Archives

姫路観光

満喫してもらいました。

私は新卒で今の会社に入って最初の配属で来て以来、もうかれこれ25年兵庫県姫路市に住んでいます。それまでは高校の修学旅行で北陸に行った帰りに京都で新幹線に乗ったのが私にとっての日本最西端だったので、最初はいろいろカルチャーショックを感じていたものですが、さすがに25年も経って人生の半分以上をここで過ごすようになり、生まれ育った東京よりも落ち着くようになっています。

しかし、いわゆる関西からは外れの方になるので、なかなか友人が遊びに来てくれるということもありません。そんな中、最近大阪に転勤になった中学校時代の友人が城好きで、姫路城に行きたいということで、もう一人の友人と二人で遊びに来てくれることになり、一日案内というか一緒に回ることになりました。

当日は9時半に姫路駅で待ち合わせて、まず最初に何はなくとも姫路城に向かいました。週末にしょっちゅう城の前まで散歩している私も天守閣の中に入ることはあまりなく、これまででも数えるほどです。特に、平成の大修理の後、それまで300円だった登閣料が1000円に値上がりしてからはあまり気楽に行けるものではなくなりました。なお、修理直後には日本全国のみならず世界中から観光客が殺到して連日数時間待ちの列となっていたものですが、今では落ち着いて待ち時間はほぼゼロとなっているようです。また、「白過ぎ城」と揶揄されるほど真っ白に見えた天守閣も今はだいぶ自然な感じになっています。

西の丸の百間廊下と天守閣を見たあと、三の丸広場へ降りるとちょうど12時近くになっていたので、外堀の内側にある私の行きつけのカレー店、Spiceスエヒロで昼食を摂りました。こちらのカレーは極力油を抑えて作っているとのことで、とても優しい感じで野菜の甘味が活かされたものになっています。特別辛いわけでもないのに体の内側から熱くなって汗が吹き出してくるのはスパイスの効果でしょう。

カレーのあとは姫路第二の観光スポット、書寫山圓教寺へと向かいました。西の比叡山と呼ばれる格式の高い寺で、弁慶が修行したとも言われているとのことですが、近年では「ラストサムライ」「本能寺ホテル」「関ヶ原」といった映画や、NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」「軍師官兵衛」の撮影が行われました。姫路市の北西部にあり、姫路駅からはバスで30分ほどの山麓からロープウェイに乗ることができます。このバスとロープウェイのセット券を神姫バスの姫路駅前案内所で購入しておくと少々割安で、一度に購入しておけるので便利なので、今回も予め購入しておいて利用しました。ロープウェイを降りてからはちょっとした上り坂がありますが、足腰に自身のない人はマイクロバスに乗ることも可能です。

姫路城に比べると書写山はまだあまり知られていないのかひっそりとしていますが、下界の喧騒から離れて鳥や虫の鳴き声を聞きながらゆったりと過ごすことができ、時間の流れを忘れることができます。また、舞台造りの摩尼殿や、大講堂、食堂、常行堂からなる三之堂など重厚な木造の伽藍などは国の重要文化財に指定されており、歴史の重みを感じさせる見事なものばかりです。これらは京都の下手な寺社よりも見応えのあるものだと思うので、もっと宣伝してもいいのではないでしょうか。

書写山で一通り見て回ったあとは下山してバスで姫路駅前に戻り、天然氷のかき氷 ひめじ官兵衛堂でかき氷を食べて一休みすることにしました。このお店は以前は姫路市南部の離れたところにあったのですが、一昨年に姫路随一の商店街であるみゆき通り商店街に移転したため、行きやすくなりました。その分夏場の行列は激しくなっていますが、この時期であればまだそれほどでもなく、この日は私達の前に4組ほど待っていた程度で、15分ほどで席につくことができたかと思います。私はこちらで「まさかのバレンタイン」という中年のおじさんには注文しづらい名前のものを食べ、これもとても美味しかったのですが、それ以上に友人の「いちごみるく」はフレッシュないちごが使われていてさらに美味しかったです。

