UNIQLO +J ライトダウンボリュームパーカ

いい買い物ができたのでしょうか。
🪶

今や世界的にもある程度知られるブランドとなったUNIQLOがこのご時世に大混雑になったというのがつい先日ニュースになっていましたが、その原因となった+Jというラインの発売に今回は私も乗っかってみました。「流行は乗るのではなく作ってこそカッコいい」と子供の頃から信じている私なので、話題だからといって飛びつくのは本意ではありません。しかし、だいぶ傷んでしまったということで昨年まで着ていたダウンジャケットを処分してしまっており、いずれにしても購入する必要があったところで+Jが発売されると聞いたため、タイミングが良かったというわけです。

「+J」というのはデザイナーブランドJil Sanderとのコラボレーションで実現したコレクションですが、2009年から2011年までで終了していたものがこの秋復活したということで話題になっており、ファッションにはまったく疎い私の耳にも入ってきたのでした。

発売当日は一部店舗での大混雑もあったようですが、オンラインストアも繋がりにくい状態が暫く続いていました。こういうときはウェブブラウザよりも公式アプリがいいだろうと思って、目当ての商品を「お気に入り」に登録し、ユーザー情報やクレジットカード情報もあらかじめ登録して数タップで購入できるよう待ち構えていたのですが、それでも通信の混雑から挙動が不安定になっていました。私は売り切れてしまったらそれまでの縁だと割り切っていたので時々試してみるくらいだったのですが、結局午後2時くらいになってようやく落ち着いてきたようで、すんなりとは行かないまでも処理が進むようになり、まだ在庫も残っていたので目当ての商品を注文することができました。

ということで購入したのはライトダウンボリュームパーカ(ブラック)です。フード周りと袖口のデザインに特徴があるほかはそれほど特別な感じはしませんが、機能的に良いのがわかっていてもシームレスダウンが好きになれないので、普通に縫い目のあるところも良いと思っています。また、色をブラックにしたのは裏地がワインレッドになっているところが気に入ったためですが、他の色も裏地との組み合わせはそれぞれ悪くないと思います。ロングコートもありましたが、ハーフのほうが着る機会がありそうなのと、そもそも私が注文するときには既に売り切れてしまっているようでした。

他のガジェット系の予約販売に慣れてしまっていたので意外に感じてしまいましたが、注文してから数日で手元に届きました。早速羽織ってみるととても軽く、ゆったりしていて着心地はなかなか良かったです。実店舗で試着するということもできなかったのでサイズ感など若干の不安はありましたが、袖丈などもまったく問題ありません。ちょっと暖かい日が続いているので防寒性能などはまだわかりませんが、家の中で着ているとすぐにポカポカしてきたのでちょっと期待しています。

「なんだかんだいっても結局ユニクロだから」なんていう声も聞こえてきましたが、ユニクロの品質と価格にJil Sanderのデザインであればいいとこ取りで素晴らしいことではないでしょうか。それがもし逆だったりしたら酷いことですが、そんな事はあるはずもないでしょう。1万円少々のダウンジャケットとしては非常に高品質に見えますし、デザインとして派手さはありませんが機能と見栄えは両立されているのではないかと思います。

商品ページのレビューを見ると買えなかった人が星1つの評価で色々書いていたり、ボリューム感がないと言ったあとで無理にコロナに絡めている人などもいたりで、まったく商品の参考にはなりませんが、話題性だけで買おうとするとそんなものなのでしょうか。そもそも既に完売した商品のレビューは表示する必要もないでしょうし、URLを知っていたりググったりせず普通に閲覧しているだけではたどり着かないのですが。

UNIQLO STETECO

UNIQLO MEN スター・ウォーズグラフィックステテコこれも先人の知恵?

みなさんは自宅で寝るとき、どのような服装をしているでしょうか。子供の頃は大抵パジャマを着ていたのではないかと思いますが、大人になるとジャージであったり、Tシャツ短パンであったりということが多く、寝間着として作られたものを着ることは最近減っているのではないかと思います。私の場合は、真冬はフリースの室内着上下、ちょっと暖かくなるとその上半身だけTシャツ、暑くなってくるとさらに下半身を短パンにする、というのが最近のスタイルでした。

しかし特に暑がりで汗っかきな私は、じっとりと汗をかくほどにも暑くなってくると自分の内股どうしが直に接するのもベタベタして嫌なのでどうにかならないものかと思っていました。昔ながらの綿のパジャマの長ズボンというのが実は涼しくていいのではないかとも思ったのですが、やはり最近は流行らないのかどうもしっくり来るデザインのものが見つかりませんし、結構な値段なので気に入ったものでないと買う気になれずにいました。

そんな折、次男の服を買いにユニクロに行った時に目に入ったのがステテコでした。ステテコなんて昭和の中年オヤジのセンスのように感じてしまうのは先入観で、ひょっとしたら、実は快適なのかもしれない、これこそ自分が求めていたものなのかもしれない、と考えを改め、普通の短パンよりも安いということで試しに買ってみることにしました。柄もいろいろ揃っていて、それこそ昔ながらのステテコ然とした地味なチェック柄もあれば、「勝負ステテコ」かというような真っ赤なものハワイアンっぽいものやディズニーコラボのミッキー柄など様々ですが、私はやはりスター・ウォーズだろう、ということで選んだのがMEN スター・ウォーズグラフィックステテコという、明るい青地に白でコミック調のイラストが散りばめられたものです。

