「disease」タグアーカイブ

トイレットペーパー品薄デマ

進歩しない人たち。
🧻

2019新型コロナウィルス(SARS-CoV-2または2019-nCoV)による急性呼吸器疾患(COVID-19)は韓国やイタリアで患者数を増やしていますが、日本では1日十数人程度のペースで新しい感染者が見つかるような状況なので、まだ食い止めていると言えるのではないでしょうか。しかし、感染拡大を防ぐための措置として小中高等学校の3月いっぱいの休校が要請されたことにより、小さな子供のいる共働き家庭などでは休暇や在宅勤務を余儀なくされたりすることでの影響を受けているのではないでしょうか。幸い我が家は下の子もすでに高校生なので一人で留守番してもらうくらいですが、そんなに家に閉じこもっていることができるものなのでしょうか。

ところで、先日私は「マスクでウイルスは防げない」という記事を書きましたが、その認識はなかなか定着せず、やはりマスクはかなり品薄になっているようで、マスクはしたいけれど入手できないというようなことになっているようです。私はまったく欲しいと思わないので何も影響を感じていませんが、マスクをしているとなんとなく安心ということなのでしょう。マスクも転売屋による買い占めが品薄に拍車をかけているようですが、最近さらに品薄になっているらしいのがトイレットペーパーです。

「トイレットペーパーが品薄」「マスクと同じ材料が使われている」「中国から原材料が届かない」といったデマが原因のようですが、実際にはそんなことはなく、紙製品はほとんどが国内産であり、もちろんマスクと同じ材料なんてないでしょう。また、この騒ぎでは自宅近くのドラッグストアで駐車場待ちの車が渋滞を作ってバスが遅れる、というような思わぬ影響もあるようです。

トイレットペーパーの買付騒ぎと行って真っ先に思い浮かぶのは1973年のオイルショックのときの騒動でしょう。このときはマスコミが騒ぎを広げたわけですが、現代ではインターネットの影響でこういうことのスピード感も大きく違います。ただ、インターネットだけの問題かと言うとそういうわけでもなく、どこかのワイドショーがそれを煽るような取り上げ方をしたということなので、やはりたちの悪いマスコミが一枚噛んでいるわけです。

しかしこういう話を聞くと悲しくなるのが騒ぎに乗って買い込んでしまう人の浅はかさと、自分さえ助かればいいという浅ましさです。本当に品薄なのだとしたら、むしろどうしても必要でなければ買い控えて、必要としている人に譲るというような譲り合いの精神を発揮してほしいものなのですが、そうはならないのがとても悲しいです。確かにトイレットペーパーが無くなってしまうと困るのはわかりますが、そんなに1日2日で使い切るようなものではないのだから、冷静になることはできないものでしょうか。

マスクでウイルスは防げない

よく考えましょう。
😷

アメリカなど海外にいる人から日本とその周辺の東アジアの国々を見て異様に感じるのが、街中でのマスク着用率の高さです。花粉症に悩まされている人がとても多く、マスクがその有効な対策であるということはありますが、花粉のない季節でも一年中着用している人もいます。特に最近はマスメディアが新型コロナウイルス(2019-nCoV )の恐怖を煽り続けているためマスクが極端に不足しているようですが、本来マスクというものはすでに感染している人が周囲に撒き散らさないように着用すべきもので、本当に必要としている人々に行き渡らないのでは本末転倒です。また、このせいで花粉症の人々も大変なのではないでしょうか。

マスクの使い方については世界保健機関(WHO)Novel Coronavirus (2019-nCoV) advice for the public: When and how to use masks (新型コロナウイルスに関する勧告: マスクをいつどのように使うか)というコメントを発表しています。曰く、

  • あなたが健康な場合、新型コロナウイルスの感染が疑われる人の世話をするときにだけマスクが必要です。
  • 咳やくしゃみが出るときにはマスクを着用しましょう。
  • アルコールベースのサニタイザーや石鹸と水で頻繁に手洗いする場合にだけマスクは有効です。
  • マスクを着用する場合、正しい使用と廃棄の方法を知らなければなりません。

