「news」タグアーカイブ

ペリカン便終了?

ペリカン便言いっぱなしでいいの?

私もAmazonで購入した商品の配達ではいつもお世話になっている日通ペリカン便ですが、先日の朝日新聞朝刊に「『ペリカン便』引退 日通、『ゆうパック』に一本化」という記事が大きく取り上げられました。曰く、

日本通運の宅配便事業のブランド「ペリカン便」が、約30年の歴史に終止符を打つ見通しになった。日本郵政グループの郵便事業会社との事業統合に伴い、両社がブランドを「ゆうパック」に一本化する方針を固めたためだ。

ということで、なんだか残念に感じられてしまいました。

しかしこれに対し日本通運からは「本日の一部報道について」として

 本日、一部の報道機関より、日本郵便との宅配便事業統合に伴う商品ブランドについて、報道がなされておりますが、当社として発表したものではありません。
 現在、報道にあるような事実はありません。

という発表があり、否定されています。まあこういう時は仮に事実であっても発表前に漏れてしまった場合は大抵否定されるものですが、「報道にあるような事実はありません。」という表現はあまり見ないような気がします。実際のところはどうなのでしょうか。

朝日新聞の記事の方を改めてよく読んでみると、あくまで「見通し」だとか「方針を固めた」という言い回しであり、断定的なことは何一つ言っておらず、いかにも情報量の少ない中で記者が組み立てたストーリーのように感じられ、実は新しいことはほとんど書かれていませんが、見出しはセンセーショナルです。また、「ペリカン便」の方が「ゆうパック」よりも実績で大きく上回っているのにもかかわらず、ペリカン便の方がなくなってしまうというのもどうも腑に落ちません。

今回の報道により日本通運の株価にも大きな変化はないようですが、何かしら得をした人、損をした人がいるのではないでしょうか。もしもこの報道が事実無根なものであった場合でも、新聞社としては何ら謝罪はもとより訂正もしないものなのでしょうか。どうもマスメディアは「知る権利」や「報道の自由」と権利ばかりを振りかざしているような気がしてならないのですが、私の見方が歪んでいるだけでしょうか。

朝日新聞には続報として「日通の『お荷物』終幕 ペリカン便、シェア低下響く」というえらい言い方の記事が掲載されているのですが、今のところ他紙では何も報じられていないようです。GIGAZINEでも「ペリカン便消滅は本当なのか、日通に電話してみた」ということですが、日通には完全否定されています。仮にペリカン便が単体で赤字なのが事実だとしても、だからといって終了ということにはならないと思いますが、本当のところはどうなのでしょうか。ちょっと気になるところではありますが、答えは遅くとも日本郵便との宅配便事業統合の新会社が設立される6月1日にははっきりするのではないでしょうか。

「アイワ」ブランド終了

AIWA私も大変お世話になりました。

かつては独立したオーディオ機器メーカーとして存在し、やがて資本提携を経てソニー吸収合併されたアイワのブランドにはお世話になったという人も少なくないのではないかと思いますが、ついに先日ソニーがアイワブランドの製品出荷を完了したと発表しました。

アイワというとかつてはリーズナブルな価格で高品質な製品を提供するブランドとされていたのですが、その後低価格でユニークな製品のブランドとなり、最後はソニーの廉価ブランドに成り下がってしまっていました。それでも最後までソニー本体からは商品化できないような企画の製品を繰り出してきていたので、一定のファンがいたのではないでしょうか。

私にとってアイワといえば高校入学の頃に買った「倍速ダビング機能のついたオートリバースのダブルデッキラジカセ」と、高校卒業前に買った「Dolby C対応のヘッドホンステレオ」が印象に残っていますが、その他にもいくつか購入していたはずです。前者はフルサイズコンポのカセットデッキを購入するまで愛用していて、その後はオーディオの付いていなかったアルトに縛り付けてカーオーディオとして使っていましたが、結局ずっと壊れずに働いていたもののどうしたか記憶にありません。ヘッドホンステレオの方は高音質で満足していたのですが、扱いが雑だったせいもあってあまり長持ちしなかったような気がします。

「デジタル化の波に乗ることができなかった」というのがアイワブランド終息の原因とされていますが、特に国内のポータブルオーディオの市場では一人勝ちのAppleとそれに続くソニーとでシェアの9割ほどを握ってしまっているということですから、アイワに限らず他のオーディオメーカーも全く勝負になっていない状態です。またその他のオーディオ機器についてもコンポというものはすっかりマニア向けの商品になってしまい、既にオーディオだけで商売になるものではなくなってしまっているのではないでしょうか。ケンウッドビクターが経営統合に至ったのもこうした環境の変化によるもので、業界の再編はまだまだ続く…というより業界そのものの存続さえ危ういのかもしれません。