風呂あがりに履いてみてまず感じたのは、予想していた以上に涼しく、とても快適であるということです。丈は膝上辺りまでありますが、ももには密着しないのでサラッとしており、暑苦しさは全く感じられません。足を組んだ時にも腿どうしが直に触れ合わないので、短パンの短いものよりもむしろ涼しいのではないかと思います。そしてもちろん、これを着て寝ている時にも思った通り実に快適です。

ということでこれは大変良いものを買ったと満足していますが、洗濯のタイミングを考えるともう1着持っていた方が良さそうです。すぐにでも買い足そうかと思いますが、今度もスター・ウォーズ柄ではあまりに芸がないので、なにか別のものにするでしょう。とすると、これだけ選択肢があると逆に迷ってしまいますね。ハーフ丈という短いものもあるようですが、それを試してみてもいいでしょうか。でもやっぱり丈の長さがこのステテコが良かったポイントですよね…

UNIQLO LUCKY LINE

UNIQLOネット対応の成功事例?

私も普段着にはかなりお世話になっているユニクロも今でこそ「ユニバレ」などという言葉があるというほど庶民的なものとなっていますが、かつては芸能人がテレビ等で語ってしまうなど大ブレイクした時期もありました。かと思えばさらにその前は地方の垢抜けない洋服屋だったりもしたわけで、ブランドイメージは二転三転していることになります。また最近になって本格的な進出を始めた海外ではというと、その品質の高さからフランスや中国などでは行列ができるほどの人気となり、特に中国では国内ブランドの製品の何倍もの値が付いているにもかかわらず飛ぶように売れているとのことです。まあこれはテレビで見ただけなのでどこまで本当のことかもわかりませんが。

さて、そのユニクロは6月に創業26周年を迎えるとかでこの週末に「ユニクロ誕生感謝祭」として一部店舗を朝6時に開店して特別セールを行うそうです。26周年というその年数もやけに半端で気になりますが、朝6時にユニクロに詰めかける人達というのもどうなのでしょう。昨年は25周年という区切りの年だったことになりますが、そういえば行列していた人達にあんぱんと牛乳が配られたなんていうことがあったなあ…と思ったらそれは昨年11月のことで、ユニクロの起源である小郡商事から数えて60周年ということだったようで、ユニクロ25周年としては特に何もしていなかったようです。となると今年の11月は61周年で何かやるのか、その後も半年おきのイベントになるのか、などなど気になってしまいますが、そんなことを考えているのは私だけでしょうか。

それはともかく、今回のイベントに合わせてユニクロのウェブサイトではUNIQLO LUCKY LINEなるコンテンツが公開されています。仮想的な行列に並んでおくとその26人に1人に1000円分のクーポンが当たり、また並んでいるうちの260人に限定Tシャツが当たるというものですが、その「並ぶ」という行為に利用されているのがTwitterだというのが今時なのでしょうか。ユニクロのこのページでコメントを入力すると、その後ろに定型文がつけられてTwitterにtweetされ、それにより並んだことになる仕掛けです。しかしこのとき、TwitterのIDとパスワードの入力が必要になっているというのが引き金でTwitter界隈ではひと騒ぎになったようです。

並んだ一部のユーザのパスワードが洩れている、という噂が広まったわけですが、実際にはTwitter IDと名前やtweetの内容などが出力されているだけのことで、パスワードがそこに含まれていないというだけでなく、それらはパスワード不要で一般に公開されているものです。そうであるにも関わらず、「パスワードを入力させて収集している」とか「OAuthを利用すれば済むのに」などといった的はずれな糾弾もありましたが、この際叩いておきたいということなのでしょうか。Twitterのパスワードを要求するサービスなんて他にもいくらでもあるはずです。

当のユニクロはこの騒ぎに対して迅速に対応しました。夕方には手早くプレスリリースを発表し、

5月24日よりご提供させていただいているUNIQLO LUCKY LINEに関しまして、当コンテンツが皆さまのTwitterパスワードを保存している、また、そのパスワードが漏洩している、という情報がインターネット上に流れておりますが、そのような事実はございません。

と明確に否定しています。また私は

ユニクロに悪意が無ければいちいちパスワードを保存する必要は無くて、使ったそばから捨てていけばいいはずだけど、実際どうなのかは興味があるな。

などとtweetしていたのですが、この時既に

当コンテンツでは、皆さまのTwitterアカウントと通信・連携するためにパスワードを入力していただきますが、このパスワードはTwitterと通信される際のみ利用され、当コンテンツ上のデータベースに保存を一切行っておりません。

とこれもまた杞憂だったようです。

ということで急速に火の手は弱まり事態は終息してしまったようなのですが、やはりネット時代はスピードが命ということでしょうか。それにしても一部の人はTwitter IDが表示されていたこと自体についても不満を表明していたようなのですが、そんなことは自分が入力する前から分かりきっていたはずのことですし、パスワードを入力したあとで勝手に心配になって大騒ぎするというのもいかがなものかと思ってしまいます。個人的にはそういう人は速やかにオフラインになっていただきたいものですが、それだけインターネットが普及していろいろな人が使うようになったということで、今後も同じようなことは何度も起こって、ますます頻度が高くなってくるのでしょうね。