Archives

IIJmio みおふぉん

IIJmio安ければいいというものでもなく。

日本に一時帰国するたびに滞在中の連絡手段をどうするかというのが問題になりいろいろ試してみているのですが、なかなか決定打というものはありません。特に振り込め詐欺のせいで音声通話が可能なプリペイドSIMというのは非常に利用しにくくなっていて、日本に住所がないとほぼ利用できない状況です。一方、データSIMであればパッケージを購入するだけですぐに使用できるので、VoIPとの組み合わせで利用するというのが現実的な解となっていました。

しかし本帰国、つまりこれからずっと日本で生活するとなると事情はまた異なってきます。今回、日本の高校に編入するために長男が一足先に本帰国することとなり、どのようなプランにするかということを考えました。本人はしばらくiPod touchを使っていることもあってiPhoneが欲しいというのですが、もう2ヶ月後にはiPhone 6Sが発表されるというタイミングでiPhone 6を購入するというのももったいないような気がしてしまいます。そこで、妻が以前使用していたiPhone 4SMVNOSIMを挿して6Sを待ち、発売されたらSIMフリーを購入するというのが良いのではないか、ということになりました。

そこで今度はどのMVNOを利用するかということになりますが、どうも評判の良さそうなDMMmobileは残念ながら海外からはトップページ以外はエラーページに飛ばされて見ることができず、料金すら分からないので諦めました。帰国したらすぐに手続きできるように前もって調べておきたかったのですが、問い合わせてみても全くつれない返事でした。しかし今見るとまた状況が変わっていて、英語版のページに飛ばされるようになっています。ただ、英語化されているのはテキストのみなので画像内の日本語文字はそのまま、表示も崩れていて英文も機械翻訳そのままといった感じで、全くデタラメです。しかも強制的にこの「英語」ページに飛ばされてしまうので、結局なんだかわからないままです。

それはさておき、結局はやっぱり安心できるブランドがいいということで、いとぢゅんのせいで変に美化されたイメージを持っているIIJが提供するMVNOサービスであるIIJmioの、みおふぉんを利用することにしました。このみおふぉんは三大キャリアのプランよりも安いのはもちろんですが、技術力の高いIIJが運営しているということでネットワーク品質に安心感があります。またもちろん、NTTドコモの電波を利用するので通話エリアにも問題がありません。

ということで、先日の私の一時帰国の際にセントレアに到着したその足で名古屋駅前のビックカメラに立ち寄り、BIC SIMカウンターで契約することで、30分後にSIMを入手してiPhone 4Sでの動作が確認できました。みおふぉんのSIMはAmazon等でも購入は可能ですが、パッケージ内にはSIMが入っておらず、手続き後SIMが郵送されるのを待つ必要があるのでスムーズとはいえません。すぐにでも利用を始めたいという場合にはやはり店頭での手続きが良いようです。

申し込んだプランは3枚までSIMが利用可能なファミリーシェアプランで、月々10GBまでをシェアすることになります。音声通話SIMには1枚あたり月々700円の音声通話機能付帯料が必要ですが、それで一時帰国中に妻の電話も利用し、また月額料金の不要なデータSIMも追加して私が利用しようという魂胆です。長男一人だけの時に月々10GBというのは過剰でしょうが、私の帰国予定もそう遠くないのでこのプランで行くことにしました。それでもSIMが3枚使えて3960円(税別)なら悪くないでしょう。

そもそも高校生に携帯電話が必要なのかという思いはありますが、それは自分たちの時代に無かったからそう思うだけで、今自分が携帯電話を使えなかったらどうかと考えると認めざるを得ません。また、小学生から特に女の子は携帯電話を持っているのも珍しくない時代に我が家では高校入学までは我慢させていて、また購入については高校の合格祝いも兼ねています。今時としては頑張っている方ではないでしょうか。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。