カテゴリー
news

振替輸送

JR西日本ツキのない一日。

学生時代の友人が東京で就職した際、勤務先のビルの上層階が社宅になっていたので通勤はエレベーター…なんていう特殊な例はありましたが、大都市圏に住んでいる人の多くは満員電車に揺られて1時間以上なんていうのも当たり前の世界なのでしょうが、東京で生まれ育ちながらそれが嫌で地方都市へと飛び出した私は普段の通勤が徒歩なので、たまに出張や研修で大阪や東京で混雑した電車に乗るのも苦痛でなりません。先週から珍しく講演会や研修が集中したため、8日間で4回も兵庫県の東端、尼崎まで行くことになったのですが、木金は朝から晩までの研修だったため通勤の混雑にもろに当ってしまったのですが、金曜日はそれだけでは飽きたらず散々な目に遭ってしまいました。

目的地はJRでも阪急でも行けるところなので、三ノ宮駅で阪急に乗り換えようと改札を通ってホームに上ってみると、木曜日よりもちょっと混んでいるのが気になりました。ちょっと時間が早いからかな〜などと思っているとアナウンスが入り、車両故障でダイヤが乱れているとのこと。そこでウェブサイトで調べてみるとどうも発生したばかりでまだ復旧予定も明らかでなかったので、さっさとJRに戻ることにしました。この時すでにICカードで改札を通ってしまっていたので振替乗車票を発行してもらい、幸い大きな影響はなく目的地に到着しました。なお、目的地付近で阪急の高架下をくぐる際、電車は既に復旧していたようですが、おそらく混雑していたでしょうから良しとします。実はこの振替輸送というのは40年以上生きてきて初めての経験だったのですが、この日はこれで終わりませんでした。

帰りは阪急に乗ろうと駅へ向かい、改札口でICカードの処理をしてもらおうと朝の振替乗車票を渡そうとすると、なぜかまた新しい振替乗車票を渡されました。腑に落ちないので聞いてみると、なんと今度はJRの方が止まっているとのことで、三ノ宮でもJRには乗ることができないとのことです。幸い姫路から大阪までの間はJRと私鉄とで完全に二重化されているので、時間はかかりますが山陽電車で帰ることは可能なので、そうすることにしました。

しかし、普段はそんなに乗客の多くない、たったの6両編成の山陽電車なので、振替輸送となると大変な混雑になってしまいます。阪急との接続地点となる高速神戸駅阪神からの直通特急がホームに入ってきた時には既にすし詰めの超満員で、降りる人もほとんどいないので各ドアから1人か2人しか乗り込むことができません。アナウンスでは次の電車を待てと言いますが、次の電車だって空いているわけがありません。私は幸運にも2台目の列車になんとか乗ることができたのですが、その後の停車駅でも乗れない沢山の人達に見送られることになりました。そんな状況なので停車時間が長くなり、列車は遅れに遅れて当初の予定より90分ほど余計にかかってしまったでしょうか。実は私はこの日忘年会があったので急いでいたのですが、結局参加できたのは1次会の残り30分というところで、急いで食べるだけで終わってしまいました。

結局何が原因だったかというと、JR神戸線灘駅六甲道駅の間にできる摩耶駅の工事現場で作業の足場が倒壊し、車両に接触したということだそうで、午後1時過ぎの事故発生から10時過ぎまでのおよそ9時間もの間運休となったようです。これによりJR西日本は大きな損害を受けたでしょうが、写真を見ると接触したのが車両の側面だからまだ良かったものの、正面から突っ込んでいたとしたら人的被害も免れず、不幸中の幸いといったところではないでしょうか。宴会に遅れたくらいで文句を言っている場合ではないかもしれません。

なお、この日の神戸は強風が吹いていたようで、ルミナリエイルミネーションの一部が倒壊という事故も起こっていたようですが、これがもし観客で賑わっている最中であったらどうなっていたことでしょうか。JRにしろルミナリエにしろ怪我人がなかったのは奇跡的なことかもしれません。

カテゴリー
auto

シカ注意

Deer Crossing精神的に疲弊しました。

ミシガンを含むアメリカ北部の冬の寒さは非常に厳しく、最高気温が0℃を超えない日が長く続くので数多くいる野生動物も冬眠したり巣篭もりしたりであまり姿を現さなくなります。それが3月頃になって積もっていた雪も解け春の兆しが見えてくると、動物たちの動きも活発になってきますが、悲しいかなここは自動車社会、道路脇に横たわる亡骸もそれに比例して増えてきてしまいます。ミシガンでよく目にするのはアライグマスカンクリスウッドチャック…そしてシカです。