こうして馴染みのあるブランドが消えていくというのは寂しいものですが、時代の変化に伴いこれまでに消えていったブランドは数知れないものです。今後もまた新たなブランドが生まれては消えていくのでしょう。「アイワ」の名も数年もすればすっかり忘れ去られてしまうのでしょうか…まあ私もここ数年はすっかり忘れてしまっていましたが。

三菱樹脂 XTRAICE

三菱樹脂これなら一家に一面…は要らないか。

最近は朝起きて、新聞を読む前にGoogle Readerでニュースをチェックしてしまうので、私にとって紙メディアとしての新聞の価値というものがほとんどなくなってしまっているのですが、asahi.comで新しい情報を得ることもあるので情報源としてはまだ今のところ新聞社自体の存在意義があるようです。そんなasahi.comで今朝見つけたのが「氷じゃないスケートリンク 本物の味わい 三菱樹脂販売」という記事です。せっかくこうしてリンクを張ってもそのうちこのリンク先ページが消えてしまうかと思うと何なのかなとも思いますが…

さて、この三菱樹脂が販売する「XTRAICE(エクストラアイス)」という商品は、

スペインセビリア大学機械工学部及び研究機関の協力を得て、ポリオレフィン系樹脂をベースに開発された氷を必要としない新世代のスケートリンク素材商品です。

という何やら凄いもののようですが、

平坦なスペースにパネルを敷き、専用ワックスを散布するだけで、面積や場所、季節を問わず、簡単にスケートリンクを作ることができます。滑走性も本物の氷に限りなく近く、異なる温度・天候でも変わらない耐久性を有し、特別なスケート靴も必要ありません。

ということで、浅田真央安藤美姫らの活躍のおかげで人気のあるらしいスケートが手軽にできるようになりそうですし、特に基礎の段階での選手の養成、日頃の練習にはもってこいではないでしょうか。

プレスリリースにも

近年、アイススケート競技の人気上昇に反してスケート場の数は減少しています。

とありますが、私の地元にあったスケートリンクも惜しまれながら最近閉鎖されてしまい、一番近いスケートリンクがどこにあるのかもさっぱり分からないような状況です。これでは「スケートをしたい」とか「子供にスケートをさせてやりたい」と思ったときにどこに行けばいいのかもさっぱり分からず、どんどん人々がスケートから遠のいてしまうのではないでしょうか。とは言っても、この地元にあったリンクにも私は1度しか行ったことがないので偉そうなことは言えず、皆がその調子では運営も難しかったのでしょうが、このXTRAICEなら維持費がかなり安く上がりそうですので復活もあり得るかもしれません。

ただちょっと気になるのはやはりメンテナンスの面です。「専用ワックスを散布するだけで」とされていますが、この専用ワックスというのがどの程度の価格になるのかが鍵になります。また、滑走面自体の耐久性も心配なところで、スケートのエッジで傷がついてしまうようなことはないのか、素人が無茶なことをしても大丈夫なのかというところが気になります。これらがクリアできるのであれば、多少初期費用が高くついたとしても導入が進んでいくことになるのではないでしょうか。

とはいえ、屋外への設置には向かないでしょうから、公園や遊園地などで冬季に開設される屋外スケートリンクまでも置き換えるものにはならないでしょうね。屋外には晴れ渡る冬空の下で滑る気持ちよさがありますから、これはこれで欠かせないものです。特に中高生のデートスポットとしては定番…なのは昔の話でしょうか。

ということで新聞もまだまだ捨てたものではないのですが、まず改善してもらいたいのは問い合わせ先などを掲載してくれないことです。電話番号などを載せてしまうと問い合わせが殺到し迷惑を掛けるということもあるかもしれませんが、URLも載せないというのはインターネットにメディアの主役の座を奪われたくないからなのでしょうか。まあ検索すればすぐに分かることなのでいいといえばいいのですが、一手間かかります。またもう一つの問題は、何ヶ月も前の話題を「ニュース」としてそしらぬ顔をして掲載することがあることで、既にネットで知っていた私はデジャ・ヴかと思ってしまいます。確かに知らない人にとっては新しい話題なのでいいのかもしれませんが、「新聞」だからといって新しいことばかりではないと思わなければいけませんね。