「travel」カテゴリーアーカイブ

高知旅行

にこ淵
インスタ映えの旅。

ここ数年、長期連休になると一人で旅行に出かけるのがなんとなくお約束のようになってきましたが、この正月はおとなしくしていようかと思っていたところ、妻の方から「またどこか行くんやろ」と聞かれてしまったので「じゃあ行こうか」となり、結局今回は四国へ渡って高知に一泊してくることになりました。高知県は2年半前に四万十川へ行って以来となりますが、その時は高知市スターバックスに寄っただけで素通りしてしまったので、高知の街を訪れるのは初めてということになります。

瀬戸大橋をわたり、前回の教訓から瀬戸中央自動車道坂出ICで降り、すぐそばのセルフうどん 麺太郎で朝食に早速うどんを食べ、そしてまた道の駅とよはまに隣接する鳥越製麺所がこの1月に閉店するというのでその前にと思って寄って、「かまバター」をいただいてしまいました。やはりうどん県をうどんを食べずに通過することはできません。

かまバター

この日まず目指したのは「仁淀ブルー」です。仁淀川とその支流があまりの清流で美しい青色になっているというものですが、年末に後輩Mから「藻が無くなる冬の方がきれいらしい」と聞いていたので、早速行ってみようと思ったのでした。特に美しい青が見られる場所はいくつかあるのですが、まずは「にこ淵」と呼ばれる場所に行ってみることにしました。当然渓谷の細い道を走って行かなければならないのですが、駐車場から降りていく道が非常に滑りやすいので注意が必要です。私も1回滑って尻餅をついてしまいましたが、そうして降りていった先の水は予想以上に青くて感銘を受けました。このあと、またちょっと走って「水晶渕」というところにも行ってみましたが、こちらはこちらでちょっと水深が浅いせいかまた違う美しさがあって良かったです。また、そうしたスポットだけでなく、道路から見られるなんでもないところでも時々非常に美しいところがあって、そうしたところでも車を停めて写真を撮ったりしていました。

はりまや橋

そのあとは早めに高知市内へ向かい、一旦ホテルにチェックインしてからぶらぶら散策してみました。高知随一の商店街である帯屋町のすぐ脇にあるドーミーイン高知を予約していたので、非常に便利でした。日本三大がっかり名所の一つとして名高いはりまや橋も歩いて数分ですし、反対側に歩けば高知の食が集まるひろめ市場高知城がありますので、高知の街を堪能するには最高の立地でしょう。まあ、私はアルコールが飲めないので夜を満喫することができず、早々にホテルに引っ込んでしまうのですが。

錆と煤 スペシャルプレート

翌朝は高知市内にある馬路村農協アンテナ店 umajiへ行って家族にゆずづくしのお土産を購入したあと、隣の南国市へと向かいました。というのは、出発の朝にベッドを出る前にInstagramで見つけてしまった完全予約制の南インド料理のお店、錆と煤へ向かうためです。Facebookのメッセージでも受け付けているというので早朝5時頃にメッセージを入れておいたところ、道中で返信をいただいて無事に予約できたのでした。普通の田舎の町並みのところにある、サビたトタンの建物がそのお店で、知らない人はまず立ち寄ろうともしないでしょうが、完全予約制なのでそれは問題ないでしょう。その料理の方はこれまでに食べたどのインド料理よりも美味しく、大変満足しました。私がいただいたスペシャルプレートは1800円ということでランチとしてはなかなかの値段ですが、それ以上の価値はあると思います。次回はここを目的地として高知へ行きたいくらいです。

高屋神社 天空の鳥居

食後は北上して香川県へ戻り、「天空の鳥居」がある高屋神社へと向かいました。私は南側の観音寺市側から行ったので麓にある下宮に車を停めていったのですが、ここから鳥居のある本宮までは高低差400m近くある、結構本格的な登山になります。もともとそのつもりがあったわけでもなく、時間的余裕があるわけでもなかったのに途中で引き返すこともできず、結局登りきってしまったのですが、しかし苦労して登ったかいがあって鳥居からの眺めは格別だったとも言えます。とはいえ、次回は歩くのはわずか3分で済むという三豊市側から行くことにしたいと思います。鳥居に到着した途端に反対側から続々と人がやってくるのを見て、達成感を得る前に萎えてしまいました。まあともかく望んだ絶景は見ることができたので良しとしましょう。

父母ヶ浜

そのあと、日没まで間がなかったので急いで下山して向かったのは父母ヶ浜で、ここは遠浅の西向きの浜なので、干潮時の日没が美しいということでInstagramで話題になっているようで、外国人の姿も非常に多かったです。この日は残念ながら水平線付近が雲に覆われていて夕日を見ることができなかったのですが、それでもそこそこきれいな景色を写真に収めることができました。しかし、周りの人々がInstagramでの受けを狙って様々なポーズをとっているので、それを避けようとすると構図もかなり限られてしまうのが残念です。私としては誰もいない浜を撮りたかったのですが、それはどうしても無理でした。

