Archives

姫路観光

満喫してもらいました。

私は新卒で今の会社に入って最初の配属で来て以来、もうかれこれ25年兵庫県姫路市に住んでいます。それまでは高校の修学旅行で北陸に行った帰りに京都で新幹線に乗ったのが私にとっての日本最西端だったので、最初はいろいろカルチャーショックを感じていたものですが、さすがに25年も経って人生の半分以上をここで過ごすようになり、生まれ育った東京よりも落ち着くようになっています。

しかし、いわゆる関西からは外れの方になるので、なかなか友人が遊びに来てくれるということもありません。そんな中、最近大阪に転勤になった中学校時代の友人が城好きで、姫路城に行きたいということで、もう一人の友人と二人で遊びに来てくれることになり、一日案内というか一緒に回ることになりました。

当日は9時半に姫路駅で待ち合わせて、まず最初に何はなくとも姫路城に向かいました。週末にしょっちゅう城の前まで散歩している私も天守閣の中に入ることはあまりなく、これまででも数えるほどです。特に、平成の大修理の後、それまで300円だった登閣料が1000円に値上がりしてからはあまり気楽に行けるものではなくなりました。なお、修理直後には日本全国のみならず世界中から観光客が殺到して連日数時間待ちの列となっていたものですが、今では落ち着いて待ち時間はほぼゼロとなっているようです。また、「白過ぎ城」と揶揄されるほど真っ白に見えた天守閣も今はだいぶ自然な感じになっています。

西の丸の百間廊下と天守閣を見たあと、三の丸広場へ降りるとちょうど12時近くになっていたので、外堀の内側にある私の行きつけのカレー店、Spiceスエヒロで昼食を摂りました。こちらのカレーは極力油を抑えて作っているとのことで、とても優しい感じで野菜の甘味が活かされたものになっています。特別辛いわけでもないのに体の内側から熱くなって汗が吹き出してくるのはスパイスの効果でしょう。

カレーのあとは姫路第二の観光スポット、書寫山圓教寺へと向かいました。西の比叡山と呼ばれる格式の高い寺で、弁慶が修行したとも言われているとのことですが、近年では「ラストサムライ」「本能寺ホテル」「関ヶ原」といった映画や、NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」「軍師官兵衛」の撮影が行われました。姫路市の北西部にあり、姫路駅からはバスで30分ほどの山麓からロープウェイに乗ることができます。このバスとロープウェイのセット券を神姫バスの姫路駅前案内所で購入しておくと少々割安で、一度に購入しておけるので便利なので、今回も予め購入しておいて利用しました。ロープウェイを降りてからはちょっとした上り坂がありますが、足腰に自身のない人はマイクロバスに乗ることも可能です。

姫路城に比べると書写山はまだあまり知られていないのかひっそりとしていますが、下界の喧騒から離れて鳥や虫の鳴き声を聞きながらゆったりと過ごすことができ、時間の流れを忘れることができます。また、舞台造りの摩尼殿や、大講堂、食堂、常行堂からなる三之堂など重厚な木造の伽藍などは国の重要文化財に指定されており、歴史の重みを感じさせる見事なものばかりです。これらは京都の下手な寺社よりも見応えのあるものだと思うので、もっと宣伝してもいいのではないでしょうか。

書写山で一通り見て回ったあとは下山してバスで姫路駅前に戻り、天然氷のかき氷 ひめじ官兵衛堂でかき氷を食べて一休みすることにしました。このお店は以前は姫路市南部の離れたところにあったのですが、一昨年に姫路随一の商店街であるみゆき通り商店街に移転したため、行きやすくなりました。その分夏場の行列は激しくなっていますが、この時期であればまだそれほどでもなく、この日は私達の前に4組ほど待っていた程度で、15分ほどで席につくことができたかと思います。私はこちらで「まさかのバレンタイン」という中年のおじさんには注文しづらい名前のものを食べ、これもとても美味しかったのですが、それ以上に友人の「いちごみるく」はフレッシュないちごが使われていてさらに美味しかったです。

ということで、このあとはもう6時近くになっていたので友人らも帰途に就きましたが、姫路を楽しんでもらえたようで良かったです。私自身も一人では天守閣には登りませんし、ひめじ官兵衛堂はさすがに一人では入りづらいので良い機会でしたし、何より古い友人らと気を使わずに話ができてとても楽しかったです。さらに、この記事がこれから姫路を訪れようとしている方の参考になれば何よりです。

パン有本 こだわり卵のクリームパン

超ローカルな話題です。

私が最近ついつい買ってしまうのがクリームパンです。昔ながらの菓子パンの代表的なものの一つですが、昼食には妻の弁当があるのに、出勤途中にクリームパンを買うためにだけわざわざコンビニに寄って、昼食後のデザートとして食べる、なんていうことをしばしばやってしまいます。こんなことを続けていれば当然太るので、やめなければとは思うのですが、通勤経路にコンビニはいくつもあるのでついつい、やめられません。

中でもお気に入りなのは山崎製パンの薄皮クリームパンですが、人気なのか取り扱いが減っているのか、あまり遭遇できません。特にコンビニはプライベートブランド(PB)に力を入れているので、PBの類似品はたくさんあるのですが、薄皮クリームパンはそれらとは全く違います。

またクリームパンといえば最近は広島・三原の八天堂が有名で、広島県内の観光地には出店があったり、デパートの物産展などでも売られているのを目にすることがありますが、私がクリームパンにハマりだしてからは見かけていないので、実はまだ食べたことがありません。しかしウェブサイトの商品を見てみると、これらは間違いなく美味しいでしょうね。今度見かけたら必ず購入するでしょう。

