Archives

みろくの里 いつか来た道

物好きかもしれませんが。

今年のお盆休みの両親との旅行2日目は広島へと移動してお好み村と宮島へ行き、翌日に原爆ドームと平和祈念資料館を見学したあとで広島空港へ送ったのですが、広島ではほぼ行ったことのあるところばかりなのでここでは割愛します。その後は福山のホテルに一人で泊まり、翌朝はまだ薄暗いうちにチェックアウトして涼しいうちに鞆の浦を散策し、磐台寺の阿伏兎観音で写真を撮り、そして向かったのが今回ご紹介する広島県唯一の遊園地、みろくの里内の「いつか来た道」というアトラクションです。

一人で食事することにはほとんど何の抵抗もない私でも、さすがに一人で遊園地へ行くというのは気が引けるものです。いざ駐車場まで行ってみてから周りが家族連ればかりであることに気づいて、やっぱり引き返そうかと怖気づいてしまいましたが、せっかく来たのだからと早足で歩き始めてしまうことにしました。なお、みろくの里は駐車場が無料となっているので、仮にここで帰ったとしても得に損することはありませんでした。

やはり暑い日だったのでほとんどすべての来場者がプールへと向かい、その入口に行列ができている脇にそれていったところに「いつか来た道」の入口があります。このアトラクションは昭和30年代の町並みを再現していて、昭和レトロを体感できるというものです。昭和30年代にはさすがに私もまだ生まれていないのですが、私の幼少時代にもまだその片鱗が残っているものがありましたので、そういうところにはやはり懐かしさを感じます。

1998年にできたということなので今年でちょうど20年経っているということになりますが、メンテナンスが行き届いているのか、あるいはちょうどいい具合に古びた感じになっているだけなのか、施設として老朽化しているようにはまったく感じられませんでした。もともとしっかりと金をかけて作られたものということなのかもしれません。

入場料だけで楽しめるアトラクションなので逆にあまり注目されていないのかもしれませんし、20年も前からあるので一度見たという人が多くてもう一度見ようということにはならないのかもしれませんが、私が行ったときには他に一人も客がいませんでした。そのためゆっくりと見ることができ、他の人の気配に煩わされることもなくて良かったのですが、さすがに一日中そんな状態では撤去されるのも時間の問題なので、夕方くらいになると人が増えるのかもしれません。私が行ったのはまだ午前中だったので、みろくの里についてまず最初にいつか来た道、という物好きな人はいないのでしょう。

ということで、私は入園料おとな900円を払ってこのアトラクションだけをひと通り見て、まだ続々入園してくる中を逆行してすぐに退園してしまいましたが、その900円分の見応えは十分にあったのではないかと思います。ちなみにこのみろくの里のフリーパスは1日3200円ですが、年間フリーパスは8000円とのことでずいぶん安いですよね。TDRやUSJと比べても仕方ありませんが、それらの1回分の入園料よりも安いのですから…

Knoebels Amusement Park

ここまでは期待していませんでした。

私は今、所用により長男を連れてNYCのすぐ近く、ニュージャージーに来ていて、ひとりスターバックスで時間を潰しているところです。昨日は自宅から1000kmあまりも運転してきたのですが、今日も昼過ぎから運転して帰らなければなりません。今のところそれほど疲れは感じていませんが、もともとホテルでは熟睡できないたちなのに、昨夜は隣室にいた若者たちがうるさくて、夜中の3時にも廊下で騒がしかったせいで目を覚ましてしまい、やや寝不足なので今日はちょっと心配です。

ところで、せっかく長距離を運転してきたのにただ来て帰るだけではもったいなく、やっぱりお楽しみが必要です。夕食はニューヨークといえばということでShake Shackに行ってきました。ここのバーガーは見た目も美しければ味も格別、これまで3回それぞれ別の支店で食べていますが全く裏切られることなく安定しているのも素晴らしいことです。店の内外装もオシャレで、さすが都会は違いますね。東京にも似合うはずですし、繁盛間違いないのでぜひ進出してもらいたいものです。

