「alien」タグアーカイブ

Valerian and the City of a Thousand Planets

ISSがこんなになるなんて。
👽

私は映画好きでありながら、店頭の棚が探しづらくてレンタルビデオがあまり好きではなかったのですが、自宅のPCで気軽にブラウジングしていると思いがけない発見があるのがAmazon Prime Videoのいいところです。もちろん他の映画配信サービスでも同じことなのですが、プライム会員は一部の作品だけ無料、というのが実は良くて、選択肢を狭めてくれるおかげで探しやすくなっていると思うのです。本当に観たい作品はお金を払って観ればいいのですが、暇つぶし程度に気軽に観るのであれば無料であるに越したことがありません。

そんな感じでいつものように何かないかと探していて目に留まったのが「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」でした。この作品は初期の予告を見たときから観たいと思っていたものの、どういう経緯だったか見逃してしまっていたのですが、こうして再び巡り会えたので早速観てみることにしたのでした。


ヴァレリアン 千の惑星の救世主(字幕版)

Luc Bessonが監督・製作・脚本に携わっているフランス映画ですが、英語で製作されています。少なくとも欧米では現地語への吹き替えが一般的だと思いますが、フランスではフランス語に吹き替えられたのでしょうか。フランス語のWikipediaを見るとVF (version française)としてフランス語版の声優らしき名前が書かれていますので、きっとそうなのでしょう。

主演はValerian役にDane DeHaan、Laureline役にCara Delevingneとなっていますが、Dane DeHaanは童顔でハリウッド映画にはないタイプのキャスティングで面白いと思います。一方、Cara Delevingneはとても美しく、凛々しくて素敵でした。作品のタイトルはValerianになっていますが、Laurelineの存在感も彼に引けを取らないものではないでしょうか。なお、Daneは小柄なように見えてしまいましたが、それはCaraの身長がDaneと同じ173cmだからということのようです。

監督としてのLuc Bessonの「グラン・ブルー」、「ニキータ」、「レオン」あたりまでの作品は名作と言われるものになっているものの、最近の作品は興行的には振るわないものが多いようですが、独特の世界観があって私は結構好きです。90年代では「フィフス・エレメント」、最近では「LUCY」などのSF作品も独特の色彩感があったりして、この「ヴァレリアン」でも同じような良さがあると思います。一方、「TAXI」シリーズや「トランスポーター」シリーズその他の製作・脚本では数多く成功を収めているので、独特の映像が逆に万人受けするものではないということなのでしょうか。

私は結構気に入ったのでシリーズ化を望みたいところですが、残念ながら興行は「大失敗」とされているようなので続編は無理でしょうね。しかし、その責任をとって製作会社Europa CorpのCEOが辞任するというのはわかるのですが、その後任がLuc Bessonというのはちょっと理解できません…

Independence Day: Resurgence

Independence Day: Resurgence見知らぬ相手の敵味方を見分けるのは至難の業。

アメリカの祝祭日は日本よりも少なく10日ほど、しかも企業がそのすべてを休日にしているわけではないのですが、その分一つ一つの祝日の重みは大きいように思います。中でもやはり独立記念日は特別で、花火の販売や打ち上げが禁止されている地域でもその前後だけは許可されていて、あちこちで打ち上げ花火が上げられます。なお、会話の中ではいちいち”Independence Day”とは言わずに単に”4th of July”とだけ呼ぶことの方が多いような気がします。

ただでさえ強いアメリカ人の愛国心がもっとも強くなるこの日を前に宇宙人が侵略してきて、ちょうど7月4日にそれを見事にはねのけるというのが映画「インデペンデンス・デイ」でしたが、ちょうど20年ぶりにその続編である「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」が公開されました。実は前作はつい最近になってAmazon Prime Videoで観たのですが、思っていた以上に楽しめましたし、先日の「デッドプール」の時の予告でも面白そうだったので会社帰りに観ることにしました。

どんなストーリーかはあらかた予想できるかと思いますが、戦勝20週年記念の祝典の最中に再びエイリアンが侵略してきて、またも滅亡の危機が訪れます。人類も前回の勝利の後、エイリアンの技術を吸収して進歩していますが、やはり正面から向かっていっては到底勝ち目はありません。そのままなすすべもなくやられてしまうのでしょうか…というような感じでしょうか。前作の登場人物が複数登場したり、物語としてもある程度連続性がありますが、20年の歳月を経ていて予習でもしていなければ細かいところは皆さすがに覚えていないでしょうから、前作を見ていなければわからないというようなことはありません。ただ、予習しておくとより楽しめるかもしれません。

