Archives

Bohemian Rhapsody

改めて聴いてその偉大さを再認識。

私の観たい映画ラッシュの11月、上旬にして早くも3本目に観たのは「ボヘミアン・ラプソディ」です。QueenとそのリードシンガーであるFreddie Mercuryの伝記的作品となっており、Queenの前身であるSmileにFreddieが加わるところからLIVE AIDへの登壇で絶頂を迎えるところまでを描いたものです。

この作品ではフォックス映画の冒頭に必ず登場するあの有名な20th Century Foxロゴのファンファーレがギターで演奏されていてとても良いです。これはサントラ盤にも収録されており、Queenの演奏となっているということはBrian Mayのギターということなのでしょう。非常に気分が盛り上がります。

序盤に本作のタイトルでもある楽曲”Bohemian Rhapsody“にまつわる件がありますが、この曲はまさにQueenを象徴する唯一無二といっていいものであると思います。演奏時間が5:55と長いために当時のラジオでは放送されないと言われていたそうですが、現在では5分程度の曲などザラにありますが、その障壁を崩したのも彼らだということになるのかもしれません。

Freddieを演じているのはRami Malekです。若い頃のFreddieとして最初に彼が現れたとき、正直なところあまり似ているとは思えず不安を感じてしまったのですが、単に私が見慣れない髪型や髭がないせいだったのか、あるいは観ているうちに慣れてしまったのか、終盤ではかなりそっくりにしか見えなくなってしまいました。不思議なものです。

終盤はLIVE AIDでのステージをかなり忠実に再現したものになっています。YouTubeでは実際の映像を見つけることができるので私も観て比べてみましたが、かなり細かいところまで作り込んであるのではないかと思います。もうこれなら本物の映像を差し込んでしまってもいいのではないかと思えるほどです。もちろん映画に出演しているのはRamiをはじめとする俳優らですが、その彼らも本人らの振る舞いや雰囲気をとてもうまく演じていると思います。

実はLIVE AIDが行われたときには私もロンドンに住んでいたので、親に頼んで行こうと思えば行けたはずなので、実に惜しいことをしたものです。それどころかテレビで見ることもしなかったので、当時の愚かしさを呪いたくなるほどです。中学生だった私には個性的すぎてなかなか受け入れることができなかったのがその一つの理由で、Queen以外の出演者は大人好みの大物ばかりだったということもありますので、致し方ないのかもしれませんが…

それにしても1991年にFreddieがAIDSによる気管支肺炎によって亡くなったのは45歳の時ということで、今の私よりも若くして亡くなってしまったということになります。まだ存命なら今年72歳ということになりますが、このような才能が短命で終わってしまうというのは本当に惜しいものです。Freddie一人の伝記映画ではないのですが、それを思わずにはいられませんでした。

Elizabeth: The Golden Age

400年も昔のこととは思えません。

今日は毎月1日の映画の日ということで、仕事を早めに終えて久しぶりに映画館へ行こうかと思ったのですが、調べてみると観たいと思うような作品が上映されていないようなので残念ながらやめてしまいました。重なるときは観たいものがいくつもあって迷うくらいなのに、ないときには全くないというのも困ったものです。本当は「ブラインドネス」を観たいと思っていたのですが、いつものシネコンでは演っていないようなので仕方ありません。

というようなこととは全く関係ないのですが、昨日はDVDで「エリザベス:ゴールデン・エイジ」という映画を観ました。

エリザベス : ゴールデン・エイジ [DVD]
監督:シェカール・カプールジェネオン エンタテインメント (2008/08/06)ISBN/ASIN:B0019R0XIW
Amazon.co.jp で詳細を見る

エリザベスというのは現女王のElizabeth IIではなく、16世紀後半にイギリスの独立を守り、世界の覇者としてのイギリスの黄金時代への足がかりを作ったElizabeth Iの方です。Elizabethを演じているのはCate Blanchettですが、The Lord of the RingsでGaladrielを演じていたときにも感じられた気品と迫力とがまた感じられる落ち着いた演技で、Elizabethという女性の様々な面を大変上手く表現しています。

歴史上の偉大な女王を中心としたドラマを描いた、日本でいえば大河ドラマに当たるような作品なのだと思いますが、400年も昔の出来事を扱っているにも関わらずあまり古臭く感じず違和感がないのは当時の建物などが普通に残っているためでしょうか。実際に撮影にもセットではなく現存する建物が多く使われているのではないかと思いますが、地震がなく石造りの建物が多いイギリスだからこそ可能なことで、木造主体の地震国ではなかなか考えられないことですね。

社会科、特に歴史が全く苦手だった私なので、中世イギリスの歴史などさっぱりわからないのですが、こういった映画を観ると不思議と頭に入ってくるようで、かなり興味深く観ることができ勉強になりました。しかしいやに唐突に色んな人が当然のように登場するなあと思っていたら、この作品はもっと若い頃のElizabethを描いた「エリザベス」という作品の続編だったのですね。そういえばCate BlanchettがElizabethを演じている作品が他にもあったような気がしていたのでしたが…これはまた近いうちに観たいと思います。

途中1カ所、むごい拷問シーンがあって私は直視していられませんでした。その拷問器具自体は実際に残っているのは知っていて、使われるとしたらそういうことになるのだろうなというのはわかっていたつもりですが、こうして映像で見せられるとそういうことが実際に行われていた当時の狂気というものに身が震えるような思いがします。その他にも中世にはむごたらしいことがさんざん行われていたはずで、その頃と比べれば今は何と洗練されているものかと、こういう時代に生まれてきたことに感謝せずにはいられません。