Archives

ハリー・ポッター 魔法同盟

歩きスマホは危険です。

「ポケモンGo」は今でも大人気で、街角でスマートフォンの画面を覗き込みながら、あるいはタップしながら立ち止まっている中高年の姿をよく見かけます。私は以前使っていたiPhone 6 Plusではバッテリー消費の大きさに耐えられず、しばらくしてやめてしまっていたのですが、iPhone 8 Plusに買い換えてしばらく経った数ヶ月前に思い出して再度インストールしてみたところ、何とか1日充電せずに済むくらいには持つようになっていたのと、以前やっていた頃よりポケモンの数も大幅に増えていたりしたので再開していました。

この位置情報ゲームというジャンルには多数のゲームがあるのですが、やはりポケモンGoの一人勝ちというのが現在の状況です。しかし、2019年内には「ドラゴンクエストウォーク」というドラクエをテーマにしたゲームが公開されることが発表されていて現在公開βテスト中のようで非常に期待されているところです。

そんな中、先週突然「ハリー・ポッター 魔法同盟」という「ハリー・ポッター」シリーズをテーマにしたゲームが、ポケモンGoやIngressと同じNianticから公開されました。最初の公開はアメリカやイギリスなど数カ国だけで、それから数日ずつずらしながら対応する国を増やしていったので日本は1週間ほど遅れたのですが、私は一足早くアメリカのストアからインストールして、公開を待っていました。

私は本を発売日に買う程度には原作のファンだったので、ハリー・ポッターの世界でゲームができるというのは期待していなかっただけに嬉しい事でした。ゲームの内容はポケモンGoにかなり近くて、自分の周りに出現する魔法の痕跡を魔法で解除したり、塔で魔法を使って戦ったりというように、ゲームの内容をハリー・ポッターの世界に置き換えたものになっています。追加の要素として「職業」や自分が成長する「レッスン」というようなものがあり、ゲームとしてもちょっと進化したものになっているようです。さらに、ストーリー性も高くなっているようですが、私はちょっとめんどくさくて台詞をほとんど読んでいないので、ちょっともったいないことをしているかもしれません。

まだ始まって数日というところなので、これが長続きするかどうかわかりませんが、とりあえず現在レベル12まで上がっているところです。ポケモンGoと同様にレベルが上がるに連れて次のレベルまでが遠くなるのだと思いますが、飽きずに続くものでしょうか。ポケモンや年末登場予定のドラクエとの競合もどうなるのか、ファン層は違うと思うので、それぞれが好きなものを楽しむということになればそれで良いのかもしれませんが、それならば私はスター・ウォーズのものが欲しいですね。どこかが、というよりNianticが作ってくれないものでしょうか。

毎日がカレー

次はどこにしようかと。

私のInstagramやFacebookを見ている人は食べ物の写真ばかりで呆れていることでしょうが、特に日本に帰ってきてからの最近はカレーの写真が多いことにお気づきかもしれません。

アメリカにいる間はやけくそにも見えるくらいバーガーばかり食べていたのですが、それはバーガーというのはアメリカ人にとってのソウルフード、いわば郷土料理であり、アメリカが本場なのでそこにいる間に堪能しておきたいと思っていたからです。このバーガーが日本では何に当たるかというと、ちょうどラーメンやカレーと同じような感じだと思います。こだわりの専門店もあればファーストフード的な店もあり、また高級レストランでも庶民的な店でも提供される、という点はまさしく同じであり、老若男女問わず人気があるという点でも同様です。

したがって、日本ではラーメンやカレーがやっぱり美味しいので私も食べに行くのですが、ラーメンはどうも栄養バランス的に問題があるような気がして、もう若くはないので体のために控え気味となっています。一方カレーはどうなのかというと、なんとなく野菜がたくさん使われていてヘルシーなイメージがありますし、食後にもたれるようなことも一切ないのできっと大丈夫なのでしょう。

もう一つ最近カレーが多い理由は、職場で「カレー部」と称して週末の定時後などにカレーの食べ歩きをしているところに誘ってもらったということもあります。お酒の好きな人なら週末は飲みに行くというのが多いのでしょうが、これはこれでよいコミュニケーションになっているようです。

さて、そんな状況に拍車をかけてくれたのが「毎日がカレー」というiOSアプリです。「カレー好きの、カレー好きによる、カレー好きのためのアプリ。」という謳い文句ですが、カレーに特化したFoodspottingのような感じで、ユーザーが食べたカレーの写真にコメントを付けてシェアしあうもので、みんなが食べたカレーの中から美味しそうなものを見つけて食べに行くことができます。残念ながら私の近所には他のユーザーが住んでいないようで情報がありませんが、ドライブに行った先などでは何度か美味しい店の発見に役立ちました。