ということで、あとは2007年の讃岐うどんめぐりでも最後に行った「おか泉」で同じく「ひや天おろし」をいただいて帰路につきました。やはり四国はうどん県が玄関口になっている以上、うどんに始まりうどんに終わる、ということです。最後は予定外の登山になりちょっと焦りましたが、今回はあまり詰め込みすぎずに余裕のある旅行になって良かったと思います。

太陽の塔

ただただ勢いのあった頃。
太陽の塔

2025年に開催される国際博覧会、いわゆる万博にはアゼルバイジャンの首都バクーロシアエカテリンブルクと並んで日本の大阪も立候補しているようですが、その投票はいよいよ来月行われるようです。他の候補地が2か所とも旧ソ連であるということが吉と出るのか凶と出るのかわかりませんが、果たしてどうなることでしょうか。

そもそも万博というものが何なのか、何のために開催されるのかが私にはピンと来ません。2005年に開催された愛・地球博ものべ2200万人もの人が入場したそうですが、私にはどうもその意義がよくわからず行ってみようという気になりませんでした。しかし、1970年の日本万国博覧会ではなんと6400万人もの人が訪れたということで驚くほかありません。私の生まれる前年のことですが、私の両親も見に行ったとのことなので、まだ胎児だった私も必然的に行っていたということになるでしょう。

万博会場の跡地は現在は万博記念公園となっていますが、当時の面影を残すものは多くありません。現在EXPOCITYというショッピングセンターになっているところにはかつて万博の際にアミューズメント・ゾーンとして作られたエキスポランドが営業を続けていましたが、2007年の痛ましい事故をきっかけに廃園となってしまいました。

しかし何と言っても現在の万博記念公園の文字通りの顔となっているのは太陽の塔でしょう。万博当時は大屋根に囲まれていたのでむしろ今のほうが存在感があるのではないかと思われますが、公園に沿って走る中国自動車道からも見ることができて、特に夜はライトアップされた上に目が光っているので、なかなかの威容を見せています。この太陽の塔は外から見ているだけでもとても興味深い作品なのですが、万博当時は中が展示スペースになっていたということを知ったのは割と最近のことでした。そして耐震工事とともにその内部が修復されて、今年3月から再度公開されたということを知りました。

太陽の塔

見学には公式サイトの入館予約のページでの予約が必要で、4ヶ月先まで予約できる、つまり4ヶ月前に予約可能になるのですが、週末はすぐに埋まってしまいますし、平日でも1ヶ月前には埋まってしまうような感じです。しかし、直前にキャンセルが出ることがあるので、こまめにチェックすると空きになっていることがあり、私はその手で2日前に予約することができました。

残念ながら「安全のため」塔内部での写真やビデオの撮影は禁止なのですが、実際にはスペース的にも時間的にもかなり余裕をとって見せているので、撮影したとしても特に問題はなさそうなものでした。万博当時はエスカレーターで強制的に上へと運ばれていたそうですが、軽量化のために階段に変更されているのでゆっくりと自分のペースで登っていくことができます。ただ、グループを外れることは許されないので、時間的な制限はありますがそれでもかなりゆったりとしたペースです。

地下のスペースで地底の太陽を見たあと生命の樹のあるメインスペースへと移り、単細胞生物からヒトに至るまでの生命の進化をたどる展示を見ることになりますが、補修直後ということもあって内部はとてもきれいに整備されています。耐震補強のためにコンクリート壁の厚みを増したことで内部空間が減り、展示物の数を減らすなどしたそうですが、それは全く問題を感じるようなこともなく自然でした。

しかし私が一番見事だと思ったのは、塔の腕の部分の内部構造です。当時はここにもエスカレーターがあって大屋根に出るようになっていたそうですが、美しい照明が当てられていることもあって、この腕の形を支えるための幾何学的構造がいくら見ていても飽きないのでした。よくよく考えるとあのような形の腕を生やしておくというのはそう簡単なものではないはずですね。当時の建築技術の粋であったのかもしれません。

太陽の塔を見たあとは当時の鉄鋼館の建物を利用したEXPO’70 パビリオンというところも覗いてみましたが、こちらはこちらで当時のノスタルジーを感じさせる、レトロフューチャーな展示物もいろいろあって楽しめました。

ちなみに私はたまたま先日「『太陽の塔』新発見! – 岡本太郎は何を考えていたのか」という本を図書館で借りて読んでいたので、作られた当時の背景なども知っていたのでより楽しめたように思います。展示やパンフレットなどでも説明はありますが、より深く知っておくことで楽しみが増すことは間違いないと思いますし、この本自体も読み物として面白いのでこれから見学していみたいという方には一読をおすすめします。

