カテゴリー
news

Pentium Macが現実のものに…

既にあちこちで話題になっていますが、WWDC (World-Wide Developer Conference)でのAppleのCEO、Steve Jobsの基調講演で、噂されていたIntelプラットフォームへの移行が本当であるということが発表されました。今まで何度も浮かんでは消えていた噂でしたが、今回はWall Street Journalによる報道ということで一段と真実味を増していたのですが、実際に発表されてみると驚かざるを得ません。

Pentium系のi386アーキテクチャが採用されるということですが、PCとしてのハードウェアはApple独自のものになるでしょうから、いわゆるAT互換機でMacOSが動作するというわけではないでしょう。しかし、同系列のCPUが採用されれば相互のアプリケーションの移植は比較的容易になるでしょうし、それよりもこれまでWindows専用というハードウェアが多くて泣いていたMacユーザにとって朗報となりそうなのは、ファームウェアレベルのMacOSへの対応がかなり楽になるので使えるハードウェアが大幅に増えるのではないかということではないでしょうか。

MC68000系からPowerPC系への移行や、MacOS 9からMacOS Xへの移行の際にもエミュレーションによりアプリケーションの移行をスムーズに行ってきたAppleですから、今回もi386によりPowerPCをエミュレートして動作させると発表してきました。その技術にRosettaと名付けてしまうあたりがAppleらしいセンスで関心してしまいますが、Rosettaとは言うまでもなく大英博物館で展示されているロゼッタ・ストーンのことでしょう。3種類の文字が一枚の碑板に刻まれていて、そのうちの一つがギリシャ語であったということからその他の言語の解読が可能になった、というアレです。子供だった私は何気なく展示を見ていましたが、今考えるとかなり凄いものです。

それはさておき、PowerPCからi386へのスイッチというとかなりの決断が必要だったと思われますが、ゲーム機用CPUに軸足を移したIBMに嫌気がさしたところへIntelのラブコールがあったということでしょうか。OS X開発当初からi386用のコードも存在したということですが、Darwinだけではなくその上のレイヤもすでに動いていると言われていたというのが本当だったとは少々驚きです。

アプリケーションの開発はXCodeを使用すればどちらのプラットフォーム向けのものも開発できるようになっている、と言われていますが、エンディアンが違うというのは気にしなくていいようで微妙に違いがあったりしますので、アマチュアが作るアプリケーションについては初期はそれにまつわるバグが目につくかもしれません。私は日頃ビッグエンディアンのCPUに触れる機会の方が多いので、それに慣れてしまうとビッグエンディアンはどうも取っつきにくいのですが…私だけでしょうか。そのほかについても、CPUのアーキテクチャとしてはPowerPCの方が設計的に新しく洗練されていると思うので、i386に統一されてしまうというのはどうも残念な気がしてしまいます。

カテゴリー
news

AppleがIntel CPU採用?

これまでにも何度も話題になったことがありますが、AppleがIntelのCPUの採用を検討しているということがThe Wall Street Journalに取り上げられていますが、PC専門誌などではなく一般紙ということで各新聞などでも話題になっているので、それなりに信憑性は高いのかもしれません。

そもそも今のMac OS XのベースとなっているNeXTはマルチプラットフォームのOSであり、Intel版も存在していたので、技術的には大きな問題はないのではないかと思います。しかし、Steve Jobsが折に触れMacの優位性を語る場合に「Intel Pentium 4に対してPowerPC G5は…」とCPU性能で比較してきたので、簡単に身を翻すことはないでしょう。しかし、現在のPowerPC G5は消費電力が100Wに達しようとしているため、PowerBook等のノート型PCに搭載するにはバッテリと放熱が問題となっているようなので、Pentium M系の省電力タイプの導入は考えられないことではないようです。

しかし、実際にハイパフォーマンスだからということでMacを選択している人がどれだけいるのかということは疑問です。Macユーザの多くは「クリエータにとって使いやすい」「デザインが洗練されている」というようなところが選択理由なのではないでしょうか。「Windowsよりもセキュア」というような人もいるかと思いますが、それは単にターゲットが少なく攻撃の効率が良くないからではないかと思いますし、「UnixベースなのでWindowsよりも安定している」というのも最近のWindowsも安定してきているのであまり理由にはならないような気がします。結局、Appleは高級PCとしてもMacと、ハイセンスでクリエイティブなOSとしてのMac OSを売るというのでも商売になるのではないかと思いますが、どうでしょうか?

Intelだからといってx86アーキテクチャというわけではないのですが、Mac OSの本来のOSたる部分、GUIを除くベースの部分であるDarwinについてはオープンソースプロジェクトとなっていてすでにx86版が存在しています。しかし、特徴的なGUIの部分についてはAppleが公開していないので実際どの程度現実味のある話なのかよくわかりません。しかし、これまでは自社で開発したいくつかのハードウェアでの動作が保証できていればよかったのですが、汎用のPCで動作させるとなると数限りない組み合わせのパターンで動作することを考えなければならず、Appleにそれだけの力があるとは思えませんし、採算の合う話とも思えないのでまずありえないような気がします。Athlon64ユーザでもある私としてはAMDのCPUを選択してほしいとも思いますが、それはなおさらなさそうな話ですね…