カテゴリー
gadget

Amazon Fire TV Stick 4K

2年前の製品なので今さらですが、一応。
📺

我が家ではビデオのストリーミングサービスとしてはAmazon Prime Videoを利用しているだけで、NetflixHuluなどは契約していないのですが、今のところそれでも特に不満はないようです。Star Warsファンの私自身はDisney+の「マンダロリアン」はかなり観たいと思っているのですが、それだけのために契約しても無駄が大きいのでなんとか我慢しているところです。

テレビに繋がっているストリーミング再生用のデバイスとしてはPS4を使用しているのですが、この春から次男も一人暮らしするため持って行ってしまうということで、それでもPrime Videoは観られるようにしてくれと言われ、なにかストリーミングデバイスを購入しようと検討してみました。

まず選択肢はAmazonのFire TVの他、AppleApple TVGoogleChromecastとありますが、それぞれ特徴があります。主に観るのがPrime VideoとYouTubeなので、Fire TVかChromecastにするのが妥当なようにも思えますが、家族はみなiPhoneユーザーなのでそれとの親和性を考えるとApple TVも悪くありません。Chromecastは操作にスマートフォンが必要で単体では使えないということで早々に選択肢から外れましたが、結局決め手となったのは昨日から始まったタイムセールでFire TV Stick 4Kが1500円引きということでした。Apple TVとの価格差はちょうど1万円ほど、およそ3倍の値段になりますが、その差を埋めるほどのメリットは見いだせなかったということになります。

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

昨日注文して今日の午前中には届いてしまうという相変わらずの速さなのですが、セットアップも非常に簡単でした。本体をテレビのHDMI入力端子に差し込んで、USBの電源ケーブルを繋ぐだけで電源が入ってしまいます。ちょっと驚いてしまったのはWi-Fiパスワードを入力していないのに勝手にアップデートされてしまうことですが、これはEcho Spotかなにか他のデバイスで入力したものをAmazonが覚えているということなのでしょうか。しかし、その後ホーム画面はパスワードを入力し直さないと表示できなかったので、なんだかよくわからないままです。

一旦ホーム画面が表示されてしまうとあとの操作はPCのブラウザでPrime Videoを観るときとあまり違わないインターフェイスで、動作も軽快で使いやすいです。ただし、購入時にアカウントが自動的に紐付けられているので、ホーム画面の表示は私のアカウントでのものになっていて、家族のアカウントで使うためにはPrime Videoというアプリの中に入る必要があります。そのアプリ内の表示もあまりホーム画面と違うものではありませんが、私の視聴履歴などがホーム画面で丸見えなのがなんとなく居心地悪いような気がしないでもありません。

本製品自体は4K出力に対応していますが、テレビのほうが10年以上前のもので宝の持ち腐れ感があります。ただその分余裕があるというのは悪いことではないでしょう。なお、テレビの初期状態がオーバースキャン設定になっていて縁が切れてしまっていたので、これを「ジャストスキャン」に変更する必要がありました。しかし今どきのデジタル映像ソースの時代にオーバースキャンというのは必要なものなのでしょうか。オーバースキャンすることで解像感が失われることになるのではないかと思いますが。

付属のリモコンもテレビ自体の電源や音量を操作できてカーソル移動などの反応もよく使いやすいものだと思います。ただちょっと気になったのは、Fire TV自体の電源を切る方法はないのではないかということです。電源ボタンを押しても切れるのはテレビ本体の電源だけで、テレビのリモコンで電源を入れるとすでにFire TVの画面になります。それとも、Fire TVの起動がテレビ自体よりも速いためにそう見えるだけで、テレビの電源に連動しているのでしょうか。いや、さすがにそういうことですよね。

カテゴリー
misc

Star Trek: Voyager

Star Trek: Voyagerどっぷりハマれます。

アメリカでAmazon Primeに入っているとAmazon Instant Videoで一部の映画を無料で見ることができる、というのは以前「トップガン」や「デイズ・オブ・サンダー」を観た際にも書きましたが、これはTVシリーズについても同様です。もちろんアメリカのドラマだけですし、それほどなんでもあるというわけではないのですが、私にとっては「スタートレック」が全シリーズ揃っているというだけでも十分でした。

スタートレックの中でも「新スタートレック」は学生時代にCATVの「スーパーチャンネル」(現スーパー! ドラマTV)で繰り返し放送されているものを観たりはしていたのですが、たまたまその時にやっているのを観るだけだったのでエピソードがかなり飛び飛びでした。しかし、Amazon Instant Videoならば自分の都合に合わせて順に観ていくことができるというのが素晴らしいです。

せっかく観るならば今までにまったく観たことがないシリーズにしよう、ということで「スタートレック: ヴォイジャー」から観ていくことにしました。といっても、このシリーズは全7シーズン、172話という大作なので、春頃見始めて一体いつまでかかるのだろう…と思っていたのについついのめり込んで寝る間を惜しみ休みを潰して観てしまい、昨日ついに最終回を迎えてしまいました。
U.S.S. Voyager NCC-74656
ヴォイジャーというのは宇宙連邦の宇宙艦U.S.S. Voyager NCC-74656のことですが、24世紀の未来にこの艦のクルーたちが艦ごと地球から7万光年離れたデルタ宇宙域に飛ばされてしまい、そこから地球への帰還を目指して果てしない旅を続ける、というのがおおまかな設定になっています。そしてその道すがら、少しでも帰還を早めるために、また物資の補給のために様々な未知の種族と交流し、様々な事件に巻き込まれるというようなところです。7万光年というとまさに光のスピードで到達に7万年もかかる距離で、km単位で表すと6.62✕1017kmだそうですが…この艦の最高巡航速度でも70年以上かかるということなのですが、それでも諦めずひたむきに地球を目指して進んでいると、時々一気に15年分も進んでしまったりします。

