shinsuke のすべての投稿

日本国政府配布の布マスク

もっと敬意があってもいいのでは。
😷

防御の役には立たないという意味で「マスクでウイルスは防げない」という記事を書いたのが2月のことですが、COVID-19の感染拡大は当時思っていた以上の事態となってしまい、一時期マスクは極度の品薄状態となり、価格も暴騰して50枚入りの使い捨てマスクが8000円もするようになり、必要な人が入手できないような状況になっていました。今ではそれも落ち着いてきて、平時よりはまだ高いとはいえ、1000円台で購入できるようになっているかと思います。

そんな中、「アベノマスク」などとバカにした呼び方をされているのが私は気に入らないのですが、日本国政府により国内全世帯に配布(PDF)された布マスク2枚が私のところにも届きました。このマスクについてもいろいろな批判があるようですが、少なくとも使えないようなものではないと思いますし、一定の意味はあるのではないかと私は考えています。

お世辞にもかっこいいとは言えないマスクですが、使い捨てマスクの供給に影響を与えないようにするため、布マスクにすることは必然だったわけで、迅速に生産して配布するためには凝ったデザインのものにするわけにも行きませんから、給食用マスクのようになってしまうのは仕方のないことでしょう。小さすぎるとも言われていますが、大きかったら大きすぎると言われるだけではないでしょうか。

なぜ全世帯2枚なのかというのも、細かく世帯ごとの人数に合わせて配布していたら余計な時間と経費が必要になりますし、人の集中を避けるためには郵送にするべきだったので、なるべく簡素な方法にする必要があったのではないでしょうか。

汚れや虫の混入しているものがあったというのは残念なことでしたが、海外で急遽生産したものだったので品質管理が行き届かなかったのでしょう。これは完全に受託企業の落ち度と言えますが、これについて安倍首相個人を攻撃するというのはまったく理解できません。そんな細かいところまで首相がチェックすることなどできるわけがないのですから、回収して検品すると言っているのですし、適切に対処できればそれでいいのではないでしょうか。

当初予算が466億円というのが高すぎる、もっと有効な使いみちがあるはずなどとも言われていますが、仮に1人1枚配ったとすれば1枚あたり400円程度ということになり、若干高いような気はしますが、緊急処置であり、送料などを考慮すればそれほど高すぎるということはないのではないでしょうか。全国民に10万円が給付されるための12兆円と、それに必要な経費1458億円を考えれば誤差範囲のようにも思えます。また随意契約であることを問題にしているフシもありますが、こんなときに競争入札などしていたら時間を浪費するだけです。

実際に届いたものを見て私が感じたのはかなり丁寧に作られているということで、これなら400円はかかるかもしれないと思えました。このマスク配布のために身を削った人もいるはずですし、それを無駄にするようなことだけはすべきでないでしょう。私は家にあった使い捨てマスクを洗いながら何度も再使用しており、おそらくこの布マスクを使うことはないので、必要な人がいれば譲ってもいいと思っています。マスクの寄付を募っている福祉団体もあるようなので、そちらへ送ることを考えてみます。

Amazon Basics モニターアーム

ちょっとしたロマン。
💪🏼

安物にはないようですが、ある程度の価格以上のモニターの背面には一般に「VESAマウント」と呼ばれているFDMI (Flat Display Mounting Interface)というものに対応した10cmないし7.5cm四方のネジ穴が空いています。VESAというのはVideo Electronics Standard Associationというビデオ周辺機器の標準化団体ですが、この団体が定めている、フラットディスプレイを固定するための規格で、このネジ穴に各種マウント器具をネジ止めできるようにするものです。これを利用することでモニターの脚を外して、モニターアームや壁面にスッキリ固定できるようになります。

このモニターアームというのは私にとってはある種の夢のようなもので、高嶺の花だと思っていたのですが、Amazonベーシックのものが案外安く買えて物も良いということを知り、今後も在宅仕事が続くようなのでもっと業務環境に投資してもいいのではないかと思って購入してみました。

本当はまずは試しに1つ買ってみたかったのですが、幸か不幸か単品は売り切れで、2点セットの方は在庫があったのでこちらにしました。これは一つの箱に同じものが2組入ったセットとなっているのですが、やはり2組欲しいという人はそれほど多くはないということなのでしょうか。現在はちょうど特別キャンペーンで10%割引となっていて、ちょっと安く購入することができました。

実はこの製品はモニターアームで定評のあるErgotronのOEMとなっていて、LX デスクマウントアームという製品と完全に同一で、塗装色とAmazonのロゴが入っているくらいの違いしかないそうです。それでありながらAmazonベーシックのほうがだいぶ安価で、塗装色もマットブラックで落ち着いているのでお買い得です。延長アームなどErgotron製のオプションもそのまま使えるそうなので、必要なときはそれだけ買い足せばよいでしょう。

