カテゴリー
movie

なろう系異世界転生もの

また知らなかった世界。
📺

ここ1ヶ月ほどのことですが、私はなぜかAmazon Prime Videoでアニメ作品を貪るように観ています。きっかけは先日購入した大型4Kモニターで映画か何かを楽しみたいと思ってAmazonを覗いてみたことですが、これまで子供の頃を除けばアニメといえば一般にもよく知られた「エヴァンゲリオン」や「君の名は。」のような作品しか観てきませんでした。それがなぜ急にといえば、毎日のウォーキング中に聞いているポッドキャストのRebuildで何人かのゲストの方が熱弁されているのを聞いている影響かもしれません。

どのような作品を観ているのかというと、具体的には以下のような作品です(順不同):

ジャンルとしてはファンタジー系が中心、というか上記のものはすべて魔法や魔物が登場するファンタジーですが、それは以前から小説や実写映画などでもファンタジーは好きで馴染みがあるためです。さらに、これらの作品のうち多くの共通点は
なろう系異世界転生もの」のライトノベルを原作としたアニメであるということで、小説家になろうという、小説を投稿して無料で公開できるウェブサービスで人気を博した作品が原作になっているということです。「異世界転生」とは死亡をきっかけにしたりして現実とは異なる世界で新しい人生を始めるということで、主にファンタジー世界に転生して特殊な能力を得て活躍する、というのが転生ものの定番になっていて、小説家になろうでの一大ジャンルになっていることから「なろう系」と呼ばれているようです。

転生先のファンタジー世界もいくつか種類があって、「指輪物語」のような古典的な世界、現代風の文明社会ながら魔法が使える世界、「ドラゴンクエスト」のようなレベルMPの概念が存在するゲーム的世界などに分類できるようです。そして、主人公が生まれ変わるのも冒険者だったり魔女だったり、はたまたスライムだったりとそれぞれの作品で工夫されていて面白いところです。ストーリーもコメディもあればシリアスなものもあり、それぞれの世界観があります。

しかし、女性キャラクターの胸が強調されていたり、やたらに主人公にしなだれかかってきたり、ちょっと性表現に問題のあるものも少なくないのが気になります。私にはいささか不快に感じられるので、どうしてそうなってしまうのかと思うのですが、そういう需要があるのでしょう。しかし、そういう表現が横行している限り、決して表舞台に立つことはないでしょうね。そんなことは望んでいないと言うのかもしれませんが、残念ながらそれでは日陰者扱いに甘んじるしかないでしょう。はたして原作ライトノベルでもそのような表現になっているのでしょうか。

それはともかく、多くの作品は非常に気軽に見ることができました。大体1話25分程度で、オープニングやエンディングの曲をスキップしてしまうとあっという間に終わってしまい、サクサク見ることができます。1シーズンのシリーズだと12話ほどしかないので、1日か2日で終わってしまうのが残念でもっと見たいという気になっていて、上に挙げた中でも進行中のものがいくつかあるので、それらは毎週次が待ち遠しい感じになっています。製作側にしてみれば1話分作るのも大変なのだろうと思いますが、そんな作品が並行していくつも作られているというのは逆にすごいことのようにも思えます。ただ、アニメ製作現場はなかなか厳しい労働環境のようなので、あまり無理せず取り組んでほしいとは思います。

カテゴリー
misc

IIJmioギガプランと5G

私一人抵抗しても意味がないので。
📱

昨年、総務省の「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクション・プラン」というのに基づいて各携帯電話キャリアに料金の値下げ圧力がかかり、その結果としてNTTドコモからahamoauからはpovoSoftBankLINEMOという安価なサービスが提供されるようになりました。私はIIJmioを利用しているのであまり関係ないと思っていたのですが、これはMVNOにとっては脅威というか、かなり余計なお世話というのものではないでしょうか。だいたい、実際には諸外国と比べて日本の料金は特別高いというわけではない(PDF)ようですし、そういう形で企業に負担をかけて物価を下げても国民の生活が逆に貧しくなるだけではないのかという疑問があります。

しかし、これに対してIIJmioギガプランという新しい料金体系で対応してきました。これまでのmioモバイルでは月間3/6/12GBの1つのプランを複数のSIMで分け合って利用することができましたが、ギガプランではSIMごとに2/4/8/15/20GBのプランを契約するという形に変わりました。ただし、この6月からは同一契約ID内の回線間で通信データ容量を共有できるデータシェア機能が利用できるようになったので、実質的な使い勝手としては大きな違いはなくなりました。一方、データ容量に対する料金は大幅に安くなっており、以前は3GB音声つきで1760円だったものが4GBで1078円、2GBなら858円となっています。もし6GBプランを2回線で利用していたとすると、追加SIM利用料440円が加算されて2442+440=2882円だったものが、4GBと2GBのプランの共用で1078+858=1936円と900円ほど安くなることになります。このプラン変更は一方通行ではありますが、ギガプランの利用によるユーザー側のデメリットは一切ないようなので、IIJとしてこれで良いものなのかどうかは心配なところがありますが、家計的にありがたいことではあります。

