Archives

ほんだのばいく

格の違い。

ミュージックビデオからネタ動画までYouTubeには様々な動画がありますが、その中にゲーム実況というジャンルのものがあります。投稿者がゲームをしている画面を見せるというもので、無言でただゲームをやっているだけのものも、面白いことを喋りながらやるのでそれも楽しめるというものもありますが、もちろん人気がでるのは後者でしょう。

しかし人がやっているゲームなんて見て面白いのか、と言う人もいるかと思いますが、私は結構好きです。実は子供の頃、というのはスペースインベーダーが出てきた頃からの話で、ゲームセンターにはよく遊びに行っていたのですが、そこで自分がお金を出してプレイするのはほんの数回で、それよりも他の人がやっているのを脇から見ているのが好きでした。ゲームを一つの創作物として見ているような感じだったかもしれません。

ところで、そのゲーム実況界が騒然となったのが「ほんだのばいく」というチャンネルの登場で、まだ3回生放送しただけで、アーカイブとして公開されているのはそのうち1回分だけにもかかわらず、すでに登録者数は100万人を超えています。アーカイブの再生回数も200万回に迫ろうとしていますし、生放送の視聴者数も10万人を超えていました。夜9時頃からの生放送で10万人の人が見ていたというのは凄いことで、テレビの視聴率に換算するのは難しいですが、単純計算でも人口の1%近い人が見ていたということになるのではないでしょうか。

どうしてそんな凄いことになっているのかというのは一般のメディアでも報じられているのでご存知の方も多いと思いますが、実況しているのがモデルで女優の本田翼さんだからです。もともとゲーム好きを公言していて、休みの日もゲームをして過ごすことが多いそうですが、その趣味を活かすことにしたということでしょうか。

しかし、ただ有名人がやっているから人気があるというわけではないと思います。私もこのチャンネルの実況は見たのですが、さすがテレビに出ている芸能人ということなのか喋りがとても上手いのです。ゲームも夢中になると無言になってしまうということがあると思いますが、彼女はしっかり喋り続けています。しかも可愛いのでおじさんキラーと化しています。

彼女の登場でこれまでゲーム実況で視聴回数を稼いでいた人たちは完敗宣言をしたりしていますが、そうは言っても彼女の本業はあくまで女優でモデルで、あまり頻繁に公開するということもできないでしょう。また、ゲーム業界を盛り上げたいという思いでやっているとのことで、広告は付けていないのでどんなに見られても稼ぎにはならないようです。これを本業にすれば年収1億円などとも言われていますが、そこを欲張らない所がまた良いのでしょうね。また次の公開はいつになるかわかりませんが、私も楽しみにしたいと思います。

なお、チャンネル名は本名の「つばさ」がホンダのウィングマークから来ているということで付けたとのことですが、ホンダの許諾を得ているわけではなく安易だったと、変更を検討中とのことです。ホンダからクレームが有ったわけではないそうですが、まあ仕方ないでしょうね。

Dytto

長男と1歳違い…

液晶モニタが大きくきれいになってから動画を見るのが楽しくて、YouTubeを見る時間が急に増えてきました。ちょっと前までは映画以外に動画を見るといえばホッケーの試合を見るか、せいぜいPVを見るくらいだったのに、どうでもいいビデオブログやよくわからないままホーム画面のおすすめ動画まで見てしまっています。

そんな中で最近引っかかったのがこの動画です。

Dyttoというポッピング/アニメーションダンサーが2015年にWorld of Dance (WOD) というダンスの大会で踊った時の映像です。WODというのはツアー形式で世界中を回ってダンス競技会を行っているものなのですが、そこで行われている演技はYouTubeのチャンネルで公開されていて、この動画もそうしたうちの一つです。実際に私が見たのはこの動画をコピーしたものでしたが、ここではオリジナルのものをご紹介しています。

Dyttoはこの動画の最後で誕生日を祝われていますが、この時17歳になったところ、今現在は18歳の1998年生まれで、演技中はともかく、その前後はまだ子供っぽさも残る可愛らしい高校生です。しかしダンスの方は一流で、非常にキレのあるかっこいい演技を見せてくれます。DyttoのYouTubeチャンネルでは彼女の他の演技やビデオブログ的な動画も公開されていて楽しむことができます。

昨年は2回、アメリカで絶大な人気を誇るテレビ番組、Ellen DeGeneresが司会のThe Ellen DeGeneres Showにも2回出演してダンスを披露しています。

