあと思っていたのですが、次男が買うというならやめておきましょうか。最初はいっその事$60の6個セットを買ってしまおうかと思ったくらいなのですが。