Archives

「人身事故」

こんな経験はしなくていい。
🚃

先日の日曜日は父の日で天気もいい日でしたが、家族はみな仕事や遊びに出かけてしまったので、久しぶりに大阪に行ってみようと、珍しく電車に乗っていくことにしました。私は通勤も徒歩なので、電車に乗るのは月に一度あるかないかというくらいのことです。

姫路から大阪へはJR神戸線新快速のルートと、山陽電車から神戸高速鉄道経由で阪神電鉄に乗り入れる阪神梅田駅までの直通特急に乗るという2つの経路があります。もっと急ぐ人には新幹線で新大阪まで行くという富豪的なルートもありますが、それは別格として時間的には100分程度かかる私鉄ルートに対してJR新快速では60分と圧倒的に有利です。しかし、JRでは姫路ー大阪間が片道1490円、往復2980円かかる一方、「阪神・山陽 シーサイド1dayチケット」という一日乗車券を利用すると途中下車自由で2000円で済んでしまい、所要時間と料金が反比例するようなイメージとなっています。このため、この日は特に急ぐ必要もなかったため、山陽電車を利用して行くことにしたのでした。しかしこれが運の尽きというものです。

乗っていた電車がおそらく100km/h以上のスピードで山陽魚住駅を通過したところで、「ドーン」という衝撃音に続いてバラストが飛び跳ねて床下に当たっているような音がするのが聞こえたかと思うと、緩やかに減速してそのまま停止してしまいました。明らかに何かを巻き込んだのだと即座に思ったのですが、その「何か」が何であるのかはおそらく一つしかないということに気づくのもすぐでした。そしてその後間もなく車内放送で人身事故発生と伝えられたのでした。

滅多に電車に乗らない私なのでこのような経験は初めてでしたが、よくあるようなことなのでしょうか。しかしこのとき自分が不思議と落ち着いていることに、我ながら意外に思いました。ただ、亡くなった方のことよりも、運転士と車掌さん、そして事故処理に当たる消防署と警察署の方々が非常に気の毒に思えて、特にその瞬間を目の当たりにした運転士さんの精神的ショックを思うと本当にいたたまれない気持ちになり、私自身の気分も沈んでしまいました。車内放送では繰り返し迷惑を詫びていましたが、関係者の皆さんに比べれば私自身の迷惑などというものはたかが知れていて、憤りのようなものはまったくありませんでした。

なお、私が乗っていたのは3両目だったと思いますが、それでもはっきり音が聞こえるほどですから、相当な衝撃だったはずです。詳しいことはよくわからないものの、人が亡くなっていることは確かなのですが、本当に純粋な事故なのであればもっと大問題になるはずのことがそうなっていないということは、やはり自死なのでしょうか。その方には事情があってということは分かりますが、他に選択肢はなかったのかと大変残念に思います。

君の膵臓をたべたい (小説と実写映画)

どちらが良いでしょうか。
📖

先日読んだ「世界の中心で、愛をさけぶ」のレビューの中に、「キミスイが第二のセカチューと形容されがちだがキミスイの方がピュアな恋愛(青春)を描いており個人的には好きだった。」というものがあってちょっと気になっていたのですが、「君の膵臓をたべたい」を読んでみることにしました。この作品は最近実写映画アニメ映画にもなっていて私も知っていたのですが、例によって天の邪鬼な私は流行りものを避けてしまっていたのでした。

君の膵臓をたべたい
君の膵臓をたべたい

posted with amazlet at 19.06.12
住野 よる
双葉社
売り上げランキング: 41,450

病に冒され死に瀕する人気者の女子クラスメイトと平凡な主人公の男子高校生という設定はセカチューと共通するものですが、その雰囲気は大きく異なります。セカチューの方は重苦しい雰囲気が常に漂っていましたが、本作では膵臓の病気で余命一年という桜良(さくら)が明るく振る舞っているだけでなく、主人公の春樹が淡々と接しているためか、それが良いかどうかは別として、少なくとも桜が元気なうちは悲壮感は感じられません。