ということで、このあとはもう6時近くになっていたので友人らも帰途に就きましたが、姫路を楽しんでもらえたようで良かったです。私自身も一人では天守閣には登りませんし、ひめじ官兵衛堂はさすがに一人では入りづらいので良い機会でしたし、何より古い友人らと気を使わずに話ができてとても楽しかったです。さらに、この記事がこれから姫路を訪れようとしている方の参考になれば何よりです。

書寫山圓教寺

お城だけではありません。

(ちょっとレイアウトが上手くいかず、読みにくくて申し訳ありません)

私の自宅は兵庫県姫路市にあるのですが、姫路といえば何といっても世界遺産で国宝の姫路城です。ここ数年、特に昨年大規模保修工事が終わってからは海外からの観光客もたくさん訪れるようになっていて、大変な賑わいとなっています。しかし、皆姫路にやって来てもお城を観たらすぐに次の観光地へと移動してしまうので、なかなか市内にお金が落ちていかないのではないかと思われるのが残念です。

では一体何があるというのかですが、姫路市内のもう一つの名所と言えるそれは、城から見て北西の方向にある書寫山圓教寺です。比叡山、大山と並んで天台宗の3大道場と呼ばれた格式の高い寺で、かつては京都からわざわざ天皇や鳳凰も訪れていたとのことです。

この圓教寺には姫路駅から書写ロープウェイ行のバスに乗り、終点の書写駅バス停から書写山ロープウェイに乗り換えます。また、ロープウェイ山麓駅のそばには無料の駐車場もあるので、車で行っても年始などでなければ停める場所に困ることはないでしょう。

ロープウェイの乗車時間は4分ほどで、山上駅で降りてから25分ほど参道を登ると摩尼殿にたどり着きます。また、山上駅を降りるとすぐ参拝料を支払うところがあるのですが、ここで500円余分に払うと摩尼殿そばまでのマイクロバスに往復乗ることができますので、歩くのが辛い人や時間のない人はこれを利用すると良いでしょう。

摩尼殿は京都の清水寺のような舞台造りの建物になっています。清水寺ほどの規模ではありませんが、趣では負けていないのではないかと思います。昔の人はなぜわざわざこんな斜面に建てたのかと不思議に思えますが、現在の建物は1933年に完成したものだそうで、実はそれほど古いものではありません。したがって、一番立派な建物に見えながら、重要文化財には指定されていません。

一方、さらに先へ歩くと大講堂と食堂(じきどう)、常行堂という3つの建物が並んでいます。これらは14世紀から15世紀に建てられたもので、いずれも重要文化財に指定されています。食堂は一般公開されていて自由に中に入ることができますが、これだけの大きさの総二階だての仏堂というのは珍しいものだそうです。また、この建物はいろいろな映画の撮影にも使われていて、最も有名なのがラストサムライです。この撮影の際にはTom Cruiseも姫路に来たということで騒ぎになったものですが、さすがに街中を普通に歩いたりはしなかったようなので私が見る機会もありませんでした。

これらの他にもいくつもの建物があり、そのうち重要文化財に指定されているものも少なくありません。また自然が残されていて、本当に山の中に建物が建っているような形になっていますので、ちょっとしたハイキング気分も楽しむことができます。さらに、ロープウェイに乗らずに山麓から歩いて登ることももちろんできるので、軽い登山を楽しんでもいいと思います。

ということで、昨日妻と二人で紅葉を見に行ってきたのですが、紅葉はピークを過ぎてはいたもののまだきれいな木も残っていてなかなか楽しむことができました。来週末にはもみじまつり(PDF)も予定されていて賑わうのだろうと思いますが、残念ながら紅葉自体には若干遅いものの、ライトアップも行われるのでそれなりに美しい紅葉を楽しむことができるのではないでしょうか。

ラスト サムライ [Blu-ray]

¥ 838

(2016-11-20現在)

京都大原三千院

まったくの通りすがりでしたが。

梅雨というのはこんなに雨の日が多かったかと帰国して改めて感じているところですが、先週末は梅雨も開けたかと思うくらい良い天気で、日差しの強い真夏日でした。土曜日には数週間ぶりにドライブに出かけることにしたのですが、車に乗っている限りは雨が降ろうが猛暑だろうが快適なものですが、晴れている方が景色もよく見えていいに決まっています。