「太陽の塔」新発見! (青春新書インテリジェンス)
平野 暁臣
青春出版社
売り上げランキング: 293,802

鹿児島旅行

桜島は姫路市民にとっての白鷺城のようなものなのでしょう。
噴煙を上げる桜島

台風25号はなんとか日本海側に逸れて沖縄、九州以外では気温がかなり上がっているくらいで特に被害はないと思いますが、地震や台風、豪雨など今年は日本中が自然災害に見舞われる大変な年となっています。これだけ連続するようなことがこれまでにあったような記憶はありませんが、一体どうなっているのでしょうか。台風21号「チェービー」も大きな被害をもたらした台風で、死者13名、負傷者912名という人的被害もさることながら、高潮により関西国際空港の滑走路やターミナルビルが浸水し、連絡橋にタンカーが衝突して損傷するなど物的被害も甚大なものでした。

この台風が上陸する本当に直前の9月2日から2日間、私達はよりにもよって飛行機で鹿児島へ行っていました。先日の長崎日帰りツアーと同じくZさんとI君と、神戸空港からスカイマークの直行便に乗って鹿児島空港へ降り立ち、ワンズレンタカーの激安レンタカーを借りてのいつもどおりの弾丸ツアーですが、いつもと違うのは宿泊するということでした。

まずは鹿児島市の観光スポット、島津氏の別邸があった仙巌園を訪れました。私は昨年ブラタモリ紹介されていたので知っていたくらいですが、NHK大河ドラマ西郷どんの舞台となっているので鹿児島の街自体が人気となっているようですね。まずは松風軒のランチで腹ごしらえをしてから園内をじっくりと見て回り、その後鹿児島市の繁華街という天文館へと向かい、鹿児島といえば、の天文館むじゃき白熊を食べて、西郷隆盛像を見てから宿へと向かいました。

天文館むじゃき 白熊

泊まったのは指宿海上ホテルという、外観はうら寂れた感じの温泉宿ですが、接客の評判が非常に高いということでした。実際、従業員はみな大きなホテルにはない暖かさを感じる接客で、とても気持ちよく過ごすことができました。また、台風が接近していたためか日曜日の宿泊だったためか宿泊客が少なかったので、スイートルームのようなかなり広い部屋に割り当ててくれたのも嬉しいポイントでした。ここではホテル内で砂蒸し風呂を楽しむことができるということで、貴重な体験をすることができました。

翌朝はまだ暗いうちに一旦ホテルを出て薩摩半島南端の長崎鼻にある薩摩長崎鼻灯台へ行き、日の出を見てきました。ここでは背後に美しい形の開聞岳を見ることもできますが、当日はやはり台風上陸の前日ということで雲が多く、水平線からの日の出は拝むことができませんでした。ホテルへ戻る前にはこの近くにあるJR最南端の駅、西大山駅にも立ち寄ってみましたが、残念ながら列車が通るのは1時間に1本以下という寂しい路線なので、My旅切手のように列車と一緒に写真に収めるというわけには行きませんでした。

ホテルに戻って朝食を食べてチェックアウトしたあとは指宿スカイラインを通って鹿児島市街へ戻り、桜島フェリーに乗って桜島へと渡りました。ここで乗ったのが1日1便のよりみちクルーズという、
まっすぐ桜島へ渡るのではなくちょっと南側に回り道をしてくれるというもので、普通は15分のところを50分乗っていられるのです。旅客運賃はわずか500円で、通常運賃が160円と非常に安いので割合としては大きいですが、車両は4m未満なら1150円と1490円の差だけなのでほとんど誤差です。これでゆっくり遊覧航行が楽しめるというのですから、時間が合えば、というより合わせてでもぜひ乗るべきだと思います。

桜島ではいくつかの展望所を回っていろいろな角度から桜島を眺めてきました。ここでは日常茶飯事なのでしょうがこの日はちょうど噴火が起こっていて、山頂付近から黒っぽい噴煙が黙々と湧き出ているのをはっきりと見ることができ、こんな活火山のすぐそばにこんなに大きな街があるというのが改めて不思議に感じられました。黒神埋没鳥居などもみるとそれはなおさらです。

そのあとは霧島神宮を見てから空港へと向かい、帰路へと就きました。しかし台風が来ているというのに飛行機で行くというのも無茶でしたが、特に問題なく帰って来れたのは幸いでした。もしもこれで足止めを食らっていたら、翌日にも戻ることはできなかったかもしれず、いったい皆にどう言い訳すればよいやら…まあ何事もなく本当に良かったですし、旅行自体大変楽しむことができました。