そんなにカレーばかり食べていて飽きないのか、という疑問もあるかもしれませんが、大抵の場合、家でカレーを作るとまとめてたくさん作ってしまうので何日か続くということが多いのではないでしょうか。そんな全く同じ味のカレーでも問題ないのですから、店によって様々な特徴のあるカレーであればそれぞれ楽しむことができます。また一口にカレーと言っても、本格的なインドカレーもあればホテルカレーや家庭的なカレーもあって実に幅広いものです。人それぞれの好みがありますが、私はどれも好きで広く楽しむことができるのはラッキーだと思っています。

なお、「毎日がカレー」の姉妹アプリで「毎日がラーメン」というものもあって、こちらの方がユーザー数も開発の活発さも上のようで、基本機能は同じですがラーメン店からの発信もできるようになっているなどの違いがあります。どちらも機能はシンプルで明快なので、今後複雑になりすぎずにいかに進化していくかが見ものかもしれません。

Thunderbird 2

サンダーバードというのはJeff Tracy率いる国際救助隊がスーパーメカを使って人命救助に大活躍するテレビ番組…のことではなく、大阪と富山・和倉温泉の間を北陸本線経由で結ぶJR西日本の特急列車…のことでもなく、Mozilla Projectで開発が進められているメールソフト(MUA)のことで、電子メールの他に最近は廃れつつあるNetNewsと、逆にブログの普及と共に広く利用されるようになってきたRSS/Atomの購読にも対応した情報ツールとなっています。(振りがベタですみません…)

このMozilla Thunderbirdのバージョン2.0が先日リリースされ、日本語版も同時公開されているのでWindows/Mac OS X/Linux用のバイナリがダウンロードページから取得できるようになっています。私もこれまでバージョン1.5を使っていたので早速ダウンロードし、そのまま普通にインストールしてしまいましたが、上書きインストールでも全く問題なくこれまでのメールや設定を移行することができました。ただし、私の場合は消えて困るようなメールは特にないので大胆に移行してしまいましたが、重要なメールをお持ちの方はロールバックできるようにバックアップを取っておくなりしておいた方がいいのかもしれません。

実は私がThunderbirdを使い始めたのはつい先月からのことで、それまではMacの方で自作のPerlスクリプトでPOPサーバからメールを取得し、bogofilterでspam判定をし、そしてその結果とメッセージヘッダの情報からメールをディレクトリに振り分け保存する、という処理を行った上で、MUA自体はEmacs上のWanderlustというマニアックな構成を使っていました。Wanderlustはこれがα版の頃から使っているのでかれこれ10年近い付き合いになるのではないかと思われ、すっかり慣れ親しんだものになっていたのですが、最近になってiBookの動きも怪しくなってきたということもあってWindowsの方へ移行するのを契機にThunderbirdに乗り換えることにしたのでした。

さすがに活発に開発が進められている現代のMUAということで機能も使い勝手も洗練されており、動作も高速で全く申し分ありません。bogofilterと同じくベイズ推定に基づくspamフィルタも装備していますが、リアルタイムに学習を行えるという点でGUIベースのアプリケーションの方が有利で、最初は見逃すことが多かった判定精度もすぐに良くなってきました。

バージョン2からはメッセージにタグが付けられるようになり、大量のメールの整理に便利に使えるということなのですが、私の場合は自宅で使うだけであまり多くのメールをやりとりするわけでもないので、まだタグをどう付けて良いものやらといったような状態です。職場で使うのであればかなり便利な場面がありそうなのですが、残念ながら私の職場ではMicrosoft ExchangeとOutlookという何が良いのだかわからない環境を押しつけられてしまっているのでどうしようもありません。Outlookではスレッド表示にすら対応していないということには涙が出そうです…私が使っているのはOutlook 2003ですが今のバージョンでは対応しているのでしょうか?

それはともかく、今のところ全く安定して動作していますし、日常的に使うMUAとして安心して使うことができるのではないでしょうか。まあ、私はメールをすべてGmailにも転送していて、このGmailのspamフィルタを通過したものだけをW-Zero3[es]に再転送していて、ほとんどの必要なメールはまずこの時点で読んでしまっているのですが…実際にThunderbirdで読むのは長文のメールと、メーリングリストや各種メールマガジン、宣伝メールくらいのものですね。何だかあちこちにメールが分散してしまっているようで管理はほとんど破綻してしまっていますが、そもそもそんなに重要なメールはほとんどないわけで…やっぱり電子メールはまだ紙の手紙には劣るということでしょうか。相当ネット依存度の高い私でさえもこれですからね。