行き先はいつもどおりあまり考えず、なんとなく京都市街地の北から比叡山辺りへ行ってみようと思っていたのですが、京都市に西から入って嵐山を抜けて、嵯峨から東へ向かって仁和寺、龍安寺の前を通るといい雰囲気で朝から観光客も多く、これまで一度も訪れたことがないので行ってみなければという気になりました。しかしこの日はちょっと暑すぎるので、涼しい時期に改めてということにしました。

比叡山へというのは「なんとなく」思っていただけなので下調べも全くしていなかったので、延暦寺へ行くには比叡山ドライブウェイという有料道路を使わなければいけないということもすっかり忘れていました。通行料金は全線3920円と結構高額ですが、それ以前にカーナビを叡山ケーブルの駅に設定してしまったので、国道367号を走ってしまっていました。気づいた時にはもう遅かったのですが、その先に京都大原三千院の標識が見えてきたので、そちらへ立ち寄ってみることにしました。

三千院も名前を聞いたことがあるくらいで何があるのかよくわからなかったのですが、ウェブサイトを見てみると夏は苔の緑が美しそうで、あくまでドライブのついでなのでたとえそれだけでも十分です。国道から脇へ入るとすぐに駐車場がいくつもあって、三千院へはちょっと坂を登らなければならないようでしたが、1日300円からという安さなので手近なところに停めて歩いてみることにしました。坂を登って行くと木々の緑や川のせせらぎでだんだん風情が出てきます。周囲には茶屋や土産屋もいくつか並んでいましたが、それらには目をくれず三千院に入ります。

拝観料を払って中に入ると、建物の中は撮影禁止ということなのが残念ですが、建物自体は明治のもののようなのでそれほど価値のあるものではなさそうです。しかしきれいに整備された庭に出てみると、鮮やかな緑の苔が一面を覆っていて、梅雨時の晴れ間というのは最高の季節だったかもしれません。また「わらべ地蔵」なる可愛らしい地蔵が所々にいて、なんとものんびり穏やかで心が静まる感じでした。さらに先に進むとアジサイ園になっているので、写真を見ると紅葉の時期や雪景色も捨てがたいとは思いますが、やはりこの時期が最高だったのかもしれません。

三千院から登ってきたのとは反対方向へと抜けると実光院や勝林院という別のお寺がありますが、その脇を抜けていくと束の間なんとものどかな田舎の風景になってしまいました。その辺りに地元大原のしば漬けの店、志ば久の看板が出ていたのでその本店へと回り道をして、家族への土産に3パック1000円のお買い得品を選んで見ましたが、帰っていただいてみるととても美味しくて良かったので、大原土産にはしば漬けがお薦めです。

実は三千院の目の前にある駐車場が400円だったのはちょっと騙された感じでしたが、こうして回り道をすると結局最後に登って戻らなければいけないので、ちょっとした散策にもなるので下の駐車場でも悪くなかったと思っています。

車に戻ってみるとすごくお腹が空いていたので近くに良い店はないかと調べてみたのですが、非常に数が限られていてピンとくるものがなかったのでとりあえず国道を北上してみたのですが、結局福井県に入ってから小浜のかねまつという店で美味しそうな海鮮丼が食べられるということがわかったのでそちらへ向かってみました。

私が注文したのはちょっと贅沢に1500円の「てんはま丼」というものだったのですが、上からはまったくご飯が見えず魚介で覆われていて、食べてみてもよくあるちらし寿司のような海鮮丼と比べると圧倒的に魚介が多い異常なバランスでした。その具も新鮮なウニ、イクラ、カニ、ハマチ、イカ、甘エビといったもので、これらがふんだんに食べられる大変に贅沢な丼でした。他にも刺身定食や焼き魚など多様な海鮮メニューがあってどれも美味しそうだったので、ぜひ全家族で訪れたいお店でした。

お腹も満足したところでこの後はのんびり自宅へと向かい、この日走ったのは400kmあまりとなりましたが、やはり日本海側は海岸沿いの市街地を除けば道路が空いていて走りやすく、一方京都市内はいつも混んでいてとても疲れるのでこの日も朝のうちに市内は抜けるようにしたのが正解で、とても快適なドライブとなりました。早起きは三文の得、とはこのことでしょうか。