shinsuke のすべての投稿

ASUS RT-AX56U

何かが劇的に変わるわけではありませんが。
🖥️

いわゆるテレワークが急激に普及したことで品薄になったものがいろいろありましたが、どうやらWi-Fiルーターもその一つだったようです。私の自宅にはすでに、記事にしなかったようなのでいつ購入したのかもよく覚えていないAirPort (AirMac) Extremeのおそらく第5世代があって、それなりに使えていたので慌てて購入する必要はありませんでしたが、自宅のWi-Fi環境が十分でなかったような人が快適に仕事するためにと買い求めたため、一時的に在庫が減っていたようです。

AirPortというのはかつてAppleが販売していたWi-Fiルーターですが、MacやiPhoneから専用アプリで楽に設定できる、というのが私にとっては最大にしてほぼ唯一の長所でした。しかし、このルーターは2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応しているのに、どういうわけかiPhoneからはうまく5GHz帯で接続することができない状態になっていて、Windows PCでは問題なく接続できるのに不可解でした。これがどういう問題なのかというと、Bluetoothと周波数帯が重なっているため、Bluetoothイヤホンを使用しているときにWi-Fiの接続が非常に不安定になり、特にYouTubeはすぐに切断されてしまうのです。

これはせっかくAnkerのBluetoothイヤホンを購入した次男にとっては残念な話で、仕方なく有線のイヤホンを使っているかわいそうな状態だったので、私としてもなんとかしてあげたいと思っていました。また、私自身もBluetoothレシーバーを使っているときに調べものができなくて困ったので、やっぱりなんとかしようと新しいWi-Fiルーターに更新することにしました。

最近はゲーミングルーターなんていうものものあるのですが、たしかに応答性が重要なネットワークゲームでは帯域が不十分なせいで遅延するような状態では満足にゲームを楽しむことができません。とはいえ、私はネットワークゲームなどはしませんし、そもそも古いマンション住まいで建物までは光ファイバーが来ているものの、階下の分電盤からの接続はVDSLなのでそこがボトルネックになっているので大した性能は必要ありません。

ということで私が選んだのはASUSRT-AX56Uという、同社のWi-Fi 6対応製品群の中では最も基本的な機種になります。

設定はiPhoneやAndroidのアプリでも行うことができ、ルーターのSSIDに接続してアプリを起動すると、基本的な設定を簡単に行うことができます。また、アプリでは機器の接続状態やネットワークの負荷状況などもモニターすることができます。

基本モデルとはいっても仕様としては1201+574Mbpsを謳っており、VDSLの制約で実測80Mbps程度までしか出ないので、十分すぎる性能です。実際、性能面ではまったく不満はありません。また、期待していた5GHz帯での接続もまったく問題なく、非常にスムーズに接続できました。

ということで、重要な目的は達成してくれましたし、設定も簡単だったのでとりあえずは満足です。ただ、性能を活かしきれていないのがもったいないように感じてしまうのですが、それは贅沢なのでしょうか。一戸建てだったり最新のマンションだったりすればもっと高速なインターネット接続が利用できるのに、と思うとなんだか悔しいのですが、それでも海外の状況に比べれば十分かもしれません。ただ、4K動画のストリーミングには足りないだろうな、と思ってしまうんですよね…4Kモニタなんて持っていないのに。

iPhoneが文鎮から復活

2日で済んでよかった。
📱

つい先日、iOS 14へのアップデート中に電源が落ちたまま二度と入らなくなったかに見えた私のiPhone 8 Plusでしたが、ちょうど2日後になんと復活しました。

某SNSでアドバイスをいただいたのがApple非公式のDFUモード(Device Firmware Update mode)という特殊操作を利用する方法で、これを使ってiOS 13.7に戻すことでほぼ元の状態に復旧することができたのです。iPhoneをMacなりPCに接続してUp – Down – Side 10秒 – Side+Down 5秒 – Down10秒という順序でボタンを押すことでFinderやiTunesに認識されてモードに入り、ファームウェアをダウンロードできるようになるというものなのですが、そもそもMacに認識されるような状態になっているようには見えなかったので、認識された時点で小躍りしたいところでした。

しかし、DFUモードで最新のファームウェア、すなわちiOS 14をダウンロードしてみると、当初の問題が起こったときと同様にインストール中に一旦電源が入り直すところでそのままになってしまいます。そこでさらに調べてみると、「iPhoneを復元」のボタンを押すときにCommand+Optionを押しながらクリックするとファームウェアが選択できるようになり、古いバージョンのものをウェブサイトからダウンロードしておいて選択するとダウングレードできるのでした。それを使って13.7に戻してみると、無事にインストールされて問題なく使えるようになったのでした。

