Archives

MINTIA中毒

禁煙中の人でもないのに、最近仕事中にMINTIAが手放せなくなっています。常にMINTIAかコーヒーがそばにないと集中力がなくなってきて、まるで禁断症状のようです。

別にMINTIAでなくてもFriskでも他の類似品でも一向に構わないのですが、何といってもMINTIAは安いのです。Friskと同じく1箱50粒入りなのに、Friskが定価200円なのに対しMINTIAはたったの100円、半額です。それでありながら味の方はFriskと同等以上ということで、全く問題ありません。

また、MINTIAのケースはひと工夫あって、フタの部分に粒を寄せておいてからフタを開けると、そこにひと粒載った状態で開くので、簡単に取り出すことができるのです。Friskではフタを開けてから手のひらに向けて振り出す必要があって、同時に何粒も出てきてしまった場合には戻さなければいけないこともあるのですが、そういう心配もなく、簡単なアクションで確実にひと粒だけ出すことができる優れものです。

そんなMINTIAですが、ブランド力は今一つなので唯一の欠点は入手性の悪さです。MINTIAは全8種類の味があるそうなのですが、普通のコンビニでは一般的な「ワイルド&クール」しか置いていません。ググるとファンは多そうなので、もっと簡単にいろいろ手に入るようになるのを期待しています。

1 comment to MINTIA中毒

  • […] アメリカに来てから小さいことで意外な驚きというのは色々あるものですが、そのうちの一つが当然あるだろうと思い込んでいたFriskがないということでした。その同等品というのもまったく売られておらず、どうもあの小さな粒をチマチマ口に含むというのが一般的なアメリカ人の気性には合わないのだろうと推測されますが、ミンティア中毒を患っている私には辛いものです。仕方がないので帰国したり誰かが来る度に30個ほどまとめ買いしていますが、今回も義妹が日本から来るときにお願いしようと思って通販サイトなどを見ていたところ、「ミンティア ドライハード」なるものが出ていることを知り、早速これも買ってきてもらうことにしました。 […]

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。