Archives

ホワイト国

子供の喧嘩じゃないんだから。
📦

日本と韓国との関係第二次世界大戦終結以降良かったことはないのだろうと思いますが、現在のムン政権ではいわゆる徴用工問題をこじらせてなかなかややこしいことになっています。まあ大体隣国との関係が良いというのは珍しいことで、本当に仲が良いなら国境線など引く必要もないわけです。アメリカとカナダの関係は良好に見えますが、それでも互いに受け入れられないものはあるはずです。

外交問題についてはそれぞれの言い分もあるのでどちらが正しいというだけでは解決しないと思いますが、最近話題になっているいわゆる「ホワイト国」について、韓国側の対応が理解できないのでちょっと取り上げておこうと思います。

「ホワイト国」というのは安全保障貿易管理の一環として「外国為替及び外国貿易法」、いわゆる外為法に基づく「輸出貿易管理令」で定められている「キャッチオール規制」で、優遇措置対象の国々に対する呼称として使われていた名称です。これについて8月28日から、これまでのホワイト国を「グループA」、非ホワイト国を「グループB/C/D」に区分し、この分類において大韓民国をグループBに分類する、ということが8月2日に閣議決定されたというわけです。

ここでいう「優遇措置」というのが何なのかがポイントですが、大量破壊兵器の開発などに利用・転用されるおそれがないかという審査を省略することができる、というのがその内容です。つまり、あくまでも安全保障上の管理であるため、グループAから外れたとしても審査が厳しくなるだけで、一般的な貨物の輸出であれば手間がかかるという以上の問題はないはずなのです。もちろん手間がかかるということは経費がかかるということになりますので、商売として不利になってしまうことはありますが、どうしても日本からでないと購入できないということでなければ、それは輸出する日本側の競争力が低下するということでしかないのではないでしょうか。

これに対して、韓国側が報復措置として日本をホワイト国に相当する分類から外すことにした、というのがわけがわかりません。堂々と「報復である」と表明してしまうのも意味がわかりませんし、半導体など韓国が売りたいものは対象外にする、というのも何をしたいのか不明です。日本が韓国から買えなければ困るようなものはサムスンの半導体くらいでしょうから、困るのは他の韓国企業だけなのではないでしょうか。

今回の騒動のそもそもの発端は、キャッチオール規制の前に審査が必要なリスト規制の対象品目であるフッ化ポリイミドについて「不適切な事案」があったためということになっています。この「事案」について具体的な説明はなされていないのですが、私はこれについて韓国側への配慮で伏せられている可能性も考えています。いくらなんでもこんな大事になることがわかっていることをでまかせで言うわけがないので、公表されると困る人がいるから明らかにしないのでしょう。

ただ、韓国側から見ると自分たちが悪者であると言われているのと同じなので、国民感情として反発してしまうのも理解できます。しかし、こんな幼稚な報復では問題が解決に向かうはずもないので、韓国政府にはもう少し考えて対応してもらいたいものです。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。