Archives

iPhone 8 Plus (PRODUCT) RED

気分一新

昨年末のいわゆるBatterygate、バッテリーの劣化したiPhoneで性能を意図的に制限していたことが問題視された事件の後、私の動き出しがちょっと早すぎたせいでバッテリー交換を申込んだものの交換してもらえなかったのですが、その後リリースされたiOS 11.3で「バッテリーの状態」が表示できるようになっても96%だなんていうありえない数値となっていました。3年半酷使した製品でこの数値というのはまったく信じられないわけですが、それに基づいて制御しているのだとすれば性能が制限されているということもないはずです。しかし、最新の製品と比較すれば元の性能がかなり低いわけですし、明らかに不安定で充電量の減り方も速いので、もう買い替えてしまおうかと思いつつ、しかしiPhone 8やXは発売されて半年経っていて、あと半年待てば次のモデルが発売されると思うとそれを待とうかという気にもなってしまい、なかなか踏み切れずにいました。

ところが、先々週末頃にふと「そういえば(RED)バージョンは出ないのかな」と急に思い出して調べてみると、iPhone 7の(PRODUCT) REDは昨年の3月に発売されていました。iPhone 8でもそろそろ出ないかと思っているとその噂が出てきて、そうかと思うと明日発表されるとリークされたという話になり、そしてついに発表と急展開しました。これまできっかけがなくて踏み切れずにいたのが(RED)ならもう文句はないだろうと思っていると、MKBHDの”Product RED iPhone 8 Unboxing!“という動画が公開されて”Really, really, red.”などと言っているので、これは買うしかないという気になってしまいました。

ということで購入したのがiPhone 8 Plusの(PRODUCT) REDバージョンです。iPhone 8 Plus自体は今更レビューしても仕方ないので省きますが、これまで使用していた6 Plusと比較すると圧倒的にレスポンスが速くなっていて非常に快適です。Touch IDの指紋認証が第2世代になって速くなっていることもあり、ホームボタンが物理ボタンでなくなったのもすぐに慣れることができるでしょう。

しかし何を置いても赤いボディーです。iPhone 8で背面パネルがガラスになったことで、透明感と艶のある赤色になってぐっと高級感が上がったような気がします。あくまで気がするだけで中身は何も変わらないわけですが、それでも所有することによる満足感はあると思います。また、表面の液晶周りのベゼル部分がiPhone 7の時に不評だった白から黒に変わったことで、シャープでアダルトな印象(なんだソレ)になったのも非常に良いです。

ちなみに(RED)というのはただ赤いというのではありません。U2のBonoと活動家のBobby ShriverがAIDSと戦うために設立した団体で、その活動に協賛する商品の収益の一部が「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に寄付されるというものです。ただオシャレなわけではなくて、人々を助けることにもなるというわけです。私の場合はほとんどあと付けですけどね。

ということで、3世代分の技術の進歩もありますが、ただ単純にバッテリーの持ちが良くなったと言うだけでも非常に快適です。実は赤い背面はケースに入れてしまうので見えなくなるわけですが、まあ見えないオシャレということで…ただの自己満足ですね。

Pokémon GO

ポケモンはよく知らないのですが。

今日から3日前、7月22日の日本でのリリース直後から爆発的なブームとなっているPokémon GOですが、「車運転中にポケモンGO」というようなニュースもあり社会現象から早くも社会問題へとなりつつあるのではないでしょうか。これは日本より先に公開されている欧米でも同じように問題になっていることですが、ほかにも私有地に無断で踏み入る人がいたり、ポケモンでおびき出して強盗する輩がいたりするようで、日本でのリリース前から内閣サイバーセキュリティセンターが「内閣サイバーセキュリティセンターからポケモントレーナーのみんなへおねがい♪」(PDF) という注意喚起が行われています。ちなみにこのタイトルは子供向けっぽいものですが、Pokémon Goの対象年齢は13歳以上となっていますし、本文には振り仮名もなく内容的には中高生を対象にしたもののようです。

このPokémon GOはGoogleからスピンアウトした、Ingressの開発元であるNiantic Labsと、株式会社ポケモンとの共同開発ということになっています。Niantic LabsのAR (拡張現実)技術を応用したもので、Ingressと同様にGPSによる実際の位置情報や地図と連動し、目の前に本当にポケモンが登場するように見せているところが新しく、受けているところでしょう。

現実世界を歩きまわってポケモンを捕まえて、集めて育てたポケモンを使ってジムでバトルをする、というのがこのゲームの内容となります。バトルに勝つとジムは自分のチームのものになりますが、今のところIngressのような陣取りゲームの要素はないようで、あくまでポケモンを集めて育てるという部分が主要なものとなっているのでしょう。

私は日本でのサービスが始まる前にアメリカのiTunes Storeアカウントでインストールしていたのですが、日本でのリリースはだいぶ遅れそうだという話もあったので一旦アンインストールしてしまっていました。その後予想していたよりは早く日本にも展開されましたが、あとから流行に乗るのが嫌いなので醒めた目で見ていて、

ポケモンよりも美味しいものハンターとして生きていきます。

— すずきしんすけ (@sszk) 2016年7月22日

なんてことを言っていたのですが、この時には一回アンインストールした後でした。しかし、出張から帰ってきてみると自宅マンション隣の公園にアイテムを入手できるポケストップがあり、家の中からでもアクセスできるというので、とりあえず批判するのは触ってみてからにしよう、と再度インストールしてみました。なお、今日は家で休養していたのですが、そのポケストップのおかげで家から一歩も出ること無く、というどころか自分の机を離れることなくレベル6にまで到達してしまいました。しかし、果たしてそれは楽しいのかと聞かれるとさあどうでしょうか。

このゲームはIngressのようにバッテーリーを著しく消費するので、長時間楽しむためにはモバイルバッテリーが必要と言われています。また、入手した卵を孵すためには卵によって2km、5km、10kmの距離を歩かないといけないのですが、歩くスピードでないといけないというのでアメリカ人も歩くようになった、などという話もありました。私は片道2.5kmの通勤を利用して孵してみようかと思っていますが、さすがにオジサンが歩きながらゲームをしていてはカッコも悪いので、途中でポケモンを見つけたりしても捕まえたりはしないつもりです。

しかしこれだけ勢い良く広まると飽きられるのも早いのではないかと要らぬ心配をしてしまいますが、どの程度続くでしょうか。今はアプリとしては少々荒削りな感じなので、この人気で開発が加速されることを期待します。また、歩きスマホもそうですが、車や自転車の運転中の使用は絶対にやめましょう。今後なにか大きな問題が起きてしまわないことを祈りたいものです。