Archives

Beauty and the Beast (2017)

ディズニー映画の正統。

つい先日の「ゴースト・イン・ザ・シェル」の時にも「アニメと実写の境界がどんどん曖昧になっていく」と書きましたが、これは何もSF的な作品に限ったことではありません。今回観た2017年版「美女と野獣」では予告で「あの名作をディズニーがついに完全実写化! 」と謳っていましたが、さすがに歌ったり踊ったりする家具調度類を実写で撮ることなどできないので、もちろんかなりの割合でコンピューター・グラフィクスが活用されているわけですが、ここで言う「実写」の定義はいったい何なのかと問うてみたくなります。ちなみにWikipediaの「実写」の項目には

実写 (じっしゃ)とは、本来は実況や実景を文章や絵で表現、またフィルムなどに写しとること(たもの)であり、記録映画を指す言葉である。アニメーションやCGなどの映像に対して、実際に撮影された映像を指す言葉としても使われており、本記事ではその意味として解説する。 (2017-05-02現在)

と書かれており、どうもこれに当てはまるとは思えませんが、かと言ってアニメーション映画化なのかというとそう言ってしまうのもかなり強引ですが、いずれにしても「完全実写化」は言い過ぎではないでしょうか。

それはさておき、ディズニーが満を持して、Emma Watsonを主役のBelleに据えて送り出してきた大作ですから、駄作であるはずもありません。1億6千万ドルという途方もない製作費がかかっているそうですが、そんなものは余裕でクリアしてしまう10億ドル以上の興行収入をすでに現時点で得てしまっているそうですから恐れ入ります。1991年版のアニメ映画も大ヒットしたので本作も約束されたようなものだったかもしれませんが、主題歌をAriana GrandeとJohn Legendのデュエットでカバーしているなどの話題作りも奏功したかもしれません。

「美女と野獣」という作品はもともと1740年にヴィルヌーブ夫人により書かれたものが最初だそうですが、その後派生したものの一つがディズニー版ということのようで、本作のストーリーは1991年版からはほとんど変わっていないようです。すでに完成されたファンタジーですから、下手に手を入れない方が間違いないでしょう。

それにしてもEmmaはとても綺麗になっていて、品もあるのでディズニープリンセスにぴったりではないでしょうか。ハリー・ポッターシリーズでHermioneを演じていた頃からその秀才キャラクターを演じるにふさわしい聡明さを感じさせていましたが、本作のBelleも本をよく読み自由な考え方を持つところなど共通点があります。観てしまった後ではEmma以外にBelleを演じるにふさわしい女優が他には思い浮かびませんが、他の人だったらまた違った雰囲気の映画になってしまっていたかもしれません。

作品自体も歌とファンタジーの世界を堪能できてとても楽しく観ることができましたが、ちょっとかわいそうなのは野獣役のDan Stevensですね。野獣の姿では微妙な表情の変化でしか顔を見ることができず、人間の姿に戻ると野獣のときとの迫力の違いで「え?」という弱々しさ、準主役で重要な役柄なのにかなり損な役回りなような気がします。Danの経歴からすると本作は大抜擢という感じのように見えますが、本人としてもこれが代表作とは言いにくいのではないでしょうかね。

La La Land

実はとても哀しい作品です。

現地時間の今日2月26日はアメリカ映画界の最高権威であるアカデミー賞の授賞式が行われます。そして今年の話題作は何といっても最多の13部門14ノミネートとなっている「ラ・ラ・ランド」ですが、日本では待ちに待ってこの週末にようやく公開となり、私も昨日さっそく観に行ってきました。ノミネートが多い方がいい映画、面白い映画だとは思いませんが、これだけ評価されているとなると観てみないわけにはいきません。しかも、主演の一人が私の好きなEmma Stoneなのだからなおさらです。

なかなか一般受けのしづらいミュージカル映画なので苦手という人も少なくないような気がしますが、予告編やテレビCMでも流れている渋滞した高速道路でみんなが歌い踊るオープニングで一気に引き込まれてしまうのではないでしょうか。あの長回しワンカットのシーンはそれだけでかなり見応えのあるものです。ストーリーとしてはジャズを愛しいつか自分の店を持ちたいと思うピアニストのSebastianと、女優を目指しオーディションを受け続けるもうまくいかないMiaが主役のラブコメディです。SebことSebastianはRyan Gosling、MiaはEmma Stoneが演じています。

この作品の素晴らしいところは確かにたくさんあって、アカデミー賞で多部門にノミネートというのも理解できます。一つは主演二人の演技で、特にEmmaがかなり良いです。喜怒哀楽ある役どころですが、それぞれ圧倒的な感情表現で場面を支配しています。私は「アメイジング・スパイダーマン」のGwen Stacy役で見たときからEmmaが気になっていて、この作品もEmmaが主演と知ったときから観る気満々だったので、そのEmmaの熱演を観てそれだけでも大満足です。