今まで私はなんとか動物との接触は避けてきていたのですが、実は一月ほど前にシカをはねてしまいました。正午前後に自宅近くの田舎道を走っていたところ、前方にシカの8頭程度の大きな群れが道路を横断しているのが見えたので減速したのですが、私が走っているのとは反対の左側に渡りきったので安心して再加速したところ、血迷った2頭が走って戻って来るではないですか。慌てて急ブレーキを踏んだもののあと2-3mというところでぎりぎり間に合わず、1頭の横腹に正面から当たってしまったのです。

シカの方は外傷はなかったものの骨折してしまったでしょうから上手く歩くことができないようでしたが、幸い同乗していた妻と私には怪我はなく、車の方もフロントグリルは割れてしまいましたが走行には支障がなかったので、そのまま目的地に向かってしまうことにしました。その後しばらくはいっそのことそのまま乗っていてもいいかという位のつもりでいたのですが、よくよく見るとヘッドライトの向きも歪んでしまっていたり、ラジエターやエアコンのコンデンサーも曲がってしまっていて、修理するとなると$2000以上はかかってしまいそうだったので保険を使って修理することにしました。

そのためにはまず警察への届け出が必要です。これは他者や標識等に被害を与えていたり、損傷が大きくなければ後日でも構わないのですが、まずどこの管轄なのかがわかりづらく、私は3箇所も回ってしまいました。最初は市の警察署に行ったところそこは市の外だから郡の保安官事務所に行けと言われ、教えられて行った保安官事務所ではそこは隣の郡だと言われてちょっと離れたところまで行かなければならなかったのです。まあ最終的には特に問題なく届け出ることができたので良いのですが、これで半日かかってしまいました。

次に必要なのは保険会社への届け出です。これはウェブサイトで簡単にできて、追って割り当てられた担当者と電話やメールでやり取りをして進めていくことになります。この時、英語に不安があれば通訳を挟んでもらうこともできます。私は聞き漏らしたくないのでメールにしてくれと伝えたところ、電話を通訳に繋がれてしまい、せっかく通訳してもらっているのだから何か聞いてあげようと必要もない質問をするという、余計な気をつかう羽目になってしまったのですが。

実際の車の修理は、アメリカではディーラーではなくボディショップという修理専門の業者に依頼するのが一般的、ということで調べてみたところ、Honda Collision Centerという事故時の情報をサイトがあって、ここでボディショップを紹介してくれることがわかました。ここで自宅近くの業者を見付けたので、ウェブサイトで見積もりの予約を取り、指定した時間に行ってみると15分ほどで見積もりと写真撮影を済ませてくれました。

見積もりは保険会社に送ってもらい、承認されたらまた修理の予約を取って持って行きます。修理の間に代車を貸すというサービスはないのですが、車がないことには生活もままならないのでレンタカーを利用することになります。このレンタカーの代金も、一日$30までという制限はあるものの保険でカバーされるので遠慮無く利用することにしましたが、$30を目一杯使うと日産Altimaを借りることができました。SUVに比べるとセダンはずいぶん安く感じますが、それはレンタカーにかぎらず新車でもSUVは割高ですね。久しぶりにセダンに乗ってみると思いの外快適で、次はセダンにしようかなと思って妻に話してみると、それだけオジサンになったということねなどと言われてしまいましたが。

修理は4日で終わるということだったのですが、2日目にボディショップから電話があって、見積り以上に修理が必要なことがわかって保険会社に申請中、その後4日目に連絡してみるとまだ保険会社が来ていないのでいつ終わるかわからない、と。結局翌週になって「申請が通って部品を発注した。上手く行けば今週中に終わるが一応完了予定は来週の火曜日。」と連絡がありましたが、最終的には前倒しされて木曜日に完了の連絡があり、レンタカーを返却して引き取りに行ってようやくすべてが終わりました。