組み立てとデスクへの取り付けはいたって簡単で、クランプ部をデスクに固定したあと中間アームの穴に差し込み、先端アームをモニターのVESA規格のネジ穴に手回しネジで止めたあとでそのアームの穴に中間アームを差し込むだけです。取り付けの際の注意点はクランプを取り付けるにはデスクの縁に10mmから60mmの厚さの平面が必要ということくらいでしょうか。私のデスクはIKEAGALANTというものですが、裏面に鉄のフレームがあるので取り付けられない部分があり、これがちょっとした制約となりましたが、アームの長さでカバーできる範囲で無事に取り付けることができました。

アーム自体はしっかりした作りで安心感があり、安価なAmazonベーシックブランドの製品ですがまったく安っぽさはありません。黒いアームで良いならErgotronのオリジナル製品を選ぶメリットは特にないのではないでしょうか。

私はもともとデュアルモニターで使用していたのですが、先日購入した新しいMac miniが3画面まで対応できるということなので、これまで寝かせていた古いDell 2001FPという20インチのUXGAモニターを繋いでみようと思ったものの、脚が大きくて邪魔なのでどうしようかと考えていたところでした。なので今回はこの2001FPとIiyama X3291HS-B1という31.5インチのモニターにアームを付けたので、もう1台のASUS PB278Qという27インチモニターにも取り付けたいところです。これは単品の在庫ができて安くなったときですかね。

Dark Reader

飽きるまでのことかもしれませんが。
🕶️

かつて古のPCの画面は黒地にグリーンやオレンジ、白の文字と決まっていたものですが、いつのころからか紙に印刷したもののイメージからか白地に黒が基本となってしまっていました。しかし最近はWindowsでもMac OSでも、PCでもスマートフォンでもダークモードが人気を博しているようです。通常はどちらかを選択できたり、時間帯によって昼間はノーマルで夜間はダークモードといった使い方ができると思いますが、一日中ダークモードで使っている人も少なくないのではないでしょうか。

AppleがWWDC 2019のキーノートスピーチで対応を発表したときにはその日一番の盛り上がりでしたし、世界的にも人気であることは間違いないでしょう。一つには自発光式の有機ELのディスプレイでは暗い色のほうが消費電力が小さいから、という理由もあるかもしれませんが、多くの人は見やすいから、かっこいいから、目新しいからといったことからではないでしょうか。私もそうした中の一人です。

ということで、OSがダークモードに対応してウェブブラウザ本体のメニューバーその他UIも暗色で表示されるようになりましたが、その中に表示されるウェブページの内容はそれぞれの運営側が対応させる必要があります。TwitterFacebookなどはUIの刷新とともにダークモードに対応させてきましたが、そういったところはまだまだ少なく、眩しいくらいに真っ白なページで表示されるところが多数派なのが現状です。

それならば表示させる側でダークにしてしまおうというのがブラウザの拡張として実装されているDark Readerというものです。ChromeFirefoxSafariEdgeというメジャーなブラウザに対応しているので、これなら誰でも試すことができるでしょう。

私がその存在を知ったのは「人気の拡張機能『Dark Reader』の悪意あるコピーが蔓延」というソフトアンテナブログ記事だったので、インストールする際には注意が必要です。Dark Readerのホームページにあるリンクからたどっていけば間違いないでしょうが、chromeウェブストアで見ると確かに紛らわしいものが複数ありますので、慎重に選択しましょう。

実は調べてみると1年半ほども前の2018年12月にはGigazineにも「Chrome・Firefox・Safariを簡単に『ダークモード』にできる拡張機能『Dark Reader』を使ってみた」という記事が掲載されているくらいなのでまったく新しいものではなかったので、自分の情報収集能力の衰えを感じてしまいましたが、この記事もRSSフィードリーダーで見ていたはずなのに素通りしてしまったようです。

実際に使ってみると無理やりダークモードにしている割にはかなり自然な感じで表示され、これで十分ではないかと思えるレベルです。本来のページのデザイナーの意図した通りのものではなくなるので、大々的に宣伝すると著作者人格権的な問題もあるかもしれませんが、個人で使用する範囲では問題ないでしょう。ただ、どうしても違和感が生じるところはやはりありますが、そういったところではドメインごとに個別にオン・オフするのも簡単です。

ということで、私は日常的に使っていきたいと思っていますが、いつの間にかダークモード対応していたとしても気づかないということになるかもしれません。また、これに慣れすぎてしまって、他の環境で本来の表示を見たときに戸惑う、なんていうことになってしまうかもしれませんね。