ということなので、効果がゼロとは言わないまでも、ただ着用すればいいというものではないということ、マスクよりも手洗いの方が重要で効果的ということです。ウイルスは花粉よりも遥かに小さいのでマスクを素通りしてしまうのですが、ウイルスを含んだ唾液の飛沫は食い止めることができるため、感染している人が使用すべきものなのです。なお、「風邪予防は手洗いうがい」とも言われますが、うがいよりも水を飲んで胃酸で殺菌するほうが簡単で確実なので、アメリカでは頻繁に水を飲むことを勧められましたし、うがいをしている人を見たこともありません。

ところで、煽るばかりでちゃんと伝えられていないような気がするのですが、コロナウイルス自体は一部の風邪の病原体でもあり、特に珍しいものではありません。「新型」というところが重要なのに、それを省略して単に「コロナウイルス」と称するのは適当ではないと思います。また、対策についても通常の風邪予防と同じような方法が有効なのではないでしょうか。SARSMERSもコロナウイルスの一種なので油断は禁物かもしれませんが、手洗いを励行し、むやみに手を口や目鼻など顔の粘膜に近づけない、定期的に水を飲んで喉を潤し病原体を流す、しっかり睡眠をとって免疫力を高める、といった一般的な対策がまず取るべきものでしょう。

日本では人々がこういった対策を意識するようになったことで例年より大幅にインフルエンザの患者数が減っているという報道もありましたが、一方でアメリカではインフルエンザが大流行しており、患者数2200万人超、死亡者数も12000人を超えたということで、新型コロナウイルスなど目ではないほどの猛威を振るっている状況です。アメリカでは一般の薬局でも簡単に予防接種を受けられるようになっているのにこの状況というのは、きっと満足な健康保険に加入できないでいる貧困層が中心なのではないかと想像していますが、こちらにも注意が必要なのではないでしょうか。

睡眠時無呼吸症候群

なんだかスッキリしませんが。
🩺

ちょっと前に急に妻に言われてびっくりしたのですが、私が先にベッドに入って寝ているとき結構イビキをかいていて、時々呼吸が止まっているというのです。自分がイビキをかくようになっていたというのもショックだったのですが、それ以上にまさか自分が睡眠時無呼吸症候群を患っているとは夢にも思わなかったのです。

私は軽い目の高血圧の症状があるので定期的に医師の診察を受けているのですが、前回受診時にこの件について相談してみると、まずは1回計測してみましょうか、ということで2日間計測機器を装着して寝て、そのデータを解析するということになりました。その機器というのも大掛かりなものではなく、鼻の前に管を回すように装着するのと、心拍を計測するために左手人差し指をつまむだけで、本体はベルトで腕に止めておけるのでそれほど睡眠の邪魔になるものではありませんでした。これも技術の進歩により小型化が進んだおかげですが、以前はこれだけのためにも病院に泊まる必要があったのではないでしょうか。

そして今日また診察があったのでその結果も聞くことができたのですが、非常に軽度なので治療の必要はない、とのことでした。数値としては1時間あたりの呼吸が止まっている回数(AHI)が2回程度ということなので、それだけ聞くと決して正常ではないだろうと思ってしまうのですが、20回以上でなければ治療は不要で、重い人は50回以上にもなるとのことで驚きました。1時間あたり50回といえばほぼ毎分1回ということになり、止まっている時間のほうが長いということになってしまうのではないでしょうか。そうなるとさすがに酸素量も不足して様々な問題症状を引き起こしそうです。

なにはともあれ、私は「ほぼ」問題ないということで気にする必要はないという感じだったのですが、本当に問題のない人とは明らかに違うわけですから、気にするなと言われてもなかなか難しいものです。このせいで特に日中眠気に襲われるというようなこともありませんので、本当に気にする必要はないのかもしれません。治療するとなると薬を飲めば済むというようなものでもないですし、喜ぶべき結果なのだとは思いますが…