この作品自体は1995年から2001年にかけて放映されたということで、ちょうど20世紀末から21世紀に入ったところまでということになります。映像としてはまだSD画質ですし、時折CGで描かれるシャトルなどはまるでアニメのようなできですが、さすがに日本のドラマとは比べ物にならないような金を掛けてしっかりと作られています。しかしなんとも苦笑してしまうのは、艦が攻撃されるなどしてダメージを受けた際に、遠隔操作されているはずのブリッジの計器パネルから火花や煙が出てきてクルーが負傷したりする、という演出です。「オリジナルシリーズ」の1960年代なら仕方なかったかなあとは思いますが、それがそのまま受け継がれているというのが面白いものです。

同じように宇宙を舞台にしたSF作品というと「スター・ウォーズ」が思い浮かぶかと思いますが、スター・ウォーズとスタートレックの間には幾つもの違いがあり、まったく似て非なるもの、というより似ても似つかないものです。スター・ウォーズはあくまでファンタジーであり、地球から遠く離れた銀河のどこかでのいつの時代かの出来事を描いた映画作品であるのに対し、スタートレックは21世紀以降の地球を舞台の中心としたTVドラマシリーズがベースです。のべ何百話にも渡るTVシリーズであるがゆえに様々なエピソードで明らかになる細かな設定が相互に関わりあっており、緻密な世界を作り上げているのです。

ということで、観終わってしまうとなんだか抜け殻のよう…とまでは言いませんが、もうあの登場人物たちに会うことはできないのかと思うと寂しく思えてきてしまいます。そこで早速別のシリーズで気を紛らわそうと思うと、今度は22世紀を舞台にした最新のシリーズ「スタートレック: エンタープライズ」でしょうか。あまり人気が出ずに打ち切られてしまったというのがちょっと気になるところですが、まあつまらないということはないでしょう。期待したいと思います。

カテゴリー
misc

Super Bowl 2012

Super Bowl XLVIアメリカ人が夢中になるのもちょっとわかった気が。

アメリカで2月の第一日曜日は何の日か、というとテレビ中継の視聴率が40%を超えるという超人気イベントであるSuper Bowlの日です。アメリカンフットボールのプロフェッショナルリーグであるNFLの優勝決定戦となる試合ですが、メジャーリーグやNBAを凌ぎアメリカで一番の人気を誇るプロスポーツの最高峰ですから、大変な盛り上がりとなります。このテレビ中継のスポンサー各社はここで流すためだけに高額な制作費をかけてCMを製作したり、ハーフタイムショーには超一流のアーティストがノーギャラで出演したりとまさに特別なイベントとなっています。

ということで、私はSuper Bowlという名のボウリング場で行われたボウリング大会に参加してきました…というのは冗談ですが、デトロイト日本商工会主催のボウリング大会があったので、同僚らと参加してきたのは本当です。私自身のスコアは2ゲームの平均が140を越えたので調子は悪くなかったのですが、優勝チームの平均は200を大きく上回っていましたので全く手に負えません。その人達は日頃から練習を積んでいるそうなので、年に1度や2度しかやらないような私達が対抗できるわけもなかったのでした。それはともかく、このあとSuper Bowlの観戦会をやるのでうちに来ないかとN君が誘ってくれたので、今自宅にテレビのない私にとっては願ってもない誘いということでお邪魔してきました。

しかし、アメリカンフットボールというのは多くの日本人にとってはあまり馴染みのないスポーツで、私も学生の頃に覚えたルールをすっかり忘れてしまっていました。はじめのうちは試合を観ていても何が目的なのだったかがさっぱりで着いて行くことができなかったのですが、しばらく見ているうちに思い出しました。まあ要するに攻撃側はボールを前へ運べばいいわけですが、色々と形式化されている所があって他のスポーツとはかなり異なる独特なものがあります。特に、同じ「フットボール」でありながらサッカーとの違いは大きく、そもそもフットボールなのに足でける場面はそれほど多くありません。

今回対戦したのはNew York GiantsNew England Patriotsという東海岸のチーム同士だったので、他の地域の人達はどちらを応援するのかも難しかったのではないかと思いますが、PatriotsのクォーターバックであるTom Bradyミシガン大学出身だということで、ミシガンの人の多くはPatriotsを応援しているのではないかという話でした。ということで私もPatriotsを応援してみたわけですが、終盤まで勝っていたにも関わらず決定的なプレイで逆転され、結果は残念ながらGiantsの勝利に終わりました。しかし、終了間際まで再逆転の僅かなチャンスを残した緊張感のある試合となり、素人目にもさすが最高峰の試合と感心してしまいました。

またもう一つ楽しみにしていたのが、今回のハーフタイムショーがMadonnaだったということです。つい先日ニューシングルの発売とニューアルバムの先行予約を開始したところで、そのアルバムのプロモーションのための出演ということなのでしょうが、やはり非常に金のかかったステージとなっていて、短い時間でしたがMadonnaらしいショーが見られて嬉しかったです。来年はおそらく自宅で家族で観ることになるかと思いますが、このハーフタイムショーに誰が出演することになるのか、そしてもちろん対戦することになるチームがどこなのか、今から楽しみです。