もう一つのお楽しみは、道中I-80を途中で降りて15分程度のところにあるKnoebels (クノーベルズ)という遊園地です。ここを知ったのは宮田珠己氏の著書「ジェットコースターにもほどがある」で紹介されていたためですが、ここは家族経営の昔ながらの遊園地で、入場料や駐車料金は一切無料、チケットを購入して乗り物に乗るごとにチケットで支払うのですが、それも最高でも1回$3という非常に良心的な価格になっています。一日券は$44とそれなりですが、夕方以降乗り放題のBargain Nightというパスは$10というのも驚きです。

到着してまず驚いたのが、園の周りに一切柵がなく、どこからでも自由に出入りできてしまうという開放的な作りです。確かに入場無料なのでそれでもいいのでしょうが、夜中に入り込むものなどがいないのか…と一瞬考えたものの、周囲は森に囲まれていて近隣にそんな若者などはあまり住んでいないようなところなのでした。もうひとつ驚いたのは入園してすぐに入ったトイレですが、個室のドアにロックがなく、使用中かどうかは足が見えるかどうかで判断する、というこれまた開放的な作りです。人が入っているとわかればドアを開ける人はいないのでしょうが、これはどうも落ち着きませんね。

ここでのお目当ては、世界中でもここにしかない、レールがなくボブスレーのようなコースを左右に揺れながら走るFlying Turnsでした。まずはここを目指したのですが、園内マップが少ない上に案内標識のようなものがなく、どこにあるのかすぐにはわかりません。これは意外性を狙ってあえてそうしているのかもしれませんが、不親切ではあります。ともかくなんとか見つけたところでチケット$20分で$18というTicket Bookを購入し、列につきました。

しかし並んでいる人数の割に進みが非常に遅く、40分ほど待ってしまったのですが、それもそのはず、3両編成の各車両に1人か2人しか乗れないのです。前に4人組が何組もいたので1両だけならすぐ乗れるということで、私達は1両に2人で乗りましたが、まず最初に体重測定があります。体重の数値は表示されないのですが、1両あたり400lbs (約180kg)を超えると危険ということで、ちょっと太った人だと1人で乗るしかなく、さらに太った人は乗るのを諦めるしかないようです。

その後ようやく走りだしてみると、これは確かにユニークな走行感覚で、わざわざ乗りに来た甲斐はあったかなという感じです。コースが木製なのでうっすら跡が残ってしまっていて、どう走るのかは大体わかってしまうのですが、それでもちょっと横にスライドしながら走る感覚は独特のものではないでしょうか。大したスピードは出ていませんし、コースが短くあっという間に終わってしまいますが、レールのないところからレールに復帰するところもスムーズに誘導できていますし、よく出来ていると思います。心配なのは木製コースの耐久性で、乗ってみたいという人は急ぐ必要があるかもしれません。

次に乗ったのは「ジェットコースターにもほどがある」に載っていた木造コースターのPhoenix Roller Coasterです。実はそれほど期待していたわけではなかったのですが、これは乗ってみて驚きました。走っている間にも何度も連呼してしまいましたが、「これはヤバイ」です。乗り込んだ時点でも期待しなかったのは同じ理由なのですが、セーフティーバーが腿よりも20cmくらい上までしか下がらないのです。この状態で大きなアップダウンが連続するので、お尻がかなり浮くことになり、ちょっと気を抜いたら後ろに落ちてしまうのではないかと怖くなるほどなのです。お決まりで両手を上にあげて乗っていたので、余計にヤバイと感じたようです。なお、アップダウンタイプのコースターは最後尾に乗るのが基本ですが、ここでは自分で乗る場所を選んで並ぶことができるので、教育済みの長男は迷わず最後尾を選びました。

もうひとつ乗ったのも木造コースターのTwisterですが、こちらはPhoenixとは違い、名前から連想できる通り旋回タイプのコースターです。大きな旋回で横Gが連続するのですが、クライマックスは斜め45度に傾いた円を2回転するポイントで、ここでは右方向への大きな横Gが10秒ほど続くという特徴的なものです。このコースターでは恐さはなく、爽快感が得られるのではないでしょうか。

このあとチケットをちょっとだけ買い足して再びPhoenix に、今度は手すりを掴んで乗って浮遊感を楽しみ、そのあとKnoebelsを後にしましたが、ここは期待していた以上に楽しいところでした。今のところスチール製のコースターはありませんが、来年大きなコースターがオープンするようですし、ますます面白くなりそうですが、我が家からはなかなか行けないのが残念です。あまりお金をかけずに楽しめるので、近くに住んでいたらちょくちょく行きそうなのですが、どこかに行く途中で寄るというくらいしかできませんね。周りにはキャンプ場なども充実していて、現地の人達はのんびりと楽しんでいるようで羨ましい感じでした。

