「tokyo」タグアーカイブ

AKIRA 4K デジタルリマスター版

「さんをつけろよデコ助野郎!」
🐻

1988年7月に新型爆弾が使用される第三次世界大戦が勃発し、そこからの復興を果たし翌年にはオリンピック開催を控える2019年のネオ東京を舞台に、金田をリーダーとする暴走族の一団が巻き込まれた軍事機密をめぐるアーミーとゲリラの争いと奇妙な展開を描いたSFアニメ映画の金字塔「AKIRA」は物語の設定と同じ1988年の作品ですが、当時高校生だった私も友人に連れられて観に行ったものの、原作マンガを読んでいなかったこともあって内容があまり理解できなかったように記憶しています。というよりも、ただダイナミックな映像に圧倒されてしまったような気がします。

それから実に30年以上の月日が経過し、もちろん第三次世界大戦は起こりませんでしたし、東京湾のほとんどが埋め立てられるようなことにはなっていませんが、物語を追い越して2020年を迎えてしまいました。あの「金田のバイク」のようなハイパワーな電動二輪車もまだ実現していませんが、大きく進化した映像技術で蘇らせた「AKIRA 4K デジタルリマスター版」が劇場公開されているということで、高校時代を懐かしみながら…というわけではありませんが、私も観に行ってきました。

地元シネコンの中でも特に大きなスクリーンでの上映となっていましたが、当時の35mmフィルムを元にリマスターしたものということで、さすがに最近のフルCGアニメのような解像感はなかったものの、30年も前の作品とは思えない鮮やかな映像でした。おそらく今のAI技術などを駆使すれば、金さえかければもっとパリッとした映像にできるのではないかと思いますが、それはまたオリジナルに手を加えた別のものになってしまうので、あまり歓迎されないかもしれません。

内容について改めて語ることはないかもしれませんが、当時の記憶はすっかり抜け落ちていたので新鮮な気持ちで楽しむことができましたし、自分も成長したのかストーリーもしっかり理解できたように思います。また、内容的に古さを感じるようなところはほとんどありませんでしたが、強いて言えば人々がスマートフォンを使っていないということくらいですが、未来に生まれるものは予見できなかったとしても、廃れるであろうものは予想できたということなのでしょうか。まあSFですから基本ですね。

実は私は数年前にブックオフで原作単行本のセットを大人買いしたのですが、ありがちなことに買ったことに満足してまだ読んでいません。この単行本が大判サイズで小口が着色されていたりして、なんともかっこいいのですよね。しかし、映画は単行本の4巻までの時点で製作されていて、エンディング部分は映画オリジナルらしいので、原作の方も読む必要があるということが今回調べてわかりました。

なお、本作は昨年一度ハリウッドで実写映画化が発表されたものの、脚本とキャスティングに難航して無期限保留となってしまったようなので、なんとか再開にこぎつけてもらいたいものです。しかしAKIRAをAKIRAとして出すためには、登場人物は日本人か日系人、もしくは東アジア系の俳優にしておかないと昨今の情勢が許さないのでしょうね。確かに日本人俳優でとなるとキャスティングは難航どころか遭難してしまいそうです。

東京往復ドライブ 食事編

海幸 まぐろの切り出し丼何はなくとも食は大事。

今回の東京往復ドライブはなかなか過酷なものとなってしまいましたが、それも美味しいものが食べられれば救われるものです。道中ではなるべくその地のものを食べられるようにしていますが、今回はまあまあうまく行ったように思います。なお、スターバックスには何度も行きましたが、それは除いています。

まず行きの昼食は御前崎の海鮮なぶら市場に入っている、魚屋が経営しているという寿司店海幸の「まぐろの切り出し丼」です。ここはプラスチックの容器に入れられて持ち帰りも可能なカジュアルな店で、丼も500円からあるのですが、切り出し丼は980円となっています。新鮮なマグロが文字通り山盛りとなっていて、たっぷり味わうことができてこの値段というのは実にお得感があります。容器がチープであることだけが難点ですが、それで何百円も高くなるよりはこの方がいいでしょう。
さわやか げんこつハンバーグ
夕食はちょうど静岡にいる時に思いついたらすぐ近くにあった炭焼きレストランさわやか静岡瀬名川店で名物のげんこつハンバーグをいただきました。250gとボリュームたっぷりのハンバーグをレアでいただけるのに税別980円というのは企業努力も相当あるでしょう。美味しさは間違いありません。前回は大型連休のランチタイムだったので1時間以上待った記憶がありますが、さすがに平日の夜はガラガラだったので一人でも気を使わずに済みました。
揚州商人 ネギラーメン
2日目の朝晩は実家で食べたので昼食だけ外で食べることになったのですが、昼食のつもりで食べたスターバックスのサンドイッチではやはり足りず、4時頃に空腹に耐えられず近くにあった揚州商人飯田橋ラムラ店にフラフラと入ってしまい、ネギラーメンを食べてしまいました。揚州商人は首都圏の4都県にのみ展開されているチェーン店ですが、以前出張で滞在していた新横浜で見つけて以来、私のお気に入りとなっています。地元にもできたらいいのにとは思いますが、無理はしないでもらいたいです。
紅さくら 高遠そば
帰路では昼食に高遠紅さくらという店で30分ほど待って高遠そばを食べました。もともと高遠が信州そばの発祥の地だったようですが、地元の人は自分たちでそばを打って食べていたので蕎麦屋ができたのはつい最近のことだそうです。今回訪れた紅さくらも1年前にできたばかりの新しいお店でしたが、川沿いのとても気持ちのいい店で美味しくいただくことができました。なお、高遠そばの食べ方の特徴は焼き味噌と辛味大根をそばつゆに混ぜて食べるということのようですが、薬味のミョウガも効いて実に良かったです。また、そばには小鉢がいくつかとデザートが付きますが、この日のデザートは凍らせた柿で、これも甘くて美味しかったです。
台湾ラーメン大吉 特製台湾まぜそば
最後に、夕食は岐阜市内で食べることになったのですが、岐阜ならではというとなんだろうということで思いついたのが台湾ラーメン大吉です。台湾ラーメン自体は名古屋めしとされていますが、名古屋文化圏にある岐阜にその名店があるということです。私はちょっと汁物は暑かったので台湾ラーメンは避けて、そこから派生した台湾まぜそばを食べることにしました。熱々の麺にピリ辛の肉味噌と卵黄を薬味と一緒に絡めて食べるというものですが、さすがに順番待ちが耐えない名店だけあってとても美味しかったです。周りの人は皆ラーメンを美味しそうに食べていたので、私も次があれば試してみたいと思いますが、まぜそばも期待以上に良かったと思います。