本作の主役というのはあまりはっきりしないのですが、ヒーローはLiam Hemsworth演じる米軍パイロットJake Morrisonでしょうか。前作で地球を救ったWhitmore大統領の娘Patriciaの婚約者で、凄腕のパイロットながら目立ちたがりな性格が災いしている感じです。Liamは「ハンガー・ゲーム」シリーズのGale Hawthorne役でよく見たのでどうもそのイメージが被るところがありますが、俳優がいろいろな役をまんべんなくこなしておかないと苦労するというのはこういうところなのでしょうね。

もう一人の主人公と言えそうなのはJeff Goldblumが演じている科学者であり地球防衛軍(?)ESDの長官であるDavid Levinsonです。前回の勝利への貢献で権威的な地位を与えられていますが、現在でも好奇心旺盛にあちこち飛び回っているようです。しかしこのJeffは「ザ・フライ」を観た時の印象が強烈でその時のイメージが抜けないのですが、あの作品も今年でちょうど30年ですか…

物語の世界も現実世界も同じく前作から20年の歳月が経過しているわけですが、大きく違うのはエイリアンの技術を得ているかどうかという点で、特に反重力制御を得ているというのは大きく、ローターのない輸送ヘリの姿は相当な未来感があります。しかし現実世界から見るとパラレルワールドのようなもので年代的には現代なので、人々のファッションなどは同じでいいのですよね。なんだか不思議な感じですが、まああくまでフィクションですからね。

Edge of Tomorrow

Edge of Tomorrow - Tom Cruise as William Cage継続は力なり。

洋画には邦題というものがつきもので、どうしてこうなってしまったのかというような酷いものが付いてしまうことがたまにあります。そもそも発端からして当時流行っていた「沈黙の艦隊」に似せただけという、本来はシリーズですらないSteven Seagalの「沈黙シリーズ」などは酷い例ですが、最近では原題”Gravity“に付けられた「ゼロ・グラビティ」というのもどうかと思うような一例です。

つい先日公開されたTom Cruise主演の”Edge of Tomorrow“も邦題が「オール・ユー・ニード・イズ・キル」なのだと知った時はてっきり同じような例なのかと勘違いしてしまい、「どうしてこんな…」と思ってしまいました。しかし実際は桜坂洋氏による小説「All You Need Is Kill」が原作になったもので、映画は邦題の方が原作に忠実だということになりますが、たまにはこういうこともあるということです。

All You Need Is Kill (JUMP j BOOKS)

この作品のストーリーはというと、異星人の襲撃を受けてヨーロッパ大陸を中心に制圧されてしまっている状況で、本来は文官であるにもかかわらず戦地に送られてしまった主人公William Cageは敵を一体倒すもののあえなく戦死してしまいます。しかしその次の瞬間に前日に前線基地で目を覚ました時の状況に戻ってしまいます。その後も何度もそれを繰り返して死ぬ度に元の時間に戻るのですが、本人の記憶だけは残るため、まったくの素人だったWilliamも経験を積んで徐々に強くなっていくというわけです。

こういう設定はどこかで…というと、まったく状況は異なりますが、目覚める度に同じ日に戻っているというのは「恋はデジャ・ブ」にそっくりです。あちらは普通に眠りについた場合も同じ朝目覚めることになる点が異なりますが、その他の点では酷似していると言ってもいいのではないでしょうか。さらにこれよりももっとよく似た作品も他にあるようなので、ネタとしては特に新しいものとはいえないのかもしれませんが、ヒロインの存在や他の味付けの部分がうまくいっていて、とても楽しめる作品になっていると思います。
Edge of Tomorrow - Emily Blunt as Rita Vrataski
そのヒロインRita VrataskiはEmily Bluntが演じていますが、強くクールで凛々しい女性で素晴らしく、私はこういう人にも憧れてしまいます。作品中に登場するポスター等にも採用されている伝説的戦士なのですが、きっと士気向上に大きな役割を果たしているだろうなあと感じます。一方、Tom Cruise演じる主人公William Cageは最初は非常に情けない男ですが、途中からはTomらしさを発揮して無敵の強さを見せています。なお、Ritaの名前は原作通り、Williamの名前は本作で変えられていますが、原作での「キリヤ・ケイジ」の下の名前がCageという姓に変えられて残されているようです。Williamとキリヤも似ているような気もしますね。

ということで、Ospreyを4ローターにしたようなヘリや戦闘用エクソスケルトンなどのメカもかっこよく、作中で大きな割合を占める戦場でのシーンを盛り上げていますが、ドラマの面も疎かにされてはおらず、私はなかなか気に入りました。残念ながらアメリカでの初週の興行成績ランキングは1位とはならなかったようですが、SF戦闘アクション映画の好きな人は観るべきかと思います。