Archives

ナナガンと千里川土手

港大橋早起きは三文の徳

最近、歳のせいだけではなく朝型の次男が試験前で勉強するために早起きするためもあって、眠りの浅い私はやけに早い時間に目が覚めてしまいます。もう木曜日で試験も終わったので熟睡できるかと思いきや、そういうペースになってしまったようで今朝も日曜日だというのに5時前に目覚めてしまいました。先週の日曜日も同じくらいの時間に起きてしまったのですが、せっかく早起きしたのだからと5時半頃に家を出て、早朝から大阪へドライブに行ってしまうことにしました。
ナナガンのボラード
目的地は車やバイクと一緒に夜景を撮るスポットとして有名らしい、大阪港第三突堤第七岸壁、通称「ナナガン」です。私もつい最近知ったのですが、写真や動画を見ると確かになかなか良いスポットのようなので私もいてもたってもいられなくなったというわけです。ただし、私は夜は苦手ですし、道路も目的地も混雑しているのは嫌なので今回は早朝に行ってみたのでした。

ナナガンはその名の通り大阪港の港湾区域で、周辺には物流倉庫が立ち並び、大型トレーラーやトラックが出入りする地域になります。そんな倉庫群の間を走っていくと開けた岸壁に出るのですが、私が行ってみるとまだ朝7時過ぎだというのに物好きな人たちの車がすでに何台も停まっていました。前の晩から夜通しそこにいたようなヤンキーっぽい集団もいれば、旧型のフェラーリやポルシェのグループもいて、車やバイクが好きそうなのは共通点のようです。
早起きな皆さん
実際に行ってみると思っていた以上に気持ちのいい場所でした。おそらく遮るものがなく大きく空が広がっているのが良いのでしょう。前方には阪神高速湾岸線港大橋が鮮やかに赤い威容を晒し、存在感を示しています。この港大橋はカナダのケベック橋、イギリス・スコットランドのフォース橋に次いで主径間長で世界3位のトラス橋ということで、とても立派なものです。

私は近くのマクドナルドで買ってきた朝食を橋を眺めながらのんびりと食べましたが、穏やかな天気と早朝ということもあって周囲は静かでとても落ち着いていて、かなりリラックスすることができました。ここは適当に写真を撮って後にしましたが、とても良かったのでまたもっと日の短い季節に行ってみたいと思います。
着陸態勢
次に向かったのは伊丹空港としても知られる大阪空港の滑走路の端、千里川土手です。ここは関西に来てすぐに大阪出身の友人に教えてもらっていましたが、実際に行ってみたのは初めてです。以前は車を停める場所がなかったので行きにくかったのですが、昨年になって近くにタイムズ24のコイン駐車場(タイムズ豊中勝部1丁目タイムズ豊中勝部1丁目第2)ができたとのことで、気兼ねや心配なくゆっくりと要られるようになったのでした。
離陸直前
ここでは着陸直前の飛行機が頭上20m程度の高さで通過するのでその迫力は相当なもので、小さな子供は「怖い怖い」と半泣きになっていました。シント・マールテンプリンセス・ジュリアナ空港にも引けを取らない…と言いたいところですが、残念ながら現在はB747などの大型機は大阪空港に飛んでこないので、その点ではプリンセス・ジュリアナ空港に軍配が上がるということになります。とはいえ、全盛期とは違うにしろ離着陸の頻度は高いので、着陸機が次々に飛来するだけでなく、その合間に離陸する出発機が直ぐ側で待機しているので、飛行機好きにはかなり楽しめる場所でしょう。実際、数十人ほどのカメラを持つ人持たない人が私と一緒に飛行機を仰ぎ見ていました。
進入
また、ここでは雑誌か何かの撮影を行っていたらしく、モデルの若い女性をカメラマンと数人のスタッフが取り囲み、飛行機が頭上を通過するタイミングに合わせてシャッターを切っていました。喋っているのを聞いていると飛行機の運行に詳しそうだったので、「月刊エアライン」のような飛行機関係の雑誌なのでしょうか。それとも関西ウォーカーのような情報誌、あるいはタウン誌のようなものでしょうか。この日は曇っていて青空が見えなかったのが残念ですが、あまり晴れていて暑いのも大変なので逆に良かったかもしれません。
この低さ
ということで、この日はこれで切り上げて昼食を摂り、自宅には3時過ぎに帰ったのですが、出発が早かったのでそれでも十分満足感がありました。大阪方面は混雑するのでいつも避けてしまっていたのですが、この日のように早朝に出発すればそれほど大変でもないことがわかったので、これからはまた遊びに行ってみたいと思います。見学には事前予約が必要ですが、舞洲の清掃工場などにもぜひ近いうちにと思っています。