なお、この状態からまたiOS 14にアップグレードを試みると、前回と同じ状態になってしまうので、これは間違いなくiOSのソフトウェアに問題があるということになります。他の人が同じような状況になっているということはあまり聞こえてこないので稀なケースなのだと思いますが、iOSの今後のバージョンでは修正されることを願いたいものです。また、Apple正規サービスプロバイダもこういうときには頼りにならないものだということもわかりましたが、それは仕方ないのでしょうね。

ということで私のスマホ断ちは思いのほか短いものになったのですが、この2日の間だけでもいかにスマートフォンに依存した生活をしていたかを再認識することになりました。また、普段は無頓着にバックアップを取らずにアップグレードしてしまう私も、なぜか今回は虫の知らせかしっかりバックアップを取っていたので、完全に元の状態に戻すことができて本当に助かりました。バックアップは重要です。

Tenet

もう一度観たい。
⌚

COVID-19の影響で撮影の中断や上映の休止など大きな影響を受けた産業の一つが映画ですが、なんとなくほとぼりが冷めてきたということなのか徐々に新作の公開が再開されるようになってきました。それには座席を間引くという映画館としては非常に苦しいであろう対策もあってのことですが、なんとか劇場にもまた従来どおりの賑わいが戻るようになってほしいものです。

さて、私もまた久しぶりに劇場へ足を運ぶことになったのはChristopher Nolan監督作品の「TENET テネット」が公開されたためです。これまでは、たとえばSteven Spielbergであれば外れということはないだろう、という程度にしか映画監督を意識することもありませんでした。しかし、Nolan監督についてはフィルモグラフィーを見ると「バットマン ビギンズ」以来のダークナイトトリロジーを始めとするDCコミックシリーズの多くを監督・製作していたり、「インセプション」、「インターステラー」というハードSF作品、重厚な「ダンケルク」という、私が良いと思った作品ばかりが上がっており、今後もこの監督の作品を追っていけば間違いないだろうと思えます。

ということで公開初日に観に行ってきたわけですが、まったく期待に背くことのない素晴らしい作品でしたが、今回もハードなSF作品であり、終映後に後ろの方の席から「全然わからなかった」という声が聞こえてきたとおり、SFに馴染みのない人にとっては非常に難解なものであったろうと思います。私もあえて予備知識をまったく入れずに観てきたとおり、皆さんにもネタバレすることのないようにしたいので、ストーリーについては一切触れないことにしますが、一種のタイムトラベルものとも言えるでしょうか。

タイムトラベルものに付き物なのは伏線回収の醍醐味ですが、この作品でもそれはしっかり意識して作られているので、伏線回収ものが好きな人にも楽しめるのではないでしょうか。私自身も大好物なので、その点でもとても楽しく見ることができました。

映像としてはフィルムでの撮影にこだわっているというNolan監督が、あのクライマックスの複雑な戦闘シーンをどのように作ったのか、非常に興味が湧きます。見ている方もあまりの複雑さに混乱してしまい、私も1回観ただけではすべてを把握することはできなかったのですが、撮影する側の困難はそれを遥かに上回るもののはずです。コンピューターグラフィックスとコンピューターシミュレーションを活用すればまだなんとかなりそうな気もしますが、あくまで実写でとなるとその複雑さは私の想像力の限界を超えてしまいます。

その名もProtagonist (主人公)という主役を演じるのはJohn David WashingtonであのDenzel Washingtonの長男ですが、NFLLos Angeles Ramsの元選手だったという人なので、その肉体も生かされた役になっています。敵役のAndrei SatorはKenneth Branagh、Satorの妻でヒロインのKatはElizabeth Debickiが演じていますが、Elizabethの191cmという長身はすごく存在感があります。主人公の相棒となるNeilの役は「トワイライト」サーガでEdward Cullenを演じていたRobert Pattinsonですが、彼もとてもいい歳のとり方をしたようで、個性のある俳優になったのではないでしょうか。なお、Nolan監督作品ではお約束のMichael Caineもイギリス貴族のちょい役で出演しています。

ということで、いろいろな面で楽しむことができましたし、ストーリーも完全に理解したかどうか自信もなく、伏線も100%回収できたかどうかもわからないので、できればもう一度映画館で観てみたいと思っています。ちょっと時間をおいて2週間後くらいがいいでしょうか。今度はネタバレもなにもないので、それまでの間に見るべきところを調べておいてから臨むのも悪くないかもしれません。