この作品は文章としては春樹の一人称で語られているのですが、相手に呼びかけられるときは名前ではなく、「【秘密を知ってるクラスメイト】くん」であるとか「【地味なクラスメイト】くん」、「【仲良し】くん」というような表記になっています。最初はこれをどう捉えたら良いのか分かりませんでしたが、そのようなニュアンスを込めて名前で呼びかけているということなのだろうと解釈することにしました。

果たしてセカチューより良かったかというと、私自身の好みとしてはセカチューに軍配が上がります。時代設定が私の青春時代に近かったということもありますが、本作はやはりちょっと軽いというか、より若者向けのように感じました。とはいえ、悪くはなかったのでせっかくAmazon Prime Videoで無料で観られるようになっていたので、実写映画の方も観てみました。

君の膵臓をたべたい
君の膵臓をたべたい

posted with amazlet at 19.06.13
(2018-01-10)
売り上げランキング: 23,743

この作品はかなり原作に忠実に映画化されているように感じましたが、原作には登場しない大人になった主人公の思い出として描かれるというのもセカチューと共通です。その大人になった春樹を演じているのは小栗旬なのですが、地味な春樹を素朴な感じで演じていてとても好ましかったです。また、桜良役は浜辺美波ですが、彼女も東宝シンデレラオーディション出身というのはセカチューの長澤まさみとの共通点ですね。なお、私は原作で特徴的な表記になっていた春樹の呼び方が映画でどうなっているのかにも興味がありましたが、これは普通に「君」でした。さすがにどうしようもないですね。

ところで、実はWikipediaのページはネタバレになっていて、核心であるべきことがズバリ書かれてしまっています。私は原作を読み進めている途中でうっかりこれを見てしまってかなりがっかりしたので、皆さんには気をつけていただきたいと思います。Amazonのレビューでも書いてしまっている人がいますが、そこがこの作品の一番のポイントであるのに、それを安易にばらしてしまうというのはどうなのでしょう。本来、レビューというのは購入を迷っているような人が参考にするためのものではないのでしょうか。私も今後は本を読み終わるまで、映画は観終わるまでWikipediaは見ないようにします。

本能寺ホテル

もっと日本史に興味を持っておくべきだとは思いました。
🕰️

先日友人らと訪れた書寫山圓教寺は映画や大河ドラマの撮影に使われているということなのですが、実は今までそれらの作品は観たことがありませんでした。「ラストサムライ」ぐらいの大作は観ておくべきだろうと思いながらなかなかその機会がなかったのですが、先日「本能寺ホテル」がAmazon Prime Videoで無料で観ることができるようになっているのを見つけたので、まずはこれから観てみることにしました。

本能寺ホテル
本能寺ホテル

posted with amazlet at 19.06.12
(2017-08-02)
売り上げランキング: 15,181

この作品は、現代の京都のホテルのエレベーターがなにかのきっかけで本能寺の変前日の本能寺に繋がってしまい、綾瀬はるか演じる主人公が森蘭丸織田信長を救うべきか歴史を変えないようにすべきか選択を迫られながら奮闘する、というようなコメディ作品です。信長役は堤真一
が演じていますが、威厳があってなかなかそれらしい感じでした。

この作品の中で圓教寺が使われているのは家臣らが振々毬杖(ブリブリギッチョウ)という遊びに興じる場面と、少年時代の信長が庶民の子どもたちと振々毬杖を楽しむ場面との2つのシーンだったと思います。さすがについ最近目で見てきたところなので、すぐに気づきました。ちなみにどちらも同じく振々毬杖の場面だったというのは小道具の運搬の都合などでしょうか。

なお、本能寺の建物には同じく姫路市内にある亀山本徳寺というお寺が使われているそうです。私は実際に行ってみたことはありませんが、Google Mapsで写真を見てみると確かに映画に写っていたそのままの様子です。それほど有名なわけではないと思いますが、立派なお寺のようなので近いうちに見に行ってみたいと思います。

ところで映画そのものがどうだったのかというと、タイムトラベルを題材にしたコメディ要素の強いSF作品として、すごくというわけではないにしてもそこそこ面白い作品であったと思います。映画館で1800円払う価値があったかというと微妙ですが、まあ週末に自宅で気軽に楽しむには良いのではないでしょうか。