金銭的な負担は保険の免責$500とレンタカーの税金分$30くらいで済んだのですが、時間的なロスと精神的な負担があって、話のネタにはなるものの決して良い経験とは言えません。衝突してしまった時にはそれから起こるであろうことの面倒くささを予想して目の前が暗くなったのですが、結局それはまさに的中してしまったというわけです。何事もスムーズに進んでいればこれほど疲れることもないのでしょうが、いちいち面倒が起こるので大変でした。まあ私がもう少し慎重に運転していれば避けられたことなので自業自得かもしれませんが…

カテゴリー
society

高速道路無料化

高速道路よく考えて票を投じましょう。

麻生総理が拒み続けたとされる解散が先月行われ、それによって明日8月30日に衆議院議員総選挙が行われることになっています。今回の選挙ではついに民主党が政権を握るのがほぼ確実とされているようですが、その民主党が掲げるマニフェストの中ではそれほど高い優先順位でないにも関わらず注目されているのが「高速道路無料化」という項目です。

自分では車を運転しない、高速道路は走らないというような人でも、トラックでの流通には欠かせない高速道路ですから、これが無料化されたときの社会的な影響はかなり大きなものとなり、仮に実現したとするとそのメリット・デメリットというのは誰もが受け入れなければならないものになります。メディアにより取り上げられる市民の声では歓迎する声が高いように見える一方、各方面からは批判の声も上がっており、特に社民党なども批判的な態度を明らかにしているようですが、はたしてこの政策は歓迎すべきものなのか、またその実現性はどの程度あるものなのでしょうか。

民主党のマニフェストをそのまま引用すると、次のように記載されています。

30.高速道路を原則無料化して、地域経済の活性化を図る
【政策目的】
○流通コストの引き下げを通じて、生活コストを引き下げる。
○産地から消費地へ商品を運びやすいようにして、地域経済を活性化する。
○高速道路の出入り口を増設し、今ある社会資本を有効に使って、渋滞などの経済的損失を軽減する。
【具体策】
○割引率の順次拡大などの社会実験を実施し、その影響を確認しながら、高速道路を無料化していく。
【所要額】
1.3 兆円程度

この政策を批判する人が一番に掲げるのは財源の問題です。このマニフェスト全体を通して財源が実に不明確で、党首討論などでも攻撃の対象になっていましたが、「無駄を無くせば大丈夫だと思っている」というだけではあまりに説得力がありません。本当に大丈夫なのでしょうか。ちなみに、もう一つ注目されている子ども手当についても大きな財源が必要ですが、こちらは扶養控除を撤廃することで相殺するので大丈夫なようです。しかし専業主婦の皆さんはご存じなのでしょうか? 働いた方が得な状況を作って失業率は大丈夫なのでしょうか?

さて、財源さえ解決されているものだとすれば、高速道路が利用しやすくなっていいことづくめなのかというと、もう一つ批判の的となっているのは渋滞が増えると予想されることで、それが経済の非効率化と環境破壊に繋がるとされています。これに対し民主党は「料金所がなければ渋滞するポイントもなくなる」と説明していますが、それは本当でしょうか。最近の首都圏の事情はよくわかりませんが、私が遭遇する渋滞は料金所とは無関係なトンネルや上り坂、そして事故の地点を起点としたものばかりです。

私自身も高速道路は無料であるべきとは考えているのですが、今すぐにそれを実現してしまうというのは問題があるのではないかという立場です。ヨーロッパなどでは無料なのが当たり前だからという主張も耳にしますが、残念ながら日本の高速道路の現状は欧米とは少々異なるものになっています。もともと無料を前提とした交通量で設計された道路と、いずれ無料になるという建前で設計されたものとでは大きな違いがあります。日本の高速道路では車線数も不足しているでしょうし、インターチェンジの構造もスムーズに流出入できるようにはなっていません。まずはこれらを改めてからでないと無謀というものではないでしょうか。

とはいえ、無料化に向かって進む、ということが明らかに示されるのであればそれは歓迎すべきです。これまで通り自民党が安泰なのでは何も変わらないでしょうから、いいきっかけになるのは間違いありません。また、民主党が政権を取ったとしても、実際に無料化に踏み切るためには高いハードルがいくつも待ち構えており、結局トーンダウンするのではないかと予測しています。したがって、どちらが政権を取ることになったとしても、これまでと何も変わらないということはなく、また激変してしまうということもないのではないかと、いかにも日本的な流れと読んでいるのですが、はたしてどうなることでしょうか…?