ということで、ちょっと麺類の割合が高くはなりましたが、特徴的な美味しいものをいろいろ食べられて、食の面でも満足の旅となりました。最初の御前崎以外は行き当たりばったりなのですが、結果的に良い店を見つけられたのは幸運でした。

第45回東京モーターショー2017

東京モーターショー2017車の売りは何なのか。

学生時代から、おそらく運転免許を取得してから自動車好きとなり、それが高じてなのか何なのか一応自動車関係の仕事をしている私にとって、東京モーターショーといえば2年に一度のお祭のようなもので、以前は毎回欠かさず見に行っていました。しかしそれも2005年の第39回までのことで、理由は忘れましたが2007年には行かず、そして2008年のリーマンショックの直撃を受けた2009年の第41回では規模が大幅に縮小されて海外メーカーのほとんどが出展を取りやめてしまったこともあって入場者数が激減するという大変な年でした。私は主に輸入車を楽しみにしていたのですっかり意気消沈してしまい、このあとも自然消滅的に見に行かなくなってしまったのでした。しかし今年はなぜかふと思い立ち、2005年以来5回12年ぶりに足を運んでみました。

私が行っていた頃の会場は幕張メッセだったのですが、東京ビッグサイトができて移転してからの参加も初めてとなります。そういえば晴海の東京国際見本市会場へも父に連れられて行ったのをなんとなく覚えています。東京ビッグサイト自体には他のイベントで何度か行ったことがありますが、ここはホールが東西に分かれてしまっていて渡り廊下がちょっと長いので、その点はだだっ広い幕張メッセの方が良かったような気がします。私はJR埼京線から直通のりんかい線に乗って行ったのですが、開場が9時だと思い込んでいてちょうど9時に到着する電車で行ったため、会場前で1時間近く待つはめになってしまいました。しかし、開場時刻にはかなり多くの人が並んでいたので、結果的にスムーズに入場できたのは災い転じて福となすということでしょうか。

今回、まずは一番混みそうなトヨタを最初に見ておこう、と行ってみたのですが、ここでまず失望を味わうことになりました。そもそも私はトヨタ車が好きではないのですが、それは別として、がっかりしたのは技術展示が「まったく」無いということでした。市販車を見るならショールームにでも行けばいいことですし、コンセプトカーのハリボテを見ても私には何も面白いことがありません。そのコンセプトカーにどのような技術が込められているのか、というのが見たいところなのではないでしょうか。

しかしこれはトヨタに限ったことではありませんでした。他の多くの自動車メーカーが似たようなもので、ただ一社違っていたのがマツダです。マツダブース内で一番の人だかりができていたのはコンセプトカーでもレース仕様車でもなく、SKYACTIV-Xのエンジンです。SPCCI(火花点火制御圧縮着火)なる新しい燃焼方式で究極の燃焼効率を目指しているもので、技術そのものへの関心のみならず、純粋に技術で勝負している姿勢も多くの来場者の注目を集めていたのではないでしょうか。

また、今回の各社のブースではVRを使用した展示がかなり目立っていて、どこでも順番待ちの行列ができていました。しかし、これは目新しさで人を集めているだけで、コンテンツはともかくVR自体は自動車の技術とは直接関係のないものなので、私には白けるばかりでした。ただ、列に並ぶ気になれず体験していないので、実際に見てみるといいものだったりしたのかもしれませんが、そんなに並ばなければわからないようなものが良い展示であるとは言えないと思います。

ちなみに、実は一番楽しみにしていたMINIが出展していないというのは行ってみてから知ったという愚かしさで、今回は下調べをあまりにサボりすぎたと少々反省しています。しかし、一応一通りカーメーカーのブースは見て回りましたが、若い頃のように心躍るようなものはなくて、もう次はやっぱりこないかな…という感じです。インターネットのおかげで会場に行かないとわからないような情報はほとんどありませんしね。