東芝が東証二部に降格

東芝よもやこんなことになるとは。

今日はついにというかなんというか、衝撃的なニュースが舞い込んできました。日本のいわゆる総合電機メーカー三社の一角、あの東芝がとうとう8月1日付で東証二部に降格されることが決まってしまったとのことです。

東芝といえば1875年創業の電信機工場に端を発する日本国民の誰もが知る伝統ある企業でしたが、2006年に買収した原子力会社Westinghouse Electricの巨額の損失と、それを隠すための粉飾決算とで社会的な問題となり、ついにここまで没落してしまいましたが、その責任のすべては経営陣にあると言って間違いないでしょう。100年以上の歴史も崩れ去るのはあっという間、いとも簡単に地に落ちてしまうものです。

メーカーと言えど、良いものを作っているだけでは成り立たないというのも明らかになりました。我が家の家電製品で東芝製のものはテレビくらいのような気がしますが、これは今でもまったく問題なく活躍しており、当時大枚はたいて購入しただけのことはあると思っています。また、そうして目に見えるもの以外にも、フラッシュメモリを始めとして各種製品に組み込まれている電子デバイスも数知れないでしょう。そういえばFlashAirも東芝製でした。このように有力なブランドであっても、吹き飛んでしまうのです。

二部に落ちたからと言って潰れてしまうわけではないのでそう悲観する必要はないのかもしれませんが、20年以上前の私の就職活動中に視野にあった三洋シャープもあのような残念なことになってしまいましたし、これらとは一線を画す一流企業だと思っていたあの東芝が、というのが非常にショックです。私はなぜか東芝を選択肢に入れませんでしたが、東芝に入社した私の友人もいますし、何かが違っていたら私も当事者になっていたかもしれません。ちなみにその友人はすでに転職して難を逃れているようです。

実は私の勤務先も入社して間もなく「経営の危機」などと言われて緊縮政策がしかれたりして、その後なんとか持ち直して今は安定しているように見えますが、まさに一寸先は闇、今後何がどうなるかはわかりません。中国を始めとする各国が日本を追い越そうとしていますので、安泰というようなことはないのだと思います。明日は我が身と思って気を引き締めて参りましょう。

ミスタードーナツ ポン・デ・グリーンカレー

ミスタードーナツ ポン・デ・グリーンカレー予想以上にカレーです。

このところ「カレー」という単語には妙に敏感な私ですが、先週末からミスタードーナツハウス食品とのコラボレーション企画として始まったドーナツカレーもちょっと気になっていました。つい最近製品ラインアップを整理してシンプルな品揃えにしたところなのに、また色々変わったものを出してきて大丈夫なのかと思ってしまいますが、それはそれとしてやっぱり気になるので近いうちに食べたいと思っていたら、先日妻がバイト帰りに買ってきてくれていました。ポン・デ・キーマカレーとポン・デ・グリーンカレーの2種類を2個ずつ買ってきたそうですが、私が帰宅したときにはもうポン・デ・グリーンカレーしか残っていなかったのでそれをいただきました。

ポン・デ・リングの生地をスライスしてグリーンカレーのペーストを挟んだような感じですが、このカレーが予想以上にしっかりしたもので、さすがハウス食品の名前を出すだけのことがあります。グリーンカレーのクセはほとんど無くそれっぽい香りがするくらいですが、スパイスは効いていてれっきとしたカレーとなっています。また、ポン・デ・リングのモチモチした生地ともよく合っていますし、油っこさがないのでもたれるようなこともなく、小腹がすいた時などにはとても良いのではないでしょうか。

カレーはこのグリーンカレーとキーマカレーの他に欧風カレーがあって3種類、ドーナツもポン・デ・リングの他にサクサクの衣がついた一般的なカレーパンのようなドーナツとあられが付いたものとの3種類があり、これらの組み合わせで6種類となっています。今回食べたグリーンカレーの感じだと他の2種類のカレーにも期待できますが、生地の方もドーナツ専門店のことですから問題はないでしょう。パン・デ・欧風カレーというものなどは普通のカレーパンと何が違うのかという気もしてしまいますが、だからこそ気になるので近いうちに食べてみようと思います。

ということで、税込み140円から194円と最近のミスタードーナツのドーナツとしては高めですが、それなりの満足感はあるのではないでしょうか。なお、カレー皿とのセットというのもありますが、これはちょっと要りません、私は。