我が家では以前は私が一人で6GB、妻子3人とモバイルルーターで12GBを共用する契約にしていましたが、これを8+4+4+4+2で合計22GBという構成のギガプランに変更しました。家族の間でも外出の度合いや出先での利用状況にばらつきがあるので、データシェアが使えなかった5月は長男の容量が0になってしまうということがありましたが、今後はそういった問題もないでしょう。COVID-19で外出を控えている状況下ではありますが、それが解消されたとしてもおそらく大丈夫です。

また、このデータシェアと同時にギガプランでは5G通信も無料で利用できるようになりました。会員専用ページでON/OFFを切り替えられるというもので、もちろん端末が5G通信に対応している必要がありますが、私のiPhone 12は対応しているので試してみることにしました。私はドコモ回線を使用するタイプDなのでNTTドコモのサービスエリアマップで確認してみると、私の自宅はエリア外なもののすぐ近くまでは来ていて、散歩コースでは半分ほどがエリア内のようです。

初めて見た「5G」の表示は軽い感動がありましたが、残念ながら5Gでは場所によって秒単位の遅延が見られることがあり、かなり問題のある状況だったので結局OFFにしてしまいました。また、この切り替えは夜8時から朝9時までの間は対応しておらず、今回のように朝の散歩中に通信状態に問題があるという場合にすぐに切り替えられないというのは大きな不満を感じるところでした。IIJmioの場合はボトルネックがMVNO接続の方にあるので、5Gにしたからといって通信速度が向上するというものでもないので、4Gの基地局が特別に混雑しているという場合でもなければユーザー側のメリットはないようなので、あえて利用する必要はなさそうです。

ということで5Gの体験はかなり残念なものでしたが、ギガプラン自体はデータシェアができるようなった今は何ら問題は感じられないので、大幅な節約になったのはありがたいと思っています。

カテゴリー
software

AlbertとRaycast

これももっと早く使っているべきでした。
🖥️

Macで人気らしいアプリにAlfredというものがあります。これはいわゆる「ランチャー」というもので、ホットキーで開いた入力窓に起動したいコマンドや検索文字列などを入力して目的のアプリを起動するというのが主な機能です。拡張で他にも様々な機能が持たされていて、基本無料のアプリなのですが、拡張機能パックが有料という商売になっていて、この拡張パックを利用しなければこのアプリの本当の価値は得られないなどとも言われています。本質的に物臭なプログラマーなどに特に人気が高いようですが、実は私はこれまで使ったことがありませんでした。

しかし、最近MacBook AirにUbuntuを入れて使うようになって、Alfredの有り難さがなんとなく理解できるような気がしてきました。画面の狭いノートPCではアプリの切り替えが頻繁に必要で、トラックパッドではメニュー操作が容易とは言いづらいので、できるだけ少ないストローク数のキーボード操作で多くのことを済ませたいという気持ちになる、ということに気づいたのです。もちろん16インチ以上の大きな画面を持つノートPCや、マウスを接続して使っている場合には当てはまらないかもしれませんし、そもそもデスクトップPCしか使わないけれどAlfredを愛用しているという人もいるでしょうから、すべてが分かったというわけではありません。

それはともかく、私も使ってみようかと思ったわけですが、私が使いたいのはUbuntuでということになります。Alfred自体はMac用のアプリですが、当然代替というか模倣というか、同じようなものがあるに違いない、と探してみるとすぐに見つかったのが名前も模倣っぽいAlbertというものでした。Installingの説明のとおりにインストールして使ってみることにしましたが、とりあえず使用する機能としてはアプリケーション、ファイル、システム、ターミナル、ウェブサーチを選択し、私はショートカットキーをAlt+Spaceに設定しました。そして設定したショートカットキーを押すと入力窓が開き、起動したいコマンドなどをタイプしていくと1文字ごとに候補が絞られていき、候補の中から選択するか、一番上にある場合はReturnを入力するとそのコマンドが即座に起動できます。これは思っていた以上に便利で快適です。

となると自宅で使っているMacでもAlfred的なものを使ってみようかという気になりますが、たまたまそう思った日にRaycastという代替アプリの存在を知ったため、新しもの好きの私はまだベータテスト中というこちらの方を使ってみることにしました。Alfredよりもスクリプトによる拡張の自由度が高いというのが特徴のようですが、今のところ基本機能のみで使っており、その本当の便利さというものは分かっていないと思います。そもそも、私はMacでは日常的に使うアプリはほとんど起動しっぱなしにしているので、あまりランチャーの出番というものが多くないのかもしれません。実のところ、このRaycastのありがたみを一番感じているのがsleepとshutdownで、それを簡単なキー操作のみで実行できてしまうのがとても楽で良いと思っています。これと同じような感覚で他のこともできるのであれば便利だろうな、という感じで何ができるか、何をやりたいと思うかを待っているような状況です。