この中でも言っていますが、本名はCourtney Kellyというそうで、でもそれでは大会の際にほかのダンサーの名前に負けでしまうのでかっこいい名前ということで考えたのがDyttoという名前だとのことです。ちなみに動画で聞けばわかることですが、無理やりカタカナで書けば「ディロー」というのが本当の発音に近いでしょうか。もうThe Ellen Showにも出ているのでそれなりに名前は知られているのでしょうが、まだWikipediaでは英語でも記事になっていません。

このジャンルはいかつい男ばかりなので、彼女のダンスは女の子らしさを取り入れたものにしているということですが、私が最初にこのアニメーションというダンススタイルを知ったのはMadonnaがSticky & Sweet Tourの際に起用したはむつんサーブでしょうか。ちなみにはむつんサーブは当時りきっちょとだーよしによる2人組のダンスチームだったのですが、今プロフィールを見ると、二人の間に何があったのかは知りませんが、最初からりきっちょ一人のプロジェクトのようになっていますね。それはともかく、この時の彼らのダンスはなかなか衝撃的なものでしたが、このスタイルが完全に一つのジャンルとして定着しているようです。

ということで、「The Ellen Showに出演して踊るのが自分のbucket listの一つだった」というDyttoのリストには他に何があるのか、彼女の今後が楽しみです。

Pioneer BDP-330

オマケに期待しなければ◯

日本のサラリーマンにとってはボーナスも月給と同様に計画通りに入ってくるもの、というのは過去の話になりつつあり、企業の業績を反映するという名目で年ごとに金額が大きく違ったり、ゼロ支給というのも決して異例のことではなくなってしまったようです。私の勤務先もある年は「過去最高益」と言ったかと思えば翌年には「危機的状況」と言ったりでボーナスの支給額も安定しませんが、それなりに支給されているだけ喜ばなければならないのでしょう。

さて、そんなボーナスですが、支給された途端に何か買い物をしたくなってしまうというのは悪い癖かもしれませんが、きっと私だけではないでしょう。このボーナスの時期を狙ったかのように、というよりおそらく実際に狙って各社から様々な新製品が発表されて誘惑してきます。私はとりあえず妻にiPadについて打診してみたもののあっさり却下されてしまいましたが、その前に聞いてみたBDプレイヤーについては悪くない反応だったので、それならばということで購入してみたのがパイオニアのBDP-330という製品です。

Pioneer Blu-rayプレーヤー BDP-330
メーカー:パイオニアパイオニア (2010/05/28)ISBN/ASIN:B003JFKNCI
Amazon.co.jp で詳細を見る

この機種は今年4月に発表、5月に発売されたばかりの新製品2機種のうち下位モデルになります。しかし、上位モデルとの機能的な差異はなく、違うのは「アーマードシャーシ」と「高品位パーツ採用」という2点のみのようなので、いわゆるAVマニア(アダルトビデオではない方)でなければ上位モデルを選ぶ必要はないように思えます。実際にどの程度画質や音質に違いが現れるものなのかわかりませんが、テレビの内蔵スピーカしか使用していない我が家には下位モデルで十分であることは間違いありません。

ということで届いたBDP-330で実際にBD版の「トランスフォーマー・リベンジ」や「THIS IS IT」などを観てみましたが、やはりDVDとは解像度などに格段の違いがあり、HDテレビで見るにはこれでなければ、と再確認したというところです。とはいえ、画質については通常見ている地デジやBSデジタルの映像とそれほど違いがあるわけでもないので、特に感動するほどのものではないというのが残念なところです。地デジなどがない状態でBDの画質を目の当たりにしていれば感動もひとしおだったろうと思いますが、それは仕方のないことでしょう。

機能的な特徴としてiPhoneがリモコンとして使えるということなので私も試してみましたが、我が家のネットワークが少々複雑になってしまっているせいで残念ながら利用することができません。まあ、それほど面白いことができるというわけでもなさそうなので、これは諦めることにします。

もう一つ、YouTubeの動画を観ることができます。PCを使わずにYouTubeにアクセス出来るというのは暇つぶしにもってこいではあるのですが、こちらも残念なのは操作性が素晴らしいとは言えないことです。全体的にBDの動画を再生する以上のことをするには処理能力が不足しているようで、とてもサクサクとは言えないレスポンスに短気な私はイライラしてしまいます。

ただし、そうは言っても本来の機能である動画の再生については特に不満は感じません。BDの再生はもちろん問題ありませんし、DVD映像のアップスケーリングもなかなかの性能で、これまで観ていたDVDの映像をより鮮やかに観ることができるようになりました。2万円を切る価格からすればそれだけで十分で、追加の機能はあくまでおまけと割り切り、とりあえず満足しています。まあ、やっぱりPS3が最強なのかな、という気はしますが、ゲーム機は買わないことにしているので…