ジェットコースターにもほどがある (集英社文庫)

Walt Disney World - Magic Kingdom

ちょっと懐かしい。

前の記事のとおり日中Disney’s Hollywood Studios (以下DHS)で過ごした後は、東京ディズニーランドのモデルになったというMagic Kingdom (以下MK)へ向かいました。各パーク間の移動にはDisneyが運行している無料のシャトルバス、モノレールまたはフェリーが利用できますが、DHSからMKへはシャトルバスに乗ることになります。なおモノレールは東京ディズニーリゾートにもできましたが、TDRのもの(ディズニーリゾートライン)が一周5km単線であるのに対し、WDWのもの(Walt Disney World Monorail System)は総延長23.7kmで本線は複線となっており、やはり規模は大きく違います。またディズニーリゾートラインは有料ですが、これは法規の関係もあるかもしれませんし、人口密集地に近いため無料にしてしまうとこれに乗ることを目的に来てしまう人も少なからずいそうですので仕方ないところでしょう。

MKに到着したのは夜7時を回ってからでしたが、この日はクリスマス・イブということもありMKは午前2時まで開園しており、到着した時にも園内はまだまだ多くの人がいました。特にパレードや花火を見るためにシンデレラ城前の広場には大変な人数が集まってまさにごった返しており、「クリスマス・イブは混む」と言われていたのはこの事だったのかと納得しました。

しかし我が家の男子2名はパレードや花火には大して興味を示さないので、まずはBuzz Lightyear’s Space Ranger Spinに乗るために並びました。このアトラクションもTDLにあるものとほぼ同じですが、ライドに乗って光線銃で周りの的を狙い撃ち得点を競う、というものです。これはトイ・ストーリーの世界であるという以外は他の遊園地にもよくあるタイプのもので、同じトイ・ストーリーのToy Story Midway Mania!を楽しんできてしまった直後だっただけにちょっと不満が残りました。まあオープン時期に10年の開きがあるので仕方ありませんね。

この次はパークの真反対にあるHaunted Mansionに向かおうとしたのですが、ちょうどパレードと花火の時間にぶつかって通路は完全にふさがってしまい、迂回路を行ってみても行きたいのとは違う方向へ曲がらされて同じ所を回ってしまったりしました。しかしその迂回路の途中、普段はゲストは入れない裏手の通路の開けたところにいる時にちょうど花火が打ち上がり、なかなか見事な花火を見ることができたのは良かったです。

さすがに花火が終わると皆一斉に帰り始めるので園内は一気にすき、多くのアトラクションの待ち時間がほとんどなくなりました。しかしいかにフロリダといえど12月の夜はやはり冷え込むので、昼間暖かかったために薄着できてしまった私達はブルブル震えながらHaunted MansionとBig Thunder Mountain Railroad、Splash Mountainに乗り、そして最後に子供達だけSpace Mountainに乗せて帰ることにしました。これらのアトラクションもやはりTDLにあるものとほとんど同じですが、その他にも各エリアの構造物やそれらの配置などがTDLに非常によく似ているので、かつて頻繁にTDLに訪れていた私は非常に懐かしく感じました。したがって、TDLに普段何度も行っているような人はWDWではあえてMKに行く必要はあまりないかもしれません。

ということで深夜12時を回ったところでMKを後にして、ホテルへのシャトルバスの乗り場があるTransportation and Ticket Center (TTC)というところまでモノレールに乗りました。幼いころに本で見た、未来予想図としか思えなかった「遊園地とホテル群をモノレールが結んでいる」という絵の世界をまさに体験している、ということで実は私は結構興奮していたのですが、家族は誰一人そんなことを気に留めなかったかもしれません。その後シャトルバスは行ったばかりだったのか結構待たされてしまい、その間に風邪を引いてしまったようですが、まあ何にせよ盛りだくさんで楽しい1日を過ごすことが出来ました。本当はディズニー直営のホテルに何泊も泊まるとどっぷり世界に浸れてさらに良いようですが、それはまたの機会にしましょう。