ところで、以前妻が友人に連れて行ってもらったという、クリームパンで有名なパン屋さんがあります。私の自宅から20kmほど北、兵庫県市川町にあるパン有本というお店で、ここには「こだわり卵のクリームパン」というものと「超クリームパン」というものがあります。クリームパンは160円、超クリームパンは200円とちょっとだけ高くなっているのですが、残念ながら今までお目にかかったことがないので味の違いは分かりません。

この週末、このクリームパンを買いに行ってみようと思って、開店直後を目指して出掛けてみました。といっても、朝6時開店なので自宅を出発したのは6時ちょっと前、到着したのが6時半頃でした。さすがに他のお客さんはおらず、店主が一人でパンを調理しながらレジも対応されていました。超クリームパンの方は9時に焼き上がるということだったので買うことができなかったのですが、クリームパンの方はできたてのものがたっぷりあったので、自宅に持ち帰るものの他に1個余分に買って、店の前ですぐに食べてしまいました。

このクリームパンは卵にこだわったもので、クリームはオレンジ色がかかった濃い色のもので、コクが有りながらさっぱりしているのは牛乳が少なめなためではないかと思います。パンはとてもフカフカかつモッチリしていて、今のところこれ以上に美味しいクリームパンには出会ったことがありません。

朝6時から20kmも車を走らせてパンを買いに行って、店の前でクリームパンにぱくついているおじさんってどうなのかなとも思いますが、なにしろ美味しいのでお近くの方はぜひ試していただきたいと思います。なお、加古川のヤマトヤシキや姫路市内のイベントでも売られることがあるようなので、見掛けられたらぜひどうぞ。

オーシャンテラスあじさい

めったにできない贅沢、でもまた来たい。

唐突ですが、私と妻が結婚したのは今からちょうど20年前、1997年のことです。月については新婚旅行でイギリスへ行くと決めていたので、現地の気候が最も良い6月にしたので20周年の日はまだちょっと先なのですが、20周年といえば磁器婚式…ということは知らなくても区切りの年であることは誰にでもわかるでしょう。去年までの例年は当日家族で簡単な外食をするくらいで済ませてきましたが、さすがに20年というのはなかなかのものだと思うので、今年はちょっとこれをネタに色々やりたいなと思っています。

まずはその第一弾ということで、次男が修学旅行に行っている間に長男に留守番を任せ、神戸は六甲山の尾根付近にあるオーシャンテラスあじさいという宿に夫婦で一泊してきました。六甲山なんて我が家から1時間そこそこで着いてしまうところなので普通なら泊りがけで行くようなところではないのですが、そこにわざわざ泊まってしまうということ自体がそもそも贅沢です。そしてもう一つ贅沢なのは、なんとこのホテルにはたった5室しか客室がないということ。ホテルというのはたいてい規模の論理で儲けを出すものかと思っていますが、そこをあえて客数を限定して顔の見えるきめ細やかな接客で迎えるという、これも大変な贅沢ではないでしょうか。したがって、宿泊にはそれなりの料金が必要になりますが、評判を見る限りとても満足度が高いようなので意を決して予約してみたのでした。

2週間ほど前になってから予約したために空いていたのは定員4人の部屋だけだったので、さすがに広々としていましたが、畳の居間と板の間の寝室は床暖房が効いていて、麓より気温が5度以上低くひんやりした山上でも快適でした。また普段はどこかに泊まってテレビを見ることなどほとんどないのに、自宅よりも大きな50インチ程度のテレビが備えられていたのでなんとなくスイッチを入れてしまいました。

私たち夫婦にとって旅行の第一の楽しみは何といっても食事です。このホテルでは食べきれないほどの豪華な食事が出ると聞いていたので間食も控えて臨んだのですが、この日は瀬戸内海で捕れた金目鯛を中心にした山海の幸十品の和会席で、完食はしたもののまさしく腹がはちきれんばかりでした。最も盛り上がったのは1枚目の写真のお造りで、2人でこれだけの量の刺し身を食べるなんてなかなかないことですから、この時点ですでに腹八分目は過ぎてしまったように思います。しかし一品一品どれもとても美味しくて残すこともできず、デザートのフルーツは部屋に持ち帰って落ち着いてからとさせてもらうほどでした。

浴室には大きな窓が2面に付いていて、体を流しながら神戸の夜景を眺めることができます。ただ一つ残念なのが温泉ではないことですが、その代わり屋上にはジャクジーが備え付けられていて、こちらは夜空の下で夜景を楽しみながらゆったりすることができます。ただ、気温がまだ低く湯冷めしそうだったので、私たちはジャクジーを利用せず、その隣りにある展望台から夜景を楽しむだけにしました。

翌朝目覚めると、この日も天気が良く清々しい青空だったのですが、あれほどいっぱいだったお腹も空っぽになってしまうのだから不思議なものです。そして臨んだ朝食は、やはりとても美味しく、そして量もたっぷりでした。出来たてふわふわの出し巻きや炭火で温められた湯豆腐、とても美味しかった蓮根まんじゅうなどなど、朝食にも関わらず12品、大満足です。小鉢でちょこちょこと多彩な料理を目と舌とで楽しむことができるというのが日本の料理の良さだな、と改めて実感しました。

ということで朝食後にもまた休憩が必要となってしまったのでチェックアウト時間ギリギリ、11時のアラームを聞きながら部屋のドアを開け、玄関前で記念写真を撮っていただき、大変気持ちよく過ごした夢のような時間でした。これからも何かの折に利用したいと思えるとても素敵な宿でしたので、皆さんも機会があればぜひご利用いただければと思います。なお、今回の夕食と朝食の写真はFlickrのアルバムにしましたのでご興味があればどうぞご覧ください。