また、ミュージカルですから音楽も重要な役割を占めていますが、その点も大変素晴らしい出来となっています。随所に歌やダンスが入りますが、EmmaやRyanの歌もなかなか悪くありませんし、ダンスもキレがあってとても楽しいです。ジャズへの愛を熱く語るSebが弾くジャズピアノも、その他のジャズの曲の数々も良いので、私もちょっとジャズを聴いてみようかという気になってしまいました。

もう一つ、映像の鮮やかさも良いところです。明るいロサンゼルスの太陽の下や華やかなパーティ会場で、カラフルなドレスを着た人々が踊る場面などは観ていてワクワクするものですし、また夕暮れ時の空のグラデーションがすごく綺麗なのが印象的でした。私はついつい写真を撮る人の目で観てしまうのですが、自分もこんな美しい空をカメラで捉えられないものかと思ってしまいました。

全体的に観ていて感じたのは、これこそ映画の良さなんだろうなということです。いくつもの要素が総合的・有機的に絡み合って作り上げられたこの楽しさは、映画ならではではないでしょうか。アカデミーにあれだけ評価されているというのは、ハリウッドの身贔屓だけではなく、そういうことなのだろうと思いました。

ということで私は今サウンドトラックを聴きながらこの記事を書いているのですが、映画を観る前は流して聴いてしまっていたような曲も、観てからだと場面が目に浮かんで何度でも聴いてしまいます。さて、今夜のアカデミー賞授賞式ではこの作品からいくつ受賞することになるでしょうか。

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

posted with amazlet at 17.02.25

サントラ ジャスティン・ハーウィッツ feat.エマ・ストーン ユニバーサル ミュージック (2017-02-17)売り上げランキング: 24

Amazon.co.jpで詳細を見る

The Sound of Music

刷り込みのせい?

デトロイト空港はデルタ航空のハブ空港になっているため、日本との往復にはどうしてもデルタを使用することになります。だからこそありがたいことに直行便があるので文句も言えないのですが、つい数年前までのデルタの機材は酷いものでした。2010年に合併したノースウエスト航空から引き継いだ太平洋路線は航続距離の問題もあってしばらく機材も引き継いだB747-400を使用していましたが、退役時期を窺っていたのか機内エンターテイメントは一向に更新されず古いままで、前方のスクリーンにCRTプロジェクタで投影するという昭和のシステムがいつまでも使われていました。それが2012年になって個人用液晶モニタを装備した最新の「デルタスタジオ」に刷新されたのでした。何より嬉しいのは何十種類もの映画の中から自分の観たいものを観たい時に観ることができるということで、日本とデトロイトの間の13時間ほどのフライトの間には頑張れば6本もの映画を観られることになります。仕事で往復する人はそんな無茶なことはしないと思いますが、日本ではまだ公開されていないような最新の作品も含まれていますし、これを楽しみにしているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、私は初めて観る映画をあの小さな画面では見たくなくて、今回の出張では行きは5回目の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」と「オデッセイ」、帰りは再び「フォースの覚醒」ともう1本は「サウンド・オブ・ミュージック」なんぞを観てしまいました。

サウンド・オブ・ミュージック 製作50周年記念版 ブルーレイ(3枚組) [Blu-ray]

¥ 5,150

(2016-04-02現在)

もう50年以上も昔の作品となりますが、この映画は母が若い頃から好きで、家にはサウンドトラックのアルバムがあってしょっちゅう聞いていたので、知らず知らずのうちに私も馴染みのあるものになってしまっていたのです。しかし、小さい頃にはテレビで観たことがあるとは思うのですが、大人になってからはまともに観たことがなく、改めて観てみようという気になったのでした。

映画そのものが古いだけでなく、舞台となっているのが第二次世界大戦直前の1938年のオーストリアということで、私も時代背景などがよくわからなかったのですが、難しいことは抜きにしてもミュージカル映画として気楽に楽しめば良いのだろうと思います。子供の頃から聞かされている私でなくても、「ドレミの歌」や「エーデルワイス」など日本でもよく知られている曲が歌われているので、初めて観る人にもとっつきやすいでしょう。

ただ、さすがに古臭さは否めません。せっかく音楽が中心なのに録音もあまり良くないので、この作品を現代の技術でリメイクしてもいいのではないでしょうか。根強い人気を誇る作品ですし、ひょっとしたら設定も少々アレンジした方がいいかもしれませんが、若い人にも再び認知されて売れるのではないかと思います。まあ私が言うまでもなく検討されて却下されているのでしょうが、サウンドトラックだけでも誰かがアルバムごとカバーしてくれないかなあと思います。ちなみに私は「ひとりぼっちの羊飼い」The Lonely Goatherdという、子どもたちがやる人形劇の歌が好きなのですが、この曲はGwen StefaniのWind It Upという曲で引用されていて、これもまた好きです。

しかし昔の映画が良いのは、無駄な緊張を強いられたりせずに安心して観ていられるということですが、それもこれも私が年を取ったということなのでしょうか。それにしても遡りすぎという気はしますが、実は最近は70〜80年代の映画を見返したりもしているのですが、Sean ConneryやRoger MooreのJames Bondなどは今観ても良い感じです。