Archives

太陽の塔

ただただ勢いのあった頃。

2025年に開催される国際博覧会、いわゆる万博にはアゼルバイジャンの首都バクー、ロシアのエカテリンブルクと並んで日本の大阪も立候補しているようですが、その投票はいよいよ来月行われるようです。他の候補地が2か所とも旧ソ連であるということが吉と出るのか凶と出るのかわかりませんが、果たしてどうなることでしょうか。

そもそも万博というものが何なのか、何のために開催されるのかが私にはピンと来ません。2005年に開催された愛・地球博ものべ2200万人もの人が入場したそうですが、私にはどうもその意義がよくわからず行ってみようという気になりませんでした。しかし、1970年の日本万国博覧会ではなんと6400万人もの人が訪れたということで驚くほかありません。私の生まれる前年のことですが、私の両親も見に行ったとのことなので、まだ胎児だった私も必然的に行っていたということになるでしょう。

万博会場の跡地は現在は万博記念公園となっていますが、当時の面影を残すものは多くありません。現在EXPOCITYというショッピングセンターになっているところにはかつて万博の際にアミューズメント・ゾーンとして作られたエキスポランドが営業を続けていましたが、2007年の痛ましい事故をきっかけに廃園となってしまいました。

しかし何と言っても現在の万博記念公園の文字通りの顔となっているのは太陽の塔でしょう。万博当時は大屋根に囲まれていたのでむしろ今のほうが存在感があるのではないかと思われますが、公園に沿って走る中国自動車道からも見ることができて、特に夜はライトアップされた上に目が光っているので、なかなかの威容を見せています。この太陽の塔は外から見ているだけでもとても興味深い作品なのですが、万博当時は中が展示スペースになっていたということを知ったのは割と最近のことでした。そして耐震工事とともにその内部が修復されて、今年3月から再度公開されたということを知りました。

見学には公式サイトの入館予約のページでの予約が必要で、4ヶ月先まで予約できる、つまり4ヶ月前に予約可能になるのですが、週末はすぐに埋まってしまいますし、平日でも1ヶ月前には埋まってしまうような感じです。しかし、直前にキャンセルが出ることがあるので、こまめにチェックすると空きになっていることがあり、私はその手で2日前に予約することができました。

残念ながら「安全のため」塔内部での写真やビデオの撮影は禁止なのですが、実際にはスペース的にも時間的にもかなり余裕をとって見せているので、撮影したとしても特に問題はなさそうなものでした。万博当時はエスカレーターで強制的に上へと運ばれていたそうですが、軽量化のために階段に変更されているのでゆっくりと自分のペースで登っていくことができます。ただ、グループを外れることは許されないので、時間的な制限はありますがそれでもかなりゆったりとしたペースです。

地下のスペースで地底の太陽を見たあと生命の樹のあるメインスペースへと移り、単細胞生物からヒトに至るまでの生命の進化をたどる展示を見ることになりますが、補修直後ということもあって内部はとてもきれいに整備されています。耐震補強のためにコンクリート壁の厚みを増したことで内部空間が減り、展示物の数を減らすなどしたそうですが、それは全く問題を感じるようなこともなく自然でした。

しかし私が一番見事だと思ったのは、塔の腕の部分の内部構造です。当時はここにもエスカレーターがあって大屋根に出るようになっていたそうですが、美しい照明が当てられていることもあって、この腕の形を支えるための幾何学的構造がいくら見ていても飽きないのでした。よくよく考えるとあのような形の腕を生やしておくというのはそう簡単なものではないはずですね。当時の建築技術の粋であったのかもしれません。

太陽の塔を見たあとは当時の鉄鋼館の建物を利用したEXPO’70 パビリオンというところも覗いてみましたが、こちらはこちらで当時のノスタルジーを感じさせる、レトロフューチャーな展示物もいろいろあって楽しめました。

ちなみに私はたまたま先日「『太陽の塔』新発見! – 岡本太郎は何を考えていたのか」という本を図書館で借りて読んでいたので、作られた当時の背景なども知っていたのでより楽しめたように思います。展示やパンフレットなどでも説明はありますが、より深く知っておくことで楽しみが増すことは間違いないと思いますし、この本自体も読み物として面白いのでこれから見学していみたいという方には一読をおすすめします。

「太陽の塔」新発見! (青春新書インテリジェンス)

posted with amazlet at 18.10.08

平野 暁臣 青春出版社 売り上げランキング: 293,802

Amazon.co.jpで詳細を見る

宇治へドライブ

ここも観光客が沢山。

日本人なら小学生でも、二千円札の表の守礼門は知らなくても十円玉の表の平等院鳳凰堂は知っているのではないかと思います。しかし実は私は、この平等院が京都市外の京都府のどこかにあるということはなんとなく想像していましたが、それが宇治であるということはつい最近まではっきり知りませんでした。そうなのか、それなら一度行ってみよう、ということで思い立って、海の日の三連休中日の日曜日に行ってみることにしました。

宇治は京都市の南側にあり、私の自宅からは130kmほどの距離になりますが、高速道路を利用しない場合は神戸・大阪の大都市郊外の住宅地を抜けていかなければならず、どうしても距離の割りに時間がかかってしまいます。ケチらずに高速を使えばいいのに、と思われるかもしれませんが、これはただケチなのではなく、高速道路は運転していてもまったく楽しくないので、運転が主目的な私にとってそれではそもそも意味が無いのです。

ということで、朝9時過ぎという私には珍しくゆっくり目の出発となったのですが、まず最初に途中の枚方市で昼食を摂りました。このあたりはまったく土地勘もなく、調べてみるまで知っている店もなかったのですが、見つけたのが京阪交野線宮之阪駅の目の前にあるカレー喫茶 エルディオスというカレー店です。こちらでは2種類のカレーとそのあいがけが選べたのですが、さらに「インスタ盛り」なるものが選べます。色鮮やかな野菜のトッピングがたくさん載ってInstagramに映えるというものですが、数量超限定ということですし、もちろん私も選びました。カレーはあいがけで1000円でしたが、このインスタ盛りがプラス300円というのは安すぎるのではないでしょうか。会計時に店長さんにそのまま伝えたところ、「野菜は安く仕入れているので…」とのことでしたが、これだけの種類を作るのだって大変なはずです。カレーもとても美味しかったので、無理せず続けてほしいと思います。私が次に行くのはいつになるかわかりませんが、この方面に行くときにはぜひ立ち寄りたいものです。

カレーに満足したところで宇治へと向かいます。車は平等院の近くのコインパーキングに停めようと思っていたのですが、どこも1時間600円程度と非常に高くてびっくりしてしまいます。しかし、JR宇治駅のロータリー内にある市営駐車場は30分100円とだいぶ割安なのに気付いたのでこちらに停めました。ちょっと歩かなければならないものの、商店街を眺めながら歩けばいいので大した距離ではありません。収容台数は十数台だけなので運が良くないと停められないかもしれませんが、空きがあればお薦めです。

さて、駅前から平等院までは、左右に見える宇治の緑茶にちなんだスイーツを横目にぶらぶら歩いて10〜15分ほどです。着いてみると入り口に行列ができていましたが、これは係の方の応対がもったいないくらいに丁寧すぎるためのようです。庭園と平等院ミュージアムが込みとなっている拝観料は600円ですが、鳳凰堂内部の拝観は別途300円が必要になります。しかし、この日すでに1時間半待ちとなっていたので、私はあまりゆっくりしていられないので内部はやめました。

鳳凰堂を見て最初に感じたのはイメージよりも朱色が鮮やかであるということですが、これは3年前に終わったという修理工事で塗装が新しくなっているからで、私が写真で見たのはそれ以前のもので黒ずんでしまったものだったようです。歴史の重みを感じるのは難しくなってしまいましたが、当時の姿を知ることができるということになるでしょうか。

私がちょっと辟易してしまったのは、内部を拝観する人の一団が堂々と正面から入るため、ズラズラと並んで歩いていたり、内部を見回している姿がどうしても写真に入ってしまうということです。なんとかその切れ目を狙って誰も写り込まないような写真を撮りたかったのですが、入れ替わりは合間なく行われてしまっていたのでうまく行きませんでした。そういう写真は特別にセッティングされた状況でなければ撮れないということなのでしょうか。開門が8:30、内部の拝観は9:10から受付なので、その間がチャンスということかもしれないので、紅葉の季節にでも早朝から出掛けて狙ってみるかもしれません。

このあとは宇治川に浮かぶ塔の島、橘島からなる宇治公園を通って、宇治神社と宇治上神社へも行ってみました。旧社格は宇治神社の方が上ですが、宇治上神社の方は国宝に指定されている本殿が現存する最古の神社建築で平安時代のものとのことで、またこちらの方が雰囲気もあって良い感じでした。観光客で溢れていないというのが良いのかもしれません。

本当はこのあと「インスタ映え」する抹茶スイーツを食べて帰ろうと思っていたのですが、炎天下を歩いた上に店で待つ沢山の人を見て食欲も失せてしまい、コンビニで飲み物だけ買って帰ってきてしまいました。なお、平等院の周辺にはコンビニが無く、駅前まで行かないといけないので気を付けてください。私は手持ちの現金がなくなったので引き出そうと思ったのですが、結局駅まで戻らないと無かったのでおみやげも買いそびれてしまいました。

振替輸送

ツキのない一日。

学生時代の友人が東京で就職した際、勤務先のビルの上層階が社宅になっていたので通勤はエレベーター…なんていう特殊な例はありましたが、大都市圏に住んでいる人の多くは満員電車に揺られて1時間以上なんていうのも当たり前の世界なのでしょうが、東京で生まれ育ちながらそれが嫌で地方都市へと飛び出した私は普段の通勤が徒歩なので、たまに出張や研修で大阪や東京で混雑した電車に乗るのも苦痛でなりません。先週から珍しく講演会や研修が集中したため、8日間で4回も兵庫県の東端、尼崎まで行くことになったのですが、木金は朝から晩までの研修だったため通勤の混雑にもろに当ってしまったのですが、金曜日はそれだけでは飽きたらず散々な目に遭ってしまいました。

目的地はJRでも阪急でも行けるところなので、三ノ宮駅で阪急に乗り換えようと改札を通ってホームに上ってみると、木曜日よりもちょっと混んでいるのが気になりました。ちょっと時間が早いからかな〜などと思っているとアナウンスが入り、車両故障でダイヤが乱れているとのこと。そこでウェブサイトで調べてみるとどうも発生したばかりでまだ復旧予定も明らかでなかったので、さっさとJRに戻ることにしました。この時すでにICカードで改札を通ってしまっていたので振替乗車票を発行してもらい、幸い大きな影響はなく目的地に到着しました。なお、目的地付近で阪急の高架下をくぐる際、電車は既に復旧していたようですが、おそらく混雑していたでしょうから良しとします。実はこの振替輸送というのは40年以上生きてきて初めての経験だったのですが、この日はこれで終わりませんでした。

帰りは阪急に乗ろうと駅へ向かい、改札口でICカードの処理をしてもらおうと朝の振替乗車票を渡そうとすると、なぜかまた新しい振替乗車票を渡されました。腑に落ちないので聞いてみると、なんと今度はJRの方が止まっているとのことで、三ノ宮でもJRには乗ることができないとのことです。幸い姫路から大阪までの間はJRと私鉄とで完全に二重化されているので、時間はかかりますが山陽電車で帰ることは可能なので、そうすることにしました。

しかし、普段はそんなに乗客の多くない、たったの6両編成の山陽電車なので、振替輸送となると大変な混雑になってしまいます。阪急との接続地点となる高速神戸駅に阪神からの直通特急がホームに入ってきた時には既にすし詰めの超満員で、降りる人もほとんどいないので各ドアから1人か2人しか乗り込むことができません。アナウンスでは次の電車を待てと言いますが、次の電車だって空いているわけがありません。私は幸運にも2台目の列車になんとか乗ることができたのですが、その後の停車駅でも乗れない沢山の人達に見送られることになりました。そんな状況なので停車時間が長くなり、列車は遅れに遅れて当初の予定より90分ほど余計にかかってしまったでしょうか。実は私はこの日忘年会があったので急いでいたのですが、結局参加できたのは1次会の残り30分というところで、急いで食べるだけで終わってしまいました。

結局何が原因だったかというと、JR神戸線の灘駅と六甲道駅の間にできる摩耶駅の工事現場で作業の足場が倒壊し、車両に接触したということだそうで、午後1時過ぎの事故発生から10時過ぎまでのおよそ9時間もの間運休となったようです。これによりJR西日本は大きな損害を受けたでしょうが、写真を見ると接触したのが車両の側面だからまだ良かったものの、正面から突っ込んでいたとしたら人的被害も免れず、不幸中の幸いといったところではないでしょうか。宴会に遅れたくらいで文句を言っている場合ではないかもしれません。

なお、この日の神戸は強風が吹いていたようで、ルミナリエのイルミネーションの一部が倒壊という事故も起こっていたようですが、これがもし観客で賑わっている最中であったらどうなっていたことでしょうか。JRにしろルミナリエにしろ怪我人がなかったのは奇跡的なことかもしれません。