Archives

Lume Cube Air

光あれ!

私の最近の趣味の一つは「美味しい食べ物の写真を美味しそうに撮る」ということなのですが、時として店内の照明が落とされていて思うようにきれいに撮れない場合があります。いかに最近のカメラの高感度性能が良くなったと言っても、きれいに光が当たっていないものは明るく写ったとしてもきれいには見えません。そういう場合は肉眼でもあまり美味しそうには見えていないものなので、料理は舌と目の両方で楽しむものと思っている私にはとても残念なことです。

そういう場合に備えて、一つ強力な武器を手に入れました。それがLume CubeのLume Cube Airというもので、簡単に言えば非常にコンパクトなLED照明です。

写真、ビデオ、およびコンテンツ作成用のLume Cube AIR LEDライト

posted with amazlet at 19.05.14

Lume Cube 売り上げランキング: 1,073,705

Amazon.co.jpで詳細を見る

私も最初はLEDがグリッド状に多数並んだスマートフォンほどの大きさのものを物色していたのですが、Lume Cubeがコンパクトでありながら高品質な光を作り出せることを知り、ちょうど新製品としてLume Cube Airが発売されるところだったためこちらを購入したのでした。したがって、私が入手してからすでに数ヶ月が経過しており、ある程度使ってみてからこの記事を書いています。

本製品にはホワイトとオレンジの2色のディフューザーが添付されていて、本体前面の全体にかぶせるようにして装着すると光を柔らかく拡散してくれます。LED自体の5600Kということで、オレンジのディフューザーを装着すると低めの色温度になりますが、ホワイトのほうが自然な光になるような気がします。

本体は防水なので雨でも気にせず使えるというのも良い点です。私のカメラは防滴仕様なので雨の中でも構わず撮ることがあるのですが、そういうときでも必要があれば補助光を加えられるというのは便利です。ただし、今のところそのような状況はありません。

重量わずか56gというコンパクトな本体ですが、50%の明るさで約2時間作動するというバッテリーが内蔵されており、Micro USB端子で充電します。また、充電しながらでも使えるということなので、モバイルバッテリーにつないでおけば長時間点灯可能というのはビデオ撮影などに使用する人には良いのではないでしょうか。私は1回あたりで使用する時間はせいぜい数分なので、本体だけでも十分すぎます。

この製品はiOSとAndroidのアプリでBluetooth経由で操作できるというのも売りになっています。アプリを起動すると自動的に認識してすぐに接続され、明るさをきめ細かく調整したり、フラッシュ点灯、点滅など制御が可能です。また複数のLume Cubeを制御可能ということなので、いくつも使用する場合には便利なようです。また、バッテリー残量がパーセンテージで表示されるのも、本体には何も表示手段が無いだけに助かります。

若干問題を感じているのは背面に磁石が内蔵されていることで、便利な場面もあるのかもしれませんが、カードの磁気ストライプの情報が消えてしまう危険性が高いので、特に鞄の中などで取り扱いに気を使います。鉄板でも取り付けておけばいいのかもしれないとは思っていますが、最初から内蔵されていないか、取り外せるような構造になっていれば良かったのにと、他に目立った欠点がないだけに、ただそれだけが残念なポイントです。

ということで、店内が暗いときに雰囲気を壊したり迷惑を掛けないように遠慮しながら使用しているのですが、それほど暗くない場合でも補助光を与えることでよりきれいに写すことができる場合もあり、まだいろいろ試行錯誤しているところです。コンパクトで手で摘んで持ちやすい形状なので、右手にカメラ、左手にLume Cubeという体勢で光の当たり具合を確認しながら撮影できるというのは思っていた以上に便利でした。

PENTAX 互換バッテリー

何かが違うとは思えません。

私は中学生の頃以来、数年前にリコーイメージング傘下になってしまったペンタックスブランドのマイナーなカメラを使い続けているのですが、キヤノン、ニコン、ソニーの御三家に比べてしまうと性能的にはどうしても見劣りしてしまうものの、手持ちのレンズのことを考えるとどうしても乗り換えるには勇気が足りません。ペンタックスにも軽量コンパクトなボディ、手頃な価格のレンズ群などの良いところはありますし、私の実力で実際に作品に差が出るかは疑わしいところもあります。

そのペンタックスの製品で、今はK-70という初中級機を使っているのですが、以前使っていたK-7という中級機と比較しても機能的・性能的な面でほとんどすべての点で上回っており、一見クラスダウンに見えても大変満足する乗り換えでした。特にソニーなどの最先端の超高感度・高性能な製品とは比べ物にはならないにしても、日常的には特に困ることのない暗所性能と、普通に使えるレベルのオートフォーカスがあるので、K-7も手放さずに持ってはいるもののまた使おうという気になれません。

しかし唯一と言っていい顕著な弱点はバッテリー容量の低下です。1860mAhのD-LI90から1050mAhのD-LI109に変わるので、互換性がないだけでなく撮影可能枚数がストロボ発光無しで980枚から480枚に半減してしまいました。この数字は理想的な条件のものなので実際にはここまでは撮れないでしょうが、私が1日に撮る枚数なんて知れたものなので、数日程度のちょっとした旅行であれば充電器を持ち歩く必要もなく、安心して撮ることができていました。しかしこれが半減してしまうとなるとバッテリー切れも無縁とは言っていられず、2日程度でも容量のメモリが減ってしまうことがあり、そうなると焦りを感じてしまいます。

そこで予備のバッテリーを購入しようということなのですが、純正のバッテリーは4000円ほどとなかなか高価です。

PENTAX リチウムイオンバッテリー D-LI109 39096

posted with amazlet at 18.02.24

ペンタックス (2010-10-30)売り上げランキング: 8,700

Amazon.co.jpで詳細を見る

もちろんバッテリー切れの不安に怯える必要がなくなるとなればこれでも安いものですが、ちょっと腑に落ちないものがあり、ふと互換バッテリーを見てみると、なんとわずか1000円、4分の1の値段で購入できてしまうのです。2個買うとさらに安くなるようですし、それでも純正品の半分の値段なので買ってしまおうかとも思いましたが、まずは試しということで1個だけ買って使ってみることにしました。

NinoLite D-Li109 互換 バッテリー ペンタックス K-S1 K-S2 K-r K-30 K-50 対応 dli109_n_t.k.gai

posted with amazlet at 18.02.24

NinoLite(NinoLite) 売り上げランキング: 12,054

Amazon.co.jpで詳細を見る

この互換品は当然のごとく中国製のようですが、純正品も同じく中国製なので何ら問題ありません。「のよう」というのは本体に原産国表示がないからなのですが、それ以外の外観上の違いもブランド表示くらいのもので、品質的な不安は感じさせません。使ってみた感じも体感できるようなものはもちろんなく、容量についてはまだ使い切っていないのではっきりはわかりませんが、少なくともびっくりするほど持たないというようなことはありません。

ということで、本当は純正品を買ってリコーイメージングを支援しなければならないような気もするのですが、価値の無いところに無駄な金を払いたくはないので仕方ありません。支えるならレンズを買うとかそういうことにしたいと思います。ただ、Amazonのレビューで「バッテリーはデジタルカメラの心臓なので非純正品に手を出すのはリスクが高い。」なんて言っている人もいて、価値観は人それぞれだなあとも思いました。粗悪品を掴んで本体を破壊するようなことがあっては困りますけどね。

ハクバ カメラグリップLH

微妙に進化。

皆さんはカメラのストラップにはどのようなものを使っているでしょうか。こだわらない人はカメラを買った時に同梱されてくるメーカー名やモデル名の入った純正ストラップを使うかと思いますが、気に入ったものを使いたいとか、オシャレなものがいいとか、それぞれの理由で好みのストラップを購入して使っている人も少なくないでしょう。私はおそらく若かりし頃のジェットダイスケ氏のこの動画を見てだったと思いますが、ハクバのピクスギア グリップストラップという製品を使用していて、大変気に入って使っていました。

しかし、購入してからすでに8年ほど経ってしまったということで、人工皮革の外装部分が劣化して破けてみすぼらしくなってしまったのでした。これがあるので私は人工皮革や樹脂部品が嫌いで、多少高くなっても本皮や金属を使用して耐久性を持たせてほしいと思ってしまうのですが、かといって1000円前後で購入できる製品が例えば5000円もするようなものになってしまうと売れ行きも全然違うものになってしまうでしょうから諦めるしか無いのでしょうね。

それはともかく、まだ使う上では問題ないと言っても見た目がよろしくないので、そう高いものではないので買い換えることにしました。Amazonで見ても類似品はピンからキリまでいろいろあって、別メーカーのものにしてみようかとも思ったのですが、同じくハクバからカメラグリップLHなる後継品らしきものが発売されていたのでこれを使ってみることにしました。価格の方はほとんど変わらず1000円ちょっとですが、従来品も併売されているようなのがちょっと謎です。

HAKUBA カメラグリップLH KGP-02

posted with amazlet at 17.11.23

ハクバ 売り上げランキング: 47,223

Amazon.co.jpで詳細を見る

昨日届いたので早速私のカメラに装着してみましたが、これまでとの違いはカメラの底の三脚穴に止める樹脂のベース部分がちょっと長くなっていることと、ベース部分にカメラの背面に引っかかる爪がついていることで、これらによってより安定したグリップが期待できるようです。実際に握ってみてもこれまでの撚れるような感じが減っていて、また新しいためかパッドの内側の手の滑りが良くさっと握ることができるような印象で上々です。これまで以上に快適に写真を撮ることができそうでちょっとワクワクします。

これらのグリップストラップが良いのは撮影時にカメラを握る手が安定するということもあるのですが、持ち歩く時に片手で持っていても落としてしまう心配がないというのもあります。これまでもカメラを落としてしまったことはありませんが、落とすまいとしっかり握るので手が疲れてしまうということから開放されるのと、何より精神的に心の平安が得られます。おかげで歩きまわっている間も片手で握っておいて、サッと構えてサッと撮れるのでとても快適です。

なお、私はこのグリップストラップの他にKickstarterで出資して入手したCustom SLRのAir Strapという長さの変えられて通気性の良いストラップも一緒につけて愛用しているのですが、このCustom SLRからもHand Strapという似たような製品が発売されています。こちらは約$19ということでハクバのもののちょうど倍ほどの価格となっていますが、グリップの上の方、握った時にちょうど人差し指の付け根あたりにストラップホールがあるので、カメラを横向きに吊ることができるという長所があるようです。ただ私はカメラが縦になってしまっても特に問題は感じていませんし、使用例を見るとアメリカ人の大きな手に合わせたサイズになっているように見えるのでやめておきました。同社のC-Loopなどは